<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

素直になれなくて 第9話「君の命」

 第9話「君の命」

 ナカジ(瑛太)は、父・亮介(吉川晃司)が肺ガンだと知り、
ショックを隠しきれない。  亮介は、息子が
最近カメラマンとして歩み始めたことで、
もう一度写真を撮りたいと刺激を受けて、
祥子(風吹ジュン)をモデルに写真を撮る。
ドクター(ジェジュン)は、ハル(上野樹里)に
指輪を贈るためにアルバイトを始めた。
ある日、ドクターの元に韓国の母親から、
父親が倒れたと手紙が届き、韓国へ
戻らなくてはならなくなる。
ドクターはハルにプロポーズをして、
一緒に韓国に来てもらいたいと話す。
一方、落ち込んでいるリンダ(玉山鉄二)を励ますため、
ピーち(関めぐみ)の提案で、5人で海へ行くことに。
ドクターは、みんなに日本で過ごす最後の夏になると話す。



ピーちを抱きしめたナカジ。
そのからだを放します。

「そういう関係には なれない。」

「どうしても?」

「どうしても。」

「まだ桐子さんが好き?

 それともハル?」


「ごめん。」

「わかった。」

とでていくピーち。

一方、ハルを抱きしめていたドクターも
「いそぎすぎましたね」とあやまって
ハルもドクターにあやまってから帰ります。
試験の勉強もあるから、といいわけ。

ナカジは複雑な顔。

ドクターはバイトさがし?

ナカジは父のために病院の資料をわたし
病院にいかなきゃ、出版社の仕事をうけないから
とおどします。

コンビニであうナカジとハル。
きのうの月がきれいだという電話の話をだすと
ナカジは酔ってたからかたっぱしから
電話したと嘘を。
ナカジが電話してくるなんてめずらしいから
なんかあった?と心配するハル。
表面上の会話しかしないふたりですが
そのあと帰り道に、父の病気の話を
ハルにうちあけるナカジ。

ドクターとはうまくいってる?ときかれ
仲良くやってるよ、と答えるハル。
帰っていくハルの姿をずっと見つめているナカジ。

「あれ?俺 何みおくってんだ?」

自分でも自分の気持ちに気づいてないのか。

ドクターは清掃のアルバイト。
疲れて帰ってすぐ寝てしまいましたが
韓国の母からまた手紙がきているようです。

祥子の写真を撮る亮介。
息子とあったことを話し
昔自分が撮っていた雑誌で
息子が撮るときいて嬉しくなったそうで
ナカジの撮った写真をみていたら
自分もまた撮りたくなったそうです。

「好きだったなあ

 亮介くんが ファインダーごしに

 私をみるの」


「一瞬ものがしたくないと思って

 たくさん撮ったな 若いころは。

 時がすぎるのがおしかった。」


といってまた写真を撮り始めました。

ナカジの撮影終了後、リンダが三日も会社を
休んでいると編集長に知らされました。
電話をしてもでないそうで
ナカジがかけてもリンダは出ない。

ピーちをよびだしたリンダ。
「なんか いつもと違う」というピーち。

ナカジの家の前でのこと。

「大丈夫だよ。

 ナカジは 何も思ってないよ」


「ほんとに?」

「うん」

「ピーち みんなには・・」

「言わないよ」

「ありがとう」

「報われないね」

自分もスパッと振られたことをいうと
ピーちは普通だけど自分はひくよね?とリンダ。

「ひかないよ。

 人を好きになる気持ちは

 みんないっしょだと思う」


ドクターの妹はハルに、兄のことを相談。
帰りも遅いし、バイトをしているんじゃないか
と心配。

リンダを待っていたナカジ。
編集長は怒っておらず心配していたし
電話くらいしなよ、というナカジ。

「もう何もかも捨てて

 逃げ出したくなったんだ」


そんなことは自分にもあるけど
連絡くらいしろよ、とナカジ。

ドクターはハルに指環を買ってあげたくて
バイトをしているといい、お礼をいうハル。

ピーちはナカジに電話をかけて
あんなことしなかったらずっと友だちのままで
いられたのに、と、こんなことでダメになったら
もったいないから

この前の なしね」

ということに。

「なしかあ。

 ちょっと うれしかったんで・・」


「それが」「いけない!」

本当に。

リンダにあったけど元気がなかったというナカジは
久々にみんなで集まるのはどうかな?と提案。

ドクターの妹は、母から何度も手紙がきている
と相談。

ハルとドクターはデート。
高価じゃなくてかわいい指輪を買ってもらいました。
今度買うときはちゃんとした指環を買いたい
というドクター。

親とうまくいってなくて日本にきたけど
父親が倒れたので一度戻ることに。
父のやっている稼業を継ぐかもしれないそうで
韓国にいっしょにきてくれないかといいました。

すぐには決められないというハル。
ハルへの気持ちを語るドクターがかわいい。

夏を前にあつまりませんか?
とツイッターで招集をかけ
みんなで海へいくスナナレ会の5人。

みんなで乾杯して楽しそう。
ドクターは韓国に帰るかもしれないので
今日のこれは思い出、記念になると言いました。

夜になったら花火。
写真を撮るナカジ。

花火を買い足しにいき
ナカジと歩くハル。
ハルは韓国に誘われたことを話します。

ハルが韓国へいったら
こうしてハルと歩くこともなくなるね、というナカジ。

リンダはトイレにいくといって
ドクターとピーちからはなれ
ナカジとハルは途中ですわって一休み。

線香花火で先に落ちたほうが負けと
競争しようかといいだし
二人で線香花火を手に持ちました。

花火をするハルを見つめるナカジ。
花火のアップのあと、今までの二人の回想。

ナカジとハルが仲睦まじく花火をするのを
見つめて顔をそらすリンダ・・。

その後・・リンダをたずねたナカジ。
まだ会社にいっていないらしい。
編集長は心配してくれてるらしいのに。

この間海にいったので気分転換になったから
そのうちいくよ、というリンダ。

ナカジ、リンダの部屋でそのまま
寝てしまいました。
ナカジに毛布をかけてあげるリンダ。
ナカジを見つめて、カーテンをしめてから
ナカジに近づくリンダ。

ナカジの背中に手をおいて
そっと顔をよせました。

するとそのとき目をさましたナカジ。

「えっ?」

リンダは外へでていってしまい
おいかけるナカジ。

エレベーターでリンダが降りて
ナカジは階段で。
外にでても見失いました。

ナカジはそのまま仕事へ。
街をふらふらあるくリンダの携帯には
ナカジからの着信がいっぱい。

リンダからナカジに電話。

「もしもし。

 リンダ?さっきから

 何度も電話してたんだよ」


涙を流すリンダ。

「驚いたろ。

 気持ち悪かった?」


「いや いや そんな」

「いいよ 正直にいってくれて」

「リンダ」

「一言さ あやまりたかったんだ」

「何をあやまんだよ。

 俺 今 撮影中なんだ
 
 おわったら あおう 話そう」


「うん わかった 待ってるね」

「じゃ いったんきるからな」

撮影しながらもリンダが気になって
集中できないナカジは
仕事を途中でほうりだし
リンダのもとへ。

電話をしてもでない。
急いで走るナカジ。

リンダは包丁を取り出しました・・。

走るナカジ。

リンダはいつもの店のトイレ。

「あけろ!」

とドアをたたくナカジ。
ドアのすきまから血が・・・!!!

ドアをむりやりあけると
そこには・・首を切って
血を流しているリンダ。

『あのころ 

 僕達は本当の愛をしらなかった。

 そして 本当の愛ってやつが

 時に 

 こんなにも深く人を傷つけることも。』




リンダ・・なんでこんなことに。
ずっとノーマルだったわけじゃないだろうに
ナカジひとりにふられて絶望しなくても。
そこまで好きだったのか・・。
あとには政略結婚がひかえていて
もう逃げ場もないし?


ナカジとハルはカップルにしかみえず
お泊りも拒むような相手について
韓国へいくなんて無理だと
早く気づかなきゃ、ハルは!!
ナカジのことをいまさら好きといったら
ダメだと思ってるのかもしれないけど
そんなんで結婚なんか絶対無理だって。

それにしてもリンダ・・・。
編集長も本気で心配してくれてたみたいで
編集長もすっかり変っちゃいましたね。

そしてやはり中村優一くんの出番は
もうおわったのか。(がっかり)

ときどき、これはどうかと思うところはあるけど
ドクターがかわいくてなごみます。



ナカジ(中島圭介)  瑛太 
ハル(水野月子) 上野樹里 
ドクター(パク・ソンス) ジェジュン 
ピーち(西村 光) 関めぐみ 
リンダ(市原 薫) 玉山鉄二
山本桐子  井川遥 
中島亮介  吉川晃司
水野祥子  風吹ジュン 
水野シュウ 中村優一 

松島健太  阪本奨悟 
高橋正文  竜星涼 
前田由起  逢沢りな  
奥田真理子 渡辺えり 
パク・ミンハ 木南晴夏



2010.06.10 Thursday 23:07 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< 家庭教師ヒットマンリボーン 標的187 「裏切りの記憶」 | main | Betsucomi (ベツコミ) 2010年 07月号 >>









素直になれなくて 第9回 感想
今回もまた見てしまいました。 こうなったら最後まで見続けます。 生きてさえいれば。 ナカジ(演:瑛太)等スナナレ会の面々の一日あたりのツイート数ってどれくらいなんでしょうかね?
| Kyan's BLOG IV | 2010/06/10 11:20 PM |
素直に恋愛できなくて(素直になれなくて#9)
『素直になれなくて』ナカジ@瑛太は、ピーち@関めぐみに「そういう関係にはなれない」と言い、ハル@上野樹里も性欲に走るドクター@ジェジュンの誘いを拒否wな〜んだ、ナカジもハルも忘れられないんじゃん(爆)報われないピーちが、「人を好きになる気持ちはみんな
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2010/06/10 11:21 PM |
素直になれなくて 第9話 またか。。。。
『君の命』内容父・亮介(吉川晃司)に病院行きを勧めるナカジ(瑛太)一方、ドクター(ジェジュン)は、ハル(上野樹里)のためにバイトを始める。そんなとき、奥田(渡辺えり)か...
| レベル999のマニアな講義 | 2010/06/10 11:29 PM |
「素直になれなくて」オンからオフへの友情9ドクターがハルにプロポーズも・・・ナカジはリンダの秘密を知り走るがどうして?の展開に終着点は何処へ?
10日ドラマ「素直になれなくて」第9話を視聴した。 今回はナカジの父亮介が肺がんに冒されている事を知って ショックを受けていた。 そんな中ドクターがハルに指輪をプレゼントするために 夜間も仕事をするようになった。 そんなドクターの元に韓国の父親が倒れ
| オールマイティにコメンテート | 2010/06/10 11:36 PM |
素直になれなくて 第9回 感想
『君の命』
| ぐ〜たらにっき | 2010/06/11 12:15 AM |
素直になれなくて 第9話
ドクター(ジェジュン)はハル(上野樹里)に指輪を贈るため、アルバイトを始める。 ある日、ドクターの元に韓国の母親から、父親が倒れたという手紙が届き、急いで 韓国に戻ることになった。 ドクターはハルにプロポーズし、一緒に韓国へ来てもらいたいと話す。 一
| ぷち丸くんの日常日記 | 2010/06/11 8:42 AM |
なぜか二人で線香花火なう(上野樹里)トイレのドアをぶちやぶりなう(瑛太)子供みたいな親の子供に生れて(大平うみ)
郵便貯金組の親分が「てめえ、どこの組の記者だ」と恫喝した後で「無理を通せねえとあればこの首さしだすしかねえ」と息巻く木曜深夜・・・どんだけ仁義なき戦いなんだ・・・しずかちゃん。 まあ、金は天下のまわりものですからな〜。どこに上納されるにせよ・・・庶民
| キッドのブログinココログ | 2010/06/11 9:30 PM |
≪素直になれなくて≫☆09
ハルは、今まで一番私を大事にしてくれた・・・とドクターを選んだ。でも、これって、違うと思う。素直になれていない ナカジを好きになってもいいかと聞くピーち。 「そういう関係にはなれない。」
| まぁ、お茶でも | 2010/06/12 8:26 AM |