<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダーW(ダブル) 第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」

第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」

ショックをうけたジミー。

「嘘なんだ・・

 僕には本当は才能がないんだ〜!」

「あっはっは」

「ジミーくん!」

「待て!」

ジミーにかけよろうとしたゆきほを
とめようとしたダブルが、ライア―の針に
さされてしまいました。

「赤い仮面ライダーはドーパントだ」

まんまとだまされてアクセルを攻撃するダブル。

「やめろ!やつのウソに惑わされるな!」

「翔太郎。ドーパントが何か言ってるよ」

「生意気な・・。これでも くらいな!」

さらに攻撃。

「何してるの!あいつの思うつぼだよ!

 おにょれー!」

「おにょれ〜!」「どりゃ〜!」の
スリッパをとりだす亜樹子に

「私の正体は タヌキだ」

という針がささりました。

「う!

 そこか〜。とりゃ〜!」

そばにあった信楽焼の狸に突進。

「わちゃー!どうじゃ〜!痛いやろ〜!」

「亜樹子」

その間にジミーにかけよるゆきほ。

「ジミーくん!」

「さわるな!何が僕のファンだ!

 スピックの理解者だ!

 二度と顔も見たくないよ!」

と涙を流すジミー。

「あ〜〜!」

和紙でジミーの涙をぬぐうドーパント。

「いい色だ。

 青春の挫折の色だ!

 たまんないな〜!

 私はねえ 分不相応な夢に破れた

 若者の涙がみたくて

 生きているようなもんなんだ。」


「待って!お願い!
 
 ジミー君をもう一回だけ勝たせてあげて!」

「ダメだな。

 私には二度とアクセスできない。

 あーっ!」

ゆきほをつきとばすライア―ドーパント。

「さよなら。涙くんたち。
 
 たのしませてもらったよ。」

ダブルと亜樹子にささった針も消えました。

「あっ・・照井」

「ハッ・・タヌキ?」

変身をとくふたり。

「おい ジミー」

「あなたの言ったとおりだったよ。探偵さん。

 僕は信じられないくらい

 才能がないってさ。

 これで・・これで満足だろ!」

と走り去ってしまうジミー。
泣き出すゆきほ。

井坂医院。冴子様の手をとる井坂。

「君の体を見せてくれないか」

「突然、何を・・」

「そのつもりできたんだろう。」

と舌舐めずり!


OP


ゆきほを探偵事務所につれてきて
優しく飲み物を差し出す翔太郎。

「何の楽しみもない
 
 殺風景な私の人生に 光をくれたのが
 
 ジミーくんだった・・」

雪の中、路上ライブをしているジミーに
足をとめたゆきほ。

「初めて 私に笑顔をかえしてくれた

 男の子だったの。
 
 だから なんとか彼を喜ばせてあげたかった。」

「それで あのドーパントに不正合格を頼んだ。」

うなづくゆきほ。

「ある日 突然 誘いを受けて・・。

 私 間違ったことしたのかな?」

「ジミーはあんたのおもちゃじゃない。

 一人の人間だ。」


また泣き出すゆきほ。

照井とフィリップ。

「最初の戦いで俺はライア―に

 二つのウソを刺されたわけだ。」

『そんな剣じゃ 傷つけられないぜ』

『うわっ 私のメモリがバラバラに』

「攻撃は当たらず メモリは偽物だった。」

「戦闘力はさほどでもないが

 予想以上にやっかいな敵だ。
 
 その上、屈折した愉快犯でもある。」

タブードーパントの体に
顔をすりよせて恍惚の表情な変態井坂。

「ああ・・君の肉体は 完璧だな。

 無限の可能性に満ちている・・。」


「そう・・。

 でもなんだか複雑な心境。

 あっ!

 女としての私には 

 興味がないなんて。」


「変身前の風体はどうでもいい。

 私は ドーパントの肉体専門の

 ドクターだからね。

 おお・・見事な爪だ。

 これなら 

 恐怖の帝王にも

 勝てるかもしれないね。

 そうしたら 

 君がミュージアムのトップだ。」


「え?」

「少々、本音を見抜きすぎたかな?

 冴子くん、君の力になりたい。

 また 身体を見せに来なさい。」


バイクで移動中の翔太郎。

『数日後 また 『フーティックアイドル』の

 収録日がやってきた。』

海辺にギターをつきたてるジミー。

「さよなら。僕の青春。」

「それ・・かっこいいつもりか?ジミー」

ギターを抜く翔太郎。

「うわ!ああ〜〜〜!」

翔太郎から逃げだすジミー。

「おい!待てコラ!ジミー!」

白い青春フィルターかかりました。

「来ないで!僕のことなんかほっといてくれ!」

「何が悲しくて 男同士で

 砂浜で追いかけっこしてんだ 俺たち!

 しかも  この白いギター!

 鳥が飛んで・・恥ずかしい
 
 恥ずかしすぎる!」

 
「ぬおー!」

「わっ」

「オラっ!」

ジミーをつかまえた翔太郎。

「どうして・・僕がここにいると?」

「おまえ、形から入るタイプだろ?
 
 そういうやつはなあ
 
 挫折したら さざなみ海岸だ。

 俺も 昔 よくここにきた。」


「探偵さん・・。」

「ほれ。今日 いよいよ最後の挑戦だろう。」

「それなら もういりません。
 
 僕はもう 音楽やめますから。」

「なんでだ?」

「ファンに裏切られたからですよ。

 天才だとか 新しいだとか

 持ち上げるだけ持ち上げておいて

 でも、合格自体が彼女のインチキだった。
 
 何もかも 嘘ばっかりだ!」

「ジミー。

 一番の嘘つきは 

 彼女でもドーパントでもねえ。

 おまえだ。」


「え?」

「おまえは自分に嘘をついてる。

 おまえは 自分は弱いと知ったくせに

 ゆきほさんのせいにして

 逃げてるだけだ。

 なあ ジミー。

 へたくそなくせに 

 おまえがここまでやってこれたのはなぜだ?」


いつもいつも応援してくれたゆきほ。

「僕・・どうすれば・・。」

「自分で決めろ。

 男の仕事の8割は決断。

 あとはおまけみたいなもんだ。

 俺の人生の師匠の教えだ。」


フィリップと亜樹子。

「メモリがわかっているのに

 こんなにてこずるのはめずらしい・・。」

「やっぱね〜。

 いまいちキーワードが抽象的なんだよね〜」

「具体的なのをくれてやろう。」

照井もあらわれました。

「キーワードは 和紙だ。」

検索開始。

「すごい!ビンゴだ、照井竜。」

「あの時、

 やつがジミーの涙をぬぐった紙に
 
 独特の模様があるのを思い出した。

 この紙だった。」

「たしかにこいつなら和紙をつかうだろう。

 ストリートでいつでも若者に目をつけられる。

 本の題名は詩人。
 
 ライア―の正体は 路上ポエム作家
 
 沢田さちおだ。」

さっそく翔太郎がいってみますが
サンタちゃんに

「おう 最近いないんだよ。さちおさん」

といわれました。
色紙には

「来た道を 帰る心の わびしさよ

 ごくろうさん」

「あ〜!逃げられた!」

探偵事務所。

「も〜!一足違いだよ!ほんとに頭にくる〜!」

「まったくだ。

 人をコケにし続けやがって。

 何が「ハートがふるふる』だ。」

「それ、ライア―が言っていたのかい?」

「ああ。最初に戦ったときにな。」

「若菜さんがよくラジオで使うフレーズだ。」

園咲家。若菜姫と冴子様はお茶の時間。

『井坂 深紅朗・・

 誰にもみせたことのない

 私の心をなぜ・・。

 あの人は 今までの男たちとは

 まるで違う。』


もの想いにふける冴子を楽しそうにみつめる若菜。

「お姉様〜」

そこへフィリップから電話。

「ちょっと失礼。

 もしもし フィリップくん。

 お久しぶり。突然どうしたの?

 あっそうだ!テレビみたわよ。
 
 意外と端正な顔立ちしてるのね、あなた。」

「あの 実は・・ 若菜さんに

 折り入ってお願いがあります。」

車の中にいる沢田。

「電波塔の 道化師さんも

 当分 休業だ。

 またとびきりの涙をみたいが・・」

と涙コレクションをながめます。

「園咲若菜の ヒーリング・プリンセス。

 今日は風都ミステリーツアースペシャル。

 なんと 私 あの 夢をかなえてくれるという噂の

 電波塔の道化師さんと

 おあいできちゃうことになったんです!」

「うんうん・・

 なんだとぉ?!」


CM


若菜姫の様子をみにいった沢田。
ファンが噂していました。

「みんな!きいた?
 
 若菜姫が電波塔の道化師にあうって話。」

「どいつだ。俺の名を語って

 若菜姫と会おうというのは・・。」

「あっ!若菜姫だ!」

殺到するファン。

「どうぞ。若菜さん。

 さがってください。さがって」

「ライア―!」

若菜姫のあとをつけるライアードーパント。

「足元 気をつけてください。」

ライア―も中へ。

舞台にピエロがでてきました。

「ハロー!若菜姫。

 電波塔の 道化師だよん。」

『なんだ?あのアホみたいな格好は?』

「叶えたいっ 夢はっ 何かな?

 教えてよ〜!

 ポエムを書いてあげるよ。
 
 いまいち 街のみんなには

 評判悪いんだけどね。」

『こっ この野郎!』

「詩集もでてるんだ。

 全然 売れなかったけどね。」

「いいかげんにしろ!

 あんな本でもな

 一生懸命書いたんだよ!

 若菜姫 きいてくれ。

 俺が、俺が本物の・・!」


ライア―ドーパントにスポットライトが
あたりました。

「うわっ!」

「ハハハ・・よく来たな。

 嘘つき野郎。」


帽子をとってなげつける翔太郎。

「ほらよ!」

顔の化粧を拭うと翔太郎に。
マネージャーは照井
ファンの男の子は亜樹子。

「きさまら、まさか罠を?!」

「そのとおり。

 おまえがうっかり

 園咲若菜のリスナーだという

 証拠を残したおかげだ。

 ライア―ドーパント。

 いや・・沢田さちお!」


「嘘つきも意外と騙されやすい
 
 ってことだな。」


「そんな罠に 若菜姫が協力を?

 若菜姫・・貴様!」


ライア―ドーパントの足をひっかけて
蹴りをいれました。

「本物の若菜さんに
 
 こんな危険なことを
 
 させるわけがないだろう。

 彼女の協力は ラジオだけさ。」


若菜姫はフィリップ。

「おう!なるほど!

 フィリップくんが入れ替わってたのか。

 ・・って、えー!ちょっと 私きいてない!

 このシチュエーションなら
 
 これ絶対 私の役目でしょ?!」


「ああ、いや・・

 俺は 亜樹子にやらしてくれって

 言ったんだけど・・」


「俺が却下した。」

「え?」

「所長では無理だ。」

「りゅ、竜くん・・・。」

その場にくずれおちる亜樹子。

「あああ・・。

 女の子はフィリップくん。

 フィリップくんは女の子で

 私は男の子。

 男の子はフィリップくんなのに

 私は男の子。」

「くそぉ。貴様ら!許さん!」

「許さねえのはこっちのほうだ!

 少しはだまされるほうの気持ちも知りやがれ。

 行くぜ。フィリップ。照井」

「ああ、今度こそきっちり かたをつける。」

「サイクロン ジョーカー」

「アクセル」


「変身」「変 身」

「アクセル」

「サイクロンジョーカー」


倒れるフィリップをかかえる亜樹子。

「さあ おまえの罪を数えろ!」

「うわ〜。ほんとに お姫様みたい。

 う〜〜!」

フーティックアイドルの収録現場。

「さあ どうした?

 話題のジミー・中田が姿をみせないぞ。

 ハリーもね ちょっと困惑しております。」

客席にいたゆきほ。

『私・・なんできちゃったんだろう』

席をたって帰ろうとしますが
そのときジミーが登場。

「あっ!」「きたきた!」

「現れました。ジミー中田」

「ジミー中田です。

 愛をこめて・・歌います。

 僕を信じてくれた・・
  
 たった一人のために」


戦うダブルたち。

「メタル サイクロンメタル」

「スパイダー」


アクセルとはさみうち。

「どうだ?ジミーの怒りのぶんも
 
 たたきつけてやる。」

ジミーをみまもるゆきほ。

ライア―ドーパント。

「こうなったら 無敵の必殺技だ!

 嘘だよ〜ん」

不意打ち攻撃でビルから落下するダブル。

「うわ〜!」

「世話が焼ける!

 ハッ!」


バイクになってダブルを救いました。

「うわっ、あぶね!
 
 助けられたついでだ。

 このまま決めるぜ。照井。」

「トリガー サイクロン トリガー!」

「知らんぞ。」

バイクにのったまま攻撃。

「ジョーカー

 サイクロン ジョーカー!

 マキシマムドライブ」


「ハーッ!」

「ジョーカー エクストリーム」

ライア―ドーパントを倒し
メモリも壊れました。

泣き出す沢田の涙が和紙におちました。

ジミーへの審査員の言葉。

「正直いって ひどいの一言だよ。

 工事現場の音のほうが

 はるかに耳に心地よい。

 人生最悪の 歌だゼー!」


「私も今までいいと思っていた

 理由がわからない。

 でも ハートは感じたよ。」

「同感。そこはいけてた!」

「気持ちある若者を

 我々は見捨てない。

 また会おう。ジミー!」


「う〜ん。残念。

 でも ハリーにも伝わってきましたよ。
 
 ジミーの熱い気持ちが。

 今回はね 逃してしまいましたけどね

 また次回 熱いスピックをひっさげて

 戻ってくることを
 
 ハリーは期待満々で 待っております。」

舞台袖でジミーを待っていたゆきほ。

「ジミーくん!

 今日、初めて気づいたわ。
 
 これって ラブソングだったのね。」


「遅いよ・・。」

ゆきほに近づくジミー。

「ファンのくせに。」

ジミーの胸に顔をよせるゆきほ。
メガネをとって、涙を流しながら
ほほえんでみせました。

探偵事務所。

『ジミーはゆきほさんと同じ工場で

 いっしょに働き始めたらしい。

 歌をつづけているのかどうかは
 
 まだきいていないが

 とりあえず やつは笑顔だ。』


そこへ入ってきたクイーンとエリザベス。

「みてみて!」

「CDデビュー!」

「番組関係者が口利きしてくれたのよ〜ん」

「あれ?どったの?亜樹子ちゃん」

真面目な顔で色紙を書いている亜樹子。

「女の子だもん」

「でもさ〜気にいらないのはこれだよね」

とクイーンがみせた雑誌。

「『幻の超デュオ 仮面シンガー』は誰だ!?」

と大きな記事。

「なんで翔ちゃん達の方がメインなの?」

「あ〜、そうだなあ・・」

「もう一度やろう!翔太郎。
 
 実は今 演歌というものについて

 検索中なんだが・・」

亜樹子には色紙、エリザベスにはCD
クイーンには雑誌、そして
仮面をしたフィリップにせまられる翔太郎。

「歌はもういいんだよ!

 俺は探偵ひとすじだ!」

「センスないくせに〜」

みんなに言われてちょっと胸にささったw




嘘つきには嘘で対抗。
今日もおもしろかった。
自分と似てるジミーをほうっておけない
翔太郎、青春ドラマまでやって
はげましてくれました。

フィリップヒロインは公式ですか!
亜樹子がよよ・・とくずれる場面までは
いらなかった気もしますが
フィリップ、きれい。
翔太郎もあんな変なかっこうしなのに
かっこよく見えるのがすごいです。
照井竜も、いつのまにかバイクに乗せてあげるくらい
仲良くなっちゃって。
きっぱり所長には無理だ、といいきるあたりも
よかったです。

井坂先生は変態でしたか〜。
霧彦さんファンとは違うターゲットを
狙ってきました?
しかし朝からアダルト〜!!



左翔太郎  桐山漣
フィリップ 菅田将暉
鳴海亜樹子 山本ひかる
照井竜   木ノ本嶺浩

園咲琉兵衛 寺田農
園咲冴子 生井亜実
園咲若菜 飛鳥凛

井坂深紅郎 檀 臣幸

真倉俊  中川真吾
クイーン 板野友美
エリザベス 河西智美

サンタちゃん 腹筋善之介
DJ HURRY KENN声 DJ HURRY KENN
ジミー中田 冨田圭輔
墨田ゆきほ 中野公美子
沢田さちお モロ師岡
大貫一朗太 水木一郎
上木彩矢  上木彩矢
TAKUYA  TAKUYA

ナレーション 立木文彦

Hybrid-Hills
仮面ライダーW 第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」



















2010.02.28 Sunday 11:08 | comments(13) | trackbacks(34) | 
<< 天装戦隊ゴセイジャー〜epic3 「ランディックパワー、分裂」 | main | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第46話「迫る影」 >>
越前☆瀬緒 (2010/02/28 11:38 AM)
こんにちは。今回は爆笑回でした。青春腐ィルター(私にはこう見えました)に爆笑、ヒロインとしてフィリップに負けたアキちゃんに爆笑。と言うかフィリップ、コスプレ要員になってませんか?それはそれで可愛いですが。井坂医師は変態です。人間じゃなくてドーパントの体が好きとか。普段のやさしそうなキャラから想像がつきませんでした。キャラかわりすぎじゃない!とにかく、クイーンとエリザベス、キャラソン発売おめでとう!
honey (2010/02/28 12:00 PM)
越前☆瀬緒さん、こんにちは。

フィリップ、かわいいので女装もきまってますよね。
井坂先生変態説には賛成。
まあ婿殿のあとだからこのくらい
インパクトがあってちょうどなのかも。
kakotama (2010/02/28 12:04 PM)
こんにちは!
アキちゃんはああいうボーイッシュ(?)な格好がとても似合っていて可愛いかったです^^
越前☆瀬緒さんも書かれていましたがフィリップはコスプレ要員確定ですね(爆)
それにしてもダブル&アクセルの初同時変身がコスプレとは(笑)
なんとなくですがリュウケンドーの3名同時初変身を思い出しました。
honey (2010/02/28 1:12 PM)
kakotamaさん、こんにちは。

亜樹ちゃんも充分かわいいですよね。
フィリップの方がヒロイン属性だろうとも。

3人ともすごいかっこうしてるのに
変身シーンがかっこいいのがさすがでした。
リュウケンドーは未見なのですいません。
ミチコ (2010/02/28 2:50 PM)
honeyさん こんにちは、翔太郎たちの変装が凄かったですが得に翔太郎の変装が面白かった。
honey (2010/02/28 3:48 PM)
ミチコさん、こんにちは。

翔太郎というか、桐山くんがうまいですよね〜。
風水 (2010/02/28 4:59 PM)
honeyさん、こちらにもこんにちは。
今回はこれまででも一番面白い話だったんじゃないかと思います。
盛りだくさんの内容とほろ苦い試練、そしてさわやかな結末、いいですねえ。
翔太郎の仮装もすごいと思いましたが、フィリップの女装は予想の斜め上でした!
しかも似合ってる!!
照井竜の亜樹子ちゃんへの容赦のないひとことも笑えましたねえ。
3人揃って変身すると一人が気絶というのもまたすごい!
亜樹子ちゃんがヒロインはフィリップなのを認めちゃうのにも大笑いしましたよ!
毎回面白いけど今回は特に面白かったです。
honey (2010/02/28 8:57 PM)
風水さん、こんばんは。

ダブルははずした回はないですよね。
今回も素晴らしく面白かったです。
翔太郎、男前なのにあんな役も完璧なのに感心し
フィリップの美しさにも感動し・・。
照井竜、おもしろいですよ〜。
しかもおおまじめに言ってるし!!

ダブルはついにDVDを買ってしまいましたわー。
続きも予約済み。
摩天楼 (2010/03/01 12:14 AM)
もし、ナスカの体を診察していたら、治った可能性も
あったかな〜って思いました。
それにしても、フィリップの脚は綺麗ですね。
syou (2010/03/01 1:44 PM)
honeyさん、こんにちは。今日、高校の卒業式だったsyouです。
帰ってから見ました、W。
メールはあと少ししたら送ります。

今回も面白かったーーーー!!
特に若菜姫になったフィリップ君とそれをみた署長(亜樹子ちゃん)の反応が面白かった!!最後の「女の子だもん」には爆笑しました。(大笑)
そうだよね。大丈夫。たとえフィリップ君が本当のヒロインだとしても、亜樹子ちゃんは女の子だよ。たとえ照井さんから「(若菜姫役をするのが)署長には無理だ」と一瞥されても。あそこの役は、ドーパントに何かされるかもしれないから、フィリップ君がなったんだよ。きっと。…でも、フィリップ君、あってたなぁ。
あと、最後のフィリップ君の演歌にはまったとこもかわいっ。
応援してるよ、フィリップ君も亜樹子ちゃんも照井さんも。もちろん、翔太郎も。

それにしても、今回のメモリ「ライアー」にはすごく苦戦しましたね。がんばれ!
ダブリューの人は、異質です。(断言)
というか、これ朝のヒーロータイムで流していいものなのか?

ちなみに、一番いいと思ったのは、前回もだったんですが、若菜姫のフィリップ君ラブなとこ。
前回はテレビに出ているのを見てときめいてる姿にときめき、今回は電話がかかってきてときめいている姿にときめきました。この際、若菜姫がドーパンとの世界から脱したら、フィリップ君と共闘(あるいはおつきあい)でもなんでも、していいと思った、この頃。難しいだろうけど。
と、若菜姫も心底かわいいと思ったときでした。

来週も楽しみ!
honey (2010/03/01 3:18 PM)
>摩天楼さん

 こんにちは。

 なんかアダルトでしたねえ。
 ナスカ、診察してもらえましたかね。
 変身後の姿に興味あるんだから
 性別関係ないかな。


>syouさん

 こんにちは。

 そういえば3月1日!
 このあたりも卒業式のはず。

 メールもいただきました。
 返信すっかりためこんでてすいません。

 ダブル、本当に毎回おもしろいですよね。
 どのキャラもみんないいです。

 適度に笑いもいれて、お話のすじがしっかりしてるから
 安心してみていられます。

 若菜姫、フィリップは弟みたいなかんじで
 かわいがってるんじゃないかなと思います。
sorcerer (2010/03/01 6:56 PM)
honeyさん、こっちもこんばんはー!

ショウちゃんの格好凄かったねぇ(;´д`)!
一瞬どうしようかと思ったよ!
でもあんな格好躊躇無くする桐山くんすごいよねw

アクセルとダブルの共闘好きだなぁ!
いざこざしてるよりも好きアルヨー!

サエコさんのシーンは・・・朝デスヨ(;´д`)?と
思わず言ってしまいましたwww
ドーパント体なのはプレスクールへの配慮なのか!

配慮しきれてない気もw
honey (2010/03/01 7:49 PM)
sorcererさん、こんばんはー。

ああいうのもさらっとこなしてしまうあたりが
すごいです。
ダブルに命かけてるね!

アクセルが口ではぶつぶついいながらも
仲がいいといいよね〜。

冴子様、OP前に、おいおい・・・と思いましたわw









仮面ライダーW 第24話
仮面ライダーW 第24話 「唇にLを/嘘つきはおまえだ」。嘘で嘘を固めたお話ということなのだろうな。仮面ライダーの物語がそもそも嘘なんだし(笑) 以下読みたい方だけどうぞ。
| Kyan's BLOG IV | 2010/02/28 11:22 AM |
『仮面ライダーW』、第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」の感想。
★TBさせていただきます★『仮面ライダーW(ダブル)』、第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」の感想ですっ! 井坂がチビッコのトラウマになりませんように(笑)。
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2010/02/28 11:38 AM |
第24話唇をLに/嘘つきはおまえだ
「絶望がお前のゴールですっ」「仮面ライダーW第24話唇をLに/嘘つきはおまえだ」「ゆきほの本音を聞いたジミーは泣き崩れ、電波塔の魔術師…ライアー・ドーパントの嘘に惑わされた翔太郎は竜を攻撃し」「亜樹子は狸をスリッパで叩く」「…Wのメモリを持つ、あの井坂医師
| 翔太FACTORY+Face.Chat.Union | 2010/02/28 11:39 AM |
今日のW 第24話
「唇にLを/嘘つきはおまえだ」ジミーが自分に才能は無く嘘のおかげで番組で勝っていたという事を知ってしまったという事で、完全なるネタ回かと思ったところから、シリアスに向かうのかと思いきや、十分すぎるネタ回でしたね(大爆笑)ライアーの針によってアクセルを
| 地下室で手記 | 2010/02/28 11:56 AM |
うそつきは誰だ?〜W24話〜
・OPは今回特別バージョンでOP歌手の二人が劇中のTV番組のセット内で歌うシーンが挿入されてます。・井坂の裏の顔井坂は「ドーパント専門の医者」を自称する胡散臭い男。冴子の”検診”をしていたがアブなさ炸裂の奴だな。冴子の本心”父に取って代わろうとする”
| COLONYの裏側 | 2010/02/28 12:54 PM |
『仮面ライダーW』第24話『唇にLを/嘘つきはおまえだ』
今日はなんというか、色々と凄すぎて、声出して笑ってしまいました。
| なまけもののひとりごと | 2010/02/28 12:59 PM |
仮面ライダーW 第24話「唇をLに/嘘つきはおまえだ」
仮面ライダーW(ダブル)の第24話を見ました。第24話 唇をLに/嘘つきはお前だライアードーパントが倒されそうになると、才能のないジミーを優勝させるにはドーパントの力がないとダメだとゆきほがドーパントを倒すのを止めさせようとする。その一部始終をジミーが見て
| MAGI☆の日記 | 2010/02/28 1:10 PM |
仮面ライダーW 第24話
テレビ朝日|仮面ライダーW(ダブル) 戦闘能力はあるとは思えないが、ライアー・ドーパントはかなりやっかいな 相手だ。その正体は路上ポエム作家・沢田。 翔太郎たちの罠にまんまとひっかかり、Wとアクセルの連携でライアー・ドーパント を撃破した。  ジミー
| JAOの趣味日誌 | 2010/02/28 1:48 PM |
W(ダブル)第24話感想
仮面ライダーW第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」Wや亜樹子に嘘を信じさせその隙に逃げたライアー・ドーパント。たいして強くないのに能力が厄介ですねぇ〜。井坂に診察される冴子=タブー・ドーパント。・・・朝からかなりエロティックなシーンです(汗)それにしてもや
| 絶対無敵?ラリアット日記!(左利き) | 2010/02/28 2:57 PM |
仮面ライダーW 第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」
今回は衝撃シーン満載でございました(驚) 衝撃シーン? 井坂先生の裏診療シーン!! 「身体を診せてくれないか・・・」 まぁ〜〜〜、日曜朝8時に何て大胆な!!! しかも本当に診るんだから驚いた!! そのエロいこと!エロいこと!!井坂先生のあの表情、冴
| むとちゃん的BLOG 〜我思う、故に我在り〜 | 2010/02/28 3:11 PM |
ぞくぞくするね… 変態医登場!
Love(白抜きハート記号)Wars 初回限定生産盤B(仮)エイベックス・エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る    『仮面ライダーW』第24話『唇にLを/嘘つきはおまえだ』のあらすじは公式サイトでご確認ください。  やっぱり嘘つきドーパントの正体は沢田でし
| ガヴァドンなボログ | 2010/02/28 4:24 PM |
W 第24話印象
Lの完結編、色々やってくれますねえ。ライアードーパントの本領発揮とも言うべき針攻撃で嘘を信じ込ませてWを操ってアクセルに攻撃させ、亜樹子ちゃんには狸の置物を攻撃させる!!(爆笑)そのうえダブリューのメモリを持つお医者さんは冴子お姉様に「君の体を診せて
| All's Right with the World! | 2010/02/28 5:00 PM |
仮面ライダーW 第24話 嘘つきはおまえだ
『唇にLを/嘘つきはおまえだ』内容ジミー(冨田佳輔)の謎が、ゆきほ(中野公美子)がドーパントに依頼したと判明したのだがそのライアー・ドーパントの能力“嘘”によりWとアクセルは、お互いで戦いはじめてしまうのだった。助けに入ろうとした、亜樹子(山本ひかる
| レベル999のマニアな講義 | 2010/02/28 5:11 PM |
仮面ライダーW 第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」
仮面ライダーW Vol.2 [DVD](2010/03/21)特撮(映像)商品詳細を見る ジミー中田がファンの「中田君の才能は無い」という言葉に傷ついてしまいました。信...
| 破滅の闇日記 | 2010/02/28 5:33 PM |
仮面ライダーW 第24話 「唇にLを/嘘つきはおまえだ」
ライアードーパントの言葉の針によりアクセルをドーパントと認識し攻撃してしまうW。 その間にライアードーパントは逃げてしまう。 才能のなさを知って絶望するジミー。
| 永沢の家 | 2010/02/28 5:47 PM |
仮面ライダーW第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」
今回は第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」。 ストーリーは仮面ライダーW第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」で! あははははっ!! 今回は笑いが多かったですね!! しかも最高に面白い!! 今回の笑いはなんと言っても左翔太郎でしたね! 砂浜で追いかけっこ
| OPUS MAGNUM | 2010/02/28 5:52 PM |
仮面ライダーW 第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」
電波塔の道化師・後編。一生懸命でかっこつけようとしてて、人情に振り回されつつどこかコミカル。そんな探偵・翔太郎のよさが出たエピ。 切ない終わり方をしてしまった前回のエピだったが、今回、主軸であるジミーとファンの子の気持ちの流れは、とてもハッピーなも
| 不惑にして特撮に惑う | 2010/02/28 8:20 PM |
仮面ライダーW(ダブル) 第24話 「唇にLを/嘘つきはおまえだ」
いや、このライダーバトルは・・・ うまい!!
| nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! | 2010/02/28 8:57 PM |
仮面ライダーW第24話★
さて、次回予告や公式サイトに無頓着な管理人なんで、ひょっとしたら『え?まだそんなこと言ってんの?』ということが今更ながらあるとは思いますが・・・まずはアラサーちゃんに裏はあるのかないのか?ホントに単なる熱狂的ファンなのか、そしてアニキの活躍はあるのか
| ほかのさなぎ。 | 2010/02/28 9:46 PM |
見どころありすぎ!! 仮面ライダーW 第24話
ライアードパントの能力は言葉の針を刺して自分の嘘を相手に信じさせるというもの。ジミー中田の勝利は審査員に嘘を信じ込ませて勝ち取った不正だった。 青春の挫折を好み、分不相応な夢に溺れた若者の涙をコレクションするライアードーパント さほど強くはな
| やっほっほ〜 | 2010/02/28 10:40 PM |
仮面ライダーダブル 第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」
 ライアードーパントと遭遇したにも関わらず、まんまと相手の技にひっかかって逃がしてしまいました。ジミーはゆきほさえも自分の才能を信じてなかったことを知って絶望し音楽を捨てようとします。  ライアードーパントは若者の絶望の涙を集めるのが趣味なようです
| たらればブログ | 2010/03/01 2:11 AM |
仮面ライダーW「唇をLを/嘘つきはおまえだ」
仮面ライダーW今回の依頼は ジミー中田 「ウソだった僕には本当には才能がないんだぁ〜」 「うわぁ〜ん」 ライアー・ドーパント 「アハハハハ」 墨田 「ジミー君!」 W左 「まてぇ!」 ライアードーパント 「赤い仮面ライダーはドーパントだ!!」 とライニードル
| 買い捲リンク | 2010/03/01 4:15 AM |
■仮面ライダーW 第23話 「唇にLを / 嘘つきはおまえだ」
エロい!!! センセーは、ドーパントの体に異常な興味を示すま、変態でした。そうい
| 雪の地平線 | 2010/03/01 8:39 AM |
仮面ライダーW 第24話 『唇にLを/嘘つきはおまえだ』 感想
今日はちょっと、Wに全てを持っていかれてしまいました。 大文字の回数が増えそうな気がします。 その点、お心づもりの上、読んでくださいませー♪ まず・・・・。 冴子さーーーん!! 朝から大丈夫なんですか? それとか? あれとか? これとか?
| 今がその時 その時が今 | 2010/03/01 12:10 PM |
今週の仮面ライダーW「第24話 唇にLを/嘘つきはおまえだ」
ライアー編後半。ダークな話と思いきや、いい話になりました
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2010/03/01 1:02 PM |
仮面ライダーW 第24話 感想
 仮面ライダーW  第24話 「唇にLを/嘘つきはおまえだ」 感想  次のページへ
| 荒野の出来事 | 2010/03/01 6:18 PM |
仮面ライダーW 第24話
仮面ライダーW 第24話観ました! ダブルとアクセルが共闘してるの嬉しいです♪ しかも今回は、アクセルがダブルを助けて、ビルの側面をダブルが アクセルに乗せてもらって疾走するというシーンが面白かった! え、ショウちゃんが変な格好!? ソンナノキオクニナイデ
| ふしぎなことだま | 2010/03/01 6:53 PM |
仮面ライダーW 第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」
LieのおかげでLoveに気付かされる「L」後編。 てゆか前回の予告に出てたあの変な人は翔太郎だったのかよ! 欠片も気付かなかった…。
| 『真・南海大決戦』 | 2010/03/01 11:32 PM |
仮面ライダーダブル 第24話
「唇にLを/嘘つきはおまえだ」 脚本:三条陸 監督:田?竜太 アクション監督:宮崎剛 「今日、初めて気付いたわ、これって、ラブソングだったのね」 ジミー中田を勝ち抜かせていたのは、墨田ゆきほがライアードーパント=電波塔の魔術師に依頼していたから。その事
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2010/03/02 1:16 AM |
ライダーW「唇にLを/嘘つきはおまえだ」
 エロいなー。  ライダーは戦隊よりもちょっと年齢層が上、ってつもりで作ってるらしいが、「上」の意味が違ってきているようだな。  決め手が若菜の台詞、ってのはちょっと後出しっぽい。  そんなことなら先週、街頭で若菜の DJ 流しとくとかすればよかったのに。
| blog mr | 2010/03/03 7:09 AM |
仮面ライダーW(ダブル) 第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」
いや〜、いつものことながら今回も面白かった。 まずはやっぱり翔太郎ですよねぇ。 今回も、そのハーフボイルドさを遺憾なく発揮!! ゆきほさんの本心を知って意気消沈のジミー中田を浜辺で追いかけるシーンにはかなり笑いました。 「何が悲しくて俺たちは砂浜で
| ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) | 2010/03/03 11:07 PM |
仮面ライダーダブル 第24話「唇にLを/嘘つきはお前だ」
仮面ライダーダブル 第24話「唇にLを/嘘つきはお前だ」今回はloveがテーマだったのかな。ゆきほとジミー長女 冴子と 裏医師 井坂うーん、ゆきほとジミーは純愛それにしても今回は若菜がフィリップに協力して事件を解決するところが新しい展開です。そして所
| 「大阪発」わたしは働く総務課員(共働きで三児の父のブログ) | 2010/03/06 12:18 PM |
[仮面ライダー]仮面ライダーダブル 第24話「唇にLを/嘘つきはお前だ」
今回はloveがテーマだったのかな。 ゆきほとジミー 長女 冴子と 裏医師 井坂 うーん、ゆきほとジミーは純愛 それにしても今回は若菜がフィリップに協力 して事件を解決するところが新しい展開です。 そして所長の亜樹子は女として失格とアクセル 竜に言われ、大
| 総務課員のひとりごと(はてな分室) | 2010/03/06 12:39 PM |
◎仮面ライダーW第24話「唇にLを/嘘つきはお...
 ライアー・ドーパントの言葉の針に騙され、W(ダブル)はアクセルをドーパントと思い込み攻撃。亜樹子(山本ひかる)までが針のえじきになり、とんでもない行動に出てしまう。 ...
| ぺろぺろキャンディー | 2010/06/18 5:51 AM |