<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

タンブリング 第9話

 第9話
航(山本裕典)たちのクラスに転校生・矢代(佐野和真)が
やってきた。 転校早々に航を殴り「俺がカラ高のアタマだ」
と宣言した矢代。 悠太(瀬戸康史)を始めとした
男子新体操部員たちは矢代に不気味さを感じるが、
小学校のころに矢代と親しかったという金子
(タモト清嵐)だけは彼を男子新体操部に誘う。
関東大会に向けて着々と準備を進める部員たち。
難しい組技を取り入れ、打倒鷲津学院を誓う。
そんな時、部室でボヤ騒ぎが起こる。
タバコの火の不始末が原因とされ一同は
教頭(小林すすむ)から詰問されるが、
航たちには身に覚えがない。




赤羽の送り込んだ刺客は矢代。

練習にせいをだす新体操部員たち。
火野くんもしっかり参加。
航はいまいちのりきれてません。

矢代が航のクラスに転校してきて
さっそく航にガンをつけ
殴った!

「今日から俺がカラ高の頭だ」

「いいんじゃね?それで。

 俺がめざしてんのは

 新体操の頭だからよ」


その矢代、金子くんと小学校の同級生でした。
なつかしがる金子くんに冷たい矢代。

金子くんと矢代は小学校のときは仲が良くて
新体操をやっているのも考ちゃん(矢代)のおかげ。
バック転をおしえてもらった恩人だそうです。

矢代は正義感が強くて
いじめられている人を守るタイプだったのに
中学の時に何かあったのかも、と話す部員たち。

矢代にはあまりかかわらないようにという悠太。

だけど矢代を新体操部に誘う金子くん。
やる気はないのに、悪だくみを思いついたらしく
見学することに。

練習中に、航は補習の勉強。

新技を練習することになり
打ち合わせ中、火災報知機がなりました。
新体操部の部室からボヤがでて
たばこの吸い殻が・・。

教頭から誰がすったか言えといわれると
新体操をはじめてからたばこは
きっぱりやめた、という航たち。
かばんをみせろといわれて
堂々とみせると・・日暮里くんのかばんに
タバコが・・。

日暮里くんはいっしょに練習していたと
悠太がかばいますが、教頭はこの件を
きっぱり追及するとでていきました。

試験対策にカンニング準備・・・。
母に怒られた・・・!

「人間ていうのはね

 やったことはちゃんと

 自分のとこに戻ってくんの」


手を抜かずにがんばれ、とはげましてくれる
母の言葉がいい。

部室にまたひとりでいた矢代。

金子はみんなの上をとぶという
新技の練習中。

勉強中の航のそばにやってきた矢代が

「あいつ なんにもかわってねえ」

とつぶやきます。

金子くんの技はなかなか完成せず
火野くんはやめたほうがいいんじゃないかと
いいますが、これがないと鷲津に勝てない
という悠太。

登下校中も勉強する航。
砂浜でランニング中の鷲津高にあいました。
県大会の演技はよかったけど
関東大会では通用しないといわれ
大きな口をたたく航。

「ぜってーあいつらを

ギャフンといわしてやるよ!」


金子くんがこの技ができなかったら
勝てない・・とますますプレッシャーを感じ
悩む金子。

そこへやってきた矢代にジャンプをおしえてと
頼みますが、しつこいとことわられます。

「なんでそんなふうになっちゃったの?」

むかしの考ちゃんは優しくて明るくて友だちも
いっぱいいて・・というと、
中学のとき、万引きを疑われて先生も友だちも
誰も信じてくれなかったという矢代。

ダチなんか信じられないとすっかり人間不信に
なってぐれたようです。

亮介もはめられたようで強盗容疑をかけられ
関東大会出場もあやうくなりそう。
もちろん新体操部員は信じていますが。

矢代をといつめてもしらばっくれる矢代。
入部をやめるというと金子くんがひきとめます。

しかし矢代はやっぱり赤羽の手先。
航をぼこぼこにせずになぜ新体操部に?
ときかれると

「あいつが一番大切にしてるからだよ。

 そのほうが苦しいだろ」


新体操部の立場が危ういまま。

お風呂で教頭たちに腹を立てる航たち。
でも地道に頑張るしかない。

金子くんはなかなかうまく飛べず
亮介や日暮里たちがイライラ。
水沢くんもでていってしまいました。

また責任を感じる金子くん。
悠太がはげましても沈んだ顔のまま。

柏木先生は、大会出場辞退しなくていいよう
教頭に頭をさげますが、きいてもらえず。

金子くんの話をしていた悠太と航に
きっかけをみつけてあげるといいと
アドバイスをしてくれる祥子先生。

犯人は矢代だというみんなに

「考ちゃんは本当にいい人なんです!」

と訴える金子くん。

「ぼくにとって 考ちゃんは

 昔のままの考ちゃんなんです」


だけど今は金子くんの知っている矢代じゃない
といわれても

「だけど人は変われるんです!」

航も亮平も木山くんも火野くんもみんなかわった
と涙ながらに訴え、考ちゃんも航たちみたいに
かわれる・・というのを外できいていた矢代。

「ぼくは 考ちゃんを信じてます。」

そんな金子くんの気持ちをわかってくれたみんな。

しかし、翌日、矢代に新体操をやらないといわれ
がっくりときている金子くん。

「いっしょに・・やりたかったな・・」

矢代くんのTシャツも用意していたのに。

「あの野郎」

とでていく航。

矢代が新体操をやらないのはよくても
金子の気持ちを踏みにじったのは
許せないと怒ります。

「金子にとっておまえは大事な友だちなんだ」

と悠太。

みんなが疑っても矢代のことをかばった金子。

「アイツは昔のおまえに戻ってほしいんだよ!

 戻れるって信じてんだよ!」


「戻れねえんだよ」

「そんなの逃げてるだけじゃねえか」

何もしないでうじうじしてるだけのやつが
金子のことバカにしてんじゃねえぞ
と怒る航。

「これ以上金子を傷つけたら

 ただじゃおかねえからな!」


赤羽にあった矢代は
明日いっきにかたをつけてやると
危ない目。

そのころ、新体操部に
大会は辞退しろという教頭。

何もやってないといってもきいてもらえず
そこへはいってきた矢代が
手にライターをもって何か燃やす気?

だけど金子君の目をみて
それを投げ捨て
タバコも強盗も全部自分がしくんだと告白しました。

「ただ おまえらが

 気にいらなかっただけだよ」


自分が退学すればいいだけだと教頭にいう矢代。
教頭が矢代をつれていきました。

「考ちゃん!」

とよぶ金子。

みんなのサポートとはげましをうけ
ジャンプをとぶことに・・。
そこへもどってきた矢代くん。

「敦
 
 ビビってんじゃないよ

 もう遊んでやんねえぞ」


子どものときと同じ言葉。

金子くんが跳んだ!!
みんな大喜び。

笑顔で矢代にお礼をいう金子くん。

「ありがとう」

金子くんの笑顔も子どものころのまま。

「敦」

と手をさしだす矢代。
握手。


「ありがとな」


航に、赤羽には気をつけろ
といって教頭といっしょにでていきました。

部員たちはなにもやっていないのに
なぜ辞退に・・?

赤羽のところに乗り込む航。
矢代をつかって日暮里と亮介をはめたのと
たずねる航。

「だったらどうする?」

航の顔がこわい。




赤羽の狙いが復讐で
航の大事なものがばれているだけに
分が悪いな。
ちょっと問題おこしたら
すぐこういうことになるし。

中学時代、誰にも信じて貰えず
ぐれてしまった矢代くんは
金子くんのかわらぬ友情のもと
たちなおったということでいいですか。
信じることと、人はかわれるという
メッセージ。
赤羽くんをもかえてしまえれば
もっと説得力があるんですけど。

みんながんばってて関東大会出場を
つかんだんだから、「不良たちが更生して
こんなに頑張ってます」的な美談に
してしまえばいいのに、学校も。


東 航 … 山本裕典
竹中悠太 … 瀬戸康史
月森亮介 … 三浦翔平
木山龍一郎 … 大東俊介
火野哲也 … 西島隆弘
土屋聡史 … 冨浦智嗣
水沢 拓 … 柳下 大
日暮里圭児 … 賀来賢人
金子 敦 … タモト清嵐
里中茉莉 … 岡本あずさ
浅倉 葵 … 岡本 玲
赤羽礼治 … 伊阪達也
鶴見暁彦 … 中土居宏宜
田代茂雄 … 佐藤二朗

江崎祥子 … 国仲涼子

柏木 豊 … AKIRA
東 奈都子 … 大塚寧々












2010.06.12 Saturday 21:02 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< ハガネの女 第4話  | main | 怪物くん 第9話(最終話) >>









タンブリング 第9話
幼なじみの絆編。
| Kyan's BLOG IV | 2010/06/12 9:09 PM |
タンブリング 第9話 失われた友情
『飛べ!!失われた友情のために』内容他の部活の協力を得て、ダンス練習を始めた新体操部。と同時に、テストで赤点をとってしまい、部活停止となる航(山本裕典)。そんななか、矢...
| レベル999のマニアな講義 | 2010/06/12 10:54 PM |
「タンブリング」第9話
  9中間テストで赤点を取った航は、校則によって追試で合格点を取るまで部活動に参加できなくなる。そんな中、航のクラスに矢代という生徒が転入してくる。矢代はいきなり航を殴...
| 日々“是”精進! | 2010/06/13 5:31 AM |
≪タンブリング≫☆第九話
赤羽が放った航への刺客は、矢代孝一だった。 カラ高へ転校早々遅刻してきて、カラ高のアタマは俺だと言って、航をぶんなぐった。 そんな孝一を見て、金子は小学校の同級生だったと、懐かしそうに声をかけた。 航は、数学で赤点を取ったため、部活停止処分を受けた。
| まぁ、お茶でも | 2010/06/13 10:24 AM |
タンブリング 第9話:飛べ!!失われた友情のために
辞退って…(ノ; ̄◇ ̄)ノ うそぉぉぉー 今回の部室での喫煙によるボヤも、月森の仕業と見せかけたオヤジ狩りも 転校生・矢代@佐野和真がやったと自白したのに何故{/eq_1/} やっぱ赤毛や金髪の元ヤンがいるってーのが印象悪いのかなぁ{/ase/} それともラストで赤羽一派
| あるがまま・・・ | 2010/06/13 2:52 PM |
「タンブリング」第9話
赤羽からの刺客が来襲?!次から次へとトラブルに巻き込まれる男子新体操部は、お互いへの信頼も失いそうになるが、金子の友情を信じる気持ちは揺るぎなくて…。&nbsp;
| fool's aspirin | 2010/06/14 7:11 PM |