<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ジャイアント・キリング 第12話

第12話

前回までの話がだんだん長くなるような。

0−0のまま、どうもせめきれない
と感じはじめたゼウベルト。

そこへカルロスが話しかけてきました。

「あのさー、ボクねー、

 このゲーム・・

 実はあんまり楽しめていないんだ」


おなかが痛いとかじゃなくて
カルロスがゼウベルトにパスしようとすると
ことごとく邪魔がはいるというカルロス。

「ボクがボールを持つとね

 ゼウベルトへのパスコースに

 絶対10番がいるんだ。」


10番=王子!!

「実は ボクさー、

 今日、一本のパスも

 ゼウベルトに通せていないんだよ。」


それをきいて驚くゼウベルト。
試合中にもかかわらずとまったままで話す二人。
このチームの攻撃がいい形でできているのは
カルロスからゼウベルトにパスが通った時。
そこからリズムが生まれる。

今日はゼウベルトのリズムもよくない。

だから、カルロスはもう少し
ゼウベルトのそばでプレイすると
走って行きました。

ブラジル人3人組はやはり怖い存在だけど
中でも一番怖いのは攻守のかなめ、カルロスだ
という達海。

試合観戦中の藤澤さん。
達海の手抜きのコメントをみてあきれますが、
プレスカンファレンスの時のことを
思い出しました。

期待してくれていいといっていた達海。

『いいかげん 
 
 あの言葉がただのはったりじゃないって

 証明してみなさいよ』


そのあとカルロスが今までより高い位置で
プレイしていることに気づく藤澤さんと
同じく後藤さんも。

王子はあいかわらず楽しそう。

カルロスからペペへ。

ここで試合前の作戦会議の場面に。

後半のどこかでかならずカルロスは
あがってくる、と達海のいっていた通り。

「いいか。抑えるべきポイントは

 ただひとつ、
 
 頼みの綱 ペペのへパスコースだ」


それを止めた清川!
清川は王子へパス。

『カウンター いけるか?ETU』

とカメラをかまえる久堂さんは
ベンチの前の立つ達海に目を。

王子から赤崎へ。
赤崎がシュートしますがキーパーにとめられ
世良も邪魔され、
そこへ全力で駆けてきた

椿がシュート!!

みんなびっくりしますが椿が一番びっくり。
サポーターも大騒ぎ!!

「オレ・・本当に・・」

みんなに押しつぶされながら
苦しそうな椿。
吠える黒田。

ようやく立ち上がろうとした椿に
手をかしてくれる村越。

何も言わずに肩にポンと手を・・!

セリフがなくても
心情がつたわってくる
なんといい場面なことか!!

王子からも犬におほめの言葉がありました。

さらにベンチにいる達海から合図をおくられ
あの晩の監督の言葉を思い出す椿。

『お前の中のジャアント・キリングをおこせ』

おもいきり首をふってうなづく椿。

『やったんだ 俺。

 やったんだ。』


満足そうな顔をして走る椿。
椿コールがずっと続きます。

藤澤さんも椿のゴールをみて考えます。

『まさか 椿がきめるとは。

 前半から守備一辺倒の試合運び

 カルロスのあがり
 
 そして そなえてたかのような

 このタイミングでのカウンター。
 
 全て合点がいく。

 何かたくらんでるとは思ってたけど。

 少しだけ 見直してやるわよ

 達海 猛。

 でも 勝負はここから。

 名古屋の反撃をしのげない限り

 ETUに 勝ち目はない。』


ベンチでは喜ぶまっちゃん。
達海のいっていたとおり。
カルロスがいい選手過ぎて
他の選手が頼り過ぎのところがあり
カルロスがいないときに
カウンターをくらうとまずいそうで
隙があったらつくしかないという達海。

『過去の映像から そこまでみぬくとは

 現役時代は あんなに感覚的に

 プレイしてたっていうのに

 本当に監督になったんだなあ

 達海』


とまっちゃんはしみじみ。
ポンポン、と肩をたたかれても
顔気持ち悪いとか思われてますが、、、

板垣はなぜ自分にパスをださない?と
カルロスに文句をいいますが
日本語がわからないので
あまり通じてない。

『フリーでパスがこねえって

 フォワードじゃねえ!

 くそ!くそ!くそ!

 もう左だと か右だとか 関係ねえ!

 ゴール狙ってやる!!』


でもその怒った姿を見て

「いい傾向じゃないか。

 フォワードってのはそうじゃないとね。」


とカルロスにいうゼウベルト。





椿がついにゴールをきめました!!
12話目だというのに
そういえばまだ一勝もしていないんですよね。
このまま初勝利、といくか
板垣が意地をみせるか。

ブラジル人も敵チームじゃなかったら
応援したいくらい楽しいメンバーです。











GIANT KILLING 03 [DVD]

GIANT KILLING 04 [DVD]

GIANT KILLING 05 [DVD]

GIANT KILLING 06 [DVD]

GIANT KILLING 07 [DVD]

GIANT KILLING 08 [DVD]
2010.06.21 Monday 20:17 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< 美少女戦士セーラームーンS DVD - COLLECTION VOL.1 | main | 君に届け episode.25 >>









GIANT KILLING #12
ETUの守備を前に、名古屋は攻めあぐねていた。
| 本隆侍照久の館 | 2010/06/21 8:34 PM |
GIANT KILLING #12
グランパレスとの戦いで、苦しい展開が続くETU。しかし、そこにはちゃんと達海監督の作戦がありました!後半に入っても、ETUはグランパレスに攻め込まれる展開が続いています。しかし...
| 日々の記録 | 2010/06/21 9:24 PM |
GIANT KILLING(アニメ)#12 感想
 ジャイアントキリング12話目。名古屋戦後半突入。前回覚醒しかけた椿。それが試合にどう影響してくるのかどうか気になるところ。名古屋のブラジルトリオも本気を出してきて…。ETUはその猛攻を止めることができるんでしょうか。達海の作戦も明かされてきてますます
| コツコツ一直線 | 2010/06/22 2:31 AM |
GIANT KILLING #12
カルロスが達海の策に気付いた! 気付かれる前に点を取っておきたかった? いや、その上がったスペースを突くのが真の狙い!! 椿キターー!! 今日のゲーム、守りでは魅せてましたが、ついに攻撃でも! 椿、覚醒す!! しかし、藤澤
| nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! | 2010/06/22 7:39 AM |
GIANT KILLING #12 感想
GIANT KILLING #12 感想・レビュー。 ゼウベルトは攻めきれないことに苛立ちます。 ゼウベルトにパスが通らないことに気づくカルロス。 カルロスはゼウベルトにパスが通らないからゲームが楽しくない、とゼウベルトに話します。 怖ーい顔で試合を見ている藤澤記者
| アニメ情報局 新作・人気アニメを徹底分析! | 2010/06/22 1:59 PM |
アニメ「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」 第12話
GIANT KILLING(5) (モーニングKC)(2008/04/23)ツジトモ商品詳細を見る 隙があったらつくしかないでしょ。 「GIANT KILLING」第12話の(あらすじ省略)感...
| 渡り鳥ロディ | 2010/06/22 9:03 PM |