<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダーW(ダブル) 第23話「唇にLを/シンガーソングライダー」

第23話「唇にLを/シンガーソングライダー」
探偵事務所にやってきたクイーンとエリザベス。

「おう。どうした?クイーン。エリザベス」

「事件よ。依頼をするわ。」

「事件って?ドーパント?あっ」

亜樹子の持ってたタコ焼きをたべるクイーン。

「ドーパントじゃない。

 『フーティックアイドル』」

「『フーティックアイドル』?

 なんだそりゃ」

「ウソ。何であんたら知らないの?」

「『フーティックアイドル』は

 視聴者参加型歌謡番組だ。

 毎回の挑戦者を退け

 3週勝ち抜けば 

  無条件でCDデビューできる。」


とフィリップがでてきて説明。

「あたしらそれで3週目までいったの。

 そしたら・・」

「ラブウォーズ」を歌うふたり。

審査員、豪華。

「さあ 歌いきったふたり・・・

 今回をクリアできれば

 待望のCDデビューです」

「手ごたえあり!

「CDデビュー もらった!」

「クズだね クズ」と審査員のTAKUYA。

「あなたたちレベルはね

 吐いて捨てるほどいる クズよ」

と上木彩矢。

「その程度のシャウトで

 人の心は揺さぶれないゼー!」


と大貫一朗太。

「そんな・・」

「そういうコメントが番組のうりだってことは

 知ってたよ。ただ問題は

 あたしたちに勝った挑戦者の・・」

「ジミー中田ってやつが!

 チョー下手だったってこと。」

「私たちの名誉のために

 審査に不正があったこと 暴いて!」

「それ・・そのジミーってやつのほうが

 うまかっただけの話じゃねえのか?」


「じゃあ一度きいてみなよ。

 死ぬから!」


「死ぬから!」

さっそくジミー中田をさがしにいった
翔太郎と亜樹子。

「あっ あれじゃない」

「うん?」

横では南京玉すだれもやってます。

「どうも。ジミー中田です」

花束を抱えたファンの姿も。

「あれっ!けっこうイケメンじゃん。
 
 いいかも」

「今日も 愛を込めて歌います。

 僕をとりまく すべての世界に!」


「ううう」

あわてて耳栓をする色紙を描く男性。

「きいてください。

 『風都タワー』」


「はじまりましたね」

と避難する南京玉すだれと占い師の女性。

「うわあ!はじまるぞ おい!」

とシャッターをしめるクリーニング屋。
逃げる人々。

「えっ?はっ?えっ?

 ね、何?何?何?」

「♪くるくるくるくる 君が来る

 みるみるみるみる 君をみつめる

 みるみるみるみる 好きになる」

倒れる人たち。

「ハラハラハラハラ まるでじごくだ

 しめしめしめしめ 君を締めたい

 しぬしぬしぬしぬ・・・」

「ああ・・なんか おなか痛い。

 おなか痛いよー」


「イエーイ!」

「俺は息が・・息が苦しい!」

『たしかに この殺人ソングが

 合格したのだとしたら

 番組の不正を疑うのが自然だ。』



OP

『ジミー中田 本名中田次郎 19歳

 こいつの歌は噂以上だった』


ジミーと握手する翔太郎たち。

「よろしく」

『もちろん 悪い意味でだ。』

「ジミー。ちょっとききたいんだが

 今の音楽はなんなんだ?

 ジャンルがまるでわからん。」


「スピックです。」

「スピック?」

「スピニング・トゥ・フォークの略です。

 ロックをベースに 

 ロックやラップなどの

 高揚感をブレンドしています。」


「ああ・・

 よけいにわかんないんだけど・・。」

「センスが古い人には

 理解しづらいんですね。」


「何?」

「ジミーくんのいうとおりよ!

 ロックだってなんだって

 最初は理解されなかったわ。
 
 ジミーくんの音楽をきくなら

 もっと 勉強して。

 はい。はい。」


とジミーの説明を描いた冊子を渡す
花束をかかえたファン墨田ゆきほ。

「ウソ!

 こんな音痴にもファンがいたよ!」

「ああ」

「いつもありがとう。」

「ジミーくん!

 これうけとって。

 あと、またサインもらってもいい?」

「ありがとう!」

『この野郎

 どうもみててイライラすると思ったぜ。

 なんか・・俺に似てやがる』


園咲家。

「おい 冴子。どこに行くんだ?」

冴子様をよびとめるお父様。

「例の怪物の件で ちょっと。」

「おお、ダブリューのメモリの・・」

「すべて私におまかせください。」

にっこり微笑んでいってしまう冴子様。

「ずいぶん 魅力のある人物のようだね。」

「私は あまりお近づきには

 なりたくありませんけど。」

と若菜姫。

「新しい恋かぁ。

 フン ずいぶん早いな。

 まあ 冴子も大人だ。

 自分で判断すればいい事だがね。」


「あっ そろそろ『フーティックアイドル』の

 時間だわ」

とテレビをつける若菜。

「ハア・・それにひきかえ

 お前はまだまだ子どもだね。若菜。」


「あら お父様。

 おもしろいんですのよ。この番組。」

「ハァ・・」とため息をつくお父様。

「は〜や〜く!」

と翔太郎とフィリップを会場へ急がせる亜樹子。

ジミー中田が歌っていました。

「さあ 2週目に挑戦する問題児。

 ジミー中田の評価は?!」

「素晴らしい!その一言しかない!素晴らしい!」

「天才的芸術に言葉はいらないわ。

 文句なしよ。」

審査員の評価に会場はブーイング。

「おっと なんてこった。

 理解不能の妙技 スピック。

 まさに波に乗っちゃってます。」


「スピック!絶賛されちゃってますが」

「いや、客は正気だ。」

亜樹子の帽子がかわいい。

裏には真倉と照井もいました。

「ひっどい歌だなあ!

 でも 照井刑事。

 本当にこの中に

 『電波塔の道化師』がいるんですかねぇ?」

「やはり何かあるとしたら 審査員だなぁ」

と翔太郎。

「間近でみてみようか。」

「あん?」

「さて、今日はスペシャルイベント

 『飛び入り挑戦者バトル!』

 会場には歌う気満々の観客しかきていない!

 そして挑戦者を選ぶのは 

 重鎮 大貫一朗太!」

「お!そこの彼!

 赤いスカーフを振ってる 君!」


フィリップが目だけ仮面をかぶって
赤いスカーフをふってました。

「うわっ!」

「検索の通りだ!

 大貫一朗太は会場右寄り

 赤い装飾物の人間を

 高確率で指名する。

 いくよ、翔太郎。」


「ちょっ・・フィリップ
 
 おまえ まさか?」


「アハハ・・そう。そのまさかさ!」

と青い仮面をとりだすフィリップ。

「僕たちは二人でひとりの

 仮面シンガーだ」


「な、なんだとー?!」

「おっと ラッキーな挑戦者がきまったようです。

 どんな歌を歌うのか わくわくドキドキですが

 さあ ステージへ ヒアウィーゴー!」

「それじゃあこちらへどうぞ」

天井にいたドーパント。

「はっはっは。

 誰が来ても 勝てないよ。

 ジミー中田は 天才だ。」

「『電波塔の道化師』とかいう悪党はおまえか?」

「ん?誰だい?君は」

「質問をしているのは俺だ。」

「アクセル」

「変・・身!」

「アクセル」

「さあ ジミーに挑戦するのは

 謎のボーイズデュオ

 仮面シンガー!」

「探偵さん あなた 素人のくせに

 僕をバカにしにきたんですか?」

「ああ、いや 違うんだ。

 こいつが勝手に」

とフィリップをゆびさす翔太郎。

「君のカラオケ18番は検索済みさ。」

「曲は風都のトップナンバー。

 『フィガー・オン・ザ・トリガー』」

「あ〜もう!こうなりゃやけだ!」

翔太郎歌うまい!!

「探偵!ちょっと 何してんの!?」

と真倉もびっくり。

「私 完璧にきいてない。

 でも・・」

観客はのりのり。

「みんな・・沸いてる・・」

とジミー。

「ああ・・これ あの探偵!

 ってことは・・

 こっちの子がフィリップくん!?」

とうっとりながめる若菜姫。

ドーパントと戦うアクセル。

「ワオ 君 強いなあ。

 ハートがふるふるするよ。」

「ふざけるな。」

外へでておいつめます。

「お前のメモリはなんだ?答えろ。」

「ラブ。愛の戦士だよ。

 そんな剣じゃ 傷つけられないぜ。」

「試してみるか。」

「エンジン マキシマムドライブ」

「絶望が お前のゴールだ。」

「うわっ!私のメモリがばらばらに・・」

砕けたメモリ。

「本体は逃げたのか。

 一体 何者だったんだ・・。」

メモリのかけらを拾います。

「これでもう悪事はできんがな。」

審査が終わりました。

「勝者は君だ!ジミー中田!」

大ブーイング。

「おまえ!どんな審査してんだよ!?

 おかしいだろ!なあ?おかしいだろ!」

と真倉。

「ハハハ。探偵さん。意外とやりましたね。

 でも これでわかったでしょ?

 スピックがキテるって。」

「ジミー・・。はっきり言うぞ。

 おまえの歌で勝ち残れるはずがない。

 何か不正があるんだ。」

「負け惜しみはみっともないですよ。

 みんな ありがとう。

 これからも期待してくれ。

 僕のスピックに!」

会場はまた大ブーイング。

「ハァ〜・・ダメだ こいつ。」

探偵事務所にやってきた照井。

「『電波塔の道化師』?」

「ああ。正体不明の詐欺師だ。

 ひどい目にあってる被害者が何人もいる。

 あのあたりに出没するときいて

 調査していた。」

「はあ〜ん。

 そいつがドーパントだったってことか。」

「ジミーくんの合格にもかからんでたのね。」

「おそらく 審査員をあやつっていたんだが

 いったい どうやってたんだ?」

「どの道 もう二度とできん。

 やつのメモリはくだいた。見ろ。」

「それの・・どこがメモリだ?」

酢昆布でした。

「おそらく君は

 何かの暗示をかけられたんだ。

 ドーパントは無事だ。」


「あいつ・・ふざけた真似を!」

「ハッ。ざまあねえな エリートさん。」

翔太郎に近づいて頭をおさえる照井。

「俺をからかうとはいい度胸だ。」

「は〜。痛ってえな!やつあたりすんな!」

「あ〜二人とも!そこまで!」

と亜樹子がとめました。

「フィリップ。

 やつのメモリの正体をつかみたい。

 力を貸せ。」

「いいだろう。」

「フンっ」

とでていこうとする翔太郎。

「どこいくの?」

「ジミーをさがしだす。

 あのバカ 妙にほっとけねえんだよ。

 センスねえくせに

 かっこばっかつけやがって。」


「その言葉!

 言ってて 自分にささんないの?」


「うるせえ!」

広場にさがしにった二人。

「サンタちゃん ジミーいたかい?」

「いないみたい」

「兄ちゃんたち。まあ すわんなよ」

と路上詩人が声をかけました。

「ああ。どうも。」

「さちおさんは詩人で
 
 ストリートのみんなの兄貴分なんだ。」

「ジミーなあ。

 あいつもさ 夢だけはでかくてな。

 でも 無理だよなあ。

 はーい おふたりさん。」

と色紙に言葉をかいてくれました。

「うっ・・」

「半人前でもいいじゃん」

「あああ・・」

「金 無くったっていいじゃん」

「よくないじゃん・・」

「アハハハハ」と笑うサンタちゃん。

「よくないじゃん!」

「サービスだよ。お近づきのしるしに。」

「アッハハハ。どうも。

 あ・・ ジミーのファンの子 いたろ!

 子っていうか アラサーっぽい・・」

「ああ、いたねぇ。」

「彼女なら 居場所知ってんじゃねえか?」

「ああー!うんうーん。こないだみた!」

さっそくおしえてもらった場所へ。

「このへんなんだけどなあ」

「あっ。あー これじゃない?」

「ああ これか」

熱処理場で働く墨田ゆきほ。

「墨田さん シフトいれすぎなんじゃないの?

 からだこわれるよ ホント」

「いいの!ほっといて!」

しかしめまいがして倒れるゆきほ。

「あ!倒れたよ あの人!」


CM


検索をするフィリップ。

「『道化師』『針』そして『暗示』

 ここまではいい。

 他に何かキーワードは?」

「つかみどころのないやつだったからな。

 口の軽い ふざけたドーパントだった。」

「口?」

井坂内科医院。

診察をうけたゆきほ。

「もう心配いりません。

 お体は大切にしてくださいね。

 栄養剤とよく眠れる薬を出ししましょう。」

「いいです。薬のお金も

 寝てる暇もありませんから。」

「おい。先生の話きいてなかったのか。

 体こわしちゃ 元も子もないだろ。」

「ああ もうこんな時間!

 早く行かなきゃ!」

「あ、おい!ちょ 待った!

 聞かせてくれ。

 ジミーを合格させたのはあんたか?」

「何言ってるの?

 言いがかりをつけるのはやめて。

 彼は ジミーくんは 天才なんだから。」

「そんなウソついてなんになる?

 あいつのためになるとでも思ってんのか?」

「うるさいわね。

 彼のためじゃないわ。

 私のためよ。」


「えっ?」

「私は他に楽しい事がひとつもないの。

 私の人生に ジミーくんが必要なの!

 ついてこないで!

 あっちいって!」


「そうはいかない。

 真実を話してくれ。」

そこへあらわれたドーパント。

「ふっふっふ」

「こいつが照井の言ってたドーパントか。」

「お金を持ってきました。

 電波塔の道化師さん!

 これで次もお願い!」

「ドーパントにジミーくんの合格を

 頼んでいたのね。」

「そう。この電波塔の道化師様にね。

 だ け ど・・」

金をばらまくドーパント。

「はっはっはあ!

 全然たりねえんだよ!

 そんな金額じゃ こないだの

 2週目の合格だってたりゃしねえ!」

「お願い!お金は必ず用意するから!

 だから・・あと1週!」

「甘ったれなさんな!
 
 契約は今日で破棄だ。

 人生なめんなってことだ!」

「おまえこそなめんな!」

と翔太郎がターザンみたいにキック。

「こっち」とゆきほをたすける亜樹子。

「はなして」

「いいことをおしえてやろう。

 私はお前のご主人様だ。」


その言葉の針をとめるアクセル。

「くだらん嘘をつくのもたいがいにしろ。

 左。

 こいつのメモリの正体はライアーだ。」


「ライア―?

 うそつきってことか。」


「やつは言葉の針をさして

 自分のウソを

 相手に信じさせることができる。」


「あっうう・・」

「じゃあ 審査員に『ジミーは最高だ』って

 ウソを信じ込ませ 合格させていたのか。」

「うーん。嫌な雲行きだなあ。

 逃げるが勝ちかな。」

「ふざけんな。いくぜ フィリップ。」

「ああ。」

「サイクロン ジョーカー」

「変身

「サイクロンジョーカー」

「待て コラ!」

「エンジン」

「俺をバカにした報いだ。」

「エレクトリック」

「やつの能力はやっかいだ。」

「要するに針に気をつけりゃいんだろ。」

「ルナ」「ルナ トリガー」

「うわあ!うう・・・うわあ」

「よーし!メモリブレイクだ。」

「まって!」

「ん?」

「その人を倒さないで!

 その人を倒したら

 ジミーくんが 合格できない!」


「何言ってんの!ゆきほさん」

「そうだ。こんなやつ とっとと倒して

 ジミーにはまたちゃんと

 挑戦させればいい。」


「無理に決まってるでしょ!!

 どれだけ彼を見てると思ってるの?!

 あの子・・あの子

 信じられないくらい

 才能がないんだから!!」


そこへやってきたジミーがその言葉に
ショックをうけ、ギターケースごとおとしてしまいました。

「あ?」

「ジミーくん・・・」

井坂医院をたずねてきた冴子様。

「今日の診察の時間はおわりましたよ。

 園咲のお嬢さん。」


「裏の診察は これからでしょう?

 井坂先生。」


「ウェザー」

ショックのジミー。

「なぜここにジミーくんが・・?」

「私が呼んでおいたのさ。

 お前の納金遅れの罰だ。」

「ウソだ・・

 僕は自分の力で・・・

 そんなのウソだー!」

「悪いなあ。

 ウソはおまえの合格の方なんだよ。

 ハッハッハ・・」

「うわぁーーー!!」

「ジミー・・・」



ジミー、あの破壊力は凶器になるレベルなので
あれも才能っていったら才能なんでは。
園咲家でメモリ開発に研究してもいいくらいです。
しかも自分で周りの反応をみても
気付かないという才能まで持ち合わせててすごい。

ゆきほもファンだっていうなら
自分だけでも才能信じてあげりゃあいいのに。

ジミーをみて自分に似てるって思う翔ちゃんは
よく自分をわかってますね。

翔太郎とフィリップの歌はさまになってて
かっこよかった!
ぜひふたりでMステあたり
でてくれませんかね、今年こそ。

意外と早くでてきたWの男。
ちょっと年がいってるようにみえたけど
医者の姿だとそうでもない?

しかし冴子様ー!
お父様でさえ「早いな」というくらいなのに
霧彦さん、カワイソス・・。



左翔太郎  桐山漣
フィリップ 菅田将暉
鳴海亜樹子 山本ひかる
照井竜   木ノ本嶺浩

園咲琉兵衛 寺田農
園咲冴子 生井亜実
園咲若菜 飛鳥凛

井坂深紅郎 檀 臣幸

真倉俊  中川真吾
クイーン 板野友美
エリザベス 河西智美

サンタちゃん 腹筋善之介
DJ HURRY KENN声 DJ HURRY KENN
ジミー中田 冨田圭輔
墨田ゆきほ 中野公美子
沢田さちお モロ師岡
大貫一朗太 水木一郎
上木彩矢  上木彩矢
TAKUYA  TAKUYA

ナレーション 立木文彦


Hybrid-Hills
仮面ライダーW 第23話「唇にLを/シンガーソングライター」
























2010.02.21 Sunday 11:31 | comments(8) | trackbacks(28) | 
<< 天装戦隊ゴセイジャー 〜epic2 「ファンタスティック・ゴセイジャー」 | main | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST  第45話「約束の日」 >>
越前☆瀬緒 (2010/02/21 12:15 PM)
こんにちは。翔太郎役の桐山蓮君はテニミュにも出ていました(ブン太役)。だからそれで鍛えたのではないかと。今回は歌番組が中心でしたが私の県のローカル局でカラオケグランプリという似たような番組を放送していました。(演歌中心ですが)と言うか、審査員の役が水木の兄貴!前のコメントでマジンガーZの話題を出しましたが、ここでも出るとは・・・。私は歌はかなり得意ですがオクターブが高いといわれます。ちなみに私の友達の一人ですが今回のジミー中田のようにひどい歌唱力です・・・。honeyさんはどうですか?
風水 (2010/02/21 12:23 PM)
honeyさん、こちらにもこんにちは。
アラサーのお姉さん、ゆきほさんっていうんですね。
才能ないってわかってるくせに大枚はたいてい勝たせるって…ゆがみすぎててくらくらしました。
その情熱があれば、もっと違うことができるでしょうに。
ジミーもあれは…才能なんでしょうねえ(苦笑)。
ええ、音波兵器として十分使い道があると思いますよ。

ジミーを見て自分に似ていると感じる翔太郎の、一人前にはなりきれなくても等身大の自分をきちんとわかってる姿にほっとします。
Wではゲストキャラがすさまじいだけに、翔太郎たちが良心的なのが際立ちますよねえ。
そして、だまされた照井竜!!
良い感じに崩れてきて、パーフェクトじゃないエリートというのがグー。

お姉様、やっぱりお父様も言うように早すぎですよねえ…。
でも、園咲ファミリーの動向にはどきどきです。
ミチコ (2010/02/21 12:57 PM)
honeyさん こんにちは、ジミーの歌ですがジャイアンみたいな下手でしかも破壊力がある、恐ろしい。翔太郎とフィリップの歌が最高!クイーンとエリザベスの歌もうまい!!

現在 W(ダブル)に出演中のクイーン役の板野友美さんとエリザベス役の河西智美さんはご存知 AKB48のメンバーですが前月号のセブンティーンに「AKB48完ぺき図鑑」と言うのが載っていて見てみました。現在のメンバーが134人 多い・・・多い過ぎる。チームは、チームA チームB チームKがあり、ちなみ 板野友美さんはチームK 河西智美さんはチームBです。そう言えば、先週 新曲 桜の栞が発売され 今回 クイーンとエリザベスが歌っていた Love&#9829;Warsが来月発売されます。AKB48ってすごい。(^O^)
honey (2010/02/21 3:16 PM)
>越前☆瀬緒さん

 こんにちは。
 
 前に若菜姫の歌をノリノリで歌ってた時の
 振付も桐山くんがしたそうですし、さすがミュ出身。
 CD出して音楽番組に出てほしいですねえ。

 水木のアニキもぜひ歌ってほしかった。

 私は声はあんまり高い方ではないです。
 合唱のパートわけだといつもアルトでした。
 歌は・・ふつう・・?うまいほうではないです。


>風水さん

 こんにちは。

 あれでほんとにジミーくんのファンならまだ許せるんですが
 自分のためってわかっててやってますから
 手に負えないです。

 ジミーの歌は凶器ですよね。
 あれはぜひ園咲家で有効に活用すべきかと。

 翔太郎もフィリップも照井竜も三人ともそれぞれ
 よさがあって、みんな好きです。
 もちろん亜樹子ちゃんも。

 人間界的には1年くらい喪に服すふりくらい
 してくれないと、、冴子様^^;


>ミチコさん

 こんにちは。

 AKB売れてますよね。
 最近はいろんな番組にもでているし。
 さすが本職だけあって歌もうまいです。
sorcerer (2010/02/21 11:52 PM)
honeyさん、こっちもこんばんはー!

今回はアメリカンアイドル風でしたねー!

でも、あの男の子、ある意味スゴイかも(;´д`)!
きっと新しい芸術は理解されないんだよw

それにしても探偵2人組は格好良かった!
(桐山くんってホント格好いい!)

フィリップも可愛かったしねー!
honey (2010/02/22 7:37 AM)
sorcererさん、こっちもおはよ〜。

スピックすごいよ、スピック。
あのジャガーさんの音楽学校にでも
通ってそうだよね。

翔ちゃんとフィリップはそのままアイドルに見えました(*^。^*)
摩天楼 (2010/02/22 11:38 PM)
honeyさん、こんばんは。
ジミーの破壊力はジャイアンを超えてますねw
早く「裏の診断」が見たいですw
honey (2010/02/23 1:06 PM)
摩天楼さん、こんにちは。

あれは兵器になりますよね〜。

ああ、その言葉、なんかいやらしいものを
想像させませんでした?









『仮面ライダーW』第23話★唇にLを〜嘘つきドーパントと鉄工所の女
『仮面ライダーW』第23話 「唇にLを/シンガーソングライダー」  『ライアー・ドーパント』登場  ライアー・ドーパントって、虚構を真実と思わせるダマシが必殺技!?  ライアー・ドーパントが政治家だったら恐いよ。  「母から毎月1500万円貰ってたな
| 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) | 2010/02/21 11:47 AM |
今日のW 第23話
「唇にLを/シンガーソングライダー」今回の依頼はクイーンとエリザベス。3週勝ち残れば無条件にCDデビューが約束される「フーティック・アイドル」でCDデビュー直前だったのに、ジミー中田というストリートミュージシャンに負けてしまったと。それには不正がある
| 地下室で手記 | 2010/02/21 11:47 AM |
W 第23話印象
Lの前編、今回は情報屋の二人の依頼から事件が始まります。猛烈に歌が下手な…というか殺人ソングのジミー登場。そして、主題歌を歌うお二人に加えてアニキ登場!?? 真っ赤なジャケットが照井竜とかぶるかと思ったら、なんと本日の照井竜は黒いレザーの上下に変更!
| All's Right with the World! | 2010/02/21 12:23 PM |
仮面ライダーW 第23話「唇にLを/シンガーソングライダー」
仮面ライダーW Vol.2 [DVD](2010/03/21)特撮(映像)商品詳細を見る 水木一郎さんが審査委員長としてゲスト出演。アニキとして慕われている偉大な歌手さ...
| 破滅の闇日記 | 2010/02/21 1:05 PM |
今週の仮面ライダーW「第23話 唇にLを/シンガーソングライダー」
『Z』のメモリを持つ兄貴。ギャグ回かと思いきやどんどんシリアス
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2010/02/21 2:04 PM |
仮面ライダーW 第23話
仮面ライダーW 第23話「唇にLを/シンガーソングライダー」。この話,次回にどう決着を付けるのだろう?(笑) それがスゲー楽しみです(笑) 以下読みたい方だけどうぞ。
| Kyan's BLOG IV | 2010/02/21 2:28 PM |
仮面ライダーW 第23話 「唇にLを/シンガーソングライター」
人の心は揺さぶらないゼーット!! 水木兄貴なんで出てはるんですか!!
| 永沢の家 | 2010/02/21 3:02 PM |
W(ダブル)第23話感想
仮面ライダーW第23話「唇にLを/シンガーソングライダー」今回はOPが特別バージョンでしたね。こういう試みは大賛成です。 今回の依頼人はクィーンとエリザベス。依頼内容はフーティック・アイドルの審査に不正がなかったかを調べること。ジミー中田の歌はまさに殺
| 絶対無敵?ラリアット日記!(左利き) | 2010/02/21 3:10 PM |
仮面ライダーW第23話/裏の診察はこれからでしょ?
第23話 唇にLを/シンガーソングライター の感想です!! ■掃いて捨てるほどいるクズよ 真顔で暴言w 序盤のこのセリフはうまいと思う。 なんでだ? と思わせて物語りに引き込まれる。 そして「揺さぶられないZ」 私はあなたのセリフに揺さぶられましたw
| 園咲の婿に、僕もなる!! | 2010/02/21 4:00 PM |
仮面ライダーW 第23話 シンガーソングライター
『唇にLを/シンガーソングライター』内容ある日のこと、クイーン(板野友美)とエリザベス(河西智美)が、鳴海探偵事務所にやってくる。“フィーティックアイドル”という視聴者参加型歌謡番組に出演していたふたり。あと1週勝ち抜けばデビューだったのだが、敗退。
| レベル999のマニアな講義 | 2010/02/21 4:58 PM |
仮面ライダーW  第23話
テレビ朝日|仮面ライダーW(ダブル) クイーンとエリザベスの依頼で歌謡番組「フーティック・アイドル」の ことを調べることになった翔太郎。 犯人は竜が追っていた、ライアー・ドーパントの仕業だった。 もう少しでメモリブレイクだったが、ゆきほが2人を止めた
| JAOの趣味日誌 | 2010/02/21 5:06 PM |
仮面ライダーW(ダブル) 第23話「唇にLを/シンガーソングライター」
何だよ〜〜〜 今日は 「おふざけ回(夏のギャグ回的な)」&エイベックスの販促回 だと思ってたのに、面白かったじゃねぇ〜かよ〜!! アニキ、バロスwww 上木とTAKUYAもOP特別verといい、番組に協力的で嬉しいです! ゆきほの生き甲
| nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! | 2010/02/21 7:29 PM |
インチキを暴け!〜W23話〜
・今日の依頼人はクィーンとエリザベス。彼女らは素人参加の歌のコンテストの参加したがド下手なシンガー・ジミー中田に負けたから。そのジミー中田がコンテストに通った理由と不正があるかないかを調べてくれと言われ・・・・まずはジミー中田がどんな人なのか調べる為
| COLONYの裏側 | 2010/02/21 8:12 PM |
仮面ライダーW 第23話「唇にLを/シンガーソングライター」
フーティックアイドルと電波塔の道化師、前編。人の心の闇につけ込んだ詐欺犯罪のお話なのだが、どこか楽しい雰囲気なのは、あのオーディションシーンの歌のパワーがすごかったからだろう。 三週勝ち抜けでCDデビュー!という、大人気のオーディション番組で行われて
| 不惑にして特撮に惑う | 2010/02/21 8:36 PM |
『仮面ライダーW』、第23話「唇にLを/シンガーソングライター」の感想。
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーW(ダブル)』、第23話「唇にLを/シンガーソングライター」の感想です! そかそか、水木アニキと色かぶるから今回の照井は革ジャン黒なのね〜。 ちなみに上木彩矢さんは、椿鬼奴 姐さんと意気投合するほどのパチンコ好
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2010/02/21 10:04 PM |
仮面ライダーダブル 第23話
「唇にLを/シンガーソングライダー」 脚本:三条陸 監督:田?竜太 アクション監督:宮崎剛 「その程度のシャウトで、人の心は揺さぶれないゼエッッ!!」 tv futo、どこかで見たことある外観だなあ。 今回の依頼者はクイーン&エリザベス。二人は、自分達が
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2010/02/21 10:59 PM |
仮面ライダーW(ダブル) 第23話「唇にLを/シンガーソングライター」
今回の依頼人はクイーン(板野友美)とエリザベス(河西智美)。ドーパント絡みではなく、フーティック・アイドルという視聴者参加型番組で、3週連続で勝利すればCDを出せるという企画らしい。CDデビュー=メジャーデビューという訳ではないのですけどね。懐かしい
| 無限回廊幻想記譚 | 2010/02/21 11:53 PM |
仮面ライダーW 第23話 『唇にLを/シンガーソングライター』 感想
とりあえず、前後編の前編なのであまり多くは語りませんが、なんか、寂しいお話になりそうですねぇ。 自分の大切なものを必死になって作り出してきたアラサーの女性。 なんか、侘しさを感じますね。 そこまでして必死にならないといけなかったのか? もっと楽に生
| 今がその時 その時が今 | 2010/02/22 12:06 AM |
仮面ライダーW「唇にLを/シンガーソングライダー」
鳴海探偵事務所 二人で扉を開いて入ってきたの見た翔太郎 「おう!どうしたクィーン、エリザベス」 エリザベス 「事件よ!」 クィーン 「依頼をするわ」 亜樹子 「事件って?ドーパント?」 「っは!」持っていたたこ焼きをクィーンに食べられて エリザベス 「ドー
| 買い捲リンク | 2010/02/22 5:00 AM |
仮面ライダーW第23話
今日は水木さんがどう美声を聴かせてくれるか楽しみです!そろそろWも活躍して欲しいのですが(笑)。とにかく今日は1時間水木(樹)タイムということで!んで感想。さすがアニキは美声だなぁ〜★相変わらず人情家な翔太郎。ある程度自分を客観的に見ることが出来るとこ
| ほかのさなぎ。 | 2010/02/22 9:34 AM |
仮面ライダーW 第23話 感想
 仮面ライダーW  第23話 「唇にLを/シンガーソングライター」 感想  次のページへ
| 荒野の出来事 | 2010/02/22 7:34 PM |
『仮面ライダーW』第23話『唇にLを/シンガーソングライダー』
クイーンとエリザベスが、怒り心頭で翔太郎を訪ねて来ました。 『フーティック・アイドル』という、3週連続勝ち抜けばCDデビューできるという歌謡番組で、勝ち抜いてたのに、落とされた事、しかも挑戦者が超ド下手だと言う事に対し、審査に不正があったのだと暴いて欲
| なまけもののひとりごと | 2010/02/22 8:18 PM |
仮面ライダーダブル 第23話「唇にLを/シンガーソングライター」
 クイーンとエリザベスが探偵事務所に依頼にやって来ました。 「フーティックアイドル」という、3週勝ち抜けばCDデビューすることが出来るというオーディション企画に出場した2人。でも3週目にボロカスな批評を受けて敗退したのでした。  しかし負けた相手がメ
| たらればブログ | 2010/02/22 10:17 PM |
仮面ライダーW 第23話「唇にLを/シンガーソングライター」
Live、Love、Lip、Liar――「L」前編。 翔太郎がジミーに自分を見る的な意味でLeftも混ぜておくか。 きた。このあからさまな販売促進キャンペー...
| 『真・南海大決戦』 | 2010/02/22 11:02 PM |
仮面ライダーW(ダブル) 第23話「唇にLを/シンガーソングライター」
今回も面白かったわけですが、まずはこれを突っ込まずにはいられません(笑)。 まさかのアニキ出演!! 一体、どういった経緯で出演することになったのやら不明ですが、画面にその姿を見た時は、かなりびっくり。 これまでも特撮に出演したこともあるようですが、ま
| ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) | 2010/02/22 11:17 PM |
ライダーW「唇にLを/シンガーソングライダー」
 言葉を針にする、ねえ…。 「パタリロ!」で一時、意味論をネタにしてたことがあった。ものの名前には必然性があって、そういう名前のものはそういう振る舞いをする、ってな感じ。「靴」が「苦痛」になっちゃって履いてられない、というダジャレみたいなやつだったけど
| blog mr | 2010/02/23 6:58 AM |
LoveはーとWars
Love(白抜きハート記号)Wars 初回限定生産盤A(仮)エイベックス・エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  ようやく先週分の『仮面ライダーW』を見ることができました。  『仮面ライダーW』第23話『唇にLを/シンガーソングライダー』のあらすじは公式サイ
| ガヴァドンなボログ | 2010/02/27 7:24 PM |
◎仮面ライダーW第23話「唇にLを/シンガーソ...
クイーン(板野由美)とエリザベス(河西智美)が怒りも露に鳴海探偵事務所へやってきた。2人は3週勝ち残れば無条件でCDデビューが約束される歌謡番組「フーティック・アイドル」...
| ぺろぺろキャンディー | 2010/06/20 12:31 AM |