<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

君に届け episode.20「プレゼント」

episode.20「プレゼント」
徹が婚約者・はるかを連れて帰った日の夜、
誕生日プレゼントを持って龍のところに行った千鶴は、
徹が来ることを隠そうとした龍の気遣いに腹を立てた。
これに対し龍は、気など遣っておらず、
こうなってホッとしている、これで
千鶴が徹をあきらめられるから、と告げる。
徹との恋が上手くいくことを心底願っていた千鶴は、
龍の胸の内も知らず、叶わぬ恋だと思われ
バカにされたと思って怒りまくる。そして、
持ってきたプレゼントを龍に投げつけ帰ってしまった。

 翌朝、通学路で顔を合わせた爽子とあやねの表情は暗かった。
千鶴を慰めることも励ますことも出来なかった2人は、
自分たちの無力さを噛みしめる。
何もできなかったと無力さを感じ爽子の目からは
涙がこぼれ落ちる。話を聞いた風早は、
悩んでくれる人がいるだけで、千鶴にとっては
心強いはずだと2人を元気付けた。

 教室で爽子とあやねが会った千鶴は、笑顔を見せるほど
明るかった。だが爽子らは、その日千鶴と龍が
ひと言も話をしていないことが気にかかる。
2人の心配は昼休みになって現実となった。
パンを買って教室に戻る途中の千鶴に話しかける龍。
とうとう2人はケンカを始めたのだ。

 龍に対し、徹への思いが本物だったと告げ、
でも昨夜は気まずく思いつつも勇気を出して
龍にプレゼントを渡すために家まで行ったのに・・・、
と怒る千鶴。持っていたパンを龍に投げつけた千鶴は、
そのまま廊下を駆けていった。龍は、
誕生日プレゼントの礼を言う間もなく、
その場に立ち尽くした。

 走ってきた千鶴を前に、2人のケンカを見ていた
爽子の目から我慢できずまた涙がこぼれ落ちた。
それが引き金になって、じっと泣くのを堪えていた千鶴は、
セキを切ったように大泣き。千鶴は、
昨夜の出来事と想いの全てを、爽子とあやねに打ち明けた。






感想のみ


ちづのために何もできないと落ち込むふたりに
そうやって思ってくれるだけで嬉しいという
風早くんが素敵すぎる。
こんなによく人の心情とかわかってくれるのに
自分の恋のことになるととたんにオロオロしてしまうと
いうあたりもいいです。

龍がまた大人で・・・。
投げつけられたパンの行方を知っているので
私なら迷わず龍にいく!










2010.05.18 Tuesday 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 仮面ライダーW(ダブル) 第35話「Rの彼方に/やがて怪物という名の雨」 | main | 薄桜鬼〜新選組奇譚〜 第7話「桎梏の運命」 >>