<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

家庭教師ヒットマンリボーン 標的165 「ボイコット宣言」

標的165 「ボイコット宣言」
BSジャパンで昨日放送分です。


獄寺君と了平兄ちゃんとランボさんは
ボロボロ・・。
ツナはまだあけられず。
それでも修行お預けの山本には
羨ましがられました。

そこへ女の子たちがやってきました。
ずっと眠ってた別の問題・・。

難しい顔をした京子ちゃんとハルは
ミルフィオーレや白蘭、ボックスのことなど
隠していることを話してほしいとせまります。

「もうごまかされるのはたくさんです」

一緒に生活をしている以上
知る権利はあるというハル。

「ツナくん 私 

私たちも一緒に戦いたいの!」


と京子ちゃん。

でも京子ちゃんたちを危ない世界に巻き込んじゃ
いけないと、やはり話さないツナ。

ふたりは真実を話してくれるまで
家事をしないし共同生活を
ボイコットする宣言。

ビアンキに泣きつくツナですが

「私はこの子たちにつくわ」

そしてクロームとイーピンも。

リボーンはともかく
ジャンニーニの女装が
気持ち悪すぎる・・・・。

ツナはやっぱり今の状態は話せないという考えで
獄寺君は賛成。
山本は知らせないのが仲間外れみたいで
かわいそうだといいますが
了平兄ちゃんも反対。

自分のことは自分でやろうと
提案するツナ。

ランボさんだけは子どもなので
ちょっとかわいそうですが
心を鬼にする女の子たち。

ツナたちはさっそく手分けして
家事をすることに。
料理は山本。
了平兄ちゃんはツナと洗濯。
獄寺君はランボさんと掃除。

しかし・・洗剤の量も知らないツナは
泡だらけ。

掃除機でランボさんをすいこんだ獄寺君は
地雷の餌食に・・。

山本の料理は見事なお寿司・・・
しかしピーマンにブロッコリー
イクラじゃなく小梅。

かわりにつくるという獄寺君が
本をみてみじんぎりのやり方を
しらべているうちに、フライパンが
焦げた・・・。

結局カップめんになりました。

修行もうまくいかずに
みんなのストレスはたまりまくり。

女の子たちのお風呂シーン。
みんなの食事が心配な京子ちゃんたち。

そこへはいってきたビアンキが大人のアドバイス。

「あなたたちにかわってほしくないのよ」

事情を知ったら京子ちゃんたちが
かわってしまうから・・というビアンキ。

「気になる人が

いつまでもかわらないなんて

 男の幻想にすぎないのにね」


ツナたちはまたカップめん。
こうなって初めて気づく
女子のサポート。
やっぱり話すべきなのかもというツナに
了平がやはり大反対。

ビアンキの話すもう一つの理由は意地。

「あの子たちは

 女は男が護るものだと思ってるの。

 あなたたちに 

 まがまがしい世界を みせないことに

 男のプライドをかけてるわ」


「気持ちは嬉しいですけど

 ハルたちだって 力になりたいです。

 それを一方的に決める権利は

 ツナさんたちにはないと思います」


「うん」

「そのとおりね。
 
 男は身勝手で非合理だわ。
 
 でも私たち女の想像を超えて
 
 男はプライドに命をかけるものなの。

 むしろ プライドに命をかけられない男は

 男じゃないわ。

 あの人だってそう」


リボーン・・・。

クロームの背中の傷をみて驚くふたりに
ボスたちに比べればずっと少ないと
思うということばにはっとするふたり。

男のプライドはまったく理解できないけど
一時休戦にしましょうかと
合意する京子ちゃんとハル。

男なんて女に
かなうわけないという女装リボーン。

ビアンキが、ツナに
京子ちゃんがアジトをとび出したと知らせ
おおあわてでとび出して行くツナ。

「修行に行き詰ってるみたいだから

 リフレッシュよ」


とビアンキがうまくしくんでくれました。

京子ちゃんはただ買い物にでただけ。
ツナは騙されたと知りますが
京子ちゃんが、もうツナたちを信じることにしたから
ボイコットはやめにしたといわれ
「話すよ」というツナ。

もうとっくにまきこんでいるのに
あるものをないというのは
ひどいことだと気づいたそうで
すべてを河原で話すツナ。
京子ちゃんは黙ってきいてくれました。

「驚いた?」

「うん」

「話してくれてありがとう」


ボックス兵器にさわりたがる京子ちゃん。
でも、京子ちゃんが意外な発言。

「もしかしたらその子

 ツナ君と同じ気持ちなのかもね」


ツナが不安になるとその子も
びくびくしてふるえているみたいという京子ちゃん。

兵器が襲ってきたときの事を思い出すツナ。
こいつを拒絶したら襲ってきた・・。

「まさかこいつ

 オレの心を うつしてるのか?」




今まで心配かけまいと隠し通してきた秘密を
京子ちゃんとハルに話す回。
ここまで異常事態(未来にきてる)が
おきてるのに隠すのも無理がありすぎます。
最初はけっこうお気楽な雰囲気だったのに
どんどん世界規模の危機になってますし。

にしても男子はもうちょい家事の練習をすべき。
戦いがおわってからでもいいから。

ようやくツナのボックスですが
のんびりお正月番外編でも
みたいところだけどそうもいかないか。







 
2010.01.08 Friday 09:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 空中ブランコ 第 11 話(最終話)「カナリア」 | main | デュラララ 第1話「開口一番」 >>