<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST  第45話「約束の日」

第45話「約束の日」
ブラッドレイにおそいかかったグリード。

「くっ!」

「あなた!」

「下がってなさい!」

「なあ どういうことだよ?ラース!

 消えねぇんだよ。

 俺の頭の中で ガンガンうるせぇんだよ!

 何でお前が 

 キング・ブラッドレイが でてくるんだ!

 お前 オレのもんになにをした?!」


セリムからこっそり黒い影が。

「強欲か。

 捨てることを知らず

 過去をもむさぼる愚か者めが!」


「くそ!」

「たあっ!」

「せや!」

「くっ だあ!」

「とう!」

「うっ」

「そりゃ」

「うわっ」

グリードをおさえつけ剣で斬りつけるブラッドレイ。
しかしからだを硬化しふせいだため
剣が折れました。

「ハッ」

グリードからリンにもどり窓から逃走。

そこへ召使がやってきました。

「だんな様!

 奥さまも セリム様も無事ですか?

「えっ、ええ・・」

「もうしわけありません。

 警備のものが 手も足もでず・・」

「いや。気にするな。

 あれは 相当のてだれだ。」

「はっ」

影をひっこめるセリム。

アームストロング家。

「父上。隠居なされよ。」

「オリヴィエ。久しぶりに家に寄ったと思えば

 いきなり何を言いだすのだ。」

「家督を私にゆずり 余生を

 ゆっくり過ごされよと言っておるのです。」

「わしのあとはアレックスに継がせるつもりだ。」

「あのようなこしぬけに?

 私にすべてをゆずり

 外国で ゆっくりバカンスなどいかがですか?

 アレックスなどでは

 アームストロング家の名に泥をぬるだけです。」

そこへその弟が。

「姉上 帰っていらしたのですか?」

「おお、アレックス。ちょうどよい。」

「はい?」

「オリヴィエと戦え。」

「はあ?」

「勝った方に 家督を譲る。

 それでよいか?オリヴィエ」

「はい。望むところです。」

剣をぬく少将。

「な?!」

「オリヴィエがこのわしに 隠居して

 よそに行けというものでな。」

「なんと!

 父上に対し 何たる無礼か。姉上。

 いいでしょう!

 吾輩の 全身全霊 全筋肉をもって

 お相手いたす。」

「いい度胸だ。アレックス。

 おのれの未熟さを思い知るがいい。」

「フンッ」

「さて いきますか」と父。

「はい。」

「で、どこにいこうかね?バカンス」

「シンはいかがかしら?あなた。

 食べ物がおいしいときいていますわ。」

「ふ〜む。では そうしよう。

 キャスリンもよいね。」

「はい。お父様。」

「フン!」

「ぐわ〜〜!」

アームストロング少佐がやられまくっていました。

「ノー!!ま、待たれよ。」

「待ったなし。」

「殺す気ですか?」

「今頃気づいたか。」

「おにいさま。がんばってね。」

「お二人のおみやげはどうしましょう?」

「象なんて どうだ?

 でかいし 強いぞ。」

「象なら私がほしいですわ。」

「おぽほほほ」「うふふふ」

噴水までふっとばされた少佐。

「ノーーーー!!」

「うぅ・・・」

「決まりだな。」

「くっ・・ううっ・・」

「アームストロング家のすべて

 私がもらいうける。」

「姉上!最近 軍上層部と
 
 懇意にしているとききます。

 なぜです?あの上層部は・・」

「私は自分の目で見て判断している。」

「それを見た結果

 父上たちが人質にとられぬよう

 国外へ出したのですか?」

「敗者は去れ。

 この館はわたしのものだ。」

ユースウェルにやってきたメイ。

「お嬢ちゃん。どこへいくんだい?」

「えっ?」

「ここは東の果ての町だ。

 この先には砂漠しかねえぞ。

「あの・・これから 国に帰ろうかと・・。」

「国?」

「はい。シンへ。」

「砂漠を超えてか?」

「はい。」

「女の子ひとりで 砂漠を超えるのか?」

「はい。」

どよめきがおきました。

「おい。みんな!カンパだ!

 くいもんでもなんでも出してやれ!」

「え?そんな・・」

「遠慮すんなって。」

「一晩とまって 明日出発したらどうだい?」

「うちでお風呂はいっていきなよ。」

「おなかすいてねえか?」

「そうだ スティーブ。

 おまえんとこ 部屋 多いだろ?

 とめてやれよ。」

「ああ いいぜ。

 上の娘がつかってた部屋があいてる。」

「セントラルの大学いって

 いねえんか」

「おまえんとこにしちゃ 上出来だよな。」

「だろ?」

「こっちの猫ちゃんにも何かあげなきゃ」

だきかかえられて

「シャ〜シャ〜!」とほえるシャオメイ。

「あら おなかすいてるのねえ」

「おまえをエサだとおもってるんじゃ」

「バカ言ってんじゃないよ。

 そんなことないわよね〜、猫ちゃん」

「シャ〜!」
 
「ほら うまそうって」

「うっ・・」

涙を流すメイに声をかけるエンヴィー。

「いいやつらだね。

 見捨てるのかい?

 まっ それもいいけどね。

 ただし こんな 死に損ないの

 ホムンクススを持ち帰ったところで

 何の役にも立たないと思うよ。

 でも セントラルにいけば

 本当の不老不死の法を知ることができるよ。

 ここの連中も助けられるかもね。

 まあいいや。

 これから国に帰るおまえには

 関係ない話だもんね。」

「はっ」

「キュッ」

シャオメイがメイの肩にもどりました。

「皆さん ご好意ありがとうございました!」

「どこ 行くんだい?」

「やりのこしたことがあるので

 セントラルに戻ります!」

『バカめ。

 セントラルにさえ行ってくれれば
 
 こっちのもんだ。

 賢者の石さえあれば

 また変身できる。

 石さえあれば・・・』



CM


隠れ家をたずねてきたエドたち。

「ここは?」

「以前 使ったことのある隠れ家だ。

「ここに 弟がいるんだな?」

「ああ。オレには 

 手にとるようにわかるぜ。

 アルなら必ずここに・・」


「おい!誰もいねえじゃねえか!」

「あてにならん兄貴だな。」

「北から必死こいてにげてきて

 これかよ。」

「ん?」

何かくる気配がしてかくれる3人。

「あっ」

リンがやってきて 倒れました。

「あっリン・・・・いや グリードか?」

「腹・・へった。」

「リンだ。」

保存食をたべまくるリン。

「ぷは〜!人心地ついた〜!

 ありがとう〜。ごっそさん〜!」

「あいかわらず食いすぎだ。バカ野郎。」

「非常食がからっぽだ。」

「そちらさんは?お仲間さん?」

「ゴリさんとハイ・・」

「ダリウスだ!」

「ハインケルだ。

 元軍人だが わけありで

 このガキといっしょに行動している。」

「こいつ何者だ?」

 おまえさんは?」

「あっえ〜っと・・なんて説明したらいいか・・。」

「ホムンクルスだよ〜」

「ホム?」

「おいおい そんな軽く。」

「まじか?」

「話せば長いことだが。

 つか なんで おまえ

 こんなところにいるんだよ?」

「グリードのやつが

 ホムンクルス組と縁を切ってな

 その時の動揺に乗じて
 
 体の主導権を取り返た。

 セントラル近くで

 隠れられる場所を探して ここに・・うっ。」

「どうした?」

「まずい・・グリードがでてくる。」

「おい!おいおい待て待て!

 ふんばれ!負けるな!意識をたもて!」

「聞け!!エド。

 セントラルの地下にいる

 あのお父様とやらが

 来たるべきその日に 扉を開ける。

 オレの素人考えだが

 そこにおまえたち兄弟がとびこめば

 二人とも元の体に戻れるんじゃないか?」


「いや 待てよ。

 そりゃ そうかもしれないけど

 扉を開けるには

 通行量が必要で・・」

『あいつ なんのために 扉をあけるんだ?』 

「来たるべきその日って

 扉あけるのに

 きまった日があんのか?」


「それは・・うっ!」

「リン!おいっ」

「くそっ・・。まだでてくるな。

 伝言・・ランファンにあの伝言を・・

 渡してくれたか?」


「伝言?

 アルが渡してきた。

 ランファンは無事だ。

 今は どこにいるかわかんねえけど」


「そうか。よかった。うっ!」

「リン!」

「すまない・・ここまで・・だ。

 うっ・・クソ・・

 シンの皇子め。

 よけいなことを ペラペラと。」

「グリードか?」

「ああ。そうだよ。」

銃をつきつけるハインケル。

「やめとけ。

 そいつじゃ俺ぁやれねえよ。

 邪魔したな。」

「おい!オレたちのこと 見逃すのか?」

「ああ? 見逃すも何も 

 さっき こいつが言ったろ。

 ホムンクルスと手を切ったって。

 俺ぁ 記憶が混乱して

 ブラッドレイを襲撃しちまった。

 戻ったって 何をされるかわかんねえ。

 だからこのままとんずらぶっこいて

 気ままにいきてくさ。

 一人でな。」


「仲間にならねえか?」

グリードが足をとめました。

「ん?」とダリウスとハインケル。

「行くとこないなら 

 いっしょにこいよ。」


「へへへへっ!

 仲間・・仲間ねえ。そりゃあいい。

 けんな!

 この世のものすべてオレのもの!

 おまえがオレの手下になるってんなら

 つるんでやってもいいけどな!

 ふっへっへへ。じゃあな。」


『仲間か・・

 オレの中には 

 こんなに魂がたくさんあるのによ

 一人・・なんだよな。』


『だったら エドたちと

 仲間になればいいだろ』


とリンの声。

『それが嫌なら オレにこの体を返せ。

 オレがシンの皇帝になって

 そのむなしさを埋めてやるよ。』


『一国の王ね。』

『でかいだろ』

『ヘンッ。ガキが。

 小さい 小さい。

 どうせならよ

 世界の王になる!

 ってのはどうだ?』


『世界の・・』

「おい!リン。待て!」

「なんだ?しつこいなあ。

 オレはグリードだっつぅの。」


「あ〜もう どっちでもいいや。

 めんどくせえから グリリン!」


「おい!誰がグリリン・・」

「手下になってやるよ。グリリン。」

「はあ?」

「オレ様が 

 おまえの手下になるっつってんだよ。

 イコール オレにくっついてる

 このキメラのおっさんたちも 

 お前の手下。」


「ああ!」

「このガキ!何 勝手に決めてんだ!」
 
「調子に乗るな!この豆!」

「チビ」「カス!」「小粒!」

「だいたいよ〜。

 よく考えたら軍の狗になるって

 決めた時点で

 プライドもクソもねえんだ。

 いまさら 尻尾ふるぐらい

 屁でもねえ!

 それに 感情にまかせて

 チャンスと情報を

 失うわけにはいかねえだろ。

 千載一遇のチャンスをよ。」


前のグリードが

「愚かだな。

 そうやって激情にまかせて

 貴重な情報を失うか?」


と言っていたのを思い出すグリード。

「ふはははは!おもしれえ。

 オレの部下になるってことは

 日蔭者だぞ。後悔すんなよ!」


「なめんな!

 後悔することにかけちゃ

 一家言持ちだぜ。」


「なんだそりゃ。」

「決まりだ。んじゃ おまえらも部下な。」

「あ〜もう 勝手にしろ。」

「メシくわしてくれたら 誰でもいいや。」

「おまえら 何のキメラよ?」

「ゴリラだ」

「ライオン」

「へえ〜かっこいいじゃん。」

『ピアス 預かりっぱなしだ。

 ウィンリィにも アルにも

 しばらく会えそうにもないな。

 来たるべきその日 か。』


ダブリス。軍人の相手をするメイスンさん。

「だから 何度もこないでくださいよ!

 イズミさんが帰ってきたら

 こっちから連絡しますから!

 そうしょっちゅうこられたら

 仕事になりませんて!

 あっ。

 はい。こちらカーティス精肉店。
 
 あ〜。毎度どうも!

 ご注文のやつね。」

「またくる」

「たまには客としてきてくださいよ〜!」
 
「すみません。

 今 軍のやつらがきてたもんで。

 ええ。アルフォンスくんと

 ホーエンハイムって人から

 伝言がありますよ。」

電話の相手はノースシティ近郊にいるシグ。

「そうか。

 そいつはおおがかりなことだな。

 ああ わかった。」

「約束の日か・・。

ブリッグズ山

「早く本部に連絡を!」

「こちらポイントP!襲撃者あり!」

「何っ?!ドラクマか?!」

「わからない!」

「相手の兵力は?」

「一名!」

「一名?何者だ?!」

「ぐわ〜」

「ひい〜」

そこへやってきたイズミさん。

「おい!何者だときいている!

 ポイントP!何者だ?!」

受話器をうばうイズミさん。

「主婦だ!」

ブリッグズ要塞。

「謎の女による 山岳警備兵襲撃。

 20年ほど前の事件と同じだな。」

「たったひとりに全滅とは

 アームストロング少将が帰ったら

 殺されますな。」

「マイルズ少佐!」

「うむ ごくろう。」

「黒メガネ そり込みイシュヴァール系と

 モヒカン巨漢の軍人さん。

 話にきいたとおりだわ。

 あなたたちがでてきるのを待ってたのよ。」

「貴様 何者だ?」

「だから 通りすがりの主婦ですよ。

 アルからの伝言を持ってきた ね。」


「うん?」

「人払いをお願い。」

ノースシティ郊外

「はい。アルフォンス・エルリックからの伝言です。

 約束の日 だそうです。」

ハボックの電話の相手はイーストシティ・グラマン邸

「ほ〜。約束の日。

 それはこうどいい。

 おもしろくなってきたねえ。」

東方司令部 射撃場

「やっほ〜。レベッカちゃ〜ん。

 あいかわらずいい腕ね。

 ア〜ンドあいかわらずいいお尻〜。」

となでまわすグラマン。

「グラマン中将!

 何してるんですか!」

「ははは。 戦場で隙をみせちゃいかんよ。

 時に君、ホークアイ中尉と仲いよね。」

「えっ?」

セントラル

「やっほ〜い!リザ!」

「久しぶり!レベッカ」

ホークアイ中尉とハヤテ号がお迎え。

「東方軍と北方軍の軍事演習が

 計画変更になっちゃってさあ

 ほら、このまえ ドラクマと

 ブリッグズとの ドンパチのせいで。」

「場所をかえて 東でやることになったんでしょ?

 大総統からきいたわ。」

「あ〜あ 

 マスタング大佐の次は 大総統とはね。

 私にも セントラルのいい男

 紹介してよ!」

「ワン!」 

「はい いい男。」

「ハヤテ!おまえのご主人は冷血だ!ケチだ!」

駅までおみおくり。

「今にみてなさいよ!

 いい男つかまえて

 寿退職してやるんだから!」

「はいはい。がんばって。」

「あ。ハボック少尉にくれぐれもよろしく!」

「了解」

「まったね〜!」

ハヤテ号の首輪にメモをみつけるホークアイ中尉。

「ハボック少尉にくれぐれもよろしく・・か。」

ハボックのお見舞いにいった中尉。

「からだの 状態がおちついたら

 東部の病院にうつろうと思ってるんすよ。」

「そう。さびしくなるわね。

 だったらちゃんとした

 お見舞いをもってくればよかった。

 はい さしいれ。

 一日一本よね?」

とタバコを差し出しました。

「ありがたいっす。

 ちょうどきれてたんすよ。」

「じゃあまた来るわね」

「どうも。」

「あ、レベッカも心配してたわよ。」

「ああ、はいはい。」

「大佐がきたらよろしく言っておいて。」

「ヘイヘ〜イ。

 ・・ですってさ 大佐。」

「はあ」

カーテンの向こうにマスタング大佐がいました。

「何も隠れることないのに。」

「お互いに 監視されてる身だからな。

 プライベートでよけいな接触をして

 疑われてもつまらん。」

「ふ〜。うめぇ〜。

 大佐も一服つきあいませんか?」

「いや 私は・・」

「まあ そう言わずに、一本」

と差し出したタバコにはメモが丸めて
いれてありました。

「ん。」

『年を越して来春

 約束のその日

 北も東も 動く』




ED


大佐はメモを投げ捨て燃やしました。



ものすごい長い伝言ゲームみたいに
伝わっていく過程がすごかった。
イズミさんはやっぱり世界一カッコいい主婦。

ゴリさんとハインケルもすっかりいい仲間で
エドも楽しそう。
あそこでグリードまで誘って
しかもグリリン呼びするのには感心しました。

リンもいいけどグリードがかっこいいし
この先も楽しみです。

アームストロング家の家督争いは
筋肉対決でしたが、姉が圧倒的に強くて
精神面でも肉体的にもアームストロング少佐は
一生かなわないとみた。


エドワード・エルリック 朴ろみ
グリード        中村悠一
リン・ヤオ       宮野真守

オリヴィエ・ミラ・アームストロング 沢海陽子
ルイ・アームストロング  内海賢二
エンヴィー      高山みなみ

キング・ブラッドレイ  柴田秀勝 さとうあい
ダリウス        天田益男
ハインケル       矢尾一樹
ロイ・マスタング    三木眞一郎
リザ・ホークアイ    折笠富美子
キャスリン・エル・アームストロング 釘宮理恵
メイ・チャン      後藤麻衣
マイルズ        中井和哉
バッカニア       大友龍三郎
グラマン        納谷六郎

イズミ・カーティス   津田匠子
シグ・カーティス    佐々木誠二
メイスン        阪口周平
ジャン・ハボック    うえだゆうじ
ヴァトー・ファルマン  浜田賢二
レベッカ・カタリナ   新藤尚美
ブラッドレイ夫人    さとうあい
軍人          ふくまつ進紗
女           三瓶由布子
男           早志勇紀

ナレーション      家弓家正










鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9 [DVD]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 10 [DVD]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 11 【完全生産限定版】[DVD]
2010.02.21 Sunday 20:51 | comments(0) | trackbacks(35) | 
<< 仮面ライダーW(ダブル) 第23話「唇にLを/シンガーソングライダー」 | main | ワンピースお宝コインセット >>









「鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST」第45話
   第45話「約束の日」シンへ帰るため東部の街・ユースウェルへ立ち寄ったメイは、その街の人々から手厚いもてなしを受ける。ただでさえアメストリスの人々を見捨て自国へ戻る事に躊躇していた彼女の心は揺れるに揺れて…。一方、アルと再会するため、セントラルの
| 日々“是”精進! | 2010/02/21 9:01 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話 「約束の日」
 やっとエドのまともな出番かと思いましたが、あまり彼は重要ではなかったですね。
| つれづれ | 2010/02/21 9:04 PM |
鋼の錬金術師 #45 約束の日
テレビ版の 『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらな...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2010/02/21 9:17 PM |
『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』#45「約束の日」
「仲間にならねーか?行くとこないなら一緒に来いよ」 グリリンって…弱そうな名前だなぁ(苦笑) ビドーを殺したことによって、消されたは...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2010/02/21 9:21 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45...
『約束の日』内容突然よみがえった記憶。。。グリードは、ブラッドレイこと、、、ラースに襲いかかるのだが。。。。。そのころアームストロング家では、オリヴィエが、父・フィリップに家督を譲るよう迫っていた。そこにアレックスが現れ、、、2人の闘いがはじまるのだ
| レベル999のマニアな講義 | 2010/02/21 9:25 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話「約束の日」
エドと愉快な仲間たちは、セントラルへ。 そこでグリード=リンと再会し、『来たるべきその日』について伝えられる…。 原作と同じサブタイ...
| SERA@らくblog 3.0 | 2010/02/21 9:27 PM |
鋼の錬金術師45話
45話「約束の日」
| ハルジオンデイズ | 2010/02/21 9:35 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話「約束の日」
『シンへ帰るため東部の街・ユースウェルへ立ち寄ったメイは、その街の人々から手厚いもてなしを受ける。ただでさえアメストリスの人々を見...
| Spare Time | 2010/02/21 9:38 PM |
我輩の全身全霊全筋肉! 「鋼の錬金術師 FA」 第45話の感想。
「姉上!!殺す気ですか!?」
| あるアッタカサの日常 | 2010/02/21 9:39 PM |
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第45話約束の日へ向けて国家錬金術師たちは動き出した
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第45話はグリードはリンとの体の中で過去の記憶がよみがえりブラッドレイを襲撃するが倒す事ができずエドと合流して共に行動する事になった。一方メイは国へ帰る途中で人々の温かいもてなしを受けて再びセントラルへ戻る事を決意
| オールマイティにコメンテート | 2010/02/21 9:40 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST・第45話
「約束の日」 「俺のものに何をした?」 襲いかかるグリード。しかし、その場は、何とかグリードの叛意を除ける。その頃、アームストロン...
| 新・たこの感想文 | 2010/02/21 9:53 PM |
鋼の錬金術師 第45話
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話「約束の日」 29日はミートデイ(笑) 個人的にはこれが一番のヒットでした。 前から貼ってあったのですかね? だとしたらまだまだ見る密度...
| Kyan's BLOG IV | 2010/02/21 9:55 PM |
鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第45話 「約束の日」の感想
【感想】  盛り上がってまいりました!  え〜、先週はウィンリィの入浴シーンしか覚えてなくって感想書けなかったわけですが、今週は実...
| モンド of the World | 2010/02/21 10:02 PM |
(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第45話 「約束の日」
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る シンへ帰るため東部の街・ユースウェルへ立ち寄ったメイは、その街の人々から手厚いもてなしを受ける。ただでさえアメストリスの人々を見捨て自国へ戻る事に躊躇していた彼女の心は揺れるに揺
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2010/02/21 10:07 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話「約束の日」
「来るべきその日 か―――…」 約束の日―― エドはリンと久しぶりの再会を! いよいよ各地で動きが…!!    【第45話 あらすじ】 シン...
| WONDER TIME | 2010/02/21 10:26 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話 「約束の日」 感想
シンへ帰るため東部の街・ユースウェルへ立ち寄ったメイは、 その街の人々から手厚いもてなしを受ける。 ただでさえアメストリスの人々を...
| ひえんきゃく | 2010/02/21 11:01 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話「約束の日」
regeneration【初回生産限定盤】久しぶりにエドとリンが登場したのが前回、 今回はそんな二人が再び出会い、反撃の輪が広がりました。
| 明善的な見方 | 2010/02/21 11:14 PM |
第45話 約束の日
鋼の錬金術師FAのレビューになります。 あらすじ シンへ帰るため東部の街・ユースウェルへ立ち寄ったメイは、その街の人々から手厚いもてなしを受ける。ただでさえアメストリスの人々を見捨て自国へ戻る事に躊躇していた彼女の心は揺れるに揺れて…。一方、アルと再
| 埼玉の中心から毎日を語る | 2010/02/21 11:17 PM |
鋼の錬金術師 「約束の日」
何か展開が熱くなってきたな
| 自由で気ままに | 2010/02/21 11:31 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話 「約束の日」
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST   お勧め度:お勧め   [錬金術]   MBS・TBS系 : 04/05 17:00   GyaO : 04/10   その他海外でも放送   原作 : 荒川弘   監督 : 入江泰浩   シリーズ構成 : 大野木寛   キャラデザ : 菅野宏紀   アニメ
| アニメって本当に面白いですね。 | 2010/02/22 12:21 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話「約束の日」
 ブラッドレイを襲撃したグリードはそのまま逃亡。記憶の混乱に乗じたリンが一時的に意識を乗っ取りました。偶然エドと再会したリンは「約束の日」というものがあるのだと伝えます。  グリードに戻ってしまってからは、エドはホムンクルスから離れたというグリードに
| たらればブログ | 2010/02/22 12:59 AM |
鋼の錬金術師 第45話
ラストにタイトル持ってきたか。 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話 「約束の日」 今回もいろいろな人の動向を追う展開。記憶が混乱してるグリードはブラッドレイに襲い掛かる。戦闘シーン、気合入ってるなぁ。で、激戦の中、前のグリードの記
| 雲の上からHello! | 2010/02/22 2:14 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話『約束の日』
後半からテンションが超上がったぜ!!なハガレン 第45話『約束の日』。 敵だったり上下関係だったりライバルだったりした人達が 各々の考えで集結してく様は燃えますなー!! 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]出版社/メーカー: アニプレック
| 風庫〜カゼクラ〜 | 2010/02/22 2:23 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話 感想
 鋼の錬金術師  −FULLMETAL ALCHEMIST−   第45話 約束の日 感想  生き残るのは人か、ホムンクルスか?  −キャスト−  エドワ...
| 荒野の出来事 | 2010/02/22 4:44 AM |
鋼の錬金術師〜第45話「約束の日」
場面1 グリードvs大総統過去の記憶に混乱したグリードは大総統に襲い掛かったものの歯が立たず、退却。場面2 アームストロング家の兄弟争い「父上、隠居なされよ」少将の狙いはバカンスという名のもとに、父をセントラルから逃がすこと。弟の少佐もそれに気がついた
| ピンポイントplus | 2010/02/22 10:47 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話「約束の日」
ついに来ましたね。このサブタイトルが。ラストで映すのも良かったです 「約束の日」
| にばんぼし | 2010/02/22 5:31 PM |
鋼錬「最終回まで果たしてドコまで行くか?」
鋼錬はメイン&各自が約束の日へ動く流れも グリードVSブラッドレイ&オリヴェVSアレックスで 両方ともバトルには満足が出来る内容だったけども メイは人の優
| 別館ヒガシ日記 | 2010/02/22 7:46 PM |
鋼の錬金術師FA 第45話「約束の日」
鋼の錬金術師FA 第45話「約束の日」一点に向かってとうとう全員が動き出すあらすじは公式HPからどうぞ突然、ブラッドレイ宅に乗り込み、ブラッドレイに飛びかかるグリード「どういう事だよ!ラース消えねえんだよ、俺の頭の中でガンガンうるせえんだよ!何でおま
| SOLILOQUY | 2010/02/22 9:20 PM |
今週の鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST「第45話 約束の日」
濃厚なクライマックス感。しかしグリリンて・・・
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2010/02/22 9:58 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話 「約束の日」
主婦だ!
| Ηаpу☆Μаtё | 2010/02/22 11:24 PM |
鋼の錬金術師 45 話 感想
「約束の日」 キング・ブラッドレイを襲撃したグリード。 過去の記憶で混乱しているからなのか、自分の仲間をブラッドレイに殺された事を思い出したからなのか。 とにかくグリードはブラッドレイに挑んだ訳ですが、 大総統はとってもお強い。 動きが早かったです。見
| サンショウ魚のしっぽ | 2010/02/23 10:14 AM |
鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST 第45話「約束の日」
ブラッドレイ家を襲撃したグリリン。ラース=ブラッドレイの背後には、奥さんと息子・セリム。セリムの影がゾワゾワ動いてるぞー、気をつけろ!!グリリン、斬られそうになったところを硬化して躱し、外へと逃げ出しました。久し振りに実家に戻り、父に隠居して他所へ行
| あくびサンの、今日も本を読もう♪ | 2010/02/23 5:38 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話「約束の日」
「アームストロング家のすべて、私がもらいうける!」 オリヴィエさん、かっこいい〜ヾ(o´∀`o)ノ アームストロング家の家督をかけた、ア...
| 空色きゃんでぃ | 2010/02/25 2:52 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第45話 約束の日
記憶が戻り、ブラッドレイに襲い掛かるグリード。
| アニメ日和 | 2010/02/25 8:17 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 第45話「約束の日」  公式ホームページからあらすじ・・・  シンへ帰るため東部の街・ユースウェルへ立ち寄ったメイは、その街の人...
| まるとんとんの部屋 | 2010/03/07 7:28 PM |