<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

戦う司書 The Book of Bantorra 第17話「帰還と出会いと燃えあがる緑」

第17話「帰還と出会いと燃えあがる緑」
ノロティの服の繕いものをするレナスに
誰かの声が聞こえ、耳をふさぐレナス。

「思い出したくない!」

肉だったころを思いだして悲鳴をあげ
そこを助けてくれたエンリケ。

「またあの文言がきこえたか?」

「月は太陽 小鳥は魚

 それはアーガックスで失われた

 記憶を取り戻すための
 
 魔術審議の文言だ。」


「私の・・

 記憶を植えつけられる前の

 この体の・・本当の持ち主が」


「その言いはやめろ!

 おまえはレナス=フルールだ。」


「エンリケさん」

「おまえは レナス=フルールだ」

「ありがとうございます」


OPが新しくなりました。


バントーラにヴォルケン帰還。
マットについて入ってきたヴォルケンをみて
ざわめくみんな。

ヴォルケンは明日裁判にかけられるそうですが
正義の人、ヴォルケンには自信があるようです。

「みんな!きいてくれ!

 俺がユックユックを盗みだしたのは
 
 神溺教団への利的行為のためではない!

 我々武装司書のためだ!」


楽園時代がおわり、平和をまもってきたのは
武装司書。

「武装司書が正義を失えば

 この世から正義は失われる!

 俺がここへ戻ってきたのは

 罪を償うためじゃない。

 武装司書から正義を奪うものを

 この図書館から 放逐するためだ!

 俺が戦うのは正義のためだ!」


みんな「はあ?」とわけのわからない中
拍手しながらあらわれたハミュッツ。

「素晴らしいわぁ。全員拍手」

代行をにらみつけるヴォルケン。
まったくひるまないハミュッツ。

「俺はおまえを許さない。

 武装司書の正義にかけて!」


ヴォルケンはでていき

「いい目になったんじゃない」

とつぶやくハミュッツ。

ミレポをみて微笑むヴォルケンですが
まるっきり無視されました。

「あなたは?」

「そうか・・おまえは・・」

と、事情を悟りました。

マットとハミュッツ。
神溺教団の舟を破壊したハミュッツ。
爆破する必要なかったというマット。

「どうしても殺さなければならない

 人間の存在を あの場で知った。

 たぶん あの瞬間に 

 あの船にいた存在。

 だから皆殺し。」


「どうしても?」

「そ。どうしても」

刺繍の針を指にさして、血の染みができました。

「ベンド=ルガーは生きている」

とつぶやきふっと笑うハミュッツ。

お茶しながら話すキャサリロとノロティ。
エンリケがレナスのところに通いつめて
いるらしいから気をつけなと忠告。

「え?」

「レナスさんてさあ 大人の魅力じゃん?

 ちょっと影があって

 ガキくさいあんたと違って」


「よくわからないですけど」

とちょっとむっとしたかんじのノロティ。

このままだとミレポみたいに
アーガックスの水を飲む羽目に・・と
いっているところへそのミレポが
やってきました。

「詳しく おきかせねがえますか?」

キャサリロ、迂闊。

噂のレナスとエンリケ。
ここで平和な日々が続くと思っていたという
レナス。

「お願い。本当の私を

 あなたがひとつずつ・・おしえて」


未亡人の色香全開でエンリケにせまる
レナス。

でもその手をふりはらうエンリケ!

「お前は誰だ?おまえは誰なんだ?」

ごまかされないとみて
笑いだしたレナス。

「ひどい男だねえ。

 さすがは怪物だ。

 レナスをこわしておいてさ」


レナスさん、かわりすぎ・・(-_-;)

「どういうことだ?」


「まわりのやつらが

 あたしをレナスと呼ぶからさ

 こいつは自分をレナスだと思いこんでたんだ。

 そこにあんたが現れて
 
 あたしの存在に気がついた。

 だから あたしがこうして

 外にでられるようになったのさ。

 なあ?あんたも肉なんだろ?

 だったらわかってくれるよな?

 記憶を根こそぎ奪われてさ

 他人の女の人格を植えつけられて!

 あたしが被害者なんだよ!
 
 あんたに助けてもらいたい。

 あたしは自分の名前すら思い出せない。

 だけど どうしても 

 とりもどさなくちゃ

 ならないものがあるんだ。」


「とりもどさなきゃならないもの?」

「ああ。

 ある言葉だけは思い出せてる。
 
 それが何かはわからないけど。

 鉛色の・・ベン・・ベンド・・」


「レナス=フルール!!
 
 レナス=フルール!!

 レナス=フルール!!」


とはっとしたエンリケが大声で名前をよぶと

「クソッタレ」

とつぶやいて倒れるレナス。

「レナス」

「きこえて・・いました。すべて。

 彼女のいうとおりです。

 私は この体の

 持ち主ではないのですから。

 ただこの体を返す時がきた。

 それだけ」


「お前は俺が守る」

「え?」

「いつの間にか ここは

 武装司書たちのたまり場となった。

 何より ノロティがおまえを好いている。
 
 俺はあいつと

 あいつが大切にしているものを

 守るためにここにいる。」


エンリケに惚れ直すーー!!!!


CM


ヴォルケンについて調べるミレポ。

ユックユックは追憶の戦機の中では
もっとも地位が低いけど、使いように
よっては最強の武器となり
複数人の魔法権利をつかうことができるらしい。

キャサリロから真実を聞かされたミレポ。

「仲間の裏切り・・

 たったそれだけのことで
 
 アーガックスに手を伸ばした。

 私は・・

 弱い自分と

 むきあおうとしたばかりなのに」


消えた記憶を呼び覚ますことを考えますが
そこへ入ってきたマットにとめられます。
過去を守る武装司書が、記憶をなくすことを
選んだ過去の自分を裏切るか?と言われます。

「おまえは自慢の部下だよ」

マットにはお見通しですねえ・・・。

ヴォルケンは証拠をみつけなければ
勝ち目はないと思います。
ミレポのことや、修行時代を思い出すヴォルケン。

ちょ、マットさん、何やってんの!!

フォトナ代行に言われた武装司書の正義。

「俺はバントーラ図書館が好きだ。

 ここには忘れられない人たちがいる。

 大切な思い出がある。

 そうだ。

 証拠がなかったとしても

 きっとミレポも 

 みんなもわかってくれるはずだ。

 案ずるな。きっと・・」


ハミュッツを思い出しました。

「ハミュッツ=メセタ。

 くそ!証拠さえ・・

 彼女さえみつかれば」


レナスはエンリケに言われた言葉を
思いだしながら歩いていました。
大切なものを守るために戦う
エンリケと同じように
自分の中にいるこの人格も
失ったものをとりもどそうとしている。
そこでヴォルケンとばったり。

「あなたは 

 オリビア=リットレットでは

 ありませんか?」


はっとするエンリケ。

「そう。私は

 オリビア=リットレットだ」


翌朝、ヴォルケンが消えたと大騒ぎ。
みんなからはまた裏切り者といわれていました。

ヴォルケンの行先はダライ鉱山。
そしてレナス=フルールを連れ去ったときき
驚くミレポたち。

ビザクにヴォルケンを追い撃つようにとの伝言を
ミレポに命令するハミュッツ。

「手加減無用

 即時抹殺とね」


反論する司書たちに有無をいわせず
でていきました。

わけのわからないノロティに

「おそらく 

 彼女はもうレナスではない」


というエンリケ。

飛行機に乗っているレナスとヴォルケン。

「鉛色の男 ベンド=ルガー

 その名前だけ思い出している。

 だが それ以外はさっぱりだ。」


「ダライ鉱山に向かいます。

 そこに1冊の本と

 ユックユックを隠してある」


「ユックユック?」

「もとは あなたの持ちものです」

本はラスコールに渡されたもの。

「これは本来
 
 オリビア=リットレット様が

 受け継ぐ物語。

 やむを得ぬ処置で
 
 貴方様にお渡しいたします」


「ラスコールから渡された本に

 しるされていたのは

 オリビア=リットレットという名の

 肉という奴隷でありながら

 他の奴隷たちを率いて
 
 戦った女性。

 彼女はユックユックをつかい
 
 あることをなしとげようとしていた」


そしてその女性は白煙号の被害者。
白煙号の爆破はハミュッツのせいだと
知ったヴォルケン。

「ハミュッツはあなたを殺そうとした。

 あなたがユックユックをつかって

 おこそうとしていた行為を

 恐れていたに違いない。

 あなたが記憶をとりもどせば

 ハミュッツが隠そうとしていた

 不正の証拠となる!」


「あ〜おまえ あつくるしいよ」

レナスにまで言われちゃった、、

ヴォルケンに話しかけてくるミレポ。
驚くヴォルケンですが、誰に恥じる事も
ない、みていてくれといって
通信をきってしまうヴォルケン。

「私 何をしているの

代行の命令は絶対

 なのに 叫んでいる

 彼は悪くないと

 叫んでいる」


『ミレポ 

 記憶を失っていても

 ミレポは俺を理解しようとしてくれる。』


笑顔になるヴォルケン。

これは正義を取り戻すための
戦いだとあいかわらず熱い。

そこへやってきたビザク。

「飛行機でやりあってもつまらんわ。

 このまま降りて一戦まじえるぞ!」


そのままいこうというレナスに

「ビザクさんならわかってくれます」

と着陸するヴォルケン。

話はわかったけど、代行にはむかうものは
見逃せない。

「俺にはわからないのです。

 ビザクさんをはじめ

 武装司書は尊敬できる人ばかりだ!

 それがなぜ ハミュッツなどに

 従うのです?!」


「まぶしいの」

とつぶやき 剣をむけるビザク。

「俺に勝てねば

 ハミュッツに勝つなど

 夢のまた夢だぞ!!

 手向けだ!

 一槍 馳走してやろう!」


「ありがたく いただきます」



あっちもこっちもおもしろい〜!
まっすぐで熱いヴォルケンには
バントーラが隠している何かが
許せないのはわかるけど
尊敬するフォトナ代行も
裏ではあんなことしてたしなあ。
事情をしって従っているマットたちも
認めているということは、正しくなくても
必要な何かなのではないですか。

レナスがオリビアって、ものすごい狭い世界で
物語が進行してますね。

もうエンリケの一途さにはメロメロです。



ハミュッツ   朴ろ美
マットアラスト 大川透
ミレポック   沢城みゆき
ヴォルケン   中村悠一
ノロティ    戸松遥
エンリケ    野島裕史
レナス オリビア 大原さやか
キャサリロ   広橋 涼
リズリー    阿部 敦
ルイーク    遠藤大輔
ガモ      竹内良太
フォトナ    古澤 徹
ビザク     後藤哲夫
ヴォルケン(少年) 木村はるか
ラスコール   川久保潔

アマゾンさんの戦う司書関連のページ。
一覧でわかりやすいけど、
うっかり館長の正体のネタバレがあるのでご注意。
みてしまったー(-_-;)
   ↓
戦う司書の原作一覧









2010.01.23 Saturday 11:37 | comments(4) | trackbacks(11) | 
<< ヤマトナデシコ七変化 第2話「初キス」 | main | JUNON ( ジュノン ) 2010年 03月号 >>
越前瀬緒 (2010/01/24 9:30 AM)
honeyさんおはようございます。思わぬところでフラグが回収されましたね。一回目の放送では理解できなかった話が、ここへきて明らかにされるとは!まだまだ目が放せなくなりました!
honey (2010/01/24 1:03 PM)
越前瀬緒さん、こんにちは。

戦う司書、みればみるほどおもしろくなりますね。
ミチコ (2010/01/24 4:38 PM)
honeyさん こんにちは、ヴォルケン久しぶり登場しました、後 OPとEDが変わりましたね。
honey (2010/01/24 8:43 PM)
ミチコさん、こんばんは。

ヴォルケン、ほんとうに久々でしたね。









戦う司書 The Book of Bantorra 第17話「帰還と出会いと燃えあがる緑」
何話以来でしょうかね。久しぶりに登場のヴォルケンさんがバントーラ図書館へとご帰還。このキャクターは、1話の初登場後数分で嫌いになったキャラクターなので、できればこのまま登場して欲しくなかったんですが、まぁそれだとストーリーが進まないのでここは我慢しと
| よう来なさった! | 2010/01/23 12:35 PM |
戦う司書 #17
「帰還と出会いと燃え上がる緑」 裁判間じかのヴォルケンまさかの宣戦布告w 自分が戦うのは正義の為だ! と、言うのを聞いてハミュッツの嫌味の拍手? ヴォルケンとハミュッツの戦いみたいになってきたw 久々にミレポックと再会したヴォルケンだったけど ミ
| あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w | 2010/01/23 4:24 PM |
戦う司書 #17 帰還と出会いと燃えあがる緑
テレビ版の 『戦う司書 The Book of Bantorra』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 戦う...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2010/01/23 5:53 PM |
戦う司書 The Book of Bantorra 第17話「帰還と出会いと燃えあがる緑」
今日から新OP&ED!!映像は相変わらずカッコイイですね! 曲は…聴いていればまた慣れていきそうな雰囲気なので特に言うこともないんですが(笑) O...
| Spare Time | 2010/01/23 9:36 PM |
戦う司書 The Book of Bantorra 第17話「帰還と出会いと燃えあがる緑」の感想。
戦う司書 The Book of Bantorra 第17話 「帰還と出会いと燃えあがる緑」 評価: ── この体を返すときが来た、それだけ・・・ ...
| いーじすの前途洋洋。 | 2010/01/24 4:28 AM |
戦う司書 The Book of Bantorra 第17話 「帰還と出会いと燃えあがる緑」
 記憶が無くてもヴォルケンのことが気になるミレポックがよかったですね。またまた面白そうな話が始まりました。
| つれづれ | 2010/01/24 10:05 AM |
『戦う司書 The Book of Bantorra』#17「帰還と出会いと燃えあがる緑」
「俺が戦うのは正義のためだ!」 燃えあがる緑って、ヴォルケンのことだったのか(苦笑) 追憶の戦機ユックユックを持ち出したヴォルケンが...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2010/01/24 10:58 AM |
戦う司書 第17話「帰還と出会いと燃えあがる緑」
OPとEDが変わりました。 モッカニアと関わりを持つレナスの体の中で元の人格が目覚めようとしている頃、ヴォルケンがバントーラへ戻ってきた。目的はハミュッツの不正を暴く為。ところがヴォルケンの今の状況は裏切り者の武装司書と云う立場だから周囲の視線は冷ややか
| White wing | 2010/01/24 4:54 PM |
戦う司書 The Book of Bantorra 第17話 「帰還と出会いと燃えあがる緑」
ヴォルケンが帰ってきた\(^O^)/ これで勝てるっ!! …わけでもなさそう(^^;) 新OP・EDはどちらもいい感じだったけど、ヴォルケンがかけらほ...
| 我が名[怠惰]であることをここに証明する | 2010/01/24 9:00 PM |
戦う司書 The Book of Bantorra 第17話「帰還と出会いと燃えあがる緑」
燃えあがる緑ってなんだろう? ヴォルケンのこと?? OPが変わりましたね♪ 知らないラスボスみたいな人が!? 武装司書、よく覚えて...
| 空色きゃんでぃ | 2010/01/24 9:27 PM |
戦う司書 The Book of Bantorra 第17話「帰還と出会いと燃えあがる緑」
 突然ヴォルケンがバントーラに戻って来ました。非難の目で見る武装司書たちにヴォルケンは武装司書の正義を取り戻すために戻ってきたと演説します。正々堂々と裁判を受けようとするヴォルケンですが、ハミュッツを倒す為に必要な証人を探していました。  レナスの
| たらればブログ | 2010/01/26 1:36 AM |