<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

黒執事 II 第12話(最終話)「黒執事」

第12話(最終話)「黒執事」

眠るシエルに歌を歌うハンナ。
船に乗っていて、セバスチャンとクロードが
船をこいでいました。

先週の終りの場面の回想。

「旦那さまは シエル・ファントムハイヴの

 体を支配したまま 私と契約した。

 哀れ シエル・ファントムハイヴの魂
 
 もはや 表にでることはかなわない。

 旦那様の魂が 契約により

 解放されるまでは。」


ハンナの目には紋章が。

「その契約内容は?

 アロイス・トランシーの願いとは?」


「私と旦那様の秘密です。」

「ふん。調子に乗っている。」

「ただ これだけは

 お伝えしておきましょう。

 旦那様の願いには

 あなた方二人のどちらかが

 悪魔としての生を

 終えることが含まれている。

 どちらかが勝利し

 そして 私と旦那様の契約が

 成立した暁に 旦那様から

 シエル・ファントムハイヴの魂は解放され

 そのあとは・・。」


「ハンナ。貴殿をくびり殺せば・・」

「私のはらわたは高貴な青に輝き

 シエル・ファントムハイヴは

 生き返る。」


一行は島へ到着。

「悪魔のサンクチュアリである
 
 この島
 
 怒りにまかせ 

 ずいぶんと派手に壊したようだ。

 セバスチャン・ミカエリス。」


「ハンナさん。

 ここに私たちを

 連れてきたということは・・。」


「ここで あなた方がおこなうのは

 正式なる悪魔の決闘。」


体の中にるシエルとアロイスの意識。

「バカらしい。

 何が悪魔の決闘だ。」


「笑っちゃうよね。

 いい年ぶっこいた男が

 必死にさ。」


「アロイス・・。」

「願いがかなったら

 俺 キッチリ死んで

 ハンナに魂を食べてもらうよ。

 そしたら この体は返すから。」


「この体・・か。」

「悪いことしたよ。シエル。

 でも セバスチャンにも

 クロードにも愛されてるんだから

 贅沢すぎの罰だよ。」


「愛?気色が悪い。」

「えっ?」

「おまえはセバスチャンをわかっていない。

 あいつが 契約の内容を

 知ってしまったときに どう動くか。」


クロードが抱きかかえるハンナの口に
手をつっこんで
剣をとりだすセバスチャン。
あいかわらず気持ち悪い。

「すべての攻撃は

 悪魔にとって 致命傷にはならない。

 ですが 悪魔の剣によって

 つけられた傷だけは
 
 二度と癒えることなく そして・・。

 悪魔の剣にて 貫かれたその魂は

 完全なる終わりを迎える。いざ!」


「ひとつの剣を用いて・・。」


「ひとつの魂を巡る戦いを。」


動きだすセバスチャンとクロード。

「坊ちゃんの魂に

 刃をめり込ませるのは 私!」


とクロードが剣を手にしました。

「ちっ。」

「鋭く 深く・・

 メリメリ メリメリと!」


剣でセバスチャンを狙いますが
うまくよけるセバスチャン。
さらにこんな狭い島では
うまくうごけないと

「この島ごと

 メリメリさせていただきましょう。」


と島を破壊しようとします。
ハンナがシエルの体を安全な場所へ
避難させます。

戦うクロードとセバスチャン。
剣が谷底へ落ちて行きました。

「その剣は!」

「その魂は!」

「私のもの!!」

雨が降ってきました。
またシエルとアロイス。

「僕の復讐は 既に完了している。

 僕の残りの命は

 あいつに魂をくらわせる。

 それだけのためにあった。」


「それが 俺とハンナが

 交わした契約のお陰で

 台無しになった。」


「哀れな悪魔だ。

 何も知らないまま戦い

 何もしらないまま

 たとえ勝利したとしても・・

 その暁に手にするものは・・。」


セバスチャンが剣でクロードの胸を貫きます。

「これでもう

 坊ちゃんを

 メリメリすることはできませんね。」


「坊・・ちゃん・・の魂・・

 坊ちゃんの あまやかな魂をめぐって

 迎えるこの死は

 腐り落ちる際に なお

 芳醇な香りを放つ。」


「坊ちゃんの魂?笑わせる。

 あなたは アロイス・トランシーの魂により

 翻弄され 彼の思惑によって 死ぬ。

 あなたは 最後まで 

 あの少年の支配下にあったびですよ。」


「アロイス・トランシー・・。」

血を吐くクロードは
メガネをかけてくれるように
たのみます。

「悪魔という 長い長い怠惰な生に

 彼が 波紋を作り出したのならば

 アロイス・トランシーの魂も

 メリメリする価値のあるもの

 だったのかもしれ・・ないな・・。」


「これほどの致命傷をうけて

 よくぞそこまで舌がまわりますね。」


「あぁ・・しかし そろそろ

 終末のときが やってきた・・。」


「では 最期の言葉を。」

「ああ。

 情熱を不実に 偽りを真実に 

 野良犬を伯爵に

 それが ・・・の執 事。」


クロードが息をひきとりました。

「最後は誰の執事として消えたのですか?

 クロードさん。」


その死を感じ、叫ぶアロイス。

「クロード!」

「終わったな。」

「ああ 終わった。」

「満足か?」

「どうだろう?

 よくわからない。

 でも・・。」


「でも?」

「もう わからないままでいいや。」

アロイスが消えて行きました。

残されたシエル。

「さあ セバスチャン。

 真実はすぐ目の前だ。

 すべてを知って お前はどう動く?」


ハンナがシエルを抱きかかえていました。

「幸せが 訪れました。

 あぁ・・旦那様。

 クロードは あなたを認めた。」


「ハンナさん。」

「これで私と旦那様の契約は成立しました。

 あとは私を殺せばいい。

 あなたの坊ちゃんは

 肉体をとりもどすでしょう。

 ですが 肉体が戻ったところで

 シエル・ファントムハイヴは

 あなたにとって 死人も同然なのです。

 私たちの幸せは これで完結する
 
 シエル・ファントムハイヴは・・。」


シエルの体を抱いたまま崖からとびおりるハンナ。

回想。
アロイスに何を望むかと
たずねているハンナ。

「きまった。

 おまえとの契約で俺が願うのは

 あいつらが シエルの魂を

 手に入れられないように。」


「殺しまして?」

「いや それじゃダメだ。

 クロードの愛がすぐそこにみえているのに

 手に入れることができなかった

 俺のように。」


水に沈んだシエルをおいかけるセバスチャン。

『私にとって

 坊ちゃんは死人も同然。

 その言葉の意味するもの・・。』


ハンナはクロードの元へ。

「ジム・マッケン。ルカ・マッケン。

 クロード・フォースタス。

 ハンナ・アナフェローズ。
 
 私たち4人の愛は

 永遠の彼岸にたどりつく。」


クロードの遺体によりそうハンナ。
そしてくずれていく島。

「ルカ。やっとあえたね。ルカ・・。」

「おにい!」

「これからはずっといっしょだ!

 ハンナもクロードもいるよ!」


「うん。もうさみしくない!」

「もう さみしくないよ。

 全員!全部!幸せだ!」


アロイスの元気な声。

シエルに語りかけるセバスチャン。

『坊ちゃん。坊ちゃん。

 悪魔である私が

 執事におちてまで

 坊ちゃんに仕えた その日々。』


シエルとの日々を思い出すセバスチャン。
最初は料理も下手だったらしい。
見た目は完璧なのに味がしないとか。

『そう 私は悪魔。

 人間のえさの味など

 理解できるはずもない。

 私が理解できるのは

 人間の魂の味だけ。』


シエルが目を開くと赤い目。
その胸を貫くセバスチャン。


CM


そして、いつものようにお屋敷のベッドで
セバスチャンにおこされるシエル。
テーブルの上には指環がふたつ。

着替えもいつもどおり。
ネクタイを結ぶと

「もっときつく結んでみるか?」

というシエル。

「いえ。」

とお茶の準備。

「本日の紅茶は

 ニュームーン・ドロップを

 ご用意いたしました。」


しかしお茶は空っぽ。

「今日の予定は?」

「ございません。」

からっぽのカップなのに

「いい香りだ。」

と口をつけるシエル。

そこへメイリンがはいってきて
エリザベスがきたとの知らせ。

「坊ちゃん・・」

「今日の予定は 僕が決める。」

セバスチャンはフィニたちに
給仕をまかせ、用事をすませてくると
でかけました。

シエルにあって喜ぶエリザベス。
シエルが記憶がもどったと知り
喜ぶエリザベスと、ダンスをおどります。

蓄音器の音がはずれていました。

劉の元へやってきたセバスチャン。
セバスチャンが劉を見逃してくれたので
劉もそれにあわせて
演技につきあってくれたということに
なっていました。

シエルがしばらく
ロンドンを離れるので挨拶にきたと
箱をわたすセバスチャン。

「そしてことづてが。

『お前のことを殺してやろうと思ったが

 面倒になった。好きに生きるといい。

 ただし 僕の目に触れない所で。』」


「へえ〜。記憶がもどったんだ。」

ソーマたちにも黒い箱を渡すセバスチャン。
アンダー・ティカーにも死神たちにまで。

セバスチャンとシエルは馬車で出発することに。
使用人たちに、この屋敷は好きにしろ
焼いてしまってもいいというシエル。

「そ、そんなことできねえ!」

「どうしてだ?」

「だって ここには

 坊ちゃんとの思い出が。」


「ふっ。

 思い出になど 何も意味がない。

 僕が証明しただろう。」


セバスチャンとシエルはいってしまい
使用人たちのまえにはタナカさんが。

シエルとセバスチャン。

「あいつらの契約が完了した時

 おまえがどう動くかと

 楽しみにしていたが

 なかなかに笑えぞ。セバスチャン。

 僕を手にかけようとするとはな。」


「復讐が完了した際には

 魂をいただける・・。

 だからこそ 私は

 執事としてあなたにお仕えしてきた。」


「だが、僕はこうして生きている。」

「ええ、生きています。

 人間ではなく、悪魔として。

 あの日 アロイス・トランシーは
 
 ハンナ・アナフェローズ契約した。」


「シエル・ファントムハイヴは

 旦那様との契約により

 悪魔としてよみがえる。」


「だからこそ 私は・・。」

胸をさするシエル。
きずあともなし。

「いきなり御挨拶だな。

 悪魔として目覚める前に

 殺してしまおうと。」


「いえ 本当に悪魔としてお目覚めに

 なられたのか

 きちんと確かめておかねばと思いました。」


「なるほど。状況の正確な把握か。

 執事として 正しい選択だ。」


「私は 永遠に

 あなたの魂を食らうことはできない。」


「そう。そして・・

 僕はあの薔薇迷宮でお前に命令した。

 お前は 永遠に僕の執事だと。」


「ええ。その命令にイエスと答えた以上

 魂を食らえなくとも

 私はあくまで

 悪魔の執事ですから。」


黒い箱をあけるソーマたち。
キャンディとカード。

「Ciel Phantomhive

 Who died at Aug,26th,1889

 AGED 13 YEARS.」


薔薇の花びらが散る中
シエル抱きかかえて歩くセバスチャン。

「どこへ行きましょうか。」

「どこでもかまわない。

 どうせ行きつく先は

 人間にも悪魔にも

 誰にも平等な その場所。」


「いい気分だ。

 長い呪縛から解き放たれたような。」


「ええ その代わりに

 私が永遠の呪縛を手に入れた。」


「お前は 僕の執事。」

「私は あなたの執事・・・永遠に。」

「これから先も 

 お前の答えは ただひとつ。

 わかっているな?」


薔薇の中、とびこむセバスチャン。

「イエス マイ ロード。」



うまくまとまっていた最終回でした。
最初は印象最悪だったアロイスが
途中からかなりかわいそうな子にみえてたのですが
ハンナのおかげで弟ともまたいっしょに
なれたばかりか、大好きなクロードまで。
クロードはシエルに執着していたものの
悪魔としての長い生に飽き飽きしていたようにも
みえたので、最期にみなおしたアロイスと
いっしょというのもまた悪くないのかも。
(といっても意識がいっしょにいるって
 どんなかんじなんだろう。)

セバスチャンはシエルの魂は
くらえなかったものの
食べてしまって終わりでは
あまりにも・・みているほうがつらいので
あの二人は永遠にぼっちゃんと執事で
いてもらったほうが嬉しいです。
どうせならそのまま死亡届などださずに
ファントムハイヴ家の坊ちゃんと執事として、
人間の生活をもうちょっと楽しんでもらっても
よかったんだけど。
せめて知り合いが年をとって
いなくなるくらいまでは。
(あ、でももしかして悪魔になったら
 もう見た目成長しないのかな。)
ファントムハイヴのままで
いろんな事件を普通に
解決していく日常話で三期もいけるんじゃ・・。

グレルは毎回笑わせてくれたし
クロードもなにげに言動が
おかしかったです。
メリメリって何、メリメリって。
なので少々グロいところがあっても
コメディ色の方が強くて楽しくみられました。












黒執事 II 4 【完全生産限定版】 [DVD]

黒執事 II 5 【完全生産限定版】 [DVD]

黒執事 II 6 【完全生産限定版】 [DVD]

黒執事 II 7 【完全生産限定版】 [DVD]

黒執事 II 8 【完全生産限定版】 [DVD]

黒執事 II 9 【完全生産限定版】 [DVD]



2010.09.17 Friday 12:06 | comments(2) | trackbacks(32) | 
<< GOLD 第11話(最終話)「最終回…死なないで!母と子の号泣の結末」 | main | オトメン(乙男) 11巻 >>
ミチコ (2010/09/21 9:13 PM)
honeyさん こんばんは、とうとう黒執事 終わってしまいました。早すぎですし、また続けて欲しかったです。
honey (2010/09/21 10:35 PM)
ミチコさん、こんばんは。

1クールだけだとあっというまですね。









黒執事? 第12話「黒執事」(最終回)
TVアニメ「黒執事II」キャラクターソング01 「黒執事、熱唱」セバスチャン・ミカエリス(小野大輔)(2010/08/25)セバスチャン・ミカエリス(小野大輔)商...
| 破滅の闇日記 | 2010/09/17 12:23 PM |
「黒執事II」第12話(終)
  第十二話「黒執事」(終)永遠に・・・ハンナはアロイスを連れて・・・船を進めるセバスチャンとクロード到着したのは死の島。2人に悪魔の決闘を!体の中ではシエルとアロイス...
| 日々“是”精進! | 2010/09/17 12:25 PM |
黒執事?12話(最終回)
その発想はなかったわ。というわけで、「黒執事?」12話(最終回)もう食べられないよの巻。この結末は二人にとって甚だ不本意なものだろう。人間として誇り高い死を迎えられなかった...
| アニメ徒然草 | 2010/09/17 12:51 PM |
黒執事II 第12話 最終回 「黒執事」 の感想
黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)枢 やな by G-Tools 二人の悪魔は何処へ向かうか・・・ -公式サイト・Wikipedia- TVアニメーション 黒執...
| 24/10次元に在るブログ | 2010/09/17 1:07 PM |
黒執事II 第12話「黒執事」(最終回)
まさかの悪魔END
| 記憶のかけら*Next | 2010/09/17 1:12 PM |
黒執事II 最終話「黒執事」 感想1
てっきり 落し所は1期のおわりに繋げて 「では坊ちゃん・・・」で 終わるのかなって 思っていたんですが 思い切ったことしましたね。。これ 公式がやる??って 感じですw...
| 薔薇色のつぶやき | 2010/09/17 1:25 PM |
黒執事?第12話(最終回)『黒執事』の感想レビュー
ほう…メリメリバトルから始まって、ラストはアクマでアクマの執事ですから…とな? 個人的には、予想以上に綺麗にオチがついて良かった良かった!な最終回でした。 OP&EDもいつもと違って本編同様の映像を使った演出になっていて、なんとも太っ腹な感じでしたね。 流
| gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2010/09/17 1:49 PM |
黒執事最終回
いやぁ〜〜〜なんつーか大胆な展開だった。 原作読んでないからアレだけど、2期は完全オリジナルでいいのよね?で、原作が続いてるのにアニメを終わらせなければいけないとなると、この結末も納得っちゃ納得。 セバスはすっかり覇気を無くしてるし、ハッピーエンドじ
| 七 変 化-nanahenge- | 2010/09/17 2:21 PM |
黒執事II 第12話「黒執事」
「これから先もお前の答えはたた一つ。 …分かっているな?」 アロイスの願いにより、悪魔の2人が最後の戦いをする話。 前から最終回は...
| 日記・・・かも | 2010/09/17 2:50 PM |
黒執事II #12 黒執事 (最終回)
テレビ版の 『黒執事II』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 聖地での決闘 ...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2010/09/17 3:11 PM |
(アニメ感想) 黒執事2 第12話 「黒執事(くろしつじ)」
黒執事 II 2 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る いよいよ最終回!さあ、セバスチャンとクロードはシエルを取り戻すことが出来るのか!? *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2010/09/17 3:37 PM |
黒執事II 12話『黒執事』
アロイスと契約をしたハンナは、その契約内容をセバスチャンとクロードには秘密にし、ただ一つの事実を伝える。
| 本隆侍照久の館 | 2010/09/17 3:56 PM |
黒執事II 第12話(最終回)「黒執事」
悪魔の契約-------!!最終回に詰め込んで来たなぁ。OPもなく、EDも劇中で使う形で。でも、私的にはなるほど〜と言うオチではあったかな。間違いなく賛否両論ある形ではありますが(^...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/09/17 8:07 PM |
黒執事II 第12話「黒執事」
「私は永遠に貴方の魂を喰らう事は出来ない」 永遠に悪魔の執事――  黒執事? ついに最終回…!    OP無しで冒頭から予告で気になっ...
| WONDER TIME | 2010/09/17 8:10 PM |
黒執事II 第12話(最終回)「黒執事」
黒執事II 第12話(最終回)「黒執事」永遠の呪縛 イエス、マイロードシエル・ファントムハイブを支配したアロイスと契約したハンナハンナと交わした契約とはシエルを膝まくらし子...
| SOLILOQUY | 2010/09/17 8:25 PM |
黒執事II 第12話「黒執事」
ハンナ達が同じ船に乗り込み、向かう先は死の島―― 魂を支配されたまま契約したシエルの身体はアロイスの魂が解放されるまでは戻らないのだ...
| Spare Time | 2010/09/17 8:25 PM |
黒執事II 第12話「黒執事」
悪魔の執事ですから――。 アロイスからシエルの魂を開放するには、セバスチャンとクロードが戦い…。 二人の悪魔のどちらかが死なないとい...
| SERA@らくblog | 2010/09/17 9:13 PM |
『黒執事II』#12「黒執事」(最終回)
「私はあなたの執事、永遠に───」 アロイスはシエルの体を支配したまま、ハンナと契約してしまった。 シエルを取り戻すには、アロイス...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2010/09/17 9:25 PM |
黒執事II (2) 第12話「黒執事」(最終回) 感想
全員、全部、幸せだ! このシリーズでは強烈な当初嫌悪感さえ感じたアロイス・トラン
| くまっこの部屋 | 2010/09/17 9:39 PM |
黒執事II第12話(最終回)「黒執事」
  眠るシエルとハンナを乗せて二人の執事が漕ぐ舟は 島へと向かった。 シエルの身体を支配したままハンナと契約したアロイス。 アロイスの魂が契約により解放されるまでシエル...
| あすなろ日記 | 2010/09/17 9:58 PM |
黒執事II#12(最終話)「黒執事」感想
シエルの魂を喰らうのはどちらの悪魔なのか。復讐を遂げた時、その魂は解放される。「黒執事」シエルの魂を封印してアロイスの魂を身体に入れた。ハンナと契約を結んだシエルの身体...
| おぼろ二次元日記 | 2010/09/17 11:56 PM |
黒執事II 第12話(最終回)
「坊っちゃんの魂に歯をめぐらせるのは私。鋭く、深くメリメリと--!!」 「私は この死の島ごとメリメリさせていただきましょう」 ---その...
| shaberiba | 2010/09/18 1:07 AM |
黒執事II 第十二話 「黒執事」
 この永遠は2人にとって幸せなのでしょうか?
| つれづれ | 2010/09/18 7:48 AM |
黒執事? 第12話(最終回)「黒執事」
「黒執事」
| マリアの憂鬱 | 2010/09/18 10:12 AM |
黒執事? 第12話(最終回) 「黒執事」
「坊ちゃんの魂に歯をメリ込ませるのは私!鋭く、深く、メリメリ…メリメリと!!」 「この死の島ごとメリメリさしていただきましょう!」 ...
| リリカルマジカルSS | 2010/09/18 1:28 PM |
黒執事II 第12話 黒執事 レビュー キャプ 最終話
クリックで別ウインドウ原寸大表示 シエルの身体を支配したままハンナと契約してしまったアロイス。 セバスとクロードが到着した時、すでに契約は終わっており、 時すでに遅し・・・というわけじゃなさそう、話によると、 ハンナとアロイスの契約が達成されれば、シエ
| ゴマーズ GOMARZ | 2010/09/18 5:30 PM |
黒執事? 第12話 「黒執事」 感想
色々ありましたが最終回を迎えました。放送週が残ってますがOVAとかは放送しないんだろうな。 ハンナの目が直ってる。アロイスの目を吸収したのか?そしてアロイスとハンナが結んだ契約 それはセバスチャンとクロードのどちらかの悪魔が悪魔としての生を終える
| 起源風景 | 2010/09/19 12:19 AM |
黒執事II 第12話(最終回) 「黒執事」
黒執事II 第12話(最終回) 「黒執事」 メリメリ回(・∀・)
| 日々青春!! | 2010/09/19 1:59 AM |
黒執事II第12話の感想
シエルが悪魔になったのはまったく予想できませんでしたね。原作はまだつづいているのでシエルがたましいをセバスチャンにたべられて3期製作のめをつまれてしまうよりはましですが、それならばたましいをたべるのは3期にもちこしが無難だったような気がします。3期をつ
| PiichanのBlog | 2010/09/19 3:01 PM |
黒執事? 第12話(最終回)「黒執事」
 まさかのシエル悪魔化END。最後の勝者はアロイス。  意見は人それぞれですが、現段階でのシエルとセバスの関係を考えると私的にはBAD END。2人の間に契約以外の要素もあっての永遠の主従関係っていうなら話は別だったのですが、契約だけに縛られたセバス
| たらればブログ | 2010/09/19 4:27 PM |
黒執事II 第十二話『黒執事』(最終回)
『私は貴方の執事…永遠に』 いくらでも続けられそ〜と思ったら、ホントにそんな予感がなくもない最終回。 個人的には今回で終りにしてもいいんじゃないか…とは思うけど! 黒執事(10) (Gファンタジーコミックス)作者: 枢 やな出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
| 風庫〜カゼクラ〜 | 2010/09/20 6:32 PM |
黒執事? 第12話黒(くろ)執事
黒執事シリーズ通算第37話 エピローグ
| しるばにあの日誌 | 2010/09/21 11:55 AM |