<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話「セントラル動乱」

第50話「セントラル動乱」
「マスタング大佐以外は 撃ってよし」

しかし兵たちはみな狙撃されました。

「マスタング大佐以外は撃っていい ってことは

 夫人も撃っていいってことか?」

とチャーリー。

ショックをうけるブラッドレイ夫人。

『聞きたかった言葉ではあるが』

とマスタング。

「私は いえ、主人は 

 国に捨てられたのですか?

 それとも 主人が私を捨てたのですか?」

「わかりません。

 が・・あなたの命は

 我々が必ずお守りします。

 すべてことが済んだときに

 我々が間違っていなかったことを

 証明していただくためにも。」

「あ・・」

「新手がきます。急いで!」

「命拾いしたな。

 俺たちがブリッグズ兵だったら

 お前は死んでいた。」

「何?」

兵士の足を撃つチャーリー。

「うわっ!」

「大佐。お久しぶりです。」

「うむ 御苦労。」

「グラマン中将は?」

「列車事故の後始末を。

 大総統が行方不明の件は

 夫人には話していないのですか?」

「ああ。気絶でもされては

 移動が困難になる。」

兵士たちが待ち構えていました。

「うじゃうじゃきてますよ。

 モテモテですね。大佐」

「まったくだ。」

焔を出す大佐。

「まだ片付かんのか!

 何をやっている!
 
 たかだか5人だぞ!」

と怒るクレミン。

「敵勢力が増加!

 少なくとも 一個小隊はいるもよう!」

「くっ。こちらの損害は?」

「負傷59。死亡0です!」

「ゼロ?」

焔をあびせられる兵士たち。

「うわあ!」

「くそ 大丈夫か?」

「ああ。なんとか・・」

「焔の錬金術師ってあれだろ?

 イシュヴァール戦で

 ものすごかったって。」

「なんか 意外とたいしたことないような」

「だよなあ。

 さっきからしょぼい爆煙ばっかで・・お!」

そこへまたとんできました。

「ジェス!パーキー!

 くそ!鼓膜をやられた」

「損害は?」

「負傷5 死亡ゼロ!」

「死人がでなかったのはラッキーだ。

 ん?

 『イシュヴァールの英雄』に

 『鷹の目』もいるんだぞ。

 死人が出ないほうがおかしい。

 まさか・・

 うわあ!!」


足を撃たれました。

「間違いない!ヤツら・・!」

報告をうけるクレミン。

「手を抜いているだと?」

「はい。負傷者は多いですが 

 ここまで使者ゼロ。

 狙撃されたものも すべて

 急所をはずされています。」

「なっ・・なめおって・・。

 ディミトリ隊とキム隊も出せ!

 とっととマスタングの部下の死体を

セントラルのお偉いさんたち。

「まだマスタングはつかまらんのか?
 
 何をやっとるんだ?クレミン准将は?」

とフォックス。

「ヤツらは こちらの兵を殺さずに

 戦力だけそいでいるとか」

とガードナー。

「そんな器用なまねが続くわけなかろう。」

「マスタング大佐も甘いですな。」

とアームストロング少将。

「まったくだ。
 
 何を考えているのか。」

「それを倒せぬ中央軍も

 甘ったるいことこのうえない。

 まるで子供の遊びです。」

「なんだと?」

「聞けば 以前にも たった一人の反逆者に

 司令部を氷漬けにされかかったとか。

 そもそも 建国以来

 セントラルは 大きな敵に攻め込まれたことがない。

 この 経験のなさこそが弱点。

 攻撃がうまくても 防御がド下手。

 どうです?

 中央軍を 少し私に預けてみませんか?」

「調子に乗るなよ。アームストロング!

 自分が実力でこの場にいると思っているのか?

 貴様は ここに拘束されているだけだ。

 ブリッグズ兵と貴様のつながりが強いのは知っている。

 それゆえに 貴様がここにいることが

 ブリッグズ兵に反抗させないための

 強力な枷となる。」

「はっはっは。

 あなた方は 我々の何もわかっちゃいない。

 ヤツらには 有事の際には

 私を身捨てろと言い含めてある。

 ブリッグズの掟は弱肉強食。

 たとえ私がここでくたばったとしても

 それは私が弱かっただけのこととして

 切り捨て ひるまず

 動くことのできる集団。

 それが ブリッグズ兵だ。

 上っ面で 私が育てた兵を語るな!」


そのブリッグズ兵。

「西区工場地帯で マスタング大佐が交戦中。

 多くの兵がそちらに割かれている。

 出るぞ。

 この穴倉ともおさらばだ。

 セントラルの腰抜けどもの

 喉笛にかみついてやれ!」

警報がなりました。

「ほら きたぞ。

 ブリッグズ山の巨大熊と
 
 タメを張れる猛者どもだ。

 あなたがたご自慢の人形と

 どちらが つよいかな?」


ブリッグズ兵が戦い始めます。

「新勢力?バカな!どこからわいた?」

「それが 街の中から突然。」

「そんな魔法みたいなことがあるか。

 お前たちも行け!」

「敵の数は!?」

「不明です。

 ですが 装備からみるに

 北の兵ではないかと。」

「ブリッグズか。」

その兵もやられました。

チャーリーとマスタング。

「アームストロング家の中?」

「ああ。屋敷の修理にまぎれて

 兵と武器を 地下に運び入れていた。」

「どんだけでかいんですか。その家。」

「チャーリー。弾くれ!」

「すまんが こっちも弾切れだ。」

「まいったなあ・・。

 補給部隊はまだこねえのか?

 まさかつかまったんじゃ。」

「お前たち もしものときは

 私を置いて逃げろよ。」

「了解。」

ふたりとも即答w

「そこは『最後までお伴します』じゃないのかね?」

「男と心中なんて まっぴらです。」

とチャーリー。

「家でカミさんが待ってるしなあ」

とファビオ。

「ああ そうかい。」

と焔を出す大佐。

「うわっ」

「ごほっ ごほっ や・・やつら

 銃による反撃が ほとんどなくなってきました。

 そろそろ弾切れでしょう。」

「ようし たたみこむぞ!

 残ってるやつらを集めろ!」

そこへつっこんできたアイスクリームの車。

「やっほい リザ!」

「レベッカ 遅刻よ」

「悪い悪い。

 そんなお待ちかねのあなたたちに。

 素敵なプレゼント!」

「おお〜!」

「すげえ〜!

 弾だけじゃなくてこんなもんまで」

「いいぞ レベッカ。愛してる!」

「うっさい!金のない男は 私をくどくな!」

助手席から銃を大佐に渡す女性。

「どうぞ」

「うむ。すまない。

「お久しぶりです。マスタング大佐。

 マリア・ロス少尉

 ただいま、勝手に帰還しました。」

「なんであいつら つっこんでこないの?」

「こっちに焔の錬金術師がいるから

 うかつに近づけないんです。

 でも 大佐も 町中だから

 派手に焔を出せなくて。」

「あらまっ。セントラルのいい男

 つかまえにきたのに

 腰抜けばっかりねっ!」

と催涙弾を派手にぶちあげるレベッカ。

「ごほっ ごほっ」

そこを車が逃走していきました。

「うわ!」「くそ!」

「シンの国の催涙弾よ。

 トウガラシ増量。」

と箱の中をみせるレベッカ。

「あっ もしかして これ

 全部 シンで 仕入れたのか?」

「君が作戦に加わっているとは 

 きいていなかった。

 これほど大量の武器を

 一人で調達したのかね?

 それとも 誰かの指示で・・。」

とロス少尉にたずねる大佐。

「話しますか?本人と。」

「ん?」

車をとめてフュリー曹長が電話の準備。

「オッケーです。」

「どうぞ」

『シンのお偉いさんか』

「国軍大佐 ロイ・マスタングです。

 このたびは まことに・・」


「ぷっ!くくくっ!

 かしこまっちゃって まあ。

 いつもの調子でいきましょうよ。大佐。

 愛されて80年。

 パンツのゴムから装甲車まで

 電話一本でいつでもどこでもお届け参上。

 あなたの町のハボック雑貨店。」


「ハボック!」

「あっ!」

はっとするブレダたち。

「で、お支払いは?」

「出世払いだ。ツケとけ。」


CM


警報がなっているセントラル。
それを木の上からから眺めるランファンが
エドたちに報告。

「町に 煙があがっているぞ。

 かすかに 警報もきこえる。」

「大佐とブリッグズの連中が

 動き出したみたいだな。

 今頃セントラルは大混乱だ。

 そろそろ いくか。」

「ああ。

 国土錬成陣のカウンターは仕込んであるが

 元から発動させないにこしたことはない。
 
 あいつはしょせん フラスコの中身が

 でかくなっただけだ。

 いれものを壊せば死ぬだろう。

 あいつの・・中に縛られている人々の魂も

 解放してあげられる。」

「けど どうやって そいつのとこまでいくんだ?」

「以前、メイとともに入った地下道をつかう。

 凶悪なキメラが山ほどいるが

 このメンツならいけるだろう。」

「ハインケルは留守をたのむ。」

「ああ。すまんな。」

「気にするな。

 マルコーさんは 軍の連中に見つかんなよ。」

「ヨキ!
 
 おまえも留守番してろ。」

「喜んで。」

「アル」

「何?兄さん。」

「ちょっくらいって

 地下のひげ野郎 ぶっとばしてくるから。」

「気をつけてね。」

「おお。」

土の壁をこぶしでつつくエド。
アルも反対側からこたえます。

アルの頭をたたくプライド。

エンヴィーをかかえて走るメイ。

「何やら 町がさわがしいですね」

「急いだほうがいいよ。

 もうすぐ お父様がみせてくれるはずだ。

 不老不死の秘密をね。」

「わかってます!」

地下への入口へメイがはいったとに
軍が到着。

「ここに非常線をはる。

 マスタング隊も

 ブリッグズ兵も 一歩も通すな。」

アームストロング少将に銃をつきつけるフォックス。

「すぐに兵を引き揚げさせろ。」

「ブリッグズの指揮権を

 私から奪ったのはそっちだろう。」

「貴様 タダで済むと思っているのか?」

「そちらこそ ただで済むと思っているのか?

 お父様とやらにきいているのだろう?

 何を失って何を得ようとしているのか。」

「ああ。聞いているとも。

 われら 選ばれたものたちが

 さらなる高みへのぼり

 このアメストリスが世界を変える。

 変化するために痛みを伴うのは

 しかたのないことだ。

 それがなぜわからぬ?!」

「もう駄目だな 貴様らは。」

「何っ?」

フォックスの腕を刺すアームストロング少将。

「うわあっ!」

「ぬくぬくと 安全地帯から戦場をながめる

 貴様らのようなものが

 痛みとかいうものを

 さも崇高であるかのように

 仕立てあげ利用する。」


「反逆者になる気か?!」

「どうかな?

 事が終わった時には

 英雄になっているかもしれんぞ。

 ただし 私はイシュヴァールの英雄ほど

 甘ったるくはない!」


「待て!」

ガードナー中将を撃ち殺すアームストロング少将。

「何っ?」

「閣下」

廊下の兵士たちが走ってきました。

町中。

「アームストロング少佐!」

「ブロッシュ軍曹。

 今日は 休みではなかったか?」

「家から煙が見えたので。

 何があったんですか?」

「マスタング大佐と その元部下たちが

 大総統夫人を人質にとって 逃走中だ。」

「はあ?おのれ 卑怯な!

 無実のロス少尉を殺しておいて・・
 
 今度は夫人を・・。

 人の皮をかぶった悪魔め!」

「むう!」

「少佐!」

部下が少佐に何か連絡しにきました。

「ん?」と人ごみにまぎれてみているフーじいさん。

「司令部会議室で

 アームストロング少将が

 ガードナー中将を・・」

「むう。射殺・・」

『ふむ。想像より 早く事がすすんでおるな。
 
 早く 若を捜さねば。

 とはいえ 気配で追おうにも

 地下の巨大な気の流れが邪魔で・・

 はて?先日よりも 

 地下の気配が広がっておるような・・。」

瞑想中のお父様。

そばでは鼠が逃げ、
地下にむかって犬が吠えます。

プライドのたたく音が響き
目をあけるお父様。

地下への入口についたエドたち。

「ダメだ こりゃ。

 ちょうど軍の集合場所になってて

 近づけそうにない。」

「強行突破するには ちょっと厳しいな。」

「う〜ん・・あっ!

 あるぞ ほかにも入り口が!

 第三研究所だ!

 前にアルと大佐が侵入して

 ホムンクルスと戦ってる。」

第三研究所へやってきたみんな。

「入口の警備は3人だな。」

「どれ。いっちょやるか。」

「いや こういうときこそ

 俺の肩書のつかいどころだろ。」

とでていくエド。

「憲兵さ〜ん!」

「ん?」

「国家錬金術師のエドワード・エルリックです。」

「えっ?国家錬金術師殿?」

「助けてください! 

 スカーにおわれてるんです!」

「なっ!」

「指名手配の男だ!」

「動くな!」

「にひ〜。はっは〜〜!」

憲兵を倒すエド。

「うお!」「うわ!」

「お前 ひどいねぇ」とホーエンハイム。

「うっせぇ。いくぞ。」

研究所の中をどかどか進むみんな。

「あっ。」

「ん?」

「はい ちょっとごめんよ。

 確か このあたりに・・

 あった!」

扉を錬成して中に。

「二手に分かれるか?」

「だな。俺はこっち。

 エドワードとスカーは そっちな。」

「なぁ〜〜?!

 なんで 俺がこいつと!」

「錬成の力配分でいったら こうだろ。

 それにあいつが

 錬金術封じのわざをつかったとき

 スカーは使えたけど

 おまえは無力だったんだろ?」

「じゃあ こいつらセットできまりな。

 ほかはどうする?」

「俺は規格外だから 一人で大丈夫だ。

 だが まあ・・

 せっかくだから シンのお嬢さんに

 ボディガードになってもらおうか。」

「それじゃあ あいつをみつけたら

 全力で壊す方向で。」

「了解。」

「ほんとに 二人だけで大丈夫か?」

「大丈夫。大丈夫。

 おっさんは 若い娘さんと二人だけのほうが

 嬉しいの。」

「スケベおやじめ。」

「行こう。行こう。」

ランファンと歩くホーエンハイム。

「君 シンの皇子を

 探さなきゃいけないんだろ?」


「あっ」

「行きなさい。」

「えっ?いや しかし・・」

「我々のことは気にするな。

 大事な人なんだろ?」


うなづくランファン。

「ありがとう・・ございます。」

お礼をいってきえました。

「ふっ。」

扉をあけるハリス。

「まったく情けない連中だ!

 ブリッグズの山猿どもに 手も足もでんとは!」

「お待ちください!

 複数体の魂の定着実験は まだ・・」

と止める研究員。

「黙れ!

 いま使わんでいつ使う!

 こういうときのためにさんざんつくった

 賢者の石ではないか。」

「さあ 動け!

 反逆者どもをくらいつくせ!」

「ぎゃあ〜〜〜!!」

と叫ぶ人形たち。

「はっ」とランファン。

「あっ」とメイ。

「うん?」とホーエンハイム。

「あっ」とエド。




ED



エドワード・エルリック 朴ろみ
アルフォンス・エルリック 釘宮理恵

ヴァン・ホーエンハイム 石塚運昇
ロイ・マスタング   三木眞一郎
スカー         三宅健太
オリヴィエ・ミラ・アームストロング 沢梅陽子
ルイ・アームストロング  内海賢二
フー         堀 勝之祐
エンヴィー      高山みなみ
ジャン・ハボック   うえだゆうじ
リザ・ホークアイ    折笠富美子
ランファン       水樹奈々
マリア・ロス      名塚佳織
メイ・チャン      後藤麻衣
チャーリー       西 凛太郎
レベッカ・カタリナ   進藤尚美
フォックス       ふくまつ進紗
ブラッドレイ夫人    さとうあい
ガードナー       糸 博

バッカニア       大友龍三郎
ハインケル       辻 親八
ダリウス        天田益男
ジェルソ        志村智幸
ザンパノ        疋田高志
ヨキ          矢尾一樹
ダミアノ        庄司将之
ハイマンス・ブレダ   佐藤美一
ケイン・フュリー     柿原徹也
クレミン        勝沼紀義
デニー・ブロッシュ   早志勇紀
中央軍兵士       武 虎

ナレーション      家弓家正


今回は好きなシーンがいっぱい。
ロス少尉復帰とハボックの登場!
マスタング大佐の
「出世払いだ。ツケとけ。」というときの顔も
原作通りよかった!
アイスクリームのトラックでのりつけるレベッカ。
負傷させても殺さないマスタング隊。

アームストロング少将の
「上っ面で 私が育てた兵を語るな!」というセリフも
名セリフです。

ランファンを行かせてあげるホーエンハイムも
さすがだなあと思いました。










鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9 [DVD]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 10 [DVD]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 11 【完全生産限定版】[DVD]
2010.03.28 Sunday 21:09 | comments(0) | trackbacks(36) | 
<< 仮面ライダーW(ダブル) 第28話「Dが見ていた/決死のツインマキシマム」 | main | ジャンプ 17号感想 >>









鋼の錬金術師 第50話
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話「セントラル動乱」 密度のあるお話。 興味深く見ました。 いあ,「約束の日」の前夜にさんざん時間をかけていたのでこれまでも密度でいえば高か...
| Kyan's BLOG IV | 2010/03/28 9:13 PM |
『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』#50「セントラル動乱」
「かしこまっちゃってまぁ。 いつもの口調で行きましょうや大佐」 もしもの時は――…って、了解されちゃった!テヘ ブラッドレイ夫人を人...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2010/03/28 9:18 PM |
「鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST」第50話
   第50話「セントラル動乱」ブラッドレイ夫人を人質に取り、ついに中央司令部へ反逆の狼煙を上げたロイ。すぐさま鎮圧されると思われたその反乱は、ロイ一派の巧みな攻撃、そして予期せぬ所から出現したチャーリー隊やブリッグズ軍らの加勢により、セントラル全域
| 日々“是”精進! | 2010/03/28 9:18 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話 「セントラル動乱」 感想
ブラッドレイ夫人を人質に取り、ついに中央司令部へ反逆の狼煙を上げたロイ。 すぐさま鎮圧されると思われたその反乱は、ロイ一派の巧みな...
| ひえんきゃく | 2010/03/28 9:24 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話「セントラル動乱」
HAGAREN SONG FILE-WINRY ROCKBELL-ついに放送1周年!!! 前回、セントラルでも行動が開始され、 今回は次々に部隊が集結、盛大に動き回りました!
| 明善的な見方 | 2010/03/28 9:25 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話「セントラル動乱」
マスタング大佐かっこいい〜ヽ(*´∀`*)ノ 大佐の錬金術見るのも久しぶりですw オリヴィエさんもかっこいい〜ヽ(*´∀`*)ノ 遂にオリヴ...
| 空色きゃんでぃ | 2010/03/28 9:33 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話「セントラル動乱」
非情にもブラッドレイ夫人の生死は問わない軍の追手。 チャーリー隊によりロイたちは危機を切りぬけていく…。 ブリッグズ軍も加わり、反乱...
| SERA@らくblog 3.0 | 2010/03/28 9:33 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話「セントラル動乱」
『ブラッドレイ夫人を人質に取り、ついに中央司令部へ反逆の狼煙を上げたロイ。すぐさま鎮圧されると思われたその反乱は、ロイ一派の巧みな...
| Spare Time | 2010/03/28 9:42 PM |
鋼の錬金術師 第50話
早くも50話突破か。 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話 「セントラル動乱」 約束の日、セントラルでマスタングは部下たちと動き出す。死人を出さないように戦ってます。そんなマスタングたちに抵抗できないセントラル軍。ホント、情けない。オ
| 雲の上からHello! | 2010/03/28 9:47 PM |
鋼の錬金術師 #50 セントラル動乱
テレビ版の 『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらな...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2010/03/28 10:00 PM |
(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第50話 「セントラル動乱」
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5 [DVD]クチコミを見る ブラッドレイ夫人を人質に取り、ついに中央司令部へ反逆の狼煙を上げたロイ。すぐさま鎮圧されると思われたその反乱は、ロイ一派の巧みな攻撃、そして予期せぬ所から出現したチャーリー隊やブリッグズ軍らの加
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2010/03/28 10:02 PM |
鋼の錬金術師50話
50話「セントラル動乱」
| ハルジオンデイズ | 2010/03/28 10:03 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話 「セントラル動乱」 感想
始動―
| wendyの旅路 | 2010/03/28 10:04 PM |
鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第50話「セントラル動乱」
驪シ縺ョ骭ャ驥題。灘クォ FULLMETAL ALCHEMIST 邏蒭≦ョ譌・縺ク 迚ケ蜈ク 迚ケ陬ス縲後ワ繧ャ繝ャ繝ウBOX縲堺サ倥″(2010/05/20)Sony PSP蝠臈瘰ウ邏ー繧定ヲ九k 荵紂縺カ繧翫医窖絋繧「繝サ繝ュ繧ケ蟆大ー峨郁ゥ豢サ縺ァ縺ゅj縺...
| 破滅の闇日記 | 2010/03/28 10:09 PM |
第50話 セントラル動乱
鋼の錬金術師FAのレビューになります。トラックバックお待ちしております。 あらすじ ブラッドレイ夫人を人質に取り、ついに中央司令部へ反逆の狼煙を上げたロイ。すぐさま鎮圧されると思われたその反乱は、ロイ一派の巧みな攻撃、そして予期せぬ所から出現したチャ
| 埼玉の中心から毎日を語る | 2010/03/28 10:10 PM |
鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST第50話セントラルの動乱
「マスタング大佐以外、大総統夫人ごと射殺しようとした中央軍を前にマスタング大佐達を助けに入ったのは東方軍の部下達でした」「鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST第50話セントラルの動乱」「1小隊まで人数が膨れ上がったマスタング大佐達に中央軍は数で襲うとするが殺
| 翔太FACTORY+Face.Chat.Union | 2010/03/28 10:16 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話「セントラル動乱」
「ただし私はイシュヴァールの英雄ほど甘ったるくはない!」 上層部相手にオリヴィエ姉さんもついに動き出す!! そして、大佐の所へは懐かしい...
| WONDER TIME | 2010/03/28 10:21 PM |
鋼の錬金術師FA 第50話 「セントラル動乱」
それぞれが全力で自分のすべきことに徹している。 それは敵も同じこと。 以下、ネタバレありです。
| アニメは日本の文化遺産 | 2010/03/28 10:26 PM |
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第50話セントラルの反乱で続々加勢が現れいよいよ反乱が始まった!
28日「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 第50話を視聴した。 今回はロイたちの反乱で始まったセントラルの反乱は ロイたちの巧みな攻撃で戦闘不能に陥らせながら戦い続けた。 そしてさらにチャーリー隊やブリッグズ軍も加勢し 情勢は反乱軍に味方している。
| オールマイティにコメンテート | 2010/03/28 10:45 PM |
お支払いは? 「鋼の錬金術師 FA」 第50話の感想。
「出世払いだ!」
| あるアッタカサの日常 | 2010/03/28 11:00 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話 「セントラル動乱」
 ホーエンハイムがいい人っぽいシーンが多くてよかったです。お父さんもたまには持ち上げられないと。
| つれづれ | 2010/03/28 11:26 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話 「セントラル動乱」
懐かしい人たちが帰ってきたw
| 瞳にアル世界 | 2010/03/28 11:33 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話 「セントラル動乱」
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST   お勧め度:お勧め   [錬金術]   MBS・TBS系 : 04/05 17:00   GyaO : 04/10   その他海外でも放送   原作 : 荒川弘   監督 : 入江泰浩   シリーズ構成 : 大野木寛   キャラデザ : 菅野宏紀   アニメ
| アニメって本当に面白いですね。 | 2010/03/28 11:55 PM |
鋼の錬金術師FA 第50話「セントラル動乱」
鋼の錬金術師FA 第50話「セントラル動乱」いよいよ、約束の日まずはロイ達が動いた!動乱が始まった公式HPよりブラッドレイ夫人を人質に取り、ついに中央司令部へ反逆の狼煙を上げたロイ。すぐさま鎮圧されると思われたその反乱は、ロイ一派の巧みな攻撃、そして
| SOLILOQUY | 2010/03/29 12:22 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話 「セントラル動乱」
男と心中なんて真っぴらです!
| Ηаpу☆Μаtё | 2010/03/29 12:47 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話「セントラル動乱」
 大総統夫人を人質にしてのロイたちが起した反乱。ロイ以外は射殺可という命令に婦人は大ショックです。婦人の命を保障し、他の軍人を殺さずに進んでいくロイたちも弾切れはいなめません。  そこへ補給に来てくれたのはマリア・ロスでした。彼女はシン国の武器を持っ
| たらればブログ | 2010/03/29 1:15 AM |
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 第50話【セントラル動乱】
「英雄になっているかもしれんぞ」(オリヴィエ) マリア・ロスとハボックが復活! マスタングにとっては心強いでしょうね。 オリヴ...
| NEW☆FRONTIER | 2010/03/29 2:39 AM |
鋼の錬金術師 #50
ブラッドレイ夫人を人質に取り、ついに中央司令部へ反逆の狼煙を上げたロイ。 すぐさま鎮圧されると思われたその反乱は、ロイ一派の巧みな攻撃、そして予期せぬ所から出現したチャーリー隊やブリッグズ軍らの加勢により、セントラル全域を巻き込んだ激しい市街戦へと突
| あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w | 2010/03/29 10:44 AM |
鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST 第50話  感想
「セントラル動乱」 軍に囲まれる大佐たち。 軍人たちは大佐以外は殺してもいいと命令されていた。 それは、つまり大総統夫人も殺すということ・・・ 「私は・・・いえ、主人は国に捨てられたのですか?・・・それとも、主人が私を捨てたのですか?」 夫人の命は大
| サンショウ魚のしっぽ | 2010/03/29 12:08 PM |
今週の鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST「第50話 セントラル動乱」
いよいよ迎えた約束の日、最初からクライマックスです
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2010/03/29 12:58 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話
第50話 セントラル動乱 セントラル会議室。そこに残っているのはフォックスとガードナー、そしてオリヴィエの3人だけだった。 「まだマスタングは捕まらんのか。なにをやっておるんだクレミン准将は」 フォックスは苛立ったようにテーブルの周りをうろうろと歩
| モノクロのアニメ | 2010/03/29 1:15 PM |
ついに動き出したクーデター&怒りの女王様(>▽<)今まで築いてきた絆がここでしっかり発揮されたね、ロイ。 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第50話『セントラル動乱』
 すんません、ブログは何とか完成させたものの、相変わらず体調最悪なので、トラバなどは月曜日以降にしてまいりますので、本当にお許しく...
| シュージローのマイルーム2号店 | 2010/03/29 3:58 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 50話「セントラル動乱」
まさかのあの人が復活! 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9 [DVD](2010/04/21)朴叙ミ美釘宮理恵商品詳細を見る
| 新しい世界へ・・・ | 2010/03/30 12:41 AM |
鋼の錬金術師〜第50話「セントラル動乱」 
 約束の日に突入 場面1 マスタング大佐ブラッドレイ大総統の夫人を人質に。完全な反逆者として、中央軍とたたかいまくります。でも、煙幕とか、足に砲撃とか、死者を1人もださないというこだわりです。 場面2 アームストロング少将もついに 今まで、軍の席で様
| ピンポイントplus | 2010/03/30 6:47 AM |
鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST第50話セントラル動乱
第50話「セントラル動乱」公式HPよりあらすじブラッドレイ夫人を人質に取り、ついに中央司令部へ反逆の狼煙を上げたロイ。すぐさま鎮圧されると思われたその反乱は、ロイ一派の巧みな攻撃、そして予期せぬ所から出現したチャーリー隊やブリッグズ軍らの加勢により、セン
| 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ | 2010/03/30 10:39 AM |
鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST 第50話「セントラル動乱」
ブラッドレイ夫人を連れ、追い詰められたロイ。が、追っ手達は逆に潜んでいたロイ側に銃を突き付けられました。「マスタング大佐以外は撃って良しってことは、 夫人も撃っていいってことか」立場的にも精神的にも夫人がとても気の毒です。マスタング組を倒そうと続々増
| あくびサンの、今日も本を読もう♪ | 2010/03/30 6:33 PM |