<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」

第43話「蟻のひと噛み」
ブリッグズを攻撃して帰り撃ちにあう
ドラクマの部隊。

「うわぁ〜」「ぐわっ!」

「どこだ?キンブリー殿!

 話が違う!

 我々が攻め込めば

 必ずブリッグズから裏切り者が出ると!

 あっ!」

「撃ち方 やめ〜い!」

「圧勝でしたな」とバッカニア。

「ああ」とマイルズ。

「これが・・」

倒れたドラクマ兵士たちのそばに立つキンブリー

「血の紋です。」


OP


アスベックのスラム。

メイから錬丹術をならっているアル。

「だ〜から〜 錬丹術は

 龍脈の流れを読むんですって!」

「だ〜か〜ら〜!

 それがわかんないんだって!」

「感覚を研ぎ澄ませるんですよ。

 さん はいっ!ほら かんじた」

「無理だって」

「できますって!」

「もっと理論的に教えてよ〜!」

小屋の外まで声がきこえます。

「にぎやかだねえ」

「すまないな。かくまってもらって」

とスカー。

「気にするな。

 こちらも助かってるし」

洗濯物を干すウィンリィのそばで
子どもと遊んでいる(遊ばれている)ヨキ。

「うわ〜!いてててて。

 髪はやめろ〜」

「子どもたちも 遊び相手が増えた」

「山へ薪をとりにいってくると

 ザンパノにそう伝えてくれ」

「うん」

なんとか子どもたちから逃げたヨキ。

「くそ!ちっ。ひどい目にあった。

 みんな働いてるってのに

 ザンパノの野郎は

 どこ いきやがったんだよ!?」

ザンパノはエンヴィーと待ち合わせ。

「お〜い!こっちだ。案内する」

「頼むよ ザンパノ」

イシュヴァール人に化けたエンヴィー。

ブラッドレイとホークアイ中尉。

「セリムのことを知ったそうだな」

「はい」

「私の正体も」

「はい」

「国のトップと息子が

 ホムンクルスであるというのは

 一国民としては どんな気分かね?」

「信ずるべき家族までもが

 虚構であるというのは

 悲しいことだと思います。

 家族ごっこです。

 愚か者とあざける 人間の真似をした」


「たしかに あれは上から

 与えられた息子だ。

 大総統の地位も部下も

 すべて 与えられらた。

 いわば 権力者ごっこだ。

 だが 妻だけは自分で選んだ。

 お茶はまだかね?」


「あっ はい」

「うむ。うまい。」

マルコーとジェルソ。

「へえ ドクター。

 あの第五研究所のお偉いさんだったのか」

「えらいわけではない。

 部下が何人かいただけだよ。

 みんな 今頃どうしているだろうか」

「お〜い」とザンパノたちがやってきました。

「あっ そちらの方は?」

「今朝知り合った流れ者だ。

 ドクターにみてもらいたいっていうから・・」

「もういいよ。ザンパノ。

 三文芝居はここまでだ。

 こんにちは ドクター。

 こんな所で 何やってんのかな。」

エンヴィーの姿に戻りました。

「ゴミ虫どもが 我々を出し抜こうなんて

 考えが甘い」

エンヴィーが足を踏みだすと錬金術が発動。

「いっ なんだこりゃ?

 ザンパノ!」

「ははははっ。

 三文芝居は もう おしまい!だろ」

「最初から 貴様を

 ここに誘いだすのが目的だったのだよ。

 えげつない貴様のことだ。

 私が生きているとわかれば

 自らおってくると思ってね」

「へん。ゴミ3匹で何ができる?

 何人集まろうが

 ゴミはゴミでしか・・

 うわっ!」

また錬金術。

「地雷式だよ。

 錬金術は日々進化している」

「そんな 錬金術があるわけ・・

 うわぁ〜〜!」

「くっそ〜!

 地雷だってのなら

 お前たちの足跡たどれば

 ひっかからないだろう!

 うわ〜〜〜!なんでだ〜〜?!」

「ホムンクルスにだけ反応するのだ。

 雪のせいで どこに何が

 待ちかまえているかわかるまい。

 どうだ?カスだゴミだと

 バカにして扱ってきた我々に

 なぶりものにされる気分は?」

「くっ」

「うふふっ。騙されてますね。

 ただの遠隔錬成ですのに」とメイ。

「くっ この〜。

 クズはクズらしく

 言うことをきいてりゃいいものを。

 ゴミカスどもが

 調子に乗るなよ〜〜〜!」

エンヴィーが化け物の姿に巨大化。

「ガァァァ〜!」

「ドクター!」

「あぶねえ あぶねえ」

ジェルソがマルコーを抱えて無事でした。

「す すまない」

「ち。デブのくせにすばやい」

「ゴミカスをなめるなよ!」

「クソがあ〜〜!」
 
「こんなしょぼい攻撃 きくかよ!」

「そうか。

 ならば これでどうだ!ぬおっ!」

今度はスカ―が攻撃。

「うわぁぁぁぁぁぁ〜〜」


倒れるエンヴィー。

「やったか!?」

「はっ。うわ〜!!」

マルコーがエンヴィーにつかまりました。

「はっははは〜。捕まえた。

 おっと。動くなよ。

 ボキっとやっちゃうよ。

 さて お仕置きしないとね」

「うっ」

「言っただろう?ドクター。

 よけいなことしたら 村ひとつ消してやるって」

「そんなことはさせん!」

「ぐわ〜!」

「まだ抵抗するの?

 ほんと バカだね。

 よし あのスラムをぶっつぶしてやる」

「はっ」「くっ」

「やめろ」

「ただつぶすだけじゃおもしろくないな。

 何人か セントラルにつれてって

 賢者の石の材料にしちゃおうかな」

「貴様!まだあそこで

 そんなものをつくらせているのか!

 研究者たちを 私の部下を解放しろ!」

「はあ?む〜り。

 だって あいつら全員 
 
 賢者の石にしちゃったもん」

「わ、私の部下までも・・」

「あれ?言ってなかったっけ?

 でも ドクター。

 いまさら悲しむ必要なんてないよね。

 だって 今までさんざん賢者の石を

 つくってきたじゃないか。

 人の命をつかってさ。 

 ははは・・あははは はっはっは・・」

「そうだ。私は多くの人を犠牲にして

 賢者の石を作った。

 この国の誰よりも

 賢者の石の作り方を知っている。

 作り方を知っているということは

 壊し方も知っているということだ!!」


「うわあ〜〜〜!!

 あっあっあっあああ〜〜〜〜」


CM


苦しむエンヴィー。

「ああぁぁぁ〜〜!

 ああぁぁぁ 」

「ぐっぐっ・・」

「あっ」

「なんだ?あれ」

「ドクターたちのいる丘のほうからだ」

「うっ うう〜・・あぁ〜・・

 痛い痛い・・痛い 痛い 痛い

 こんな・・ああっ・・
 
 嫌だ・・こんな・・。うう

 ああっ。

 嫌だ・・こんなことが

 このエンヴィーが

 貴様ら下等生物にやられるわけ・・

 嫌だ キメラまで 見るな

 俺を・・私を見・・

 見下すなよ!人間がぁ!」


小さい姿に戻ったエンヴィー。

「見るな 虫けらが クソが 見るな」

それをつまみあげるスカ―。

「こんなやつに オレたちは

 踊らされていたのか」

「はぁ はぁ・・」

「勝ったぞ マルコー」

スラムへ戻ってきたみんな。

「う〜ん。おっ 帰ってきた」

「マルコーさん!

 どうしたの?!その怪我」

「ん?それは?」

「ぎぎぎっ」

「ほ〜 知らない間に
 
 そんなすごいことやっていたのか。

 人間様に逆らうからそうなるんだ。

 この この」

とエンヴィーを指でつつくヨキ。

「マルコーさん。

 なんでそんな無茶なことを」

「私は今まで 

 言われるがまま動いてきた。

 だがこれだけは 自分で

 けりをつけたかったのだ。

 自分で考えて 自分で決めて

 君のご両親のように」


「あっ。

 でも やっぱり 無茶はしないで」

「ああ」

「いた〜!いたたた わっ とっ」

ヨキがエンヴィーにかみつかれていました。

「キュ」

「よきさん?」

「助けて〜」

「へっへ〜。こいつの体はいただいた」

「ひぇ〜!やっやめろ〜!化け物〜!
 
 か、体がいうことをきかない!」

「無駄無駄〜!

 さあ おまえたち!

 こいつを助けたかったら・・」


「いや 好きにしていいぞ」

「そいつ 仲間じゃないしな」


「え〜!」

「ヨキさん

 短いおつきあいでした」


「君のことは忘れないよ」


「が〜!傷の旦那!旦那は

 私の味方ですよね?ね?!

 目ぇそらすな!こら〜!」


「なっ なんで?こいつ仲間なんじゃ?」

「無駄なことをするな。

エンヴィー。

 もはやなりふりかまっている

我々ではない。

 邪魔をするなら その男の体ごと

 滅ぼすぞ!」


「くそ」

「とれた」

「ほんと?」

「ナ〜イス 演技!」

「ええ?」

力が抜けてふらつくマルコー。

「は、はったりとか 得意じゃないんだよ」

「ちくしょ〜〜!

 貴様らなんて 友達じゃないやい!

 絶交だ!縁切ってやる!」

エンヴィーはビンに入れられました。

「くっそ〜・・」

「じゃあ そろそろおまえらの計画について

 きかせてもらおうか」

「知らないね」

「なん〜だと〜?コラぁ!吐け!

 吐きやがれ!虫けら野郎!」

「いけ!やっちまえ!ザンパノ!」

「けっ。吐いたら

 あとは殺されるだけじゃねえか。

 誰がしゃべるか。バ〜カ!」

「くっそ〜」

「あっ そういえば

 鋼のおチビさんはいないのか?」

「兄さん?今はブリッグズにいるはずだよ」

「ん?

 俺は 行方不明ってきいてるけど〜」

「何?それ?くわしく!」

「バズクールで

 坑道が崩落したらしいからねえ。

 生きてるかな〜」

「そんな・・。ウソ・・」

ウィンリィも心配します。

「どうする?

 いったんバズクールへ戻るか?」

「いや。兄さんなら

 きっと相手の無事を信じて

 前にすすもうとするはず。

 だから 僕らも前へすすもう」


「ああ」

うなづくマルコー。

「希望はまだある」

「オレは 一度 別行動をとる」

というスカ―。

「少し前から考えていたことだ。
 
 イシュヴァールを否定したこの国を

 ただ憎むのではなく

 変えるために。

 そのためには マルコー。

 おまえの力も必要だ」


「わかった。いっしょにいこう」

「この国を変えるため・・」とメイ。

「実は 僕もちょっと行きたい町があって」

とアル。

「お どこだよ?それ」

「リオールって町。

 予想どおりなら

 そこにもトンネルがあるはずだ。

 だから それを壊すのが

 一番早いんじゃないかって」

メイにエンヴィーを渡すスカ―。

「メイ。お前はこれをもって国へ帰れ」

「えっ?」

「ちょっと 旦那!」

「殺しても死なない 

 ホムンクルスのなれの果てだ。

 これで おまえの一族が助かるかもしれん」

「でも!私が帰ったら

 錬丹術のことが・・」

「人の国にかまっている場合か?!」

「はっ」

「そんな覚悟でこの国に来たのか?

 もし 権力争いに負けたら

 おまえは 命運を託してくれたものたちに

 よその国にかまってて
 
 助けられなかったと言い訳するのか?

 行け。この国のことは

 この国の人間でなんとかする。」


みんなの顔を見渡すメイ。

「うん」とうなづくアル。

「ありがとう・・ございました!」

頭をさげるメイとシャオメイ。

そしてそれぞれ出発。

「メイ 元気でね。

 錬丹術 ひと段落したら

 また学びに行くよ」

「アル様」

「あっ」

「アル様 メイは・・メイは・・」

抱きついてきたメイの頭をなでるアル。

「みなさ〜ん 本当にありがとう!

 さようなら〜〜〜」

「元気でね〜〜!」

「行っちゃったね」

「うん」

「それじゃあ 我々も」

「ああ」

マルコーとスカ―も出発。

グリードを探して歩くビドー。

「グリードさん うっ・・ん?」

軍人をみかけて立ち止まりました。

「ダメだ。イズミ・カーティスは旦那と

 旅行に行っていて いつ戻るかわからないらしい」

「う〜ん 仕方ない。

 いったん ブラッドレイ大総統のところへに

 報告に戻るか」

『ブラッドレイ?!』

グリードをつれていった男だと思うビドー。

「かわりのものをよこしてもらうか」

「そうだな」

『あいつらについていけば

 グリードさんに。

 でも・・』

迷ったけど車の下に隠れてついていきました。

セントラル。
軍の廊下で足を踏まれているアームストロング少佐。

「あの・・

 足をどけていただけませんか 姉上」

「ここでは少将と呼べ!

 ちっ。あいかわらず ふぬけたつらをしおって」

「さ、先のドラクマ戦では

 圧勝であったとか」

「当たり前だ!」

「国土錬成陣が完成してしまうのでは」

と耳打ちする少佐。

「かまわん。

 今 我らにとって 守るべきであるのは

 この国の安寧。

 それを 一瞬たりとも脅かす敵あらば

 圧倒的で 完璧な敗北を与えてやらねばならん!」

「いやはや。まっこと 猛々しい。

 これではいつまでたっても

 嫁のもらい手が。。」

蹴られました。

「うわあ〜」

「おまえは闘争心がたらんのだ!

 グズが!

 お前といると臆病がうつるわ!」

「お、ここにいたか。少将。弟かね」

とガードナー。

「ちっ。弟と思いたくはありませんな。

 イシュヴァールから逃げ帰るような臆病者」

「きなさい。

 みせておきたいものがある」

後をついていく少将。

「国家錬金法の三大制限を知っているかね?」

「たしか 『軍に逆らうな』

 『金をつくるな』

 『人を作るな』だったかと」

「『軍に逆らうな』は言わずもがな。

 『金を作るな』は経済の混乱を避けるため。

 では、『人を作るな』は?

 なぜ 国家は 

 人を作ることを禁止している?」

「倫理にもとるからでしょう。

 錬金術師らの間でも 暗黙のうちに

 神への冒涜と禁じられているとききますし」

「違うな。

 倫理などというのは

 時代や個人によってかわるものだ。

 理由はそんなものではない。

 個人が 強力な軍隊を

 持たぬようにするためだよ。

 少将」

たくさんのホムンクルスをみせられ
息をのむ少将。


ED


リオールへやってきたアルたち。

「ひえぇな こりゃ」

「こんなところに 飯くえるところが あるのか?」

「え〜っと・・たしかこのへんに・・

 あっ ロゼ!元気だった?」

「アルこそ!なあに?まだ旅してるの?」

「なんだ?知り合いか」

「うん。ちょっと」

「アル。 エドは?いっしょじゃないの?」

「あ・・に、兄さんは 今日はいないんだ」

「そう。残念ね。

 すごくあいたかったのに」

「あ・・」

ウィンリィの顔をみるアル。

「おや〜?」

「な、何よ!」

「いや〜 

 その 微妙な顔は何かと思いまして」

「へ、変なこと言わないでよ」

「おーい ロゼ。

 鍋 洗い終わったよ。

 他に仕事・・」

ホーエンハイムが現れました。

「ん?」

「あっ!」と驚くアルとウィンリィと

ホーエンハイム。



エンヴィーが虫けらみたいに〜〜。
ビン入りにされてもけっこう危険だと思うけど
そんなものシン国にやっちゃっていいのかと
ちょっと思いました。
ヨキ、こういうときにも役立つキャラ!
がんばれ ヨキ!

マルコーさんはよくがんばりました。

ついにホーエンハイムとアルが対面。
エドと違ってアルは素直だし
親子の会話が楽しみ。




アルフォンス・エルリック 釘宮理恵
エンヴィー       高山みなみ
ティム・マルコー    小室正幸
スカ―         三宅健太
メイ・チャン      後藤麻衣
ウィンリィ・ロックベル 高本めぐみ
ヨキ          矢尾一樹

キング・ブラッドレイ  柴田秀勝
ルイ・アームストロング 内海賢二
ヴァン・ホーエンハイム 石塚運昇
オリヴィエ・ミラ・アームストロング 沢海陽子
リザ・ホークアイ    折笠冨美子
ザンパノ        疋田高志
ジェルソ        志村知幸
ガードナー       糸 博

ビドー         うえだゆうじ
ロゼ          雪野五月
マイルズ        中井和哉
バッカニア       大友龍三郎
ゾルフ・J・キンブリー 吉野裕行
グリード        中村悠一
司令官         園部好徳
イシュヴァール人    古島清孝

ナレーション      家弓家正












2010.02.07 Sunday 21:10 | comments(0) | trackbacks(24) | 
<< 仮面ライダーW(ダブル) 第21話「還ってきたT/女には向かないメロディ」 | main | ジャンプ 10号感想 >>









鋼の錬金術師 第43話「蟻のひと噛み」
過去の清算-----------!!ブリッグズとドラクマの対戦はあっけなくカタがつく。所詮ブリッグズの1枚岩を砕くのは無理。一瞬で決まったこの決戦。雪の荒野に散った、たくさんのドラクマの兵の血の上に佇むキンブリー。「これが血の紋ですよ------------」彼の本当の狙
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/02/07 9:25 PM |
鋼の錬金術師 #43 蟻のひと噛み
テレビ版の 『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらな...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2010/02/07 9:28 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」
ドラクマとブリッグズの戦いは、あっさりブリッグズ側の勝利で決着がついて。 だがブリッグズに血の紋を刻むという、キンブリーの目的は、達...
| * Happy Music * | 2010/02/07 9:29 PM |
鋼の錬金術師 第43話
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」 ドラクマ軍は何をやっていますか?? 巨砲は相手の射程外から撃つための兵器なわけですから,通常はまず砲撃して砦が沈黙した後...
| Kyan's BLOG IV | 2010/02/07 9:30 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43...
『蟻のひと噛み』内容キンブリーの罠によりブリッグズ砦に侵攻してきたドラクマ軍。すぐにブリッグズ兵の力の前に一蹴される。。。。だが、それこそが“血の紋”そんななかイシュヴァール人のスラムに身を寄せるスカー、マルコー達のもとに、ザンパノの裏切りにより、エ
| レベル999のマニアな講義 | 2010/02/07 9:32 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話 「蟻のひと噛み」
マルコーが頑張りましたね。エンヴィーもなかなかにしぶとかったです。
| つれづれ | 2010/02/07 9:33 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」
マルコーの居場所を知ったエンヴィーが襲来。 マルコーはかつての部下が賢者の石にされたと告げられ。 怒りのマルコーが反撃が…。 原作の...
| SERA@らくblog 3.0 | 2010/02/07 9:43 PM |
『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』#43「蟻のひと噛み」
「作り方を知っているということは、壊し方も知っているという事だ!」 イシュヴァール人たちのスラムにやってきたマルコーたち。 しかし...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2010/02/07 9:46 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 43話「蟻のひと噛み」
今週も主人公不在のまま(笑)話は進んでいきます。 マルコーさん大ピンチの今回、彼の気持ちに決着は付くのか?
| まざまざの萌えを叫べ! | 2010/02/07 9:46 PM |
鋼の錬金術師 第43話
キサマらなんて友達じゃないやい!! 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話 「蟻のひと噛み」 キンブリーの手回しでブリッグズにドラクマが攻め込んできたわけだけど、冒頭のアバンであっさり退けちゃった(汗)。しかしキンブリーの狙い通り、ア
| 雲の上からHello! | 2010/02/07 10:01 PM |
【アニメ】  鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話 「蟻のひと噛み」 感想
  作り方を知っているということは・・・ 壊し方も知っているということだ!! 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」 の...
| この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・ | 2010/02/07 10:10 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」
前回は反撃の兆しが見えたものの、危険が迫っているように見えましたが、 実はマルコーさんの漢アピール回へのフラグでした!
| 明善的な見方 | 2010/02/07 10:26 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」
『アスベックというイシュヴァール人達のスラムに身を寄せていたマルコーたちのもとへ、ザンパノから居場所を知らされたエンヴィーがやって...
| Spare Time | 2010/02/07 10:26 PM |
鋼の錬金術師 FA 第43話 「蟻のひと噛み」 感想とアホな見解
またまたすごい話が進んで爽快なくらいでした。他のアニメも見習ってほしいですねー。
| アニメは日本の文化遺産 | 2010/02/07 11:17 PM |
(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第43話 「蟻のひと噛み」
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る アスベックというイシュヴァール人達のスラムに身を寄せていたマルコーたちのもとへ、ザンパノから居場所を知らされたエンヴィーがやってくる。応戦するマルコーやジェルソたちだったが、すん
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2010/02/07 11:22 PM |
作り方を知っているという事は… 「鋼の錬金術師 FA」 第43話の感想。
「壊し方も知っているという事だ!!!」
| あるアッタカサの日常 | 2010/02/08 12:33 AM |
鋼の錬金術師〜第43話「蟻のひと噛み」 
OPの前に、ブリッグズの圧勝シーン。しかし、これがキンブリーのたくらみか。アルはメイと練炭術の練習。感覚をとぎすませるのが大事らしい。でもアルにはそれがさっぱりわからない様子です。大総統と話す中尉。けっこう本音トークが繰り広げられています。そして、ひ
| ピンポイントplus | 2010/02/08 12:49 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」
まさかマルコーさんに見せ場があるとは?(・ω・) 誰しも自分のしたことに責任を取って、ケリをつけなきゃいけない時が来るんですね。 そうし...
| 空色きゃんでぃ | 2010/02/08 4:35 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」
「作り方を知っていると言う事は  壊し方も知っていると言う事だっ!!」 エンヴィーとのバトル!! ついに、エンヴィーの本当の姿が…!    ...
| WONDER TIME | 2010/02/08 8:56 PM |
今週の鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST「第43話 蟻のひと噛み」
犠牲者が出るかと思えば、実は名有りキャラには犠牲者なしという驚きの展開です
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2010/02/08 10:58 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」
 ドラクマの軍はマイルズ少佐たちブリッグズの部隊に壊滅させられました。キンブリーの目論見通りに“血の門”が作られてしまったのでした。  マルコーの居場所をホムンクルスに密告したザンパノは、イシュヴァール人に変身したエンヴィーを雪山に薪拾いに来たマル
| たらればブログ | 2010/02/09 12:23 AM |
鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST 第43話「蟻のひと噛み」
ブリッグズとドラクマの戦いの最中、消えたキンブリー。一枚岩のあの結束、ブリッグズから裏切りなんて出る訳ないじゃん。キンブリーの思惑通り、戦いによって流された多くの血。これが、「血の紋です」こんのーッ、キンブリーめ!!とある小屋の中。アルに錬丹術を教え
| あくびサンの、今日も本を読もう♪ | 2010/02/09 6:16 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第43話 蟻のひと噛み
ドラクマとの勝負は、ブリッグズ側が圧勝。
| アニメ日和 | 2010/02/09 9:56 PM |
鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST第43話「蟻のひと噛み」
ドラクマとの戦闘はブリッグズの圧倒的な勝利に終わった。壁の上から双眼鏡で見たマイルズが呟く「これが…」「血の紋です」全滅したドラクマ軍の血で染まる雪原の中一人立つキンブリーがニヤリと嗤う。アスベックにあるイシュバール人のスラム。メイから錬丹術を習うア
| からまつそう | 2010/02/10 9:50 AM |