<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ブラッディ・マンデイ シーズン2 第4話

第4話

響に銃をつきつけられた藤丸。

「第三の皇帝が待ってる。

 従わなければ撃つ」


外にはサードアイの捜査官がいるという藤丸の言葉に
窓からみる響。
萩原からファルコンはまだかといったあと
釈放された一人爆弾魔の笹嶋が近くにいるから
確保しろといわれ車をだしてしまいました。

「サードアイ いっちゃった。

 残念」


そこへはいってきた音弥。
響ともみあいになり、藤丸が銃をもって
音弥をたてにした響にむけました。

「第三の皇帝は いつまでも

 待ってはくれないよ。

 日本を再起動する」


響、とろそうにみえて素早いみのこなし。

笹嶋をつかまえますが永田がまだ。
笹嶋がダミーで永田が本命?

永田は魔弾の射手と接触。

マヤは永田を確保するように
連絡をうけました。

取り調べをうける加納。
スパイ扱いされていますが
知りたいのなら、本物のスパイにきいたらどうだ?
と一歩もひかない。

すると電流を流して拷問・・。

夜になって目をさます藤丸。
音弥も疲れた顔をしていました。

「ありがとな。助けてくれて。」

「お互い様だ。

 おまえはスポーツクラブで

 俺を助けてくれた」


音弥は人質としての役目をおえ解放され
ここのことは、マヤが誰かと電話で
話しているのをきいたと話します。

響が魔弾の射手なら第三の皇帝が
黒幕という可能性も。

響は上の者に、経過報告。
ファルコンはマヤがかわって監視を
続けるとのこと。

音弥にメール。
ファルコンにお願い、と
永田三郎という男について
しらべてくれるようたのまれました。

総理から直接頼まれたという音弥。

永田は歯科医院で拷問されてました。

怖すぎる・・・・!!!

第三の皇帝の場所をきかれ
500万を要求。

マヤがそこへはいってきたら
もう永田は殺されていました。

ビーストはモスキートに連絡。
男が口をわったから第三の皇帝をお迎え。

「新しい1日がはじまる」

マヤは総理に連絡。
第三の皇帝はやつらには渡さないといい
総理は音弥に連絡。

第三の皇帝をむかえにきたビーストと
レディバード。
しかしそこにはいませんでした。

ホーネットにメールをうつモスキート。
第三の皇帝は総理の足取りから。

藤丸も永田について検索中。
永田はトラック運転手をしながら
資材の転売をして逮捕。
逮捕直前の運搬ルートをみたら
予定のなかった場所にいっていました。

それが魔弾の射手。
第三の皇帝と永田をつなぐ線。

トラックの荷台にあったものは
そこにあるはずだという藤丸。

音弥に、そろそろ本当のことを話してくれないか
とたずねます。

この部屋にくるのも永田をさぐるのも
本当は誰にたのまれたのか?

「折原に何を脅されている?

 音弥

 俺にはもう何もかくさないでくれ!」


「もし説明したら、

 あおいが死んだときのこと

 くわしくおしえてもらっていいか?
 
 おまえだって俺にかくしてることあるだろ。

 言えないのか?」


ですが正直に話すという音弥。

マヤは魔弾の射手ではなく
二年前も金で動いただけ、
今は総理直々の命令で単独でうごいている
だから協力していると話す音弥。
テロがふせげたのも、ここへくるよう
いってくれたのもマヤ。
それにあおいの仇もうってくれるといったので
100%信じたわけじゃないけど
協力する、と話します。

一人で勝手に決めるな、
あおいを殺したのは俺だと
あのときのことを話し涙する藤丸。

「この手が
 
 あおいを殺したようなもんなんだよ。

 魔弾の射手を倒さなきゃなんないのは

 俺なんだよ。

 一人でやるなんていうなよ。」


加納さんには薬もうたれ拷問ぞック。

琢磨はつらそうにしていますが
かおるにいわれたとおりに仕事。
加納さんの携帯に藤丸から着信。
澤北が怖い・・電話にでられませんでした。

ブルータスからの連絡では
マヤとファルコンがあたりくじをひいたらしい
とのこと。

部屋で銃をかまえる八木は
たずねてきた遥に

「僕はもう強くなったから。

 さようなら」


といってしまいました。

Jの調子はあまりよくないようですが
解毒剤の量を多くして
自白剤を投与するという赤石は
倉野を押し倒しました。

それにきづくJ。

「その人にさわるんじゃない!」

カーテンあるのになぜわかる?

八木はいじめっ子にあいにいき
銃をみせます。

「ロシアンルーレットやろうよ。」

確率は6ぶんの1。

『血のみが歴史を前進させる。

  ベニート・ムッソリーニ』


銃をこめかみにあてる八木。

疲労のはげしい加納さん。

「本物のスパイをさがせ

 南海・・さがせ」


といいますが、萩原は自白させなくても
かまわないと何かまたたくらみ。

八木は次はいじめっこに銃を渡します。
鈴井くんがビビると、いっしょにいた
仲間が今度は八木の味方に。

「わかったよ。やってやんよ」

と銃をあてる鈴井くんから
もういいよと銃をとりあげ、空にむけて撃ちました。

ホタルへ、この銃のおかげで
生きた時間がもてたとメールをうつヤギ。
ホタルは響ではない女性。

マヤが音弥と藤丸のもとへ。

「いいの?

 危ない目に

あわせちゃいけないんじゃ?」


「俺が一緒に行くと言った」

まだマヤを信用したわけじゃないという藤丸。

「第三の皇帝のところに

 ご案内 よろしくね 

ファルコン」


Jとの面会をたのむ霧島。
倉野はことわりますが
赤石が、あの患者は倉野がお気に入りみたいだから
協力してあげたら?といい
霧島はJのもとへ。

まずKが生きていることを
伝えてほしいと頼みます。
教祖の娘が生きていると知ったら
教団が復活するかもしれず
極秘にされていますが
Jにそれをつたえて、
倉野が味方だと思ってもらえるようにすると
いう霧島。

Jのそばにいき、霧島からいわれたとおり
Kが生きていると伝えました。
病に打ち勝つ最大の薬は生きたいという希望。
医者として患者にその情報を伝えたというと

「彼女に変なことさせないでよ。

 霧島ちゃん」


とすぐみぬかれていました。

エスパーになったの??

加納さんに新しい拷問道具をもってきた捜査員。
しかしちょっとの隙に、逃げだすのに成功。
・・じゃなくてこれも計画のうちか。
発信機をつけられていました。

加納さんはすぐさまそれをみつけて
切ったものの、まだ有効。
奪った銃にしこんでありました。

「予定通りです」

加納さんを泳がせて
スパイと魔弾の射手を一気に確保だという
萩原。

加納さんはマヤに連絡しますが
仕事は終わったから、明日
日本をたつことにしたと話します。
ファルコンが第三の皇帝をみつけたから
今むかっているところ。

永田がトラックで運んだコンテナ。
これが第三の皇帝。

開けて中へ入るマヤ。

「まさか・・」

後ろに爆弾が。
二人を中へおしこみ扉を閉めるマヤ。

「情報がもれてる。

 私とここに来ること、

誰かにしゃべった?」


もしくはすべて敵の罠。
ホーネットに偽の情報をつかまされた?

「ファルコン やぶれる」

第三の皇帝は人間じゃなく
ロシアでつくられた史上最悪の水素爆弾

ツァーリ・ボンバー

あのチップにはその設計図ははいっていたそうで
日本再起動計画とはそれを爆破させること。

コンテナの上にやってきたビースト。

マヤが二人を逃がし応戦しながら
自分も逃げます。

しかしマヤが撃たれました。

「ちょっと古傷が開いただけ」

といいますが、苦しそう。

マヤは小形爆弾をなげ、
さらに二人を逃がします。

「あとは 二人で逃げなさい!」

横浜のゴーパルという店にいって
教授という男にあいなさいというマヤ。
その男から、ツァーリ・ボンバーと
魔弾の射手にたどりつけるかもしれない、
さらにそこには響がいて、伝言をたのみます。

「バカな真似はしないようにって」

「響はやっぱり

 魔弾の射手のひとりなのか?」


とたずねる藤丸ですが、おいつかれます。

「援護する。

 同時にとび出して。

 最後くらい 
 
 先生のいうことききなさい。

 絶対生きなさい。

 生き伸びて 

バカな再起動とめなさい。

 ふたりならできるはず」


「あんた・・ 死ぬなよ」

「ご心配なく

 報酬はきっちりいただく。

 3 2 1 ゴー!」


走りだすふたり。

銃弾がきこえたちどまる藤丸を
うながす音弥。

「行こう。先生に言われたとおり」

マヤの胸からは血が・・。

ビーストを撃ちましたが
もう一人いて、はさまれました。

「ツァーリ・ボンバーより

 私の命のほうがほしいわけ?

 私の名前まで奪おうとして」


「あれは 

あんただけの名前じゃない」


「そうだったかしら

 昔のことは 忘れた」


銃をかまえますが
後ろでビーストが立ちあがり
はさまれて絶体絶命。

それでも銃を撃つマヤ。

『生きたいと思わねばならない。

 そして、死ぬ事を 

 知らねばならない

   ナポレオン・ボナパルト』


加納さんが倒れているマヤをみつけます。
うっすらと目をあけるマヤ。

「これで・・ おわり・・」

「ああ そうだな。

 もうすぐおまえは任務完了だ。

 すでに 金も 

お前の口座にうつした。」


「そうじゃない・・

 私 この仕事から 足を洗う・・」


「そりゃ よかったじゃねえか」

「コテージを買ったの。

 南の島・・

 すごく暖かい場所・・すごく・・

 行く?一緒に・・」


「バカ言ってんな。しっかりしろ」

銃を放した手で加納さんの頬にふれるマヤ。

「あったかい・・」

マヤ、死亡・・。

その目からは涙が・・。

かけつけてきたサードアイ。

「敵ならいねえよ。とっくに逃げた。

 おまえらが足止めしてる間にな。

 また一人死なせちまったよ」


とマヤを抱きかかえている加納さん。
萩原からの質問にこたえられないかおる。

携帯にでる澤北。

「こちらビースト

 きこえる?ブルータス」


「こちら ブルータス」

澤北さんか!!!

おかげでマヤを始末できたというブルータスに
サードアイが死に際にマヤと接触した
可能性があるというブルータス。

「了解。

 ツァーリ・ボンバーの確保を急ぐね」




ヒロイン マヤが死んじゃいかんでしょう。
マヤはいつもみたいに死んだとみせかけて
また華麗にどっかで
生きててほしい・・・。

Jは先週も今週もなんであんなに勘がいいの?
死に際にエスパー能力がめざめた?

八木くんはかわりすぎです。

藤丸と音弥でがっつり組んで
魔弾の射手にたちむかってほしい。
もう疑いあうとかいらないから!

響の正体はやっぱり謎。



高木藤丸 … 三浦春馬

九条音弥 … 佐藤 健
折原マヤ … 吉瀬美智子
加納生馬 … 松重 豊
南海かおる … 芦名 星
高木 遥 … 川島海荷
朝田あおい … 藤井美菜
K・安斎真子 … 徳永えり

J・神崎 潤 … 成宮寛貴

九条彰彦 … 竜 雷太

苑麻孝雄 … 中原丈雄
倉野理沙 … 満島ひかり
水沢 響 … 黒川智花
萩原太朗 … 眦萓宏

霧島悟郎 … 吉沢 悠






2010.02.13 Saturday 21:19 | comments(0) | trackbacks(10) | 
<< 戦う司書 The Book of Bantorra 第20話「弔鐘と本と死にたがりの少年」 | main | 天装戦隊ゴセイジャー epic1 「天装戦隊、降臨」 >>









「ブラッディ・マンデイ」第4話
 04魔弾の射手によるサイバーテロを食い止めた藤丸に新たな敵が襲い掛かる。その人物はアルバイト先の同僚、響だった。立ち尽くす藤丸に響は銃を突き付け、藤丸を連れ出そうとする。その瞬間、マヤに連れ去られ行方不明になっていた音弥が、響の背後から飛び掛かる。
| 日々“是”精進! | 2010/02/13 9:39 PM |
BLOODY MONDAY Season2 第4話
BLOODYMONDAYSeason2の第4話を見ました。何者からの連絡を受けた響は藤丸に銃を突きつける。「藤丸、今すぐハッキングを止めて。じゃないと撃つ」「…何してるんだ?」「第三の皇帝が待っている、付いてきて。従わなければ撃つ」立ち尽くす藤丸に響は銃を突き付け、藤丸
| MAGI☆の日記 | 2010/02/13 9:46 PM |
ブラッディ・マンデイ-シーズン2- 第4話「ヒロイン死す!! 裏切り者の正体分かる舞い降りる死の灰!?」
ヒロインってマヤだったの!??(*゚д゚*) 確かに他にいないけどw マヤ、死なないで〜。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。 またパンドラの箱が開いた!...
| 空色きゃんでぃ | 2010/02/13 9:53 PM |
ドラマ「ブラッディ・マンデイ」第4話「
第3の皇帝----------!?あぁ、ついにマヤが・・・これでこのドラマの面白さが半減したんじゃなかろうか?やっぱこのひとが、ボス的おいしい存在でいてくれた事ってすごく大きいと思うんだよね。でも、いい最期だったのが救いだったかもですね。皇帝は待ってくれない。
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/02/13 9:59 PM |
【ブラッディ・マンデイ-シーズン2-】第4話
「教授」「ツァーリー・ボンバー」。。。また新しい単語が増えたよ〜「ブラッディ・マンデイ」シーズン2、ちょ〜簡単感想にもならないメモ程度の走り書き、です。水沢響に拉致され寸前の藤丸。外にサード・アイがいる、と脅す藤丸だけど、サードアイの兄ちゃんは萩原か
| 見取り八段・実0段 | 2010/02/13 10:11 PM |
「ブラッディ・マンデイ シーズン2」 第4回
 ブルータス!お前がかっ!(ノ)゚д゚(ヾ) にゃんと澤北とは・・・ いやに新人さんとヒステリックなやり取り写すな〜と思ったら・・ でももしかして、携帯取っただけかな〜と思ったけど、予告見たらやっぱりそうなのね〜ん・・  それにしても、マヤが死んじまっ
| トリ猫家族 | 2010/02/13 11:05 PM |
ブラッディ・マンデイ シーズン2 第4話:ヒロイン死す!!裏切り者の正体分かる舞い降りる死の灰!?
マヤ絶命…(ノ; ̄◇ ̄)ノ うそぉぉぉー 前回の予告で見た際には、このドラマお得意の釣りだと思ってたのにぃ〜〜〜{/ee_2/} やられた・・・{/body_deject/}裏の裏をかいて表になっちゃってました〜{/face2_lose_s/} で、新たな単語として登場したツァーリー・ボンバー
| あるがまま・・・ | 2010/02/13 11:53 PM |
《ブラッディ・マンディ シーズン2》#04
響に声をかけられ振り向いた藤丸に向けられた拳銃。 「私と一緒にきて。」 「何してんだ」 「第三の皇帝が待ってる。従わなければ撃つ」 藤丸は、外にはサード・アイの者が見張ってると言ったが
| まぁ、お茶でも | 2010/02/14 1:28 PM |
ブラッディ・マンデイ2 (吉瀬美智子さん)
◆吉瀬美智子さん(のつもり) 吉瀬美智子さんは、毎週土曜よる8時枠TBS系列にて放送されている連続ドラマ『ブラッディ・マンデイ シーズン2』に折原マヤ 役で出演しています。一昨日は第4話が放送されました。●あらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2010/02/16 12:21 AM |
ブラッディ・マンデイ -シーズン2- 第4話
「ホーネット」との壮絶な戦いを制し、魔弾の射手によるサイバーテロを食い止めた藤丸(三浦春馬)。 しかし、そんな藤丸に襲い掛かった新た...
| 日々緩々。 | 2010/02/17 12:09 AM |