<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

Q10(キュート) 第2話

第2話
Q10の部屋には世界名作アニメ絵本がいっぱい。
その中には人魚姫も。

そしてその部屋をみあげている中尾くん。
昨日もきてたらしくQ10目当てじゃないかと
いう小川先生のお母さん。

『うちのクラスに

 ロボットがやってきた。』


Q10 充電完了でたちあがりました。

『校長先生は 絶対秘密だというけれど

 そんなバカな話

 誰にも言えるわけがない。

 同級生がロボットって・・』


朝、Q10と登校している平太を」
カメラで狙う影山。
そのカメラで河合さんのほうを向け
そっちをうつせという平太。

「あれ 気の迷いだった。

 はまってたよな〜 俺」


でも良く考えたらそんな好きじゃないし
とごまかし、カメラをまわします。

赤い髪の上にウィッグをかぶる山本さんも
いました。

「また今日も なんらかわることのない
 
 風景です。」


朝一番で、小川先生がやってきて
Q10にストーカーをしている
中尾に、Q10をあきらめさせろと
平太に頼みにきました。

さりげなく中尾君の様子をうかがう平太。
中尾が席をはずしたすきに
ノートに書いてある文章をよみました。

『ダラダラした日常に

 突然キラキラしたものが現れる。』


Q10をみて・・「えぇ〜〜?!」

と失礼な平太。

『俺たちは キラキラしたものを

 つかむのに いつも必死で

 もし そいつを一瞬でも

 つかまえる事ができたなら

 また、ど〜でもいい教室に

 戻ってゆけるのに』


「キラキラって・・」

久保くんの御見舞いにいって
その話を相談すると

「そりゃ 恋だな」

といわれました。

「俺もやっときゃよかったかな〜」

「恋を?」

「うん。

 いや 相手は誰でもいいんだけどさ

 デートっていうか。」


「デート・・。」

「いや あるんだよ

 レイ・ブラッドべリの小説に。

 夜に散歩する話 手をつないで。

 それが 生涯 たった一度の夜になるっていう。」


「生涯に たった一度のデートが

 夜の散歩。ありえない。」


平太が想像するのは普通のデート。

「いっしょに映画みて

 2人して 涙でるほど笑って・・。」


想像図でとなりにいたのはQ10。

「やっときゃよかったなあ

 夜の散歩。

 そしたら 手術失敗しても

 『まぁ いっか』って思えるし。」


「その程度なのかよ。」

「でも この世にひきとめるものなんて

 その程度なんだよ。」


という久保君が手術室?へ運ばれるのを

「大丈夫。できるよ。夜の散歩」

とはげます平太。

「じゃあ 戻ったらダブルデートな」

このあいだのガチャガチャのカプセルを
渡していく久保君。

『俺を この世に引き留めるもの・・』

帰り道、平太は
手をつないだ仲良しカップルを
みつめます。

『俺たちは キラキラしたものを

 つかむのに いつも必死で

 もし そいつを一瞬でも

 つかまえる事ができたなら

 また、ど〜でもいい教室に

 戻ってゆけるのに』


「そっか・・。

 中尾 恋してんのか。」


また学校でビデオをまわす影山。
見覚えのない女子があらわれ
誰かと思ったら、
ウィッグをかぶらず、
髪の色がもとにもどった山本民子!

「山本?」

「山本だし!!」

「山本なんだ・・。」

山本さんが落としたピックをひろったQ10。
これはピックだよと平太が説明したのに

「これは うろこです」 というQ10。

「うろこ?うろこって なんの?」

「人魚姫」

「人魚姫 あいつが?」

山本さんの前にいくQ10。

「人間の男の人に 恋に落ちたのですか?

 男の人にあうために・・

 ひきかえに恋を失ったのですか?」


あわててQ10を屋上へつれていき
山本は人間、うろこもピックだからと
言い聞かせる平太。

「人魚姫は?」

「そんなものいねえよ!

 世界中探したって どこにもいねえの!

 作り話 まったくのウソ!」


「でも 本に・・。」

「本には ウソも書いてんの!」

「人魚姫は ウソ」

「そう ウソ!まったくのでたらめ!」

「なんのために?」

「はっ!?」

「なんのために ウソをかくのですか?」

「しっらない!知りません!」

開き直って、とにかくもう
絶対山本に人魚姫というなと言って
いってしまう平太。

人魚姫のことを柳先生にきくQ10。
藤丘くんが作ったご飯を
いっしょに食べていました。

「海でしか生きられないのに陸にきた。

 とても 無謀だと思います。」


「まぁたしかに バカだよねえ。

 たぶん 海を出て暮らすのは無理があるって

 彼女も わかってたと思うよ。

 でも ハマっちゃったのよねぇ。

 人間の男に。」


「『ハマる』?」

「食べる事も 寝る事も忘れるくらい

 好きになること。」


「それは 悪いことですか?」

「う〜ん・・普通の生活が

 おくれなくなるからなあ。」


「でも そういうことでもないと

 やっていけないんじゃないかな。

 そういうことがあるから

 明日も生きて行こうって

 おもえるんじゃない?」


とう藤丘くん。

校長のはまっていることは
あえていえば仕事・・
教育が好きだそうで氏が
キャバクラの名刺を燃やしている先生・・。

中尾君のあとをつける平太。

「平太は 今 ハマっているのですか」

「中尾くんに ハマっているのですか?」


用事があるからひとりで帰ってと
中尾君のあとをつけていく平太。

「平太は 中尾君にハマっている。」

平太とわかれた
Q10は山本さんをみかけ
ピックをかえすためか
あとをつけていきました。

中尾くんと同じ床屋にはいる平太。
中尾くんが読んでいたのは
萌え系のマンガ。
そのキャラが「誰かに似てんな」というと
突然本をひっつかんでとりもどし
でていってしまいました。

そのあと床屋さんのこわ〜い顔が、、、

髪型がかわった平太が
本屋でさっき中尾くんが持っていた本をみて
Q10に似てるんだと気づきました。

そこであった河合さんが
平太に髪型に驚ろいて
逃げていきました・・。。

モモタロス良太郎みたいな髪!!

バンドチャカのライブのあと
ボーカルにくっついて
かえる山本さん。
おっかけの子の目は厳しい。
その山本さんをみているQ10。

平太が帰宅すると
姉にも髪型をみて驚かれ
母も洗濯物をおとすくらいびっくり。
そのあと喜ばれた・・?

ハジメというアイドルタレントそっくりらしい。。。

テレビ画面の中で歌っている平太そっくりのハジメ。
うちわもDVDも持っているファンの
母と姉、大喜びで、ふりまねをさせられました。

母と姉、こわい。

髪をぐちゃぐちゃにすると

「誰の頭だと思ってんの!」

ってwww

チャカと別れた山本さんを
まちぶせていた
さっきのおっかけの子たち。
ブスとよばれぼこぼこにされているのに
チャカは気づいたのにみないふりして
いってしまい
助けてくれたのはQ10でした。

「降参です」

と白いハンカチをかかげ

「降参です。白旗は降参です。」

とあの口調でいうので
気味悪がられて逃げていきました。

倒れ込んだままの山本さん。

「痛いのですか。」

「そうじゃなくて

 死んでしまえっておもった。

 マジで死んでしまえばいいって」


ピックをみせるQ10。

「ここは 生きていける場所ですか。」

Q10と歩いている平太をつけてきた中尾。
なんとか中尾君にあきらめさせるために
ひとりトイレで

「俺の女に手ぇだすんじゃねえよ」

といっていたのをきかれてびっくり。
驚き方が半端ない。

「わかりました。やめます。」

という中尾君。

もともとQ10じゃなく
ルナちゃんというキャラが好きだったから
とあっさり。

「もしさ デートとかできたりなんかしたら

 生涯に一度の思い出とかに

 なったりするのかな。

 いや デートっていっても

 散歩するぐらいの話なんだしさ。」


その言葉にくいついてくる中尾君。

「もし ルナちゃんとお散歩できるとしたら

 3000万払ってもいいです!」


3000万今もってないけど
サラリーマンになってから
コツコツかえしていくという中尾。

なんだったら4000万でも。

「じゃあ 最後の思い出に デートしとく?

 それで 今後つきまとうのは

 一切なしということで。」


中尾君、鼻血・・。

お礼をしたいけど何もないからと
ルナの人形をおしつけました。

「深井にはわからないかもしれないけど

 それぐらいの価値が あるんだって!!」


と鼻血を流しながら言う姿が。。

平太はほしくなさそうだけど
人形をおしつけていきました。

昨日逃げた河合さんも
ハジメのファン!!
あの髪型はもうしないというと
一回だけプリクラとってくれたら
なんでもするからと
おがみたおされました。

嬉しそうにプリをとる河合さん。

その光景を影山くんに目撃されましたが
相手の子をみて影山くんはショック・・。

そのあと、「オハコ」というアイドルに
似てるらしいからと説明する平太に
河合のことはほんとになんとも思ってない
といいわけする影山君。

小川先生はデート中。
だけど携帯のアドレス交換のために
携帯の待ち受けをみたら

電柱・・。

ひかれました。
帰ろうとする女性をひきとめるため
柳先生におしえてもらった
言葉を叫んでしまう小川先生!

「お前の家賃は 俺が払うから!」

「お前の健康保険も 俺が払う!」


逃げられた・・・www

影山くんを呼び出した河合さんは
自分がアイドルオタクだというのを
みんなに言わないでほしいと頼みます。

影山くんも好きな人がいるけど
みんなに知られると絶対ひかれるから
ほんとのこと言えないしというと・・
河合さんに誤解されまくり。

「あ、もしかして すきなやつって

 私とおんなじハジメだったりして」


「いや・・そうじゃないんだけど・・」

「じゃ ヤスのほうなんだ!」

ヤスの話でもりあがる河合さん。

言われるままにうなづいてくれる
影山くんに、感動したようです。

「こんな話 ネット以外でしたことなかったから。

 奇跡ってあるんだね。」


「ねぇ!ねぇ!あるよね!奇跡!

 あるよ 奇跡」


影山君、嬉しそう。

中尾とデートしてくれないかと
Q10に頼む平太。

「なぜですか?」

「中尾が喜ぶ。」

「パフ」

「いいの?」

「平太は 中尾君が好き。

 平太は 中尾くんにはまってる。」


それは違うという平太。

「では なぜ中尾君を 

 喜ばせたいのですか?」


「それは・・

 だから いろいろあんだよ。

 一口では 説明できないこととか。」


「平太は 中尾君を喜ばせたい。」

「それは そうなんだけど・・。」

「中尾君のことが好き。」

「わかった。じゃあそういうこと・・。」

「平太は 中尾君を喜ばせたい。」

Q10がくりかえすので
そういうことにしました。

小川先生のお母さんから
テルレルボーズの作り方を
おしえてもらっていっしょに
作るQ10。

平太の部屋にはいってきた父は
壁にはってあったメモの
「デート」を勝手に誤解。

「いいなあ。デート。」

平太はルナちゃんのコスプレ衣装を預かり
緊張ばりばりで待つ中尾くんのまえに
ルナちゃんのコスプレをしたQ10を
つれていきました。

中尾君、感激したようです。

デートするふたりの写真を撮る平太。
いつのまにか横に柳先生が!
先生は合コンらしいです。

「意中の人 いました?」

「『意中の人』だって。」

「じゃ なんていうんですか?

 よさそうな人?」


「『よさそうな人』

 ダメだよ それじゃ。」


「お似合いの人。」

「あのね 恋は革命ですよ。

 自分の中の常識が

 全部ひっくりかえっちゃうようなものなの。

 お似合いの人とか よさそうな人とかじゃ

 永遠にひっくりかえらないでしょ。」


「はぁ。」

「つまり

 そんな程度の奴とは

 恋はじまらないってことですよ。」


「なるほど。」

撮った写真をちょうだいね、と
いって立ち去る先生をひきとめる平太。

「あの!

 もし恋に落ちて

 常識がひっくりかえってしまったら

 そのあと どうなってしまうんですか?」


「違う自分がいる。

 それが 恋だよ。」


またチャカとデートしている山本さん。

「チャカが好きなのは 私じゃないよね。

 白いワンピースとか、細いヒールの靴とか

 肩のとこで クリンとした髪とか

 ちっちゃくて かわいいバッグとか・・。」


「何 いってんの?」

「私 実は人間じゃないんだ。」

「え?」

海にとびこんだ山本さん!

「私 人魚姫だったの!

 私 無理してたの!

 チャカ こっちに来れる?

 来れないよね!

 だって

 生きてる場所が違うんだもんね!」


海にもぐる山本さんをみて
にげていくチャカ。

そのあと海からあがり
靴をなげすてストールをはずし
服のボタンをはずすと
ポケットの中のピックをみつけます。

「私が生きていける場所・・。」

ぎゅっとピックをにぎりました。

デート中のQ10と中尾君。

「中尾くんは 明日も生きて行こうと

 思いますか?」


「思います。たぶん

 明日も 明後日も その次の日も

 ずっとそう思います。」


Q10の手をとる中尾君。

「約束する」

「約束です」

手をつないで歩く二人をみつめる平太。

デートがおわり、
中尾くんにマスコットと
コスプレ衣装をわたし
写真も焼いて渡すというと

「一生の宝物にする」という中尾君。

「本当にこれで気がすんだのかな。」

「充分だよ。

 しょうもないサラリーマンの

 おっさんになっても

 これさえあれば 俺

 生きていけると思うし。」


「ホントにそれでいいのか?」

「だって 仕方ないじゃん。

 好きになった人が

 二次元の人だったんだからさ。」


「平太 草!」

と木をゆびさすQ10。

「葉っぱ」

Q10と帰る平太。

「平太は 中尾くんにハマってる。」

「だから 違うっつってんだろ。」

「平太は 中尾君をよろこばせたい。」

「あのな・・」

「Q10 眠くなりました。」

エネルギー切れで意識を失い
平太にもたれて眠るQ10。

「うそ?こんなとこで・・。」

Q10をささえながら語る平太。

「何で 俺が 中尾なんかに

 ハマんなきゃなんないんだよ。

 俺があいつを喜ばせたかったのは

 あいつは俺よりえらいと

 思ったからだよ。

 堂々と 人間じゃないものが

 好きだって言えるあいつがさ。

 俺はたぶん あいつより臆病だ。

 俺だったら そんなこと

 人に言えないし

 そんなものが好きだって

 自分で認めんのも 怖いと思う。」


Q10が涙をながしているようにみえましたが
雨でした。

「なんだ 雨か。

 俺 一瞬 涙かと思ったよ

 バカ ありえねえっつの。」


お店の軒下であまやどりしれ
濡れないように足にビニールをかぶせ
ガムテープも。
流れる雨が涙みたい。
それをぬぐってあげて
頭からもビニールをかぶせてあげました。

そのまま背負って帰る平太。

濡れているテルテルボーズ。

Q10は小川先生のお母さんに
ふいてもらいました。

小川先生の部屋にあった
電柱の写真をみつける平太。

「電柱 好きなんですか?」

「あ・・なんだよ?

 笑ってんのか?」


「いや ちょっと感動しちゃって。」

「何が?」

「俺は鉄塔がすきなんです。」

「えっ?そうなの?」

「笑われるかと思うから

 誰にも言えないけど。」


「わかる わかる。 俺もそう。

 絶対 人に言えない。

 なかなかわかってくれねえもんな

 こういうのな。」


「いいのかな?」

「ん?」

「そんなもんが好きでも。」

「何 言ってるんだよ?

 いいにきまってるだろ!

 人間 何を好きになったっていいんだよ!」


笑顔になる平太。

Q10は充電中。

平太が自宅にもどると
父がゴミをあさっていました。

箸袋を探しているそうで
初任給をもらって初めて
女の人(妻じゃない)と食事にいったときの
ものを大事に持っていたそうです。

「今も忘れられないんだ。

 そんな昔のことなのに。」


「その人のことが
 
 今でも好きとか そういうんじゃないよ。

 でも

 あの時の気持ちをとっておきたいのよ。」


箸袋、発見。
父、大喜び。

『久保の言う通り

 この世に引き留めるものなんて

 ささやかなものかもしれない』

「はい 夜の散歩」


と久保君に、Q10のデートを
顔を久保君にした合成写真を渡す平太。

笑う久保君。
まだしゃべれないので

「笑うと苦しい」

と紙にかいてみせると
さらにもう一枚。

せき込む久保君。

『俺たちは キラキラしたものを

 つかむのに いつも必死で

 もし そいつを一瞬でも

 つかまえる事ができたなら

 また、ど〜でもいい教室に

 戻ってゆけるのに』


アイドルの研究をする影山君。
山本さんは自分でバンド。

来週、休んでいた富士野が登校するという先生。
新学期からずっと休んでいるそうです。

小川先生が家をたずねると
なぜかQ10の写真をみている富士野さん。

「でてくるのは

 いつでもいいんだからな」

というと、だまって会釈。

朝、中尾君といっしょに登校するQ10。

鉄塔をみあげる平太。

『俺を この世にひきとめるもの』

小川先生と柳先生の言葉を思い出します。
中尾くんのいうまま
ポーズをきめるQ10。

『そっか 俺 恋してんのか』





二話目もおもしろかった!!

Q10がロボットなのを
知っているのに平太が恋を自覚。

二次元が好きだからと言いきって
堂々と生きる中尾君もご立派。
だけどただ生涯一度の思い出で
本当にいいのかとは思います。

生涯に一度の思い出があれば
それでいいと久保君もいってたけど
生きてたらもっともっと・・と
高望みしてしまいそう。

男のために自分をいつわっていた
らしくない山本さんでしたが
海にとびこむシーンはほんとにかっこよかった!!

柳先生の恋についての言葉も
すごく説得力あったし
(本人、恋人いないのが問題だけど)
最後にでてきた富士野さんも
福田麻由子ちゃんなので存在感ある!





深井平太  佐藤健
久戸花恋(Q10)  前田敦子(AKB48)
山本民子  蓮佛美沙子
影山聡  賀来賢人
藤丘誠  柄本時生
河合恵美子  高畑充希
中尾順  細田よしひこ
富士野月子  福田麻由子
深井武広  光石研
深井ほなみ  西田尚美
深井千秋  松岡璃奈子
久保武彦  池松壮亮
小川しげ  白石加代子
小川訪 - 田中裕二(爆笑問題)
小野武彦 岸本路郎
柳栗子   薬師丸ひろ子

















2010.10.23 Saturday 23:32 | comments(0) | trackbacks(14) | 
<< バクマン。第4話 「時と鍵」 | main | 天装戦隊ゴセイジャー 〜epic36 「走れ、アグリ!」 >>









【Q10(キュート)】第2話
オレをこの世に引き止めるものオレたちはきらきらした物を掴むのにいつも必死で、そいつを一瞬だけでも捕まえることができたら、またどうでも良い教室に戻っていけるんだけど。中尾...
| 見取り八段・実0段 | 2010/10/23 11:40 PM |
ドラマ「Q10」第2話「ここは生きてゆけ...
オタクがQ10に恋-----------!?中尾というクラスメイトがどうやら毎日のようにQ10を探っているよう。Q10をキラキラした世界だと称した中尾。中尾はQ10に恋をしているのか-...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/10/23 11:44 PM |
Q10 第2話:ここは生きてゆける場所ですか?人魚姫とオタクの恋
恋!?(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン 「人間、何を好きになってもいいんだよ」 「自分の中の常識が全部ひっくり返っちゃうようなものなの」 「あの時の気持ちを取っておきたいのよ。怖いものなん...
| あるがまま・・・ | 2010/10/23 11:49 PM |
Q10(キュート) 第2話 恋
『ここは生きてゆける場所ですか?人魚姫とオタクの恋内容Q10“キュート”(前田敦子)を預かる教師の小川訪(田中裕二)と母・しげ(白石加代子)は、家の外に妙な少年を見つけ...
| レベル999のマニアな講義 | 2010/10/23 11:59 PM |
Q10(キュート) #02
『ここは生きてゆける場所ですか?』
| ぐ〜たらにっき | 2010/10/24 12:36 AM |
ドラマの森|Q10(第2話)
「俺たちはキラキラしたものをつかむのにいつも必死でもし、そいつを一瞬だけでも捕まえることができたならまたどうでもいい教室に戻っていけるのに」そうノートに書き記した中尾「...
| ドラマの森|ブログレビュー(by楽天) | 2010/10/24 12:40 AM |
「Q10」 第2話 ここは生きてゆける場所ですか? 人魚姫とオタクの恋
 さて、小川(田中裕二)は、クラスでオタクと認知されている中尾(細田よしひこ)が、キュートに並々ならない関心を抱いているのに気づき、諦めさせるよう平太(佐藤健)に指令を出しました。  観察しているうちに平太は、中尾のノートに書かれた文章を発見・・・
| トリ猫家族 | 2010/10/24 1:06 AM |
「Q10」第2話
 第2話Q10が教室にやってきて数日。担任の小川は平太のクラスメイト中尾がQ10をつけ回していることに気づく。中尾はQ10に恋心を抱いていたのだった。Q10がロボットで...
| 日々“是”精進! | 2010/10/24 6:36 AM |
Q10(キュート) (第2話 10/23) 感想
10/16から日テレで始まった『Q10(キュート)』(公式)の第2話 『ここは生きてゆける場所ですか? 人魚姫とオタクの恋』の感想。 毎週テーマで括って、主人公が成長していくのは面白い! 説明ばかりの第1話より、格段に面白くなった第2話。だらだらと平太と
| ディレクターの目線blog | 2010/10/24 9:51 AM |
「Q10」第2回〜連佛美沙子は切ない人魚
「Q10」第2回 【 アンチAKB 】  AKB総選挙で感情あらわに序列を争う前田敦子らは、恐ろしいほどエネルギッシュ。  エロい雰囲気のグラビアやCMも平気で売り物にする彼女たちは、前へ前へ、中央へ中央へという強烈なベクトルをむき出しにしてる。  
| 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) | 2010/10/24 10:31 AM |
Q10 ここは生きてゆける場所ですか?人魚姫とオタクの恋
前田敦子のQ10“キュート”演技は、ますます相手を選ぶ感じですが、見る者を摩訶不思議ワールドに誘い込み、独特の余韻を残す木皿ワールド・絶好調! 今回もシュールで切ない味わいがヨカッタです。 「僕たちはキラキラしたものを掴まえるのにいつも必死で  も
| のほほん便り | 2010/10/24 2:30 PM |
Q10(キュート) 第2話
平太(佐藤健)が転校生としてやって来たキュート(前田敦子)の面倒をみるように なって数日経ったころ、担任の小川(田中裕二)は、平太のクラスメイトの中尾純 (細田よしひこ)がキュートを付け回していることに気付く。 中尾は自分の好きなマンガのヒロインにそ
| ぷち丸くんの日常日記 | 2010/10/24 4:29 PM |
【Q10(キュート)】第2話と視聴率「人魚姫と...
【第2話の視聴率は10/25(月)追加予定】今回も叙情的で、キラキラ光ってました♪(^^)「恋は革命」、いいですね♪私はまだそんな恋をしたことないですが、してみたいものです♪(...
| ショコラの日記帳 | 2010/10/24 7:40 PM |
「Q10」(第2話:「ここは生きてゆける場所ですか? 人魚姫とオタクの恋」)
10/23に放送された「Q10」(第2話)は、小川先生(田中裕二)が、中尾君(細田よしひこ)がQ10(前田敦子)をつけ回していることに気づく、というところから話は始まる。鉄火丼が今回のエピソードを一通り見終わった後、心に残った言葉とは…?
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2010/10/30 1:06 AM |