<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダーW(ダブル)第44話「Oの連鎖/シュラウドの告白」

第44話「Oの連鎖/シュラウドの告白」

オールド・ドーパントと戦うダブル。
翔太郎が老人なのでやられまくり。

「翔太郎!」

「眠い・・おやすみ。」

おきあがろうとするのにまた寝てしまうダブル。

「やっぱり 今の翔太郎の状態では

 戦えない。」

「ハッハッハッハ・・。

 おりゃ!」

とダブルをいたぶるドーパント。

「やだ!一方的にやられちゃってるじゃない!」

「占いしてて 気づいたよ。

 人は 自分の幸せと同じくらい

 他人の不幸を願ってるってな!」


「お前だけは・・・絶対に許さない!」

エクストリームメモリがとんできて攻撃。

「何だ?この鳥は!」

「大丈夫?」とかけよる亜樹子。

「俺は これからも商売を続けるぜ。

 人の恨みを 晴らし続けてやる!

 エッヘッヘッヘ・・」

と地面に沈んできえていきました。

「恨み・・・。」

とつぶやくみゆママ。

フィリップは変身解除。
立ち去るシュラウド。
 
「今度ばかりは

 あなたたちから頼むことになるわ。

 究極のダブルになりたいと。」

ビリヤード場の冴子様と照井竜。

「あの女が井坂先生を怪物にし

 あなたの家族を亡き者にした。

 残念だったわね。

 井坂先生を倒して

 復讐を終えたつもりだったんでししょうに

 大間違い。

 復讐は 終わらない。」

冴子様のうった球をつかむ竜。

「シュラウド。

 奴が俺の家族を・・!」


OP


加頭とお父様。

「加頭君 これが 今月分の報告書だ。」

「たしかに。

 遅れを取り戻しましたね。

 では・・これを。」

加頭は小切手を渡します。

「我がミュージアムがこんにち

 これだけの計画を進められるのは

 長年に渡る 財団Xの支援のおかげだ。」

「私も 大変嬉しく思っています。」

そこへはいってきた若菜姫。

「本当かしら?

 相変わらず あなたの言葉に感情はない。」

「手厳しいですね。

 ところで 照井竜という刑事が

 シュラウドの事を探り出しましたよ。」

「えっ!?」

「刑事を張っていれば 

 シュラウドに会えるのでは?」

加頭はかえっていきました。

探偵事務所でお茶をすする翔太郎。

「ポカポカとした昼下がり。

 天気はいいし 風は穏やか。

 まさに天下泰平。ハードボイルドじゃ・・。」


スリッパでたたこうとした亜樹子も
それをやめ、自分の頭をコツンと。

「どこがハードボイルドよ?

 どこが天下泰平よ?

 フィリップ君!

 翔太郎君があれじゃあ

 勝てるわけないよ〜!

 あのドーパント強いし

 竜君もどっか行っちゃったきりだし・・。」

「照井竜・・。究極の ダブル・・。」

 とつぶやくフィリップ。

シュラウドにあいにきた竜。

「シュラウド!!」

森の中から炎をともしながらシュラウドがあらわれました。

「私なら ここにいるわよ。」

「なぜ 俺だった?」

「あなたのデータを調べた結果

 ある事実がわかった。

 あなたこそ 私がずっと探し求めていた

 特殊体質の人間だということが。」


「特殊体質だと?」

「精神干渉タイプの ドーパント攻撃に

 耐えられる体質よ。

 実際・・オールドの攻撃が効かなかった。

 それは同じ種類の・・

 テラーの攻撃にも耐えられるということ。

 来人とともに 究極のダブルになれば

 必ず 園咲琉兵衛に勝てる!

 そして・・憎しみの炎。

 憎しみこそが 

 ダブル・サイクロンアクセル・

 エクストリームの源・・!」


「井坂にメモリを渡したと言うのは本当か?」

「それは・・・。」

「答えろ!」

「本当よ。」

「そうか・・。

 よくも今まで騙してくれたな。

 よくも 俺の家族の命を!」

エンジンブレードでシュラウドに
斬りかかろうしますが、手から落とされてしまいました。

「とても いい目をしている。

 憎しみに満ちた目。」


「アクセル」

「変 身!」

「アクセル」

シュラウドも武器をセット。

「ボム

 ボム・マキシマムドライブ」


シュラウドがアクセルを攻撃。

「そうよ 憎みなさい。」

探偵事務所。
メモリを挿す練習をしている翔太郎。

「おお。できたわい。」

それをながめているフィリップ。
そこへ同じくみゆがはいってきました。
つづいてもうひとりおばあさんが。

「あら みゆちゃん。

 そちらのおばあちゃんは?」

「久美ちゃん。」

「久美ちゃん・・

 って、もしかして・・・。」

「また老けさせ屋の仕業か・・。」

「でも それじゃあ 復讐を頼んだのは・・。」

「うちのママ。

 久美ちゃんのお母さんを

 絶対に許さないって言ってたから・・。」

泣きだす久美ちゃんとみゆちゃん。

「おうおうおう・・

 2人とも かわいそうにのう・・。」

シュラウドにやられるアクセル。

「うわーー!ああーー!!」

「アクセルは お前を来人のパートナーとして

 鍛えるために渡したのみ。

 そしてお前は 私の期待に応え

 それを使いこなした。

 究極のダブルまで あと一息よ。」


「そのために左を排除したのか?

 あのドーパントを利用して!」


「そうよ。」

「あの親子は 左と

 ドーパントをぶつけるための餌か!?」


「そうよ。」

「貴様!」

「さあ 私を憎みなさい。

 もっと憎むのよ・・!」


「俺達は 貴様の道具じゃない!」

「トライアル」

「ああーーー!!」

「やれ!

 私の命を断てば

 お前は完全なる 憎しみの化身となる。」


そこへあらわれたクレイドール。

「その女は私の獲物よ。

 とどめは この私がさすわ。」

「・・若菜!」

「気安く呼ばないで!

 ミュージアムを裏切り

 私たち家族を捨てたくせに!」

「家族・・!?」

「ハッ!」

シュラウドをおいつめるクレイドール。

「ああーー!」

「とどめよ。」

クレイドールをとめるアクセル。

「待て!家族とはどういうことだ!?

 答えろ!」

「フン。」

変身解除する若菜姫と竜。

「その女の本名は 園咲文音。

 私と来人の 実の母親よ。」


「シュラウドが・・・

 フィリップの母親・・。」

「照井竜・・。また来なさい。」

姿を消すシュラウド。

「逃げられたわ。チッ。」

と舌打ち。

「お前がやるなら それでもいいわ。

 必ずきちんと仕留めなさい。」


若菜姫も立ち去りました。

そこに咲いていた白い花をみつける竜。
竜の家族のお墓に供えられていたものと同じ・・。

口論する光子と良枝。

「あなたが久美をあんな目に遭わせたのね!」

「そうよ。どう?

 大切な娘をおばあさんにされた気分は?」

「ひどいわ!なんで・・・!なんで・・!」

とめにはいる亜樹子。

「良枝さん!いくら悔しかったからって

 復讐は・・・!」

「あんたに何がわかるのよ!

 先に仕掛けたのはこの女よ!

 やり返して当然でしょうが!」

亜樹子もつきとばされました。

「ふざけないでよ!

 泣いて済む問題じゃないわよ!

 何 泣いてんのよ!」

そこへやってきた竜。

「いいかげんにしろ!

 自分が何をやっているか 

 わかっているのか?」

「私はただ 娘のために・・・。」

「違う。あんたは自分の憎しみを

 ぶつけただけだ。

 見てみろ・・子どもたちを。」

「ママ・・。」

「みゆ・・。」

「愚かだ。あんたは。」

そこへはいってくる大倉。

「刑事さん!許してやってください。

 親の子どもへの愛は 理屈ではないんですよ。

 もともとは、愛なんです。

 だから、許してやってください。」

頭をさげる大倉をみて
みつめあい娘たちのもとへかけよる母たち。

「ママ・・。」

「やっぱりお年寄りの言葉には 重みがあるわ。」

「愛・・・。」

竜はまたシュラウドにあいにいきました。

「覚悟は出来たの?

 究極のダブルになる覚悟は。」


「俺はダブルにはならない。」

「何!?だったら 何をしに来た?」

「あなたを許しに。」

「まだそんなたわ言を!

 テラーの力は 恐怖そのもの。

 打ち勝てるのは 

 強い憎しみの力だけだ!」


「あなたは・・自分の復讐のために

 多くの命を巻き込み 傷つけた。

 あなたを そこまで駆り立てたもの・・。

 あなたを復讐鬼に変えたもの・・・。

 それは 愛だ。

 息子への愛。」


「そうよ・・。

 私は来人を 愛していた。

 あの時までは とても幸せだった・・。

 でもあの人は・・ 園咲琉兵衛は

 あの時から 来人をまるで

 道具のように扱った。」


回想。仲の良い園咲一家。
しかし・・。

「来人を渡せ。

 あの子はもう 普通の子供ではない。

 地球の子だよ!」


文音から来人を奪おうとするお父様。

「返して!」

「テラー」

「文音・・。お前にもう用はない。

 ハハハ・・ハハハ・・。」


「キャっ!」

テラーの毒をあびてしまい
家をでていく文音。

「お母様!」

「私は 来人を奪われた。

 だから 誓った。

 あの子と・・来人とともに

 復讐することを。

 そして私は利用した。

 お前の家族の死を その憎しみを!

 私の 来人を取り戻すために!」


そこへ現れたフィリップ。

「あっ!来人・・。

 すべて・・聞いていたのね。」

「今から証明してやる。

 オールドドーパントを倒し

 闇の力に打ち勝つのが

 憎しみなんかじゃないということを。

 俺たち 3人で。」


「3人!?」

「俺と フィリップと

 左翔太郎だ。」


翔太郎は老けさせ屋のところに。

「おうおう・・ようやく見つけたぞ。」

「おい・・俺に勝てると思ってんの?」

「勝てる!

 さあ お前の罪を 数えるんじゃ!

 うっ。」


杖をかかえて相馬におそいかかる翔太郎。

「強いじゃない!」

「ハハッ!若い奴にはまだまだ・・・

 負けんわい!」

「こいつ・・・調子に乗りやがって!」

「オールド」

「スペシャルコース あと50年追加だ。

 一瞬で あの世に送ってやるぜ。」

そこへやってきたフィリップと竜。

「竜君!」

「待たせたな。」

「アクセル」

「変 身!」

「アクセル」

「はーっ!」

「ほらほら こっちだぞ。おい。」

「翔太郎!僕らも変身だ!」

翔太郎をひっぱってくる亜樹子。

「早く!真ん中で合ってるから。

 いつもやってるでしょ!」

「いくよ。翔太郎。」

「サイクロン ジョーカー」

「変身。」

「よいしょ!」

「サイクロン ジョーカー」

「おっおお・・

 待たんか〜い!」

みまもるシュラウド。


CM


ドーパントと戦うアクセルとダブル。

「おお 照井 大丈夫か?」

「まずは 2色の方から片付けてやる!」

老化攻撃を出すオールドドーパントに対し
ダブルの前にたって攻撃をうけるアクセル。

「よく見ていろ、シュラウド。

 憎しみのダブルなど 必要ない!」


「なんだ こいつ!?」

「今だ!左!フィリップ!」

「ああ!」

「よっしゃ!エクストリーム!」

エクストリームが上から攻撃。

「トライアル」

「トライアル」


「俺はダブルではなく 

 仮面ライダー アクセルだ!」


「エンジン

 エンジン マキシマムドライブ」


超高速攻撃。

「トライアル マキシマムドライブ」

「絶望が お前のゴールだ。」

オールドは倒れ変身解除。
翔太郎ももとにもどりました。

「やったあ!翔太郎くんが 若い!」

「おい 亜樹子。

 照井 フィリップ 世話かけたな。」

「いつものことさ。」

シュラウドのそばにいく竜。

「俺の家族の墓に 

 白い花が手向けられていた。

 あれは あなたが手向けてくれたんだろう?

 あなたは 井坂に

 俺の家族を襲わせるところまでは

 企んでいなかった。違うか?」


「私は・・・

 井坂の テラーを

 倒したいという願望を知って

 彼にメモリを渡した。

 でも 彼が あそこまでの怪物とは

 予想できなかった・・。

 まさか あなたの家族や

 他のあんなに多くの人の命を

 奪ってしまうなんて・・。

 ごめんなさい・・。」


「もう、あなたは・・・。」

シュラウドの肩に手をおく竜。

「誰も傷つける必要はない。

 俺達が園咲琉兵衛を倒す。

 仮面ライダーとして。」


「わかった。私はもう 何もしない。」

立ち去るシュラウド。
ためらうフィリップの背中をおす翔太郎。

「行けよ。」

フィリップは母を追いますが
すでに姿はみえなくなっていました。

加頭と田端。

「AtoZ 26本。

 たしかに。必ず 財団本部に届けます。」

「では よろしくお願いします。」

その場には冴子様もいました。

「ところで

 あなたのお母様は

 このゲームを降りたみたいですよ。」

「そう。

 でもまだ動いている球はあるわ。」

『事件は解決した。

 もっとも 今回 あまり俺の出番はなかったが。

 あの親子も笑顔を取り戻した。

 そしてシュラウドも

 いや、フィリップの母親も

 きっと救われたと信じたい。』

「雨降って 地固まる、か・・・。」


スリッパでたたかれました。

「ア イタ!」

「何 ジジくさいこと言ってんねん。」

「おい 亜樹子!

 いきなり殴るこたねえだろ!」

「仕方ないでしょ?ずっと我慢してたんだから。」

「何だと?こら、亜樹子!」

逃げて竜につかまる亜樹子。

「キャ〜。竜君 助けて〜!」

竜はされるがまま。

「何 その 甘〜い雰囲気は?

 おい照井 どういうことだ?」

「俺に質問するな。」

「フンっ!」

「何だと コラ!おい!このっ!あー!」

亜樹子をこらしめようとして
逃げた亜樹子のかわりに
竜にだきついた翔太郎。

「あ、おいフィリップ。大変だ。デキてる。」

竜と並ぶ亜樹子。

「どう?似合う?似合う?」

「相変わらず騒がしいけど・・。

 やっぱり この事務所はこうでなくちゃ。」




シュラウドはやっぱり園咲家の母だったか。
園咲家をでていったあとも
メモリの研究に携わっていたうえ
あの神出鬼没な登場の仕方といい
炎をまとった特殊能力といい
ただの人にはみえません。
あ、ただの人がお父様と結婚するはずないか。

息子を取り戻したいだけなら
フィリップをつれて遠い街へ逃げて
母息子で暮らせばいいのに
どうしても夫に復讐しなくちゃなの?
フィリップが地球の子という特別な存在だとしても
冴子様や若菜姫だって自分の娘なのに。
それに娘たちには母の印象はよくないものとして
残っているようなので
(若菜姫には消されそうになるくらい)
そのへんもどうなっているのか謎。
もうおわりが近いからそのへんもじきに
はっきりするかな。

シュラウドを許し、仮面ライダーとして
戦うという竜はひたすらかっこよかった。
ここへきて急に亜樹子が竜くんラブなのも
(前から竜くん竜くんとさわいではいたけど)
そのせい?
照井竜、抵抗はしてないけど
亜樹子に恋愛感情ありそうにはみえない。

あの母親たちは最低でしたなー。
愛もつかいどころを間違えるとたいへんなことに。


左翔太郎  桐山漣
フィリップ 菅田将暉
鳴海亜樹子 山本ひかる
照井竜   木ノ本嶺浩

園咲琉兵衛 寺田農
園咲冴子 生井亜実
園咲若菜 飛鳥凛
刃野幹夫  なだぎ 武
真倉俊   中川真吾
ウォッチャマン なすび
井坂深紅郎 檀 臣幸
加頭 順   コン・テユ

幼少期のフィリップ 橋本智哉
幼少期の若菜   笠 菜月

後藤良枝   遊井亮子
相馬 卓   小豆畑雅一
左 翔太郎(老人)名取幸政
関根光子   ひがし由貴
大倉     桶浦 勉
田楽     竹岡常吉
後藤みゆ(老人) 久松夕子
後藤みゆ(少女) 山田海遊
関根久美(老人) 上月佐知子
関根久美     小西結子

スミロドンの声 高戸靖広
シュラウドの声  幸田直子
ナレーション 立木文彦



東映ヒーローMAX Vol.34

CAST-PRIX ZERO VOL.12







仮面ライダーW(ダブル) VOL.8 [DVD]

仮面ライダーW(ダブル) VOL.9 [DVD]




2010.07.27 Tuesday 10:53 | comments(8) | trackbacks(17) | 
<< ぬらりひょんの孫 第4話「闇の鼠は猫を喰らう」 | main | 戦国BASARA弐 第三話 『慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!』 >>
越前☆瀬緒 (2010/07/27 12:38 PM)
プピーナです。やはりというか、なんというかでフラグとか回収できました。いったいどうして母親は嫌われているのか?フィリップ独占の嫉妬心から?うーん、たぶんそうかも。いよいよ華僑になってきました!
honey (2010/07/27 7:58 PM)
越前☆瀬緒さん、こんばんは。

シュラウドは母親っぽかったですが
若菜姫たちのことはなんともおもってないあたり
細かい謎が残りますね。
風水 (2010/07/27 8:01 PM)
honeyさん、こんばんはー。
シュラウド…息子を取り戻したいだけなら、さっさと他の街に逃げ出せば事は済んだはずなんですよねえ。
それなら、照井を巻き込んで究極のダブルになる必要なんてないのに、何か他に事情があるのかないのか…気になります。
若菜姫と冴子様が母に対して冷淡どころか消し去りたいと思ってさえいる理由も気になります。

愛からはじまっても最悪の事態は起こりうるという感じでした。
照井は憎しみからはじまって、赦しにいたるんですねえ。
今回の照井竜のかっこよさには文句なしにしびれました。
で、亜樹子所長との関係は一体…???
honey (2010/07/27 9:01 PM)
風水さん、こんばんは〜。

そのままフィリップつれて遠くへ逃げればいいのに。
しかもなんで若菜姫たちはどうでもいいのか。
そのへんも説明してほしいですよね。

照井竜はかっこよすぎです。
復讐にもえるかとおもったら
あんな大人な対応を・・!
これも翔太郎と出会ったおかげですね。

けろりん (2010/07/28 11:36 PM)
こちらにもこんばんは〜。

本当、フィリップを連れて逃げるという手もあったかもしれませんが、夫の恐ろしさを知っているからできなかったのかなあ、とも思いますねえ。

私も、娘達はどうでもいいの?と思ってしまいましたよ〜。
意外と、本当の子供はフィリップだけとか?ありがちだけど(笑)。

それにしても、竜、かっこよかったですねー!
かっこいいー!とか叫びましたもんねー(笑)。
ラストもなんだかやわらかーい雰囲気になっちゃって…あの優しい感じの竜もかっこよかった〜^^
でも、亜樹子とデキてるようには見えません(笑)。

母親たちは、親としてどうというより、人間としてどうでしょうねえ。
普通の人間なら、あんな事できませんよね、普通。
honey (2010/07/28 11:47 PM)
けろりんさん、こんばんはー。

地球の子の来人が風都かたでたら
すぐわかるとかそういうのですかね。

息子がかわいいのはわかるけど
娘たちも同じだと思うけど
そのへん謎・・。

竜はほんとにかっこよかった!!
どんどんいい男になりますよね。

母親たち、事件が解決しても
絶対元通りにつきあいはしませんよね、
現実なら。
ミチコ (2010/07/30 9:22 PM)
honeyさん こんばんは、シュラウドがまさかフィリップの母だったとは衝撃の真相です。翔太郎はやっぱり、爺さんより今の若いままでいいです。
honey (2010/07/30 10:07 PM)
ミチコさん、こんばんは。

シュラウド、園咲家の母じゃないかといわれては
いましたがそのまんまでしたね。

翔太郎、おじいさんでもかっこよかったですが
見た目はやはり若いほうが・・。









『仮面ライダーW』、第44話「Oの連鎖/シュラウドの告白」の感想。
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーW(ダブル)』、第44話「Oの連鎖/シュラウドの告白」の感想ですっ! お爺ちゃんにはスリッパ突っ込み自粛(笑)。
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2010/07/27 11:05 AM |
仮面ライダーW 第44話「Oの連鎖/シュラ...
仮面ライダーW(ダブル)の第44話を見ました。第44話 Oの連鎖/シュラウドの告白冴子のもとを訪れた竜は園咲家とシュラウドの関係を尋ねるのだった。「あの女が全て仕組んだのよ、あ...
| MAGI☆の日記 | 2010/07/27 11:25 AM |
『仮面ライダーW』第44話『Oの連鎖/シュラウドの告白』
翔太郎が老人状態で、ろくに戦えないW。 人の恨みを晴らし続けてやる、と言い残して、オールドドーパントは消えてしまいます。 加頭は若菜に、井坂にメモリを渡したのがシュラウドと知った竜が、彼女について調べ始めた事を告げます。
| なまけもののひとりごと | 2010/07/27 12:11 PM |
仮面ライダーW 第44話
仮面ライダーW 第44話 「Oの連鎖/シュラウドの告白」。愛で赦しますと。竜はやっぱり神様ということなんだろうな。 以下読みたい方だけどうぞ。
| Kyan's BLOG IV | 2010/07/27 12:53 PM |
仮面ライダーダブル第44話プチツッコミ
【すごいメンツだな……。】 オールドが両面怪人だった意味は何にもなかったぜ! ダブルは「前後編2話で完結」か貫いているせいか、今週の展開は非常に駆け足に感じました。 シュラウドの正体や復讐動機がすべて自白で説明されちゃうってーのはどうよ! まるで2時間ド
| 閑古鳥ぽよぽよ | 2010/07/27 1:45 PM |
W 第44話印象
Oの解決編、親子の情愛と憎しみ…いろいろ盛りだくさんだけどドーパントの活躍は少なめだった今回…微妙。いや、良くできてるとは思うのですが、ちょっとずつ引っかかって何となく釈然としない感じでした。
| All's Right with the World! | 2010/07/27 7:57 PM |
今日のW 第44話
「Oの連鎖/シュラウドの告白」オールドドーパントに老人にされた翔太郎は戦い途中で寝てしまうという事で大ピンチでしたが、エクストリームメモリの助けで難は逃れる事になりまし...
| 地下室で手記 | 2010/07/27 8:11 PM |
仮面ライダーW 第44話「Oの連鎖/シュラウドの告白」
仮面ライダーW(ダブル) VOL.6 [DVD](2010/07/21)特撮(映像)商品詳細を見る シュラウドこと園崎文音の本当の姿が明らかになりました。若菜とフィリップ...
| 破滅の闇日記 | 2010/07/27 8:49 PM |
仮面ライダーダブル 第44話「Oの連鎖/シュラウドの告白」
 OPがエクストリーム版に変わったのかと思ったら劇場版ver.でした。ちょっとガッカリ?  井坂にWのメモリを渡したのがシュラウドと知った照井は確かめる為に重い剣を引き摺って会いに行きます。シュラウドの行方を捜していた若菜は加頭に教えられて照井をマーク
| たらればブログ | 2010/07/27 10:26 PM |
今更シリーズ2・仮面ライダーW第44話。
最近何度も言ってることですが(滝汗)。本気で終わる気あるのだろうか、ダブル。いや前回も同じこと書きましたが、今でも雰囲気自体は好きなんですよ、ダブル。しかし(全部今夏の...
| ほかのさなぎ。 | 2010/07/27 10:53 PM |
仮面ライダーW 第44話「Oの連鎖/シュラウドの告白」
仮面ライダーW 第44話「Oの連鎖/シュラウドの告白」
| Hybrid-Hills | 2010/07/27 11:29 PM |
仮面ライダーW 第44話「Oの連鎖/シュラウドの告白」
シュラウドがフィリップのお母さんだっただなんて…! ま、まさか、そんな…!? …てまたかよ、と溢したくなる程、塚田Pの引き出しの少...
| 『真・南海大決戦』 | 2010/07/28 12:40 AM |
W(ダブル)44話 Oの連鎖/シュラウドの告白
明かされていく真実、Oの連鎖・完結編 今回は照井刑事のターン! シュラウドが園崎家の人間、フィリップの母である事が発覚。 ちゃん...
| ぎあ魂なblog(たぶん別館) | 2010/07/28 2:27 AM |
ライダーW「Oの連鎖/シュラウドの告白」
 え、シュラウド終了? あと何話あるんだっけ。あいかわらずキャラを雑に扱うな、ライダー シリーズは。謎解きの前にもうちょっといろんなこと匂わせようよ。  ―度だけサイクロンジョーカーエクストリームになって後から返上するって線も考えたんだけど、それもなし
| blog mr | 2010/07/28 6:54 AM |
仮面ライダーW 44話 感想
オールドのメモリの後編。 もう44話なんだねえ…。
| けろりん的ひとりごと | 2010/07/28 11:36 PM |
■仮面ライダーW 第44話
■仮面ライダーW 第44話「Oの連鎖/シュラウドの告白」 ちょっとまて…竜くん…
| 雪の地平線 | 2010/08/01 9:44 AM |
◎仮面ライダーW第44話「Oの連鎖/シュラウド...
 老人となってしまった翔太郎(名取幸政)は、ファング・ジョーカーに変身したにもかかわらず、オールド・ドーパントと戦いの最中に居眠りを。フィリップ(菅田将暉)一人ではどう...
| ぺろぺろキャンディー | 2010/10/23 2:59 PM |