<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

家庭教師ヒットマンリボーン 標的197 「ナックルの極限(マキシマム)ブレイク」

標的197 「ナックルの極限(マキシマム)ブレイク」
「ママンにあいた〜〜い!!

 ぎゅうど〜〜ん!!」


コルナ・フールミネで
恐竜をふせぐとともに攻撃したランボ。

空までみえた光をみて
ランボさんが力をつかったことを
知るリボーン。

小さいランボさんを戦わせるのを
いやがるツナは10年後のツナも
同じだったそうですが
ランボさんも過去に帰る為に
自分のできる力をつかっているといわれ
ほんとうはランボさんも寂しさを我慢していたことを
思いだすツナ。

「自分の守護者だろう。

 ボスのおまえが信じなくてどうする。」


恐竜は一瞬で全滅。
ランボさんは「ママン」とつぶやきながら
ボックスをかかえて眠ってしまいました。

そして桔梗がついに修羅開匣を。

またすごい怪物でてきた。

スピノザウルスを変形させたという
真六弔花最強の戦闘力をほこる桔梗。

相手をするのは了平兄ちゃん。

自分のスタイルは一対一のほうが
戦いやすいという了平。

「心配いらん。

 3分。1ラウンドで倒してみせる」


我流を出し、自らの体に光弾をあてて
ボックス兵器と合体。

初代の守護者もボクサーだったそうで
試合で相手を傷つけてから
ボクシングをやめ、聖職者に。
そのあとファミリーの危機に一回だけ
3分という時間制限をもうけて
戦ったらしい。

「ナックルのマキシマムブレイク」

自信満々の桔梗にパンチをくりだします。

「マキシマムコンビネーション」

人間としては異常な強さだと
驚く桔梗。

晴れの炎で神経と筋肉を活性化させて
いることを桔梗にみぬかれていました。
3分という制限は肉体のタイムリミット。

ここからは雲の増殖と
晴れの活性の時間勝負。

山本もかけつける途中。

桔梗と了平の戦いをみまもる野猿たち。

了平は京子ちゃんのことを想って戦い
京子ちゃんにもその声がきこえた
気がしました。

おちつかないツナを注意するリボーン。
兄を信じる京子ちゃんの言葉をきいて
ツナは反省。

ユニはみんなが無事にかえってくると
信じていると言ってくれました。

極寺くんたちのほうも
まだ戦闘はつづいている様子。

了平に超活性の反動がきはじめて苦しそう。
桔梗は余裕満々。

そこへ雲雀さんが!!

なぜ手をださずにみていたのかと
桔梗にきかれ

「うちのボクシング部部長は

 試合中に手をだすと

 委員長会議にまでのりこんできて

 うるさいからね。」


と答える雲雀さん。

しかし手段は選ばないという桔梗は
土の中から恐竜をだし
雲雀さんの腕を・・・!!

さらにねらわれる雲雀さん!!
ツナたちも異変を感じました。



了平兄ちゃん、怪我してなかったら
桔梗を倒せたかもってどんだけ強いの。
晴れの活性はさすがです。

雲雀さんは・・まあ大丈夫でしょう。





2010.08.19 Thursday 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ジャンプ SQ19 2010年 09月号 | main | GOLD 第7話「号泣!最愛のわが子を失う母親-衝撃の三男の秘密」 >>