<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 セカンドシーズン 第2話「自らの道」

 第2話「自らの道」

藍沢耕作(山下智久)は、翔北に入院した祖母、
絹江(島かおり)の病室をたびたび訪ねてくる
山田一郎という見舞い客を受付ノートに見つけた。
藍沢は山田のことを聞くが、絹江は知らないと言う。
そこで、絹江の病室によく出入りしている
藤川一男(浅利陽介)にも尋ねてみるが、
心当たりはない様子。

白石恵(新垣結衣)は緋山美帆子(戸田恵梨香)の体を
心配し、診てもらうようにと心臓外科を手配する。
だが、緋山は入院していた時の分のフライト数が
足りないと応じようとしない。

一方、入院してきた冴島はるか(比嘉愛未)の恋人、
田沢悟史(平山浩行)は延命措置を拒否。
主治医とも連絡がついたのだが、もはや
転院させられる状況ではなかった。

緊急外来、救急車…次々と訪れる患者たち。
藍沢たちは、びまん性の脳腫瘍の患者や、
妻に灰皿をぶつけられた夫、海外で整形手術を
受けて後遺症に悩む女性たちを橘啓輔(椎名桔平)の
指導のもとに治療していく。そんな中、
藤川は頭蓋低骨折の患者にいち早く気づいて
橘にほめられて喜びを隠せない。

次の日、ドクターヘリの要請が入り、
藤川は橘、冴島と現場に飛ぶ。工事現場で
鉄材が落下して作業員2名が下敷きになったのだ。
現場に到着した藤川は、早速、
患者の治療にあたるのだが…。


今回は恵のモノローグ。

『大量出血の患者をみるとき

 あるいは 

 シニアの病巣をとらえる

 的確な判断と 迅速な結さつ手技を

 まのあたりにしたとき

 フェローは 自身の未熟さを知り

 茫然となる。

 そして 次に思う。

 これが 本当の自分?

 いや 違う。
 
 違うと信じたい。

 でも そもそも 

 本当の自分って 何?』


フライト回数が自分だけ少ないことを
気にする美帆子。

本当の自分について考える恵。

はるかの彼の悟史は入院していました。

耕作の祖母を見舞いにくる山田一郎という
人物についてたずねる耕作に
知らないという祖母。

はるかが彼にあいにいったときに
悟史の調子が悪くなりそのまま入院。
延命を望んでいないので、できるのは
酸素マスクまで。
もう転院もむずかしいので
最後までここにいることに・・・。

美帆子を心配して、受診をすすめる恵。
でもみんなから遅れている美帆子は
受け入れず。

びまん性脳損傷の患者になぐられて
メガネが割れる藤川。

フライトではこばれてきた男性は
奥さんの投げた灰皿があたって
怪我をしたようです。

藤川の手当てをしながら
祖母の見舞いにくる男性のことを
訊く耕作ですが、藤川も知らず
偽名じゃないの?といわれます。
山田一郎っていかにもですし。

プチ整形が原因で菌にやられ
倒れる患者をみる美帆子。
タイまでいって整形したらしく
52歳なのにしわもない女性。

本当の自分を受け入れるのが怖いのが
美帆子といっしょだという橘。

灰皿を投げた奥さんは反省してますといいながら
あまり反省してない。

悟史は元心臓外科医で、同期で一番に執刀したのが
自慢。
発病したのは今の耕作と同じ年。

整形の患者に、誰だって年をとるから
受け入れるしかないという美帆子に
年をとることを受け入れられない患者。

ALSだとわかったときの話を耕作にする悟史。

西条によばれた耕作と恵。
灰皿をぶつけられた夫には脳腫瘍があり
手術をしたらその影響で記憶障害がでるかもと
説明をする恵。
放射線治療だけでは難しい。
二人でよく考えて決断してくださいという恵の
説明を、うまくなったと誉める西条。

記憶障害の男性は、看護師さんのお尻をさわったり
本能のまま・・。
しかし鼻血を出していて、頭蓋底骨折をみつける藤川。
朝、転んで頭を打ったときに怪我したらしい。
そのあと、そのことで橘に褒められました。

脳腫瘍の男性は手術を決意。
奥さんがはるかに語るには
むこうの一目ぼれだったそうで
翌日にはプロポーズ。
だけど、今では会話も減って
灰皿も投げたくなるでしょという奥さん。
はるかに恋人がいるかどうかたずね
別れようと思ったことがあるというと

「いざ別れようとおもうと
 
 いいことしか 

 思いだせないのよね。

 ホント ずるいわ」


そんな奥さんに
手術をしない選択をすすめだすはるか。
それをとめて注意する恵は

「かわりましたね。

 前はそんなに冷たくなかった。

 頭でっかちのお嬢さんだったけど

 もっと温かみがあった」


と言われてしまいました。

ここにきてはじめて誉められたと
電気もつけずにひたっている藤川。

「よかった〜。ここまでやってきて」

梶さんからもよかったなと
いってもらい、缶コーヒーで乾杯。

はるかに言われたことを気にしている恵。

「あたしのオペの説明 

 ずるかったかな」


「いや。
 
 医者らしかったよ」


という耕作の言葉は慰めになっていません。

そして男性はオペ室へ。

「万が一の時には

 女房に伝えてほしいんですけど

 口下手だから言えなかったけど

 俺の人生にはおまえしかいない

 たとえ生まれ変わっても

 またいっしょになりたい」


恵が伝言を受けました。

整形の女性の容体が急変し
三井先生をよぶ美帆子。

そしてヘリの出動要請がはいります。

女性の腕は壊死性菌膜炎で
腕を切り落とさないとダメらしい。

ヘリには橘と藤川とはるかが乗っていきました。
現場に到着しさっそく患者の元へ。

鉄柱の下敷きになって出血している男性は橘が
支えられている男性が藤川がみますが
そのあとすぐ倒れてしまいました。

男性の胸に血がたまっているので
ドレーンを刺し血を出しますが
アラーム音がなりピンチ。
橘も手がはなせず、耕作に指示させるよういう橘。
耕作が電話で藤川に指示。
おじけづく藤川に、これまでいろんなことを
のりこえてきた、おまえならできる、と
励ます耕作。

「どんなことがあっても
  
 こっちから電話を切る事は

 絶対にない」


「そんなこといって

 おもしろい症例があったら

 そっちいくんだろ」


「もう大丈夫だな」

といわれ藤川が処置をはじめました。
耕作のいうとおりにして出血はとまり
あとは搬送というところで
「やばい」という声と
ともに、いきなりCM−−−−。

また血があふれてきてとまらない。
おそらく大血管損傷もあったという耕作。

心臓がとまってしまいました。
それでも一生懸命頑張る藤川ですが
命は救えず・・。

仲間の作業員からせめられても
何も言えずにその場に放心状態。

病院に帰っても落ち込んだままの藤川に
あの場合はあれがベストだという橘。

「藍沢なら

 もし藍沢が

 あの場にいたら

 救えたんでしょうか」


「もしかしたらな」

という橘。
でもそれだけ。
藤川には耕作よりすぐれたところはいっぱいある
という橘に、すぐれているところは
どこですか?とたずねる藤川。

「お前は 自分を良〜く知ってる」

整形の女性も死亡・・。
ビブリオによるものらしい。

オペからめざめた男性はやはり記憶がなく
奥さんのこともわからず・・。

恵にがんばりすぎじゃないかなという田所に
毎日、黒田先生が事故にあったときのことを
思い出すという恵。

「わたしは 

 黒田先生からいわれたんです。

 誰よりも多く飛べと」


心臓外科を受診しようとして
直前で逃げだす美帆子をつかまえる恵。

自分のことになるとふるえてる臆病ものが
本当のあなたという恵。
そんな恵に傲慢な医者の典型があなたという美帆子。

「わたしはわたしの道をいく。

 誰になんと言われようと」


エレベーターで耕作といっしょになった
藤川がたずねます。

「なあ 何で 俺は

 おまえじゃないんだろうな」


その後、脳腫瘍の男性はやはり
奥さんのことがわからない。
その旦那さんの伝言を奥さんに話そうとしたときに
旦那さんが車いすでとおりかかります。

「あの 

 昨日お会いしたばかりですけど

 僕と・・

 一緒になってくれませんか」


プロポーズのときとおなじことをする夫。

聖夜につづいて奇跡かー?

泣き出す奥さん。

まわりの先生たちの反応もそれぞれ。

屋上で落ちこむ藤川のところへいく耕作。

「助けた患者は忘れていい。

 救えなかった患者だけ

 覚えておけばいいんだ。」


患者の名前をつぶやき
たった1週間出救えなかった患者は3人
これが一ヶ月一生となると絶望的だといいます。

「俺もお前と一緒だ。

 外科医は 死を避けて通れない」


なくなった患者の名をつぶやく藤川に

「その名前だけおぼえておけばいい」

というと、もっていたパンにかぶりつく藤川。

『自分探しでみつかるのは

 たいていは 

 嫌になるようなみじめな自分。

 が そんな自分と向き合って

 がくぜんとして立ち止まるか

 一歩進むかもまた

 自分次第だ。

 向いている方向が前なのか後ろなのか

 それすらも確かではないけれど

 わたしたちは 

 一歩足を踏み出したい。

 ダメな自分と一緒に』


耕作の祖母は、トイレにいくときに
ねんざしたようで、病室にかけつける耕作。

「夏美 夏美」

「ばあちゃん。 

 母さんはとっくに死んでるよ

 耕作だよ。

 ばあちゃん ゆっくり休んでよ」


「殺した

 おまえが 夏美を殺した

 殺した」





ばあちゃん、何を衝撃発言をーー?!!
おまえって耕作?それとも山田一郎?

藤川のよさをしっかりわかってくれている
橘が指導医でよかったです。
藤川もあんなに自信が持てないでいるけど
スーパー外科医になりそうな耕作にくらべたらの話で、
他の病院にいたらかなり上のレベルにいくんでは。
ここでだってしっかり活躍しているし
あんなに卑屈に感じることないのに。

藤川が耕作になったら外科医としての腕は
あがるかもしれないけど、あんなに息子を
思ってくれるお母さんもいなくなるし
患者さんとすぐさま打ち解けられる特技も
なくなるんだよ・・。

昔の耕作だったら捨てておいただろうに
ちゃんと励ましてくれるところが
育まれた友情を感じられてよかったです。

恵は落ちこむ必要なし。
普通ああいう説明でしょう。
むしろ、放射線だけじゃ命の危機があるなら
有無をいわさずオペをすすめられるはず。
脳腫瘍の患者さんはちょっとドラマ的すぎるけど
(旦那さんは好きでも、奥さんのほうが
 けっこうドライな熟年夫婦って多いし)
またまた気になるのは
結局、受診しなかった美帆子!!
それから耕作のばあちゃんのうわごと!








2010.01.18 Monday 22:17 | comments(2) | trackbacks(16) | 
<< 花咲ける青少年 第35話 千年の幕開け | main | 君に届け episode.5「決意」 >>
けろりん (2010/01/18 11:55 PM)
honeyさん、こんばんは!

本当ですよー、なぜここへきてそんな衝撃発言を、ばあちゃん(笑)!
藍沢先生のお母さんって、病気で亡くなったんでしたっけ?
前シリーズの時に、藤川先生のお母さんとそんな話をしていたような憶えはあるのですが…。
忘れましたが…藍沢先生を育てるために無理をしたから、とかそんなベタなアレでしょうかね(笑)。

しかし、藍沢藤川コンビは、今回よかったですね!
電話でのやりとりもよかったけれど、最後の二人で語るシーンは以前では考えられないと思いました。

それにしても不安要素多いですね〜。
とりあえず、緋山先生は早く診てもらわないとねえ!
honey (2010/01/19 8:38 AM)
けろりんさん、こんにちはー。

文字通り殺したというよりは、その人のせいで死んだような
ものだというニュアンスなんでしょうけど
なぜいまさら・・・ですよね。

屋上ではげます耕作の姿・・最初のころでは
考えられないですよねえ。
技術ばかりか心ももったますます素晴らしい医者に
なりました。

そうそう。早く受診してーー!!









コード・ブルードクターヘリ緊急救命THE SECOND SE...
『自らの道』内容藍沢(山下智久)は、入院している祖母・絹江(島かおり)のもとに、“山田一郎”という人物が度々見舞いに訪れていることに気付く。絹江は、知らないという。。。病室によく行く藤川(浅利陽介)に聞いてみても、知らないと。同じ頃、冴島(比嘉愛未)
| レベル999のマニアな講義 | 2010/01/18 10:21 PM |
「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」2nd卒業研修2患者の死を忘れるな!それが医者としての宿命
「コード・ブルードクターヘリ緊急救命」2nd season第2話は白石は緋山の体調を心配し心臓外科に診察を手配するが、緋山は診察を拒否する。一方藤川は着実に力をつけてきた。そんな中白石には灰皿で頭を撃って検査した結果脳腫瘍と診断された患者の説得にあたり、緋山は
| オールマイティにコメンテート | 2010/01/18 10:31 PM |
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 セカンドシーズン 第2話「自らの道」
今回ももメチャメチャ重い〜。:゚(。ノω\。)゚・。 フライトドクター候補生たちは、それぞれの患者の治療を通して、自分とも向き合うこと...
| 空色きゃんでぃ | 2010/01/18 10:31 PM |
コードブルー2-2 ガッキーVs戸田はガチで仲悪いと確信シマスタ?!
ほんとうに泣ける話 2010年 01月号 [雑誌] 暗いしぃ、グロいしぃ 何か救われないドラマだなあ。 医療ドラマだから仕方ないとしても 手術多すぎ! しかも またまた腕切り落とすしぃ。 切断した腕をゴミ箱にドボン!! このドラマ 切断大好き? 人
| ぱるぷんて海の家 | 2010/01/18 10:56 PM |
駆け抜けるガッキー!山P!(コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd seasonエキストラレポ)
2010年一発目のエキストラは、山P・ガッキー出演の「コード・ブルー」前クールもスペシャルも見てないけど、ちょっと恋愛を絡めつつ、一人前の医者になるまでを描くってな感じの医療ドラマでしょ 1、2話とも見たけど、レビューは面倒だからいいや(爆)『コード・ブ
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2010/01/18 11:04 PM |
コード・ブルー 2nd season 第2回 感想
『自らの道』
| ぐ〜たらにっき | 2010/01/18 11:32 PM |
コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE SECOND SEASON 第2話:自らの道
殺した?Σ(゚д゚lll)ガーン おまえって耕作じゃないよね?{/ase/} てか、「おまえが・・・」と「なつみを殺した」の間に、何か違うセリフがありそうな気も… 山田一郎てな銀行の通帳の見本のような、思いきり偽名臭いあの男の正体は いつまで引っ張る気?てか、何で
| あるがまま・・・ | 2010/01/18 11:34 PM |
コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE SECOND SEASON 第2話
「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE SECOND SEASON」(第2話)を観ました。出演:山下智久 新垣結衣 戸田恵梨香 比嘉愛未 浅利陽介 児玉清(特別出演) 勝村政信 寺島進 杉本哲太 りょう 椎名桔平 ほか藍沢耕作(山下智久)は、翔陽大学附属北部病院
| paseri部屋 | 2010/01/18 11:36 PM |
【コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2ndseason】...
ライバルがいなくなって有利になるでしょ。フライト、当直、私がいない間に随分と稼いでるじゃない?胸に不安を抱えながらも、他のフェローたちに先を越された緋山は焦っていた。そんな緋山のために、白石は検査に勝手に申し込むが、緋山は苛立ちを募らせるだけだった。
| 見取り八段・実0段 | 2010/01/18 11:37 PM |
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 -2nd season- 2話 感想
今週も色々ありました!
| けろりん的ひとりごと | 2010/01/18 11:56 PM |
「コード・ブルー 2nd season」第2話
2回目からいろいろシビアです!不幸にも助けられなかった患者と向き合うフェローたち。これは彼らの乗り越えなければならない試練なのか。
| fool's aspirin | 2010/01/19 12:37 AM |
ドラマ「コード・ブルー2ndシーズン」第2話「自らの道」
最善の方向に導く事も医者の仕事----------。今回もいろんな症状を抱えた患者と向き合うフェローたち。そして、悲しい現実に直面する彼ら。全力を尽くしたのに救えなかった命。その命の重みと、自分の実力と向き合うフェローたち。今回も涙でした!!はるかの恋人はつい
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/01/19 1:13 AM |
フジテレビ「コード・ブルー 〜ドクターヘリ緊急救命 2nd season」第2話:自らの道
前回の希望のある展開から一転、今回は重い展開がメインに。藤川のくだりは、今回のエピソードで、一番心を打たれました。
| 伊達でございます! | 2010/01/19 7:19 AM |
【コード・ブルー2ndseason】第2話感想と視聴率
【第2話視聴率は1/19(火)夕方迄に追加予定】藍沢のおばあちゃん(島かおり)、「殺した。おまえがナツミを殺した」なんてうわ言で言っていました。殺したなんてショッキングな言葉ですが、どういうことでしょう?きっとおばあちゃんの病室をたびたび訪ねてくる山田一郎
| ショコラの日記帳 | 2010/01/19 2:07 PM |
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命2 第2話
藍沢(山下智久)は、脳腫瘍の患者、妻に灰皿をぶつけられた夫、海外で整形 手術を受けて後遺症に悩む女性たちを、橘(椎名桔平)の指導の下に治療して 行く。 藤川(浅利陽介)は頭蓋骨骨折の患者にいち早く気付き、橘に褒められて喜び を隠せない。 翌日、ドクタ
| ぷち丸くんの日常日記 | 2010/01/19 3:54 PM |
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE SECOND SEASON 第2話
第2話『自らの道』
| Noble&Pure | 2010/01/24 5:56 AM |