<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

チーム・バチスタ2ジェネラル・ルージュの凱旋 第4話「心筋梗塞」

第4話「心筋梗塞」
フリージャーナリスト・目黒(嶋田久作)の容態が急変し、
心停止に陥った。原因は心臓の血管の一部が
詰まったことによる心筋梗塞。
退院も近いと聞かされていた妻の光子(広田レオナ)は、
回復していたはずの夫の体に何が起こったのかと取り乱す。
 速水(西島秀俊)は血管が詰まった箇所を
カテーテルで拡げる治療を試みようとするが、
カテーテル室に空きがなく、十分な設備のない
初療室で治療を行うと言い出す。 まもなく、
速水の無謀な決断を知った田口(伊藤淳史)と
白鳥(仲村トオル)はリスクが高すぎると意見するが、
速水は聞く耳を持たない。  
そんな折、白鳥は、初療室の様子をうかがう
佐々木(堀部圭亮)を見かける。
収賄関係を目黒に知られた2人が、
口封じのためにわざと失敗の可能性が高い治療を強行し、
目黒を殺そうとしているのではないか、と。
白鳥の疑念を聞かされた田口は言葉を失い…。


目黒は取材をつづけていました。
見舞いにきた妻は何か話があるみたいですが
目黒が先に用件をはなすことに。

「あのな・・退院したらいっしょに・・」

その途中で倒れる目黒。
目黒の妻の鞄には離婚届・・。

ハードワークの救命チーム。
ドクターはおつかれ、食事もろくにとれないまま
目黒が倒れたという知らせをきき
かけだします。

目黒は心筋梗塞。
心停止し、心臓マッサージと電気ショック。
カテ室はうまっていて使用できず。

目黒の妻をなぐさめるグッチー。
そこへ姿をみせたメディカル・アソートの佐々木。

速水先生はここでカテーテル治療をすると決断。
長谷川は反発。
佐藤も無茶だと反対しますが
速水にいわれるままに妻に同意をとりに。

意識が戻った目黒が呼ぶのは妻の名。
そして函館・・。
再び危険な状態になり、挿管。

佐々木に声をかける白鳥。
目黒のことは知らないという佐々木。
退院直前だったメディカル・アソートのことを
知るジャーナリストが急変したことを
佐々木たちが何かしたのではと
疑っているようです。
佐々木はあくまでもしらばっくれました。

目黒の妻に、カテ室ではなくこのまま
初療室ですると説明していると
白鳥がわりこんできました。
目黒の妻は白鳥の顔をみて、迷います。
心臓マッサージをうけている夫をみて
治療をすればたすかるのかときき
速水先生なら可能性があるといわれても
まだ迷う。

白鳥が時間をかせげといいますが
速水の判断はあくまでもここでの処置。
しかしポータブル透視装置の貸出許可も
おりませんでした。

「もういいです。

 たすからないなら・・楽に・・

 夫を楽にしてあげてください」


と泣きだす妻。

マッサージの手をとめ再び心停止。

「続けろ。続けろ。」

という速水。
考える時間は3分ある、
3分間心臓マッサージをやめれば
確実に命を失う。
絶対助かるとはいえないけど
助かるかもしれない命を
このままあきらめたくないという速水。
速水先生ならたすけられるという花房。

ポータブルの使用許可がでましたが
家族の同意が条件。
それをきいて、よろしくおねがいしますという
目黒の妻。

白鳥は、目黒の口を封じるために・・と
まだ疑っていました。
あくまでも殺人を疑ってかかるつもり。

処置の開始。
外でまつ妻は離婚届をながめていました。
そこへグッチーがやってきて
奥さんへの伝言として「光子に 函館」
といっていたと伝えました。

「ほんとに?ほんとにそう言ったんですか?!」

とたずねる妻。

命はとりとめたものの
意識が回復するかどうかはわからない。

退院間近の患者がどうしてこんなことになったのか
責任追及をはじめる白鳥。

和泉は御立腹。
白鳥と仲良しのグッチーは厚労省の送りこんだ
スパイよばわり。

しかし俺たちに責任はないという佐藤。
狭心症を抱えていたんだろうけど
既往症もなく検査もせず
心筋梗塞は予測できなかったというと
厳しい顔で

「違うかもしれない。

 心筋梗塞を 予想できていたのかも」


という長谷川先生。

白鳥は外科の橋本先生に質問。
心臓に問題なしという長谷川先生からの
移動手続きで処置を誤ったのかの?

目黒の心電図モニターをはずそうとしたとき
一瞬音がなり、それをモニターのエラーだと
思って気にとめなかったそうですが
あれは心筋梗塞の兆候を示す
不整脈だったのかもという長谷川。

みんな、そんなこといってたら
怖くて医者なんかやってられないと
フォローしますがキレた長谷川。

「怖いことやってだよ!

 一瞬の判断で人の生き死に決める

 とんでもない恐ろしいこと

 やってんだよ!」


と辞表を・・。
忙しすぎてもう限界
前だったらこんなことは見逃してなかった
このままじゃいつか患者を殺す
なんでみんな速水についていくのか
どこまで無理すればいいんだよと
叫ぶ長谷川。

モニターでそれをみていた速水は平然としていて
白鳥がせめても、この問題を今すぐ解決してやると
おちついたもの。

長谷川に声をかけ、本当に異常はなにもなかったのかと
たずねる目黒の妻。
そこへあらわれた速水は、目黒の目が覚めるのを
まってくれといいました。
もし目が覚めなかったら、そのときは
長谷川が責任をとりますという速水。
責任=辞表をだすこと。
速水も常に辞表を用意しているそうで
そのくらいの覚悟がなきゃ救命救急医なんか
やってられないという速水。

長谷川が自分のミスをあやまると
さっき必死で心臓マッサージをやってくれていた
姿を思い出し、責めることをやめる妻。

速水は長谷川に退職届を出せと要求。
そしてそれを破り捨てました。

「どうせあと43分で 患者は目覚める」

といってしまう速水。

「ここにはやめる自由さえないのか」

とつぶやく長谷川。

目黒の妻といっしょに待ってあげるぐっちー。
目黒の妻はグッチーに離婚届をみせました。
仕事が忙しくて滅多に帰ってこない夫と
いっしょにいる意味はないんじゃないか・・。
夫の実家は居酒屋で、帰ってこないかと
誘われているそうですが、夫はその気なし
しかし妻は行きたい。
倒れる前に夫が言いかけていた言葉は
いっしょに函館に帰ろうということ。
どうして大事なことがあとになってからじゃないと
わからないんでしょうか、という妻。

速水のいったとおりの時刻に
目黒が目覚めました。

目黒の妻は離婚届を捨てておいてくれますかと
花房にたのみます。

「責任をもって 

 シュレッダーにかけておきますね」


夫にあう妻。

「かえろう いっしょに・・函館」

泣きだす目黒。
夫の手をしっかり握る妻をみて
ほほ笑むグッチー。

長谷川にお礼をいう妻。

不整脈をみのがした程度で大騒ぎされちゃ
現場はもたないと白鳥にいう速水。

今にもつぶれそうな医者はたくさんいるという速水。

「医療ミスだと簡単に言いたがる患者と

 医者を守らない国が

 俺たちを疲弊させてるんだ。

 わかるか。厚労省」


三船事務長はジェネラル率いる救命チームに否定的。
速水の率いるチームは限界。
ジェネラルのあとをつぐのは
あなたしかいませんと佐藤にいう三船。

「あなたを後押しする準備は

 してあります。

 ジェネラルを排除する覚悟がきまったら

 ぜひご相談ください。

 いつでもね。」


お疲れの長谷川に
甘いコーヒーをいれてくれるグッチーや
さりげないやさしさの和泉。

速水とメディカル・アソートとの関係は
考えすぎじゃないかというグッチーですが
メディカル・アソートにはよくない噂があるらしい。

そこへ目黒からあいたいという連絡。

佐々木から大金をうけとっている速水を
みる栗山を牽制する花房。

目黒は政治家の鴨志田議員のゴシップを
追っていたと写真を見せました。
そこにうつっていたのは佐々木。
その調査をしたから消されそうに・・?

鴨志田も佐々木も速水もやばい匂いがする
と白鳥にいう目黒。




前は忙しすぎて殺人までする医者がいたのに
今回はなんか速水先生にまるめこまれてました。
しかし本当に医者はたいへんそう。
チームバチスタの教訓が全く生かされていない。

奥さんは離婚を思いとどまり
目黒は命とともに大事なものを
とりもどせていいお話になってました。





田口公平  伊藤淳史 
白鳥圭輔  仲村トオル 
和泉 遥  加藤あい 
佐藤伸一  木下隆行(TKO)
栗山弥生  浅見れいな 
滝沢秀樹  松坂桃李 
永山康友  足立理 
浅野和彦  竹内太郎 

藤原真琴   名取裕子 
高階權太   林隆三   病院長

佐々木英二  堀部圭亮 
三船大介   利重剛 
長谷川 崇  戸次重幸 
花房美和   白石美帆 
速水晃一   西島秀俊 救急センター部長








2010.04.27 Tuesday 23:04 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< 絶対零度〜未解決事件特命捜査〜 第3話「連鎖」 | main | 月刊 flowers ( フラワーズ ) 2010年 06月号 >>









チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第4回 感想
『心筋梗塞』
| ぐ〜たらにっき | 2010/04/27 11:11 PM |
チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第4話
救命救急チームの各員を把握しまとめ上げているジェネラル・ルージュこと速水医師(演:西島秀俊)は,そのニックネームの通り,一軍を統べる真に「ジェネラル」であるというお話なんだろうなと思う。
| Kyan's BLOG IV | 2010/04/27 11:12 PM |
チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュ...
『心筋梗塞』内容入院中のフリージャーナリスト・目黒和男(嶋田久作)の容体が急変。妻・光子(広田レオナ)の目の前で倒れた。救命センターに運び込まれ、速水(西島秀俊)らが処...
| レベル999のマニアな講義 | 2010/04/27 11:23 PM |
ドラマ「ジェネラル・ルージュの凱旋」第4...
ジャーナリストの目黒の容体が急変。彼に一体何が-------------!?妻との話の途中で倒れた目黒。「退院したら----------」その言葉の続きは?どうやらこれは心筋梗塞。そして心停止が-------...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/04/27 11:32 PM |
チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第4話「心筋梗塞」
突然の心筋梗塞! 原因は何なのか!?誰のせいでこんな事になったのか!? ついに病院内で犯罪が・・・? フリージャーナリスト・目黒和...
| 空色きゃんでぃ | 2010/04/27 11:36 PM |
チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 episode4:心筋梗塞
封筒の中身は…カネ━━(¥∀¥)━━!!!!! 白鳥が疑ってるように、やはり速水は・・・ てか、白鳥もいつか命を狙われちゃうかもヨ{/face2_grin_s/} 今回、心筋梗塞で倒れた目黒@嶋田久作も政治家のゴシップを追ううちに メディカルアソートの佐々木が怪しい動きをし
| あるがまま・・・ | 2010/04/28 12:57 PM |
チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第4話
事故で胸部を骨折し、東城医大付属病院に入院していたフリージャーナリストの 目黒(嶋田久作)の容体が急変し、心停止に陥った。 速水(西島秀俊)は治療を試みるが、カテーテル室に空きがなく、十分な設備の ない初療室で治療を行うと言い出す。 佐藤(木下隆行)
| ぷち丸くんの日常日記 | 2010/04/28 4:58 PM |
「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」第4話
速水と佐々木はやっぱり癒着?!謎が深まる中、ジャーナリストの目黒の容態が急変。速水たちは彼を救うことができるのか?
| fool's aspirin | 2010/04/28 9:00 PM |