<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

曲げられない女 第2話

第2話
信念を貫くため、坂本(塚本高史)と別れた
早紀(菅野美穂)。
そんな中、会社の不当解雇を訴える坂本の同級生
・仲野(近藤公園)が相談に訪れ、
早紀と坂本は気まずさを忘れ、
仲野を救う作戦を練り始める。ところが、
仲野を解雇した会社の法律顧問を
増野法律事務所が務めることになり、
坂本は増野(西岡徳馬)の命令で仲野の依頼を断る。
早紀は生活費にも事欠くほどの状況にもかかわらず
義憤に燃える。



母に3万円しおくりしたので
残金数100円・・・。

冷蔵庫のストックもあとわずかで
ちょっとでも待機電力を減らそうとして
コンセントぬきまくる早紀と
電話先の母も同じことしてるw
台所にたって菜箸もってるのもいっしょなら
ふたをしめてるような動作もいっしょで
さすが親子。

別れた正登は事務所では今までどおりに
と、この間言いすぎたことをあやまってくれました。

二人いっしょに出勤したら

「別れたんじゃなかったの?!」

と女子職員がさわいでました。

そこへ正登の友だちの仲野が不当解雇され
助けを求めてやってきました。
頭をさげられても、正登はこんな小さな案件に
かまってる暇ないんだけど・・と困惑。
すると早紀があっというまに、不当解雇に関する
事例をかきあつめてきました。

璃子の家はお手伝いさんまでいるのかーー。
たまには茶碗を洗おうとしても

「洗い残しがあると

 私が奥さまに叱られますから」

子どもとかかわろうとしても

「あなたは何もしなくていいのよ〜」

と義母にていよくおいはらわれ
また早紀のところへいく璃子。

早紀も迷惑そうだけど
車でおくっていってあげるから
というとOKしたらしい。

今回も古い牛乳からとるし
チーズは眺めるだけ。
司法試験にうかるまではと我慢しているそうです。

財布がないのに気付き、璃子がはらおうと
するのをおしとどめますが
残額不足で替えない・・。

お金貸してあげようか?という璃子の財布には
万札がいっぱい。

前回ゴミ捨ての仕方を注意した男性と
またエレベーターでいっしょになって
母に電話でお金を無心しているのをきくと
またまた注意する早紀。

ほんとに時間がないのでと
璃子をふりきったもののの
冷蔵庫は空っぽで、お金もない・・。

途中であけるべからずとかいてある
貯金箱に手をかけますが・・
思いとどまりました。

翌日、所長によばれた正登と早紀。
母が倒れたことも知っていて
正社員になれと誘われます。
福利厚生もあるし、母を扶養する事も
できる、と困った時はたよってくれという所長。

正登には、仲野のもめている会社とは
近々顧問弁護士の契約を結ぶので
その案件は断れといわれます。
最初は友だちが他にたよる人がいないから
と行っていましたが、
パートナーとして経営のことも考えていくようにと
言われて、その気になる正登。
もちろん早紀は気にいらない。

事務所に藍田が財布をとどけてくれました。
璃子から電話があって捜してくれたらしい。
でも札がぬかれて小銭しか入っていない・・
といわれてももともと小銭しか入ってなかったとは
さすがに言えないか・・。

そのあといっしょに食事にいくふたり。
チーズが好きなのにここでも
やっぱり我慢・・・。

仲野のことをどうするのかたずねられ
弱い立場の人を救うのが弁護士だと思う
というと、藍田にあきれられました。

「理想やロマンを失ったら

 終わりだと思います」


と言い返す早紀。

早紀がこんなめんどくさい性格になったのは
やっぱり昔に何かあったようで・・。

そのあと送ってくれた藍田が
部屋にあがりたがるのを
まだあってまもないから、
そう言うのは正しくないと断る早紀。

それにちょっとキレて声を荒げる藍田。

正しいか正しくないかじゃなくて

大事なのは 

おもしろいかおもしろくないか

楽しいか楽しくないか


早紀がこの前、いつ笑ったか、
今ちっとも幸せじゃない早紀が
人を幸せにしようとしたら
まず自分が幸せじゃなきゃ、
というと、行ってしまいました。

早紀はそのあと母に電話。
用事はないけど、「かけたいの」、
という早紀。

早紀はパソコンに向かい
仲野の会社を調べ、
建設現場にいって下請け会社の社員の
会話も録音。
おなかの音がなってますが・・。

キャバクラにも潜入して
会社の偉い人の会話を盗み聞き。

またまた現場にいって証拠写真を撮影。

疲れて帰宅した璃子。
夫はまた浮気をしてましたが
しらばっくれてます。
でもきっとお見通し。

璃子は役場の無料相談窓口に
夫の浮気相談に行った先で
仕事中の藍田とばったり。

早紀は調べ上げた資料をまとめて
正登に渡します。

「仲野さんを救えるのは
 
 あなたしかいません。

 私は 弁護士ではないので」


あの腕をぎゅ〜っとつかむのは本当に痛そう。

そこをパートナー会議に
出席するようよばれる正登たち。

正登がパートナーになるのに異論はなし
会議中にも早紀のおなかがなる・・・。

正登の案件を断るようにいわれ
さっきの資料をみせて
これなら裁判でも勝てるはず・・と
力になってくれるようにたのみますが
所長はまったくその気なし。

弁護士の仕事は
正義をつらぬくことじゃなく
クライアントの利益をまもること
悪い事をした人の弁護をした人の
弁護をするのが弁護士。

正登はそれを受け入れてしまいますが
曲げられない女は曲げられなかった。

弁護士としては正しいかもしれないけど
人間としては間違っている

何もいわないみんなも
いじめを黙って見ている子どもと同じだと
自分が昔いじめられていたことを話します。

早紀をかばってくれた転校生が
かわりにいじめられたのを
とめることができなかった、
もうあんなことはしたくないという早紀。

いつまでもそんなあまっちょろいことを
言ってるから何度も落ちるんだ、
大人になれ、という所長。

しかしそれにも逆らう早紀は
事務所の方針にあわないのなら
やめてもらうといわれます。

「ここで働いても

 正義を貫けないなら

 弱い立場の人や

 つらい境遇のひとを

 見捨てるしかないのなら

 そんな仕事は私には必要ありません」


今までお世話になりました、と出ていく早紀に
仲野の弁護は弁護士しかできないとくぎをさす所長。

「えらそうなこと言うなら

 弁護士になってから言え!!」


これが事実なのが痛い・・。

荷物をまとめてでていく早紀を
嬉しそうにみおくる女子社員。
ひきとめる正登にも返事をせず
下におりてきたら璃子と藍田がいました。

璃子からはやめたことを
さんざん責められました。
藍田は藍田なりの励ましかた?

今はみんながどんどんダメになっていってる
というと
早紀がまたキレた。

「自分を殺すって自殺っていうのよ!

 お金はあって 恋人がいても

 自分を殺してたら

 幸せっていうんですか?!」


早紀が絶対熱いやつだと話しあう藍田と璃子。

正登から依頼を断られた仲野は
藍田につれられ役所へ。
相談窓口で早紀が係の人に
文字通りつかみかかって訴えました。

そのあと、倒れてしまう早紀。

空腹で倒れたみたいです・・・。

炊き出しの食糧をもらって
おいしそうに食べる早紀・・。

早紀が家にもどると係の人が待っていて
さっきの話を会社にしたら、
仲野は会社に戻れることになったらしい。

それをきいて、
早紀は満足げな顔をうかべました。

早紀に届いた宅配便には
早紀がこの間おくったお金が
「2度とこんなことしないように」
というメモとともに入っていました。

今日の日記を書きながら
ため息・・。

なぜかBGMはマイケル。

藍田って署長なのか・・・。
ほんとにえらい人だったのね。

璃子は勇気をだして

「この子たちの母親は

 私です」


といってみたけど

「わかってるわよ〜。

 だから・・?」


とやっぱり勝てませんでした・・・。

早紀が裁判の傍聴席をとるアルバイトを
していたら、なんと母とばったり。

「あたしがいなくなっても

 やっていけるんだろうね?」


と歩いて行った母が消えた・・

また夢か。
まじで驚いたんですけど。

と思ったら、そのあと、新潟の病院から
電話が・・・。

予告では母が生きてる!!
けど、余命わずか???




曲げられない女の早紀があそこで
いうことをきけるわけもなく
今回やめなかったとしても
きっとこの先うまくいかなかったでしょう。
でもやめちゃってどうするの〜。
家賃半額とはいえ数万円なわけだし。
どこか別の、正義感の強い熱血弁護士先生の
事務所はないの?
それともそんな弁護士はマンガかドラマの中にしか
いないのかな。

所長の捨て台詞に反論できない立場なのが
つらいところです。
何が何でも10回目で合格しないと。

早くも早紀の過去が明らかになりました。
昔、その子を助けてあげられなかったことが
辛い記憶になっていたのか。
子どもの時は正しいと思っていても
なかなか言えないこともありますね。
だからといって三十路になるまで
頑なであることはない。

私も楽しくなくちゃというタイプなので。





曲げられない女 オリジナル・サウンドトラック


2010.01.20 Wednesday 23:03 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< 銀魂 第191話 「自由とは無法ではなく己のルールで生きること」 | main | the pillows LOSTMAN GO TO BUDOUKAN【初回限定盤】 [DVD] >>









曲げられない女 第2話 それでも曲げられない!
『女の本音…お金は欲しいわよ!』内容どうしても自分の信念を曲げられない早紀(菅野美穂)は、恋人・正登(塚本高史)のプロポーズを断り、弁護士を目指す決断をする。そんななか、正登を頼って、高校の同級生・仲野貫一(近藤公園)が訪ねてくる。会社を突然クビにな
| レベル999のマニアな講義 | 2010/01/20 11:14 PM |
「曲げられない女」信念を貫く女2自分を捨てたら自分じゃありません!金持ち不当なものは不当なんです!
「曲げられない女」第2話は正登の同級生が突然訪れてきて、不当解雇の撤回をしてほしいと頼まれた。しかし正登の上司の野村はその会社と顧問契約を結ぶ直前であり、弁護できないと通告された。正登はそれを仕方なく受け入れるが、早紀はそれを受け入れられず、助けたい
| オールマイティにコメンテート | 2010/01/20 11:33 PM |
ドラマ「曲げられない女」第2話
友情か、仕事か、将来か------------。曲がらない女、2回目です。今回はまず見終わった感想を一言言わせてもらえば、ようやく早紀の性格が見えてきて、その融通のつかなさも、理解できる部分が出てきたので、割り切ってみれたかな。本当は熱いんだよね、早紀って。その
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/01/21 12:08 AM |
貯金箱を途中で開けられない女(菅野美穂)
早くもまっすぐじゃない現実の社会に厳しい数字をつきつけられた「まっすぐな男」に対し・・・「曲げられない女」はフィクションの曲がった弁護士事務所を自主退職である。まあ、正社員ではなかったのでバイト辞めただけですけど。 己の信念に従って生きるのは難しいこ
| キッドのブログinココログ | 2010/01/21 8:53 AM |
『曲げられない女』 第2話
早紀がシャッターを開いて大声で訴えるシーンはスカッとしますね〜♪あの走り方もいいですわぁ(笑)「お前は絶対弁護士にはなれない」と早紀に言い放ってしまった正登でしたが、そこは素直に反省し、早紀に謝る姿は男として見直しましたけども…正登の高校時代の友人・仲
| 美容師は見た… | 2010/01/22 12:07 AM |
曲げられない女 第2話
「曲げられない女」(第2話)を観ました。出演者:菅野美穂、谷原章介、塚本高史、永作博美信念も物事も”曲げられない女”=早紀は、正登のプロポーズを蹴って弁護士になる夢を追い続ける。ある日、早紀は会社を不当解雇された中のの弁護をサポートしようとするが、早
| paseri部屋 | 2010/01/23 12:06 AM |