<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

のだめカンタービレ フィナーレ 第11回(最終回) La Dernière Lecon

第11回(最終回) La Dernière Lecon
のだめのもとへ急ぐ千秋。

のだめはマルレオケの団員の子を
こもりをしてバイトがわりにも。

ターニャはあきれ、
幼稚園の先生が夢といっていた
のだめの言葉を思い出す黒木くん。

才能もあるのにチャンスもあるのに
そんなことをしているのだめに
ユンロンはいらつき。

18世紀の演奏家みたいに
自由に弾ける方がのだめには
あっているのかと思う黒木くん。

のだめにいつまでも辛い道をいかせなくても
そばにいれば自分はいつでものだめの
ピアノがきけるから問題はない、と
思いながら帰ってきた千秋。

キラキラ星をひいていたら
のだめ下手、と子どもたちにいわれ
やるときはやるということを
みせるためにベートーベンを弾き始めました。

「それでも 俺は何度でも

 あの舞台につれていきたいと思うんだ。

 あのピアノをきくたびに」


のだめに声をかける千秋。

「のだめ。俺といっしょに

 コンチェルトやろう」


でものだめは

「いやです」

と即答。

コンチェルトはもうミルヒーとやったし
あれ以上の演奏を、千秋とやれる気がしないし
もしできなかったら千秋のことも
好きじゃいられなさそうで・・
というのだめに千秋ショック。

もういい、とのだめの手をひっぱって
連れ出す千秋。

行き先はニナの家。
ピアノが二台あるから
モーツァルトの二台のピアノのためのソナタを
ひくといいだしました。

「俺がひきもどす」

二人ではじめて弾いた曲。
文句をいうのだめを無理やり
弾かせます。

のだめのピアノを聴いて
音楽祭のことを思い出すニナ。

ゴミの部屋できいたベートーベンで
はじまったふたり。

「いくら苦しくても

 気が遠くなるほどの

 孤独な戦いが待っていても
 
 こんなよろこびがあるから

 何度でもたちむかおうと思えるだ」


しかし最終楽章でまちがえるのだめ。

また千秋にフォーリンラブして
とびつくのだめを抱きしめる千秋。

のだめは学校に復帰。
オクレール先生のもとへ。

アパルトマンには新しい学生も入っていました。

ユンロンは帰国。
涙の別れ。
ターニャは室内楽のクラスへ。
フランクはルイとデュオで音楽祭に出場。

マルレも順調・・。

黒木くんもターニャの伴奏で
オーボエのコンクール。
でも泊るホテルは別w
それでもいいかんじ。

音楽一筋のリュカは
神さまがくれた音楽の才能を
世のため人のためにつかうのに
迷いなし。

のだめはコンサートの依頼をうけ
喜ぶミルヒー。

「よかったね ふたりとも

 ちゃんとわけてひとつになった」


サンマロでのコンサートも好評。
ランベール夫人の会にも愛されてました。



のだめのアニメもとうとう最終回。
みんなのその後がもっとみたかったけど
それは原作も同じなので・・。

あとは映画の後編が楽しみ。












2010.03.31 Wednesday 10:22 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< これが世界のスーパードクター12! | main | 勝手に ひとり銀魂春祭り その3 >>









のだめカンタービレフィナーレLecon11
シューマンいいなあ こどもに演奏を ねだられ 恍惚ののだめ あっ ベートーベンソナタだあ とか分かるの すごいね のだめカンタ...
| tacoの気持ち | 2010/03/31 1:57 PM |
のだめカンタービレ11話の感想
 のだめカンタービレ11話を見ました。演奏会を終えて抜け殻のようになったのだめが、やっと帰ってきたと思いきや、小さい子供相手にベビーシ...
| 本とTVとDVDの感想日記 | 2010/04/02 11:05 AM |