<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

月の恋人 Moon Lovers 第8話(最終話)

第8話(最終話)
「さよなら葉月蓮介!3人の女性へ贈るラストメッセージ!
究極のラブストーリーが迎える衝撃の結末!涙、涙のエンディングへ…」
 葉月蓮介(木村拓哉)から社長の座を奪った
蔡風見(松田翔太)は『レゴリス』の新戦略を打ち出す。
『レゴリス』には、風見に請われ、雉畑藤吾
(渡辺いっけい)や嶺岡康之(川平慈英)も戻っていた。
 二宮真絵美(篠原涼子)は『レゴリス』を離れて
自分の事務所に戻り、家具個展の準備。
前原継男(濱田岳)と安斎リナ(満島ひかり)は、
蓮介の行方を気にするが、真絵美は
心配いらないと落ち着いていた。
 その頃、リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)は
『新生レゴリス』の新CMを撮影中。
付き人としてミン(阿部力)の姿もある。
風見が帰国しようとするシュウメイを引きとめ、
ミンも救っていたのだ。シュウメイには
中国から映画出演のオファーも舞い込むが
表情は冴えない。蓮介への想いを捨て切れずにいたのだ。
 蓮介が真絵美の事務所に顔を出す。
事務所の一隅と、工具を借りたいと真絵美に
願い出た蓮介は一心不乱に家具作りを始めた。
真絵美は、蓮介の様子を大貫柚月(北川景子)に伝える。
蓮介との恋の進展を疑う柚月だが、真絵美は否定。
煮え切らない真絵美に、柚月はあきれてしまう。
 そんな真絵美を風見は、まだ追っていた。
デザイナー契約を断り続ける真絵美に、
風見はシュウメイがまだ日本にいるという
事実を突きつける。ショックを受けた真絵美が
事務所に戻ると、蓮介が継男たちと食事をしていた。
その時、テレビにシュウメイの新CMが流れ、蓮介は…。




蓮介は姿を消したまま。

レゴリスはマストポールと提携し
順調。雉畑さんの姿もある。

真絵美はレゴリスから離れて独立。

蓮介は真絵美のところへ戻ってきました。
青森で木をみてきたそうで
もともと木が好きだから家具が好きに
なったらしい。

そのまま真絵美のところに住んで
家具をつくりはじめました。

柚月は真絵美と蓮介のことをきいて
あとおしする発言。

真絵美が部屋へ帰ると
上半身裸の蓮介が待っていたり・・。

シュウメイは順調に仕事中。
ミンもそばにいました。
中国での仕事の依頼もあるようで
これを機に中国に仕事の拠点を
うつすんだとすすめる風見。

シュウメイのノートには

「れん どうしてるの

 れん あいたい」


という文字。

真絵美はいつものマスターのお店で食事。
そこへたずねてきた風見。
シュウメイがまだ日本にいるときいて動揺。
もし蓮介がそのことを知ったら・・・。

その蓮介もいっしょにシュウメイの
テレビCMをみてしまいました。

シュウメイは風見がひきとめたらしいと
蓮介に話し、個展をするから
作業場をあけてほしいようなことを真絵美がいうと
でていくという蓮介。

真絵美に甘えてたし無意識のうちの傷つけてた
とあやまる蓮介。

「わかってる から

 それ以上言わないで。」


蓮介がホテルにチェックインすると
柚月の友だちのエルカから電話。
柚月が酔いつぶれて寝ちゃったといい
その理由が葉月さんにふられてから
ツキにみはなされて仕事も減って・・
といかにも責任を取れといわんばかり。

蓮介はオープンカーで柚月を迎えにいって
そのまま柚月の家の別荘、作業場つき
をかりました。

真絵美は取引先から打ち切りを持ちだされ
その業者は今度はレゴリスに相手にされず。
真絵美がやめてクライアントがそちらに
流れたので部下の小泉が手をまわしたそうですが

「レゴリスは変わるんだ

 僕の会社でそんな汚い真似は

 絶対に許さない」


と風見。

真絵美の個展にやってきた風見を
にらみつける真絵美。

蓮介は柚月といっしょに大貫家の別荘にいると
おしえました。
みんな自分の欲しいものを手にするため必死だと
いう風見に、取引先のことをいう真絵美。

でも風見は社長とかそういう立場抜きで
真絵美がすきんだと告白。

「ぼくには あなたが必要なんです。」

柚月たちの別荘に

「葉月 柚月 工房」

という看板を嬉しそうに飾る柚月。

そこへたずねてきた役場の人が
役場のホールのデザインを頼みにきました。
役場のホームページに匿名で
この街に葉月がいるとの連絡が
あったそうです。

蓮介は真絵美の個展へ。
ホールの内装の仕事をたのまれたと
話すと、やってみなよとすすめられました。

「また 人とつながることになるし。

 今の俺にはまだ

 早いと思って。」


風見をたずね、契約をうけるという真絵美。
だけど蓮介と勝負するという条件をだしました。

「あいつを 

 土俵にあげてやってほしいの。」


ずっと同志としてやってきたから
蓮介が一線から落ちたままなのは
ほっておけないという真絵美。

蓮介がその仕事を受けると
もう一社名乗りをあげてきた会社があるので
競争入札になる、とレゴリスの名を
つたえました。

椅子一脚と内装の提出でコンペ。

蓮介はそれをうけて、真絵美に力を
貸してくれないかと頼みます。

「ひとりじゃ 太刀打ちできない。」

「了解。」

そして真絵美も蓮介のいる別荘へ。

町営ホールで、蓮介と
レゴリスの社員たちが再会。

雉畑は今、レゴリスが
前社長と対決するのは避けたほうが
いいといいますが、本音は
蓮介を甘く見ないほうがいいということ。
でも風見はそのまま続行。

真絵美もいっしょに家具作り。
スタッフたちもようやく
蓮介に名前をおぼえてもらえることに。

真絵美がレゴリスに戻ったきかされ
驚く蓮介。

風見はあがってきたデザインを
どれも気に入らず。
蓮介のことをやはりかなり気にしていました。

町の人たちの様子を観察する蓮介。
お年寄りから子どもまで。

シュウメイはミンとふたり
故郷の歌を歌っていました。

そこへたずねてきたのは風見。

上海行きのチケットを渡されました。
お礼をいうシュウメイ。
そこに蓮介の居場所がメモしてあえいました。

「あいにいってくればいい。

 お前も欲しいものを

 自分の手でとりにいってくればいい。」


柚月に電話をかけてきて
パパのことを許してほしいといい
うっかり蓮介のことももらしてしまい
あわてて女子しかいないとごまかすけど
ばれそう。
今いっしょにいるといったエルカが
そのときテレビに・・。
父親なんてこんなもんw

別荘のみんなはなごやかに食事。

柚月は小六のときにはじめて蓮介にあったそうで
その頃蓮介はが22歳か23歳。
出資をお願いするのに
柚月にプレゼントといって
学習机をもってきて
それを気にいったパパが出資したそうです。

翌日、真絵美とともに木の枝を拾いにいく蓮介。
アメンボのいそうなきれいな川。

上海であのクイズの答えを思い出せなかったのは
大事なものをどこかにおきわすれてきたから
だからあのとき金にしかみえなかった。
会社を始めたころのシンプルな気持ちを
忘れてたんだろうなという蓮介。
人の名前を覚えるとかいう基本的なこと。

「おまえのおかげで気づいた。

 ありがとう。」


そこを雨に降られ、あわてて雨宿り。
ずぶぬれになったのでぬれた服を
ぬぐのにちょっと躊躇しているところへ

シュウメイ登場!!

真絵美は去り、シュウメイと
ふたりで作業場に。

中国に帰って女優の仕事をするという
シュウメイに

「よかったじゃないか」

という蓮介。

「よかった・・よかった。」

窓ガラスにゆびで「れん」と書くシュウメイ。

「あってる?

 『わんすけ』じゃないよね。」


さらにつづけて

「あいしてる」

上の窓のスペースにも

「あい・・」

だけどすぐ消えてしまうといい
蓮介を後ろから抱きしめるシュウメイ。

リナや柚月たちが食事から戻り
シュウメイが車に乗り込み
去っていくところを目撃。
ミンが蓮介にメモを渡します。

そこにはシュウメイの乗る
飛行機の便と日時が・・。

心穏やかなじゃない柚月。
怖い顔をして車から降りました。

蓮介のところへいってもおこったまま。

「あの人の匂いがするね。

 窓あけよう 窓」


「柚 あけないでくれ。

 今はこのままにしてくれ。」


という蓮介。

「葉月さん 私 後悔してないよ

 あなたを 好きだったこと
 
 あなたを おいかけてきたこと

 だから 葉月さんも後悔しないで

 あなたが 誰を選んでも

 私だけは ずうっと

 あなたの味方でいてあげる

 妹になってあげるよ」


蓮介に手を伸ばして
子どもみたいな恰好でだっこしてもらう柚月。

真絵美は車の中にそのまま。

その晩ひとりでベッドで泣き続ける柚月。

故郷の歌を歌うシュウメイ。

考え込む風見。

真絵美はようやく蓮介のところへ。

「怖いんだよなあ。

 こんなに怖いの初めてだよ。

 今までだって全力で

 やってきたつもりだけど。」


「大丈夫だよ。

 私だって 怖いもん。」


途中までできていたデザインにバツをつけました。
そして空に月がでてると真絵美におしえます。

二人で眺める月。

そしてコンペの日。
レゴリスと蓮介の対決。

レゴリスは高級なおしゃれ家具。
蓮介は地味な木の椅子。

ホールの象徴になるような目を引く椅子
という発注だったけど
この椅子はこのホールにふさわしい椅子。
この町で暮らす人がちょっと腰かけて
休憩するため。

「椅子というものは 

 人目をひくものじゃなく

 すわるためのものじゃないでしょうか。」


一脚だけじゃなく何脚もちりばめておき
椅子をつなげてどんどんつながる椅子。
人と人がつながるように。

使ってもらうイメージを明確にしたかったので
ある人のイメージを思い浮かべながら作った
家具はつかってくれる人を思い浮かべて
作るものじゃないかとおもって
このいすを作ったという言葉に
拍手がおきました。

でも勝ったのはレゴリス?
あんなに拍手しておいて。

風見のことは恨んでないという蓮介。
風見は勝った気がしないといいますが

「おまえは

 どう思ってるかしらないけど

 ひとりじゃないからな」


と蓮介。

「はい。ひとりじゃありません。」

と雉畑。
雉畑によろしくと頼み蓮介は去りました。

ホールにあった蓮介の椅子に座ろうとした
柚月に「それお前のじゃねえよ」
とって、別の椅子をみせてくれました。

「ばあちゃんになるまでつかえよ」

「ちょっと。

 こんなかさばるもん

 もってけないよ」


「もってけよ。

 妹だったら兄ちゃんのいうこと

 きけ」


柚月の顔がゆがみます。
椅子をかかえてでてきた柚月の前に
パパの車が。

やっぱり葉月はいい男だったと
椅子をみせると
それをあちこちさわってみて

「木がみえる 椅子だな」

というパパ。
この人ももともとは家具が好きなのか。

「パパ ごめんね。

 私 負けないよ。

 いい女になる。」


最高のモデルになるという娘に
嬉しそうなパパ。

そしてシュウメイからの電話にでる真絵美。
今から上海に帰るというシュウメイは
お世話になったお礼をいいました。

「真絵美さんは 私の一番の友だちだよ」

「私もだよ。

 私はあなたの味方だよ。」


とまた中国語で言ってくれました。

真絵美にレゴリスに戻るのかと
たずねる蓮介ですが
蓮介に負けたから断られたと
いう真絵美。

蓮介に、ふりむかないでそのままできいて
といったあと

「好きだよ。蓮介。

 好き だったんだ ずっと。」


と告白。

気づかれなくてもこのかんじが
心地よかったというか
前を走る蓮介の背中をみているのがすごく好きだった

「だからこれからも

 走り続けてね

 これだけ 

 これだけ どうしても言いたかったんだ」


そして早く行きなよ、と送り出す真絵美。
真絵美もそのあと一人で涙・・。

空港のシュウメイ。
登場口へ向かう前に蓮介とあいました。

「シュウメイ。

 さよならを言いに来た。

 すまなかった。」


とのすまなかったとシュウメイの

「ありがとう」 が同時。

「蓮がいたから 今の私がいる。

 中国には 13億の人がいるんだよ。

 蓮はその中から

 私をみつけてくれた。

 私 ずーっと光っていたい。

 遠くからでも 蓮に わかるように。

 じゃ 行くね。

 私 帰還します。」


と敬礼。

「だから 貴様 帰れ。」

と涙。

リナと継男はコインで
愛をつくってました。

真絵美は荷物を片づけて
金槌で何か製作。
すると横から金槌の音が。

蓮介がドアの立てつけを
なおしていました。

「なあお前さ
 
 ずっと俺の背中 

 みてきたっていってたじゃん。」


「うん」

「これからはさ こうやって

 ならんでいけねえかな。

 そうすれば 

 こうやってほら

 お互いの顔もちゃんとみれるし。

 だから・・

 一緒にいてくんねえかな」


「やだよ!」

「なんで?」

「なんでって なんでもだよ」

素直じゃない真絵美にキスする蓮介。

結局友だちのように仲のいい二人。

柚月はトップモデルの道へ。

レゴリスは順調にお仕事。
雉畑さんもいっしょ。

中国で映画撮影中のシュウメイ。
靴を脱ぎ捨て、雨に水を浸すのも美しい。

真絵美と蓮介は車でドライブ。
真絵美はウェディングドレス姿!!!

寝ていた真絵美は二人でいた
幸せな夢をみたようです。

「肉」

それが最後のセリフとは。



シュウメイ本命かと思ってたからびっくりした。
真絵美はむくわれてよかったけど
なんでシュウメイじゃないんだろ。
窓ガラスにあいしてるってかかれて
後ろから抱きつかれたら
シュウメイでいいんじゃないかと思うのに。
衝撃ってこれのことですか?サブタイ。
涙って女たちの涙か。

結局近くにいた大事なものに
気づくという展開だったか・・。

会社の話もあれでおわりだし
風見についてはもっと背景を
みたかった気がします。
真絵美にどうしてそこまで本気だったのかとか。

柚月はほんとにかわいくていい子でした。
毎回いってるけど柚月にいい人みつかりますように。

リン・チーリンは最後まで美しくて
毎回その姿が楽しみでした。



葉月蓮介    木村拓哉
二宮真絵美   篠原涼子
リュウ・シュウメイ  リン・チーリン
蔡風見     松田翔太
大貫柚月    北川景子





2010.07.05 Monday 23:20 | comments(4) | trackbacks(19) | 
<< 日経エンタテインメント ! 2010年 08月号 | main | ぬらりひょんの孫 第1話「魑魅魍魎の主となれ」 >>
くう (2010/07/06 9:33 AM)
おはようございます〜^^

>もともと木が好きだから家具が好きに
なったらしい。

こういう設定とか、柚月の学習机のエピとか最終回で
いきなりじゃなくて今までに描いていて欲しかったなぁ。。。
とか思いながら見てましたわ〜。
そういうのがあれば、もっと感情移入できたと思うのに。

私もシュウメイで良いじゃん、と思いました。
シュウメイを見送って、即真絵美とくっつくと言うのも
選んだと言うよりも余りを拾ったみたいで。。。

まぁ、言い出したらキリがない感じ〜^^;

リン・チーリンは最後まで綺麗でした♪
女性陣は魅力的でしたね。
それだけで良いか^^
honey (2010/07/06 2:55 PM)
くうさん、こんにちは〜。

レゴリスにいた頃は生産性重視で
家具そのものに愛は感じられませんでしたよね。

最初からシュウメイだと思ってたし
先週も真絵美はなしだと思ってたので
びっくりしました。
まず工房まで訪ねてきた時点でなぜくっつかない?
そのあと空港でなぜ別れる??って
思いましたね・・・。

みなさん、お綺麗で目の保養でした。
haru (2010/07/07 12:32 PM)
こんにちは。
二時間の割には、登場が少なかったですが、お目当てのリン・チーリンの綺麗なお姿は拝めたし、ドラマも面白かった。また、日本のドラマでチーリン様の美しい姿が見たいです。
ドラマ終わりましたが、また遊びに来ます。
honey (2010/07/07 8:45 PM)
haruさん、こんばんは。

リン・チーリン美しかったですね。
ドラマの中の女性陣、みな美しかったですが
特に輝いてました。
またぜひいろんなものにでてもらいたいですね。









月の恋人 第8話
2時間スペシャルだった最終回。 レゴリスから離れて一人になった葉月蓮介氏(演:木村拓哉)は自分を取り戻して人を思いやれる人と人との関係を大事にできる真人間になって長年の盟友である二宮氏(演:篠原涼子)...
| Kyan's BLOG IV | 2010/07/05 11:25 PM |
月の恋人〜Moon Lovers〜 最終回 感想
『さよなら葉月蓮介!3人の女性へ贈るラストメッセージ!   究極のラブストーリーが迎える衝撃の結末!涙、涙のエンディングへ…』
| ぐ〜たらにっき | 2010/07/05 11:42 PM |
月の恋人〜Moon Lovers〜 第8話(最終回)「さよなら葉月蓮介!3人の女性へ贈るラストメッセージ! 究極のラブストーリーが迎える衝撃の結末! 涙、涙のエンディングへ…」
キムタク社長、結局誰が好きなの!? 社長を解任された葉月蓮介(木村拓哉)は、原点に戻って自分の家具づくり! そしてレゴリス新社長と...
| 空色きゃんでぃ | 2010/07/05 11:48 PM |
フジテレビ「月の恋人 〜Moon Lovers」第8話(最終回スペシャル):さよなら葉月蓮介! 3人の女性に贈るラストメッセージ! 究極のラブストーリーが迎える衝撃の結末! 涙、涙のエンディングへ…
最終回、ドラマのクライマックスに相応しい、レゴリスと蓮介との一騎討ちというシチュエーションなのに、肝心のレゴリスのプレゼンが、あまりに“ヘタレ”で(笑)。
| 伊達でございます! | 2010/07/05 11:49 PM |
月の恋人〜Moon Lovers〜 最終話:
さよなら葉月蓮介!3人の女性へ贈るラストメッセージ! 究極のラブストーリーが迎える衝撃の結末!涙、涙のエンディングへ… そう来たかっ!?( ̄[] ̄;)おお〜っ!! まずは柚月が妹宣言で、恋人レースから脱落{/face_gaan/} お次は真絵美が、ずっと好きだったけど友達
| あるがまま・・・ | 2010/07/05 11:51 PM |
時の扉を抜けめぐり逢えたひと 二つの水晶に映った空の月(月の恋人〜Moon Lovers〜#8最終回)
『月の恋人〜Moon Lovers〜』 葉月蓮介ブログワールドカップ敗退ということで、嶺岡康之@川平慈英が戻ってきたんですw最終回にしてやっと見せ場がやってきたエルカ@西山茉希。梅雨が“うめあめ”、寒気が“さむけ”・・・お天気お姉さんも女優
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2010/07/06 1:31 AM |
「月の恋人〜MoonLovers〜」最終話
  最終話蓮介から社長の座を奪った風見は『レゴリス』の新戦略を打ち出す。『レゴリス』には、風見に請われ、雉畑や嶺岡も戻っていた。二宮は『レゴリス』を離れて自分の事務所に...
| 日々“是”精進! | 2010/07/06 5:54 AM |
「月の恋人〜Moon Lovers〜」30代大人の恋の末に・・・失って気づいた本当にやりたい事そして本当に愛していた身近な彼女と結ばれたのだった
5日ドラマ「月の恋人〜Moon Lovers〜」最終話を視聴した。 今回は蓮介が去ったレゴリスは新体制の中で新戦略を打ち出していた。 蓮介の意向などで雉畑藤吾や嶺岡康之も戻っていた。 そんな中蓮介は自らやりたい事を見つけ出していた。 蓮介は夢中に椅子を作り出し
| オールマイティにコメンテート | 2010/07/06 6:22 AM |
【月の恋人〜MoonLovers〜】最終回 感想と言う...
・あまり出来がよろしくないと思われるドラマの愚痴を毎週毎週書き綴る。・こりゃ見てられないと思ったら、きっぱり書くのを止める。どちらもドラマブロガーとして正しい姿勢だと思...
| 見取り八段・実0段 | 2010/07/06 9:15 AM |
月の恋人 〜Moon Lovers〜
最終回の感想 
| Akira's VOICE | 2010/07/06 10:43 AM |
月9『月の恋人』最終回★究極のラブストーリーでしたか?
月9『月の恋人 Moon Lovers』最終回  前回に続いて言い訳がましい前置き。  小生は、好意的視聴者ではなく、ただの野次馬。  どれほど面白くないドラマのか、話題に乗り遅れたくないので『月の恋人』をチェックするという悪趣味な野次馬なのであります。  
| 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) | 2010/07/06 12:03 PM |
月の恋人 Moon Lovers 最終話(第8話)
月の恋人 Moon Lovers 最終話(第8話) 「さよなら葉月蓮介! 3人の女性へ贈るラストメッセージ!  究極のラブストーリーが迎える衝撃の結末!  涙...
| 飯綱遣いの部屋 | 2010/07/06 1:43 PM |
月の恋人
 ども。文章が長くなるときは、とってもいいドラマだったか、ツッコミどころ満載のため息だらけのドラマだったかのどちらかのすももです。・・・もちろん、後者です。  さて、ここまで来たら最後まで見てやろうと思って見ていたのですが・・・これほどまでにひどいと
| FULL OF LOVE | 2010/07/06 1:56 PM |
月の恋人〜Moon Lovers〜 第8...
『さよなら葉月蓮介!3人の女性へ贈るラストメッセージ! 究極のラブストーリーが迎える衝撃の結末!涙、涙のエンディングへ…内容風見(松田翔太)が社長となった“レゴリス”雉...
| レベル999のマニアな講義 | 2010/07/06 5:38 PM |
月の恋人〜Moon Lovers〜 最終回
蓮介(木村拓哉)が真絵美(篠原涼子)の事務所に顔を出した。 事務所の片隅と工具を借りたいと願い出た蓮介は、一心不乱に家具作りを始める。 そんな蓮介の様子を、真絵美は柚月(北川景子)に伝えた。 蓮介との恋の進展を疑う柚月だが、真絵美はそれを否定する。
| ぷち丸くんの日常日記 | 2010/07/06 6:54 PM |
リン・チーリン目当てでみる「月の恋人」最終回SP
これが最後か 2時間という分母を思えば、最終回でのリン・チーリン(シュウメイ)の登場シーンは少なかった。内容的には、撮影シーン、CM、上海でなく千葉ローズマリー公園での映画撮影などの姿は楽しめた。アルファードから登場するシーンはあまりの美しさに息を呑
| V36スカイラインクーペが欲しい! | 2010/07/06 9:19 PM |
月の恋人 最終回 (木村拓哉さん)
SMAPの木村拓哉さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されていた連続ドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』に葉月蓮介 役で出演しました。一昨日は最終回(第8話)が放送されました。●あらすじと感想
| yanajun | 2010/07/07 12:35 AM |
昼下がりの月の恋人は蜜月旅行へ・・・童貞と処女の初夜へ飛ぶ思い(木村拓哉)
清教徒かっ。 このドラマがお茶の間向きではなかった最大の理由はいい年した男女が・・・。 いけないことをしない・・・という凄まじい禁欲ぶりにあったことは言うまでもない。 もちろん、ドラマなので伏せられた部分でいろいろやっているという妄想が可能だが・・・こ
| キッドのブログinココログ | 2010/07/07 3:58 AM |
月の恋人の感想
 月の恋人を見ました。レゴリスを追われた蓮介は、再び、家具に情熱を向け始めますね。  ところで、蓮介をめぐり、二宮(篠原涼子)、シュ...
| 本とTVとDVDの感想日記 | 2010/07/07 9:34 PM |