<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

戦国BASARA弐 第九話 『竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!』

第九話 『竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!』
筆頭の前にあらわれた元親。

「悪いな 兄さんたち

 ちょいとその馬

 俺たちにかしてもらおうか。」


「ああっ!?こらぁ!」

「なんだと!?この野郎!」


部下たちもブーブー。

「山賊ふぜいが

 わらわせてくれるぜ。

 俺を誰だと思ってやがる。」


「待ちな。あいにく

 こちとらぁ 山賊じゃねぇ。

 海賊よ。摂津の海を流れ流れて

 たどりついたんでぃ。

 悪いが ちょいとわけありでね。」


「上等だ。どっちにしろ

 人にものをたのもうって

 態度じゃねえ。」


「へっ」

「思いっきり

 山の中にあらわれておきながら

 海賊を名乗るやがるあたり

 ジョークのセンスもまずまずだ。

 そのcrazyな獲物ともども

 気いったぜ。」


刀を抜く筆頭。


OP


「うらぁ!」「やんのかこの野郎!」

部下同士も威勢がいい。
うちのアニキ自慢と筆頭自慢!

「せいぜい楽しませてくれよ。

 gambleを

 けしかけやがったからにはな」


「安心しな。

 こちとらイカサマはやらねえ主義よ。」


鳥の声を合図に戦い開始。

部下の声援をうけアニキVS筆頭。

「ア・ニ・キ!ア・ニ・キ!ア・ニ・キ!」

アニキコールに対抗してひらめいた!

「筆頭!」パンパンパン!

と筆頭コールと手拍子もはじまった!

「筆頭!」パンパンパン!

「筆頭!」パンパンパン!


「ア・ニ・キ!」と「筆頭!」

息のあったコールに爆笑。

「しゃらくせええ!」

「上等!デス・ファング!」

空に飛びあがった二人。

「Crazy Storm!!」

「くらいやがれ!!」

大坂。
松永久秀が小十郎にあいにきました。
死んだはずなのに、と驚く小十郎。

「なに・・冥界にはたいした宝が

 なかったものでね。

 今少し うつつになぐさみを

 見出してみようと思ったのだよ。」


「黄泉と現を自由自在か。

 てめぇだったら ありえそうだぜ。」


「フッ。賢明な受容だ。

 人の生死など 

 しょせんは瑣末なこと。」


BASARA全体に通じる約束ですね!

「今度の狙いは 豊臣の宝か?」

「奪いにきたわけではない。」

軍師から請われ、伊達軍絶滅を
請け負ったという久秀。

「独眼竜が まだ生きていることは
 
 卿も 察しているのだろう。

 竜をおびきよせるのに

 その右目以上のえさはない。」


なぜそれを久秀にやらせるかときかれても
豊臣の軍略には興味がなく
欲しいものは伊達の竜の刀。
ひとふり欠けてしまったのが残念そう。

「だが 宝というものは奥深い。

 その愛で方は十人十色。

 使いこまれ 傷つき

 いささか 元の形をとどめなくなってこそ
 
 至高の一品とするむきもある。

 ほかならぬ 独眼竜もまた

 そんなたちだったとしたら・・

 半死半生となったおのが右目

 無情の宝との再会に

 その隻眼から涙を流して

 歓喜するのではないかね?」


「下衆が!」

豊臣の軍師から言われたのは
小十郎を殺さないということだけ。

思わず剣を抜く小十郎ですが
部下にとめられました。

「殺しさえしなければ卿をどうしようと

 かまわないということだ。

 愉快 愉快。」


笑う久秀。

筆頭と互角に戦う元親をみて
部下たちもびっくり。

「思いがけねぇパーリーだ。

 豊臣をぶっ倒す前の

 肩慣らしにはなりそうだぜ。」


「お前さんも 単なる

 珍走団の頭じゃあ ねぇようだな。」


珍走団て!!

「That's right.

 癖になっても 

俺に六爪を抜かせたあんたに

 二度目はねえ。You see?」


「はっ!そいつはお互いさまよ。

 お見知りおきをとは

 言わねえぜ。」


「OK!Let's dance!」

「くらってやるぜ!」

「はぁ〜〜〜〜!!」

「でやぁ〜〜!!」

人外の戦い勃発。

火花が散るどころじゃない。

「ろ・・本刀にあの三日月・・」

「もしかして・・ありゃあ・・」

「あの いかりさばきに

 半端ねえ強さ・・」

「まさか あのあんちゃん・・。」

「You rock!

 まじで海賊だったってわけかよ。」


「けっ!どうりでな。

 噂の蒼鬼と 

 こんなところ出くわすかねえ。」


「独眼竜!?」

「西海の鬼!?」


部下たちびっくり。

「鬼ヶ島の鬼が 

 なんだってこんなところで

 ヒッチハイクしてやがる?」


「へっ!言うなよ。

 まっ ありていにいや 背水の陣。

 大枚はたいた要塞をぶっこわされた落とし前と

 捕まった子分どもを取り戻しにいく。

 目指すは あんたと同じ 大坂よ。」



富嶽をみて長曾我部の技術に感心する元保に
富嶽はすでに毛利のものだという元就。
毛利の要塞なので呼び方も・・。

「日輪・・でございますか?」

「他に何があると申すのだ。」

寝る間もなく作業をせよと命じ
しばらく安芸を離れるという元就。

『これも 豊臣をあざむくための策よ。

 すべて 我の計算どおり。』



CM


薩摩の幸村は武蔵に稽古の相手を
してもらっていますが、その最中に
思い悩んでいるためふっとばされた。

やる気あんのかよと武蔵にいわれ
たちあがるもののまた脳内でおやかたさまに
といかける幸村・・。
声にだした正宗とはどんなやつだと武蔵にきかれます。

正宗は今頃、大坂目指して出陣しているに
違いないとやる気を出しました。

「正宗殿に 想いをはせ

 にわかに力がわいてまいった!」


だけど武蔵は石を投げ、さらに砂を蹴りあげ
落とし穴におちたあと、空に飛ばされました。

「卑怯でござるぞ〜〜〜〜〜!」

「悩める若き虎か。」

と酒を飲む義弘に敵襲の知らせ。

「いよいよきんしゃったか。」

悪そうな顔の兵士たち。

馬を並べてすすむ筆頭と元親。

「Hop to it!

 大坂は 目と鼻の先だ。

 派手にリベンジといくぜ!」


「イェ〜〜!」

「豊臣に きっちり借りを返して

 仲間を全員取り戻す!

 いいな?野郎ども!」


「アニキー!!」

「上等だ。

 たいそうな大艦だったみてぇだが

 ひとまず身軽になれて

 よかったんじゃねえのか?」


「たしかに 

 富嶽はじかの奇襲にはむかねえ。

 久しぶりにうけるおかの風もおつなもんだ。

 それにしても 毛利のやろう

 あっさり豊臣とくんじまいやがって。

 まず てめえだけで 俺との

 決着をつけるくらいの意気を

 なぜ見せなかったんでぃ?」


「あん?」

「おっと すまねぇ。

 天下へうってでるまえに

 サシでやっておきたい相手がいたのよ。

 あいにく やっこさんにゃあその気なし。

 残念ながら 俺は

 好敵手ってやつには めぐまれなかったらしい。

 どうしたい?竜の兄さん。

 誰かのことを思い出したって顔だな。」


「ああん?んん・・。Fum!

 暑っ苦しくてうるせえのが

 一人いやがってな。

 だが 次はないかもしれねぇ。

 うまれっぱなしで ピュアなのはいいが

 あのままじゃ 戦国を生き抜けねぇ。

 おそらく 人も死なせる。」


「ほう。それでもあんたが

 一目おくってことは・・。」


「ああ。Burning soul.

 とびっきり 掛け値なしなんだよ。

 この俺が 

 クールでいられなくなるほどに

 どうしようもなく熱い槍を

 振るいやがる。

 やけどじゃすまねぇ。」


「そうかい。その槍さばきを

 いっぺん おがんでみてぇもんだ。」


『どうしてやがる?真田幸村。』

敵を待ち構える島津軍。
幸村にも加勢をたのまれます。

このとき、島津義弘たちは
毛利元就率いる軍勢が
後詰にむかっていることをまだ知らず。

元就も出陣。

秀吉に状況を説明する半兵衛。

最南端は元就にまかせているというと
あの元就が安芸を離れるとは、という秀吉。

しかし元就は要塞の再建がなったら
大坂へ攻めいる気だろうと見抜いていました。

「僕達はそれを彼から奪う。」

「毛利が求めるは

 自国の安寧のみではなかったか?」


「彼の根本はたぶんかわらない。

 でも 戦略を変えざるをえなくなった。

 豊臣の脅威が彼をおいつめ

 安芸への遷都を決意させたんだ。」


「きゃつもまた 天下を狙うか・・

 愚かな。

 過ぎたる望みよ。」


最後の仕上げにかかろうという半兵衛。
信玄が薩摩と手を組んでいることも
お見通し。

毛利の要塞が大坂をまもり
最北端と九州の北方も万全。

「たのもしきは 半兵衛 貴様よ。」

という秀吉。

ひとり、地図をみながらつぶやく半兵衛。

「すまかったね 秀吉。

 思ったより 手間取ってしまった。

 もうすぐ 日の本は 豊臣によって

 君の手によって 平定されるんだ。」


しかし胸が苦しそう。

「時間だ・・時間だけが 

 僕を駆りたてる。」


慶次をたずねてきたかすが。

謙信様からの伝言で
中立を貫いたとて
豊臣は必ず敵になる
それでも己の思うように
己のやりかたでのぞみなさいとのこと。

「毘沙門天は 刃をかざし

 武勇を振るうもののみを

 加護するものではないのだから。」


さらに前田利家が出陣したと知らされます。
越後の守りに加わるつもり。

謙信様に戦をする意思はなし。
宇都宮への出陣は
武田に小田原奪還の機を与えるための牽制。

「だからこそ急げ。

 前田慶次。

 豊臣の動きはしらせる。

 つらいだろうが 

 これはたぶん

 おまえにしかできないことだ。」


「かすがちゃん。」

「私も 戦の世は好きではない。」

そのとき、夢吉がいないことに
気づく慶次。

筆頭と元親。

「さて どうせめるかだな。」

「あの〜 若狭と山城の
 
 二手にわかれるとか どうですか?」


「おう〜。」「いいね。」

「All right.

 あんたらが若狭まわりで

 奇襲をかけてひきつけろ。

 この独眼竜が カタをつけてやるぜ。」


「よっしゃ!

 あんたらが 若狭まわりで

 奇襲をかけてひきつけな。

 この西海の鬼が カタぁつけてやるぜ!」


「何ぃ?!」

「こっちにおとりになれってのかよ?!」

「あんたこそ!」

「ちょちょ・・おふたり・・・。」

「どんだけ気があってんすか。」
 
「合ってねぇ!ん?」

息がぴったりww

そこへ文がとんできて
それをみて驚く筆頭。

「あっ・・。松永久秀だと?」

「えっ?!」

「ああっ?!」




あ〜おもしろかった!東西アニキ対決。

戦いも派手派手だし
ライバルを想う気持ちもいっしょなら
お互いをおとりにと考える
俺様ぶりもいっしょなら
叫ぶタイミングまでいっしょという
気の合い方。

部下たちの「ア・ニ・キ!」「筆頭!」コールも
おかしかった。

幸村は戦いながらあんな考えてちゃ
ダメでしょう。
筆頭にもピュアなのを心配されていたけど
平和主義の慶次ともども
戦国の世では生きにくいですね。

久秀はきっぱりしてて
気持ちいいくらいです。

あと半兵衛の寿命が心配・・。



DVD「バサラ祭2010~春の陣~」







戦国BASARA弐 其の四 [DVD]

戦国BASARA弐 其の五 [DVD]

戦国BASARA弐 其の六 [DVD]

戦国BASARA弐 其の七 [DVD]







2010.09.05 Sunday 19:52 | comments(2) | trackbacks(34) | 
<< 仮面ライダーオーズ OOO  第1話「メダルとパンツと謎の腕」 | main | ジャンプ 40号感想 >>
八雲 (2010/09/05 9:44 PM)
こんばんは、BASARA9話面白かったですよね///
東西アニキ気が合い過ぎておかしかったですw
最高でした><
にしても兄貴かっこよすぎですw←

いつも拝見させてもらってます、これからも更新頑張ってください、
honey (2010/09/05 10:34 PM)
八雲さん、こんばんは。

東西アニキ対決が楽しくて
セリフも長々と拾ってしまいました。
あの息のあいかたがおかしいいですよね〜。

どうもありがとうございます(*^。^*)









戦国BASARA弐 第9話 「竜と鬼尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」 【感想】
大坂を目指す伊達軍と鉢合わせる長曾我部軍。 お互いの素性を知らぬ政宗と元親は、戦いを通して何者であるかを察知し、 その気概に触れたこ...
| 失われた何か | 2010/09/05 7:54 PM |
戦国BASARA弐 第9話 感想
戦国BASARA弐 第九話 『竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!』 長曾我部元親は生きていた。 他人の空似ではなく(笑) そういう世界なんだなと(笑)
| Kyan's BLOG IV | 2010/09/05 7:59 PM |
戦国BASARA 弐 第09話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
ワクワクした政宗と長曾我部の一騎打ち
| 記憶のかけら*Next | 2010/09/05 8:07 PM |
「戦国BASARA弐」第9話
  第九話『竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!』豊臣の本陣・大坂を目指し驀進する伊達軍勢。だが、野営をする政宗たちは突如、ある軍に襲撃される。政宗と同じく...
| 日々“是”精進! | 2010/09/05 8:11 PM |
戦国BASARA弐 第9話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
アニキが生きてたー.+゚*。:゚+ヽ(*´Д`*)ノ゚*。:゚+ 長宗我部元親、なぜか山にいた! 海賊から山賊にジョブチェンジ!?Σ(・ω・ノ)ノ 筆...
| 空色きゃんでぃ | 2010/09/05 8:11 PM |
戦国BASARA弐 第9話 「竜と鬼 尾張の激突! 爆走! 伊達・長宗我部連合軍!!」 感想
豊臣の本陣・大坂を目指し驀進する伊達軍勢。 だが、野営をする政宗たちは突如、ある軍に襲撃される! 政宗と同じく大坂を目指していたそ...
| ひえんきゃく | 2010/09/05 8:12 PM |
戦国BASARA弐 #09
「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」 筆頭の言った言葉… ごもっともでした! 思いっきり山の中に現れておきながら海賊を名乗りやがるあたりジョークのセンスはまずまずだ! さぁ!さぁ!筆頭とアニキの戦いダァww ア・ニ・キ!コ
| あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w | 2010/09/05 8:13 PM |
戦国BASARA弐第9話「竜と鬼 尾張の...
政宗VS元親!!まさかの対決に発展したこの戦。でも、こりゃ面白くなってきたぜっ!!確かに海賊が山の中に現れる時点でジョークだよね(^^)ナイスだ、政宗さま♪ギャンブルをイ...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/09/05 8:19 PM |
戦国BASARA弐 第9話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
ゆめきちが家出とか ( ´Д⊂ そして筆頭と帝王の遠恋はいつ終わるのー(´・ω・`)でも何だか片倉君からお手紙が届いて2人の恋(←)に展開がありそうです☆ ※片倉君=変態パンツ仮面のことです ・筆頭vs兄貴かっこよかったなあヽ(´▽`)/ ・00@映画のCM見る度に
|  はちみつ水。 | 2010/09/05 8:25 PM |
戦国BASARA弐 第9話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
長宗我部の残党が政宗一行の前に現れた!!(・□・) それぞれの軍の頭二人の激突は必至だけど、果たしてその結果は?
| まざまざの萌えを叫べ! | 2010/09/05 8:40 PM |
戦国BASARA弐 第九話 竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!! レビュー キャプ
クリックで別ウインドウ原寸大表示 尾張に入り野営をしていた伊達軍を「馬をよこせ!」と取り囲んだ 謎の山賊集団は、長曾我部元親率いる元海賊軍団だった。 お互いに誰だかわからない状態なので、いきなり戦いだしちゃう 熱い男二人。外野は、アニキコールと筆頭コー
| ゴマーズ GOMARZ | 2010/09/05 8:55 PM |
戦国BASARA弐 第9話 竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!
大阪へ向かう途中、遭遇する政宗と元親。
| アニメ日和 | 2010/09/05 8:58 PM |
戦国BASARA弐 第9話 「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
海賊珍走団じゃー!! 男たちは想い人(♂)が恋しくなる。 BASARA9話 
| 雑食生活の日々 | 2010/09/05 9:01 PM |
戦国BASARA弐9話
まあ、どう見ても珍走団ですよね。というわけで、「戦国BASARA弐」9話戦国ヒッチハイクの巻。筆頭vsアニキ開戦!とりあえず分かり合うためにはタイマン勝負ってとこが男らしい。戦国....
| アニメ徒然草 | 2010/09/05 9:03 PM |
バサラ2 #09 竜と鬼 尾張の激突!
テレビ版の 『戦国BASARA弐』 を見ました。 (以下 「竜と鬼 尾張の激突! 爆走! 伊達・長曾我部連合軍!!」 のネタバレです。ま...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2010/09/05 9:28 PM |
戦国BASARA弐 第9話 『竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!』
政宗さまと幸村の想いの馳せ合いでしたw らぶらぶでしたよ(*´Д`*)
| ティンカーベルをください | 2010/09/05 9:30 PM |
戦国BASARA弐 第九話 「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
 筆頭とアニキは気が合い過ぎですね。凄く同類です。
| つれづれ | 2010/09/05 9:31 PM |
Let’s dance!! 「戦国BASARA弐」 第9話の感想!
「食らってやるぜぇぇぇぇええ!!」 ・ 前回の不満をぬぐい去るかのように、 「これぞBASARA節!」ってな風味が全開の 第九...
| あるアッタカサの日常 | 2010/09/05 9:42 PM |
戦国BASARA弐 第9話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
「思いっきり山の中に現れておきながら 海賊を名乗りやがるあたりジョークのセンスもまずまずだ  そのクレイジーな得物共々 気に入ったぜ!」...
| WONDER TIME | 2010/09/05 9:56 PM |
◆戦国BASARA弐 第9話 感想
ごめんね、とことん萌えさせて貰ったよ(*≧▽≦)bb 今回は語る方向が明確なので書きやすいです(笑) そんなどのCPも両想いと判...
| HEROISM | 2010/09/05 10:21 PM |
戦国BASARA弐 第九話 『竜と鬼 尾張の激突...
戦国BASARA弐 第九話 『竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!』竜VS鬼 まさかの一騎打ちアニメならではの展開に心躍った前半でしたやっとバサラらしいバサラを見た...
| SOLILOQUY | 2010/09/05 10:30 PM |
戦国BASARA弐 #09「鬼と竜 尾張の激突! 爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
 久しぶりにBASARAらしいド派手なPartyが見られて鳥肌モンでした! そして長曾我部の「アニキ! アニキ!」コールに対抗した伊達の苦肉の「筆頭!(チャチャチャ)筆頭!(チャチャチャ)」には笑ったwww(アハハハッッ!!    web拍手を送る お互いの
| たらればブログ | 2010/09/05 10:54 PM |
戦国BASARA弐 第9話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
思いがけないパーリィだ――!  いきなり筆頭と兄貴のガチ対決! 手下たちもノリがいいのでお互いコール合戦です(笑) 伊達と長曾我部も...
| SERA@らくblog | 2010/09/05 11:14 PM |
戦国BASARA2 9話 「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
兄貴と政宗のバトルヽ(・∀・ )ノ キャッ キャッ  海賊なのに山にいたらそりゃ突っ込むよねwそして誰も信じてくれないのは必至www  部...
| 欲望の赴くままに…。 | 2010/09/06 12:01 AM |
戦国BASARA弐 「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
妙に暑苦しいチームが出来上がったな
| 説得能力はない | 2010/09/06 12:40 AM |
戦国BASARA弐#9「竜と鬼 尾張の激突!爆走...
奥州の蒼き龍と西海の鬼が激突する!!!薩摩には豊臣、毛利の軍勢が!?「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」あらすじは公式からです。豊臣の本拠地・大坂を目指...
| おぼろ二次元日記 | 2010/09/06 1:22 AM |
戦国BASARA弐 第9話 「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
「そのclazyな獲物共々、気に入ったぜ」 大阪へ向かうべく伊達軍の馬を借りようとしたアニキに対して、やはり喧嘩を売る正宗。 お互いに...
| 黄昏温泉旅館 | 2010/09/06 9:55 AM |
戦国BASARA弐 第09話 「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
みんな両思いじゃん(笑)
| 瞳にアル世界 | 2010/09/06 9:11 PM |
今週の戦国BASARA弐「第9話 竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
似たもの対決。何だか初期のノリが戻ってきたような印象です
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2010/09/06 10:14 PM |
戦国BASARA弐#9
・#8の続きでポリ宗の前に現れたのは半魚人。#6でくたばったのかと思ったが・・・ポリ宗は半魚人一行を山賊と勘違い。チーム伊達の子分らも半魚人一行にガン飛ばしてます。・ポ...
| COLONYの裏側 | 2010/09/07 10:44 PM |
戦国BASARA弐 第9話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
まずは、こちらから。 筆頭、Happy Birthday!! はい、新暦では8/5が伊達政宗公のお誕生でした♪ 「乙女座の俺には、センチメンタルなDestinyを 感じずにはいられねぇぜ、真田幸村ぁ…」 そんな怒涛の第9話、レビューいきまーす♪ …いやね、今回だけ
| 空想野郎の孤独語り | 2010/09/07 11:36 PM |
戦国BASARA弐 第九話 『竜と鬼 尾...
ぐはぁ・・・・・体の節々が痛いヨーカロナール飲んだから熱は37.6まで下がったけどぐらんぐらんするヨーーーーーーーーなのでBASARAの感想は簡易一言感想で何といっても...
| 徒然”腐”日記 | 2010/09/10 1:57 PM |
戦国BASARA弐 第九話「竜と鬼尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」
アーニーキ!アーニーキ!アーニーキ!! 筆頭チャチャチャ!筆頭チャチャチャ!筆頭チャチャチャ!!
| LIV-徒然なるままに | 2010/09/10 8:20 PM |
◎戦国BASARA弐第九話「竜と鬼尾張の激突!爆走...
チョウソカベさん生きてた。そして、マサムネの馬を狙いに来る。そして、マサムネとチョウソカベの戦いになる。マサムネ、ギャンボーいう。チョウソカベ軍がアニキ、アニキコールす...
| ぺろぺろキャンディー | 2011/01/13 4:28 AM |