<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

戦国BASARA弐 第六話 『脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪拳!!』

第六話 『脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪拳!!』

長曾我部をたよってきた難民たち。
毛利から逃げてきたようです。

鍬をもった老人たちや
女・子どもまでがいっしょに戦いたいと
申し出ますが、堅気の衆が海賊の船に
乗るもんじゃない、
みんなの戦いは国へかえってからだというアニキ。

「だから今は ここで待ってな。

 野郎ども!出陣の準備だ!」

 豊臣と毛利を蹴散らして

 一気に天下をいただくぜ!」



OP

前田家に戻ってきた慶次。

怪我をおして出陣しようとする利家を
力ずくでぶっとばすまつ。
そこで門の前にいた慶次がみつかってしまいました。

豊臣から甲斐を包囲する陣に加われと
要請があったそうで、前田は試されているらしく
たたねば加賀を取り潰すとまでいわれているらしい。

それじゃまるで信長と同じじゃないかと言う慶次に
豊臣はまこと強きもののみを求めているのだという利家。
加賀の民のため、戦うという利家。

慶次はあなたらしくあればいい
といってくれるまつと
慶次が秀吉と相容れないことも理解し
たとえ何があろうと
家族である事に変わりはないといってくれる利家。

「たいらでなごやかな日の本

 たいらでなごやかな・・

 どうすりゃそいつを・・。」


またまた四国。

毛利の船を片っ端からふっとばす長曾我部。
こちらへ長曾我部をひきつける毛利の策で
船は最初から捨て駒・・。
そこへ約束よりの時間よりも
おくれてあらわれた半兵衛が
そのあとをひきうけることに。

毛利の船が撤退したあとには
豊臣の大軍。

「うけてたつぜ。豊臣秀吉

 毛利元就。

 俺たちがそっちにつくまで

 あんたらがもちこたえれればの話だがな」


と頼もしいアニキ。

しかしそこに秀吉が!!

「アニキ!敵のでっけえ武将が

 歩いて海へ!!」


秀吉が拳を振るうと海がわれて
水がなくなり

海だった場所が一瞬で陸に・・・!!

「海をさきやがった!」

「み、水がねえ!!」


秀吉・・・

本多忠勝なみ!!

大砲をあびてもまったく平気
 とか!

まわりにいる武将たちはちっていくのに。

「これしきの豆鉄砲で調子にのるとは

 器がしれよう。

 西海の鬼が聞いてあきれるわ!」



CM


幸村もその戦いの場へ到着。
さきに佐助のほうがついていました。

ここは先へ急ぎましょうという小山田。

富嶽は陸もすすむことができ
前へすすむアニキたち。

でも秀吉がまたまた拳を振い
行く手を阻んでしまいました。

さらに上からふってきた秀吉と
元親の一対一の戦いに。

要塞富嶽をあけわたせという秀吉に
従うはずもなく、戦い開始。

元親が気になってしかたない幸村に、
先回りして九州攻めをふせぐことが
幸村の役目という小山田。

「これまでは おやかたさまのご意向もあり

 幸村どのの

 思う通りにいたしてまいりましたが

 この小山田 ここはできません。」


「真田のだんな。

 あんたは今 一軍の将なんだ。

 立場でものを考えな。」


という佐助。

元親と秀吉。

「瀬戸海はオレの庭よ!

 あらしたやつは

 ただじゃあかえさねえ!」


「お前の見ている世界は狭過ぎる!」

秀吉にぶっとばされる元親。

「弱き己を恥じるがよい。

 強さこそが国を正し

 強き者こそが 国を統べる」


「猿はおつむが簡単すぎていけねえ。

 この瀬戸海を日の本を

 てめえの好きにさせて たまるもんかよ。

 世界の前に 

 見るべきもん

 あるだろうがよ!!」


でも秀吉にはかなわず。

「愚かだ。」

空中でそのまま攻撃されてしまい撃沈。

「アニキー!!」

それをみて我慢できなくなった幸村。

「長曾我部軍に加勢いたす!」

もう勝ちはみえているととめる佐助を制す
小山田。

「こころえました。

 幸村殿。」


半兵衛はせき込み、ややぐあいが悪そう。
ここにいるはずのない軍がいたのでと
ごまかす半兵衛の言葉に
幸村たちがつっこんでくるのをみて
不思議に思う元親。


ED


幸村と佐助が豊臣軍を蹴散らしますが
やられる兵士も多数。

そして、小山田がやられてしまいました。

「小山田殿!!」

そばには佐助が・・。

アニキは富嶽へもどるといって
立ち上がりました。

「海賊の流儀ってやつを

 教えてやるぜ!!」


富嶽もくずれおちて燃え
倒れるアニキ。

豊臣軍は勝利を宣言し撤退。

すると海の水がもどってきて
富嶽もアニキたちもそのまま
のまれていきました。

その頃の筆頭。

「豊臣に

 どこかが攻め落とされやがった。

 四国あたりがひっくりかえったのかも

 しれねえ。」


でも、あらかじめ縄張りを広げておいてくれれば
そのぶん手っ取り天下をいただけるという筆頭。

「秀吉を ぶっ倒しゃ それで済む。

 取り戻して

 手に入れるぜ。」





あの・・アニキはこれで終了なのですか?
富嶽があんなにあっさり崩れて
一回限りでおわりなの??
はやすぎませんか・・・。

さらに小山田さんも退場?
幸村・・
これはさんざん悩むがいい。

秀吉は強すぎだって。
大将さえいたら豊臣軍いらないじゃん。



アニメに関係ないけど
天下分け麺のスープの袋
縦も横もどっちからも手で切れないないんだけど
あのぎざぎざになってるところからも。
そういう仕様なのか
私がどんくさいだけか
市ののろいか。
















Newtype (ニュータイプ) 2010年 09月号 [雑誌]

アニメディア 2010年 09月号 [雑誌]

アニメージュ 2010年 09月号 [雑誌]
2010.08.18 Wednesday 15:02 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< ドラマ もやしもん 第6話「発覚」 | main | ホタルノヒカリ2 第7話「結婚はパワー?干物女の神頼み」 >>









戦国BASARA弐 第06話 「脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪拳!!」
モーゼもビックリだよ(笑)
| 瞳にアル世界 | 2010/08/18 11:43 PM |
戦国BASARA弐#6
今回は半魚人メイン。ご自慢の要塞「富嶽」が完成したのでオクラ頭の軍相手に挑戦状を叩きつけてきた半魚人なのだが・・と言う話。他ブログで感想を数件見たが、半魚人を「アニキ(...
| COLONYの裏側 | 2010/08/19 1:39 PM |
「戦国BASARA弐」第6話
  第六話『脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪拳!!』四国では、十一尺巨砲を備えた要塞・富嶽の完成をもって西海の鬼・長曾我部元親は、安芸・厳島の沖合いでの決戦の用意を...
| 日々“是”精進! | 2010/08/19 4:46 PM |
戦国BASARA 弐(ツー) 第六話『脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪拳!!』
今回遂にヨソ様のお宅に乗り込んでまでリアル視聴を達成しましたw いいですねぇ、デジタル放送(←初体験) 「今だ、バーコードぉぉお!」という掛け声と共に これまたお初となった地上デジタル放送限定のオリジナルコンテンツもGET。 文明の恩恵に預かった六話でござ
| 風庫〜カゼクラ〜 | 2010/08/19 5:00 PM |
戦国BASARA弐6話
久しぶりに本来のBASARAを見た気がする。というわけで、「戦国BASARA弐」6話鬼vsゴリラの巻。長宗我部のアニキかっけええええええ!!!!!!家来はおろか民衆にも慕われてるなぁ。筆...
| アニメ徒然草 | 2010/08/19 10:30 PM |
◎戦国BASARA弐第六話「脅威の豊臣・毛利同盟!...
チョウソカベさんは大砲を完成させてた。そして、農民がわたしたちも乗せてくれとやってくる。チョウソカベさんは断る。そして、戦艦で出陣。前田トシイエは怪我をおして出陣しよう...
| ぺろぺろキャンディー | 2010/12/20 7:38 PM |