<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

咎狗の血 第10話「結脈/il re」

第10話「結脈/il re」
イル・レとの戦いに挑むリン。

アルビトロの屋敷を訪ねてきたアキラ。
コロシアムで試合があるから通せないという
門番を倒して中へ入ります。

イル・レはやはりシキ。

「これで 誰にも邪魔されずに戦える。

 あんたとの決着をつける。」



OP


アキラは屋敷の中の警備員も倒して
コロシアムへ。

シキとリン。

「手加減なんかしたら 死ぬよ」

「お前は昔から

群れをつくるのが好きだったな。

 仲間のところにおくってやる。」


シキに剣でかかっていきますが
かわされました。

「雑魚が。その例度で・・」

リンは剣をとばされ
首につきつけられました。

「これで楽にしてやる。」

楽しそうに見守るアルビトロたち。

そこへはいってきたアキラ。

「おまえが・・イル・レ。」

「なぜここに?」

「リンは 殺させない!」

「雑魚が二人そろったところで

 逃げられると思っているのか。

 終わりだ。」


そのとき砲撃の音と振動。

リンの手をつかんで連れだすアキラ。
剣をしまうシキ。

アルビトロは処刑人に二人を
捕えるよう命令。
アキラは無傷でとらえるようにいいました。

外へでたふたり。
空から爆撃されていました。

逃げまどうアルビトロを
救うシキ。

おそらくCFCだろうというアルビトロに
それじゃなく、なぜアキラをおっている?
と問い詰めました。
誤魔化すアルビトロにだまされないシキ。

「非(ナル)ニコル・・

 といえばおわかりかな。」


リンの手をひいて逃げるアキラ。

建物に逃げ込みました。

「殺せよ!」

と叫ぶリン。

「なんで ほっといてくれなかったんだ!」

「よけいなことしやがって!

 なんでそうやって

 首突っ込んでくるんだよ!

 お前のやってることは

 ただの自己満足の偽善なんだよ!」


「リン あいつ・・

 イル・レがお前の目的なのか?」


「ああ そうだ かたきだ。

 俺の仲間のな。

 なのにお前が邪魔した!

 あのまま殺されてりゃ

 そのまま全部終わったんだ!」


「俺は お前を死なせたくない。」

「なんでだよ?

 俺はお前を裏切ったんだ。

 あのとき タグを奪った時
  
 本気で殺すつもりだったんだよ!

 もう 俺にかまうな

 ほっとけ!」


リンをひっぱたくアキラ。

「人を信じるのが そんなに怖いか?

 信じて 信じられて

 けど いつかまた

 突き放されるかもしれない。

 それがこわいんじゃないのか?」


「何しったふうな口きいてんだよ。

 黙れよ!」


「リンは わざと人をよせつけないように

 ふるまっている。

 もう二度と 裏切られないために。

 傷つかないために。

 俺にはそう見える。」


「黙れって言ってんだろ!
 
 みんなどうやって 口先だけだ!」


「俺は リンを裏切らない。」

「そんなの・・なんか証拠でもあるのかよ?」

「証拠はない。けど

 リンが俺を信じてくれなきゃ

 証明もできない。」


「もし裏切ったら

 殺すよ 俺

 おまえのこと 殺すよ 絶対。」


「裏切ったら殺していい。

 だからここからいっしょに出るんだ。

 教会で源泉のおっさんが待ってる。

 行こう。」


そこへキリヲとグンジが
やってきました。

「み〜つけたぁ〜!」

アキラとリンは二人バラバラになって
逃げることに。

「アキラ!あとでおちあおう!

 じゃあね!」


「ちっ だりぃ。行くなよなあ。」

「行くなって言われて

 行かないバカがいるかってーの!」


アキラはグンジと戦います。

外へ出たアキラはそのまま逃走。

「子猫ちゃ〜ん あそびましょう〜!

 逃げても無駄だっての。

 いい声でなかせてやっからさあ〜!」


ケイスケはしんどそうに棒を杖代わりに移動中。
倒れてしまいましたがそこへ近づいてきたのは
ナノ。


CM


アキラをおうグンジ。

狗もあらわれみつかってしまいます。

「またまたみ〜っけた!!」

とりおさえられるアキラ。

「あきらめろよ。もう逃がさねえからよ。

 殺す前に楽しませてもらうとすっか。」


そのグンジの後ろから近づいて
殴り飛ばしたのはまたまたナノ。

「あんた・・・は。」

アキラを抱きかかえて空をとぶナノw


「なんだ ありゃ?人間かよ。

 きったねえ・・」


回想。

昔アキラがナノにあったときのこと。
ベンチにひとりすわっているナノ。

「こんなところで

  友達でも待ってんの?」


「友達・・ずっと一人だ。」

「さびしくないの?」

「さびしいっていうのは

 どんなかんじだったかな。」


「俺がいっしょにいようか?」

首をふるナノ。

「じゃあ 次は?」

「次?」

「今日じゃなくて次なら

 もう無理じゃなくなってる?」


アキラの髪と頬にふれるナノ。

「次にあったら・・ あえればいいな」

ナノの手を握るアキラ。

「約束。僕 嘘つかないから。」

「手を 握ってくれるのか。

 あたたかいな。」


ナイフをとりだしアキラに渡します。

「約束の かわり。」

そういって去ったナノ。

アキラは目をさましました。
手にはあのときのナイフ。
そばにケイスケも眠っていました。
そしてナノも。

「答えはわかったか。

 見ようと思わなくとも見えるもの。

 見ようと努力しても見えぬもの。

 それは 何か。

 夢だ。」


「俺 あんたを知ってる。」

「うん。」

「あんたはいったい・・。」

しかし立ちあがるナノ。

「客がきたようだ。」

客=エマたち。

「俺がイル・レを倒せば
 
 話は終わるんじゃなかったのか?」


「終わらんな。

 我々の目的はそんな簡単なものじゃない。」


「我々の本当の目的は

 この男n(ナノ)だ。」


ナノを捕えるためにこれまでも
多くの同じ孤児院出身者であるものを
おくりこみ、ようやく
非ニコルのアキラに反応したというエマ。

アキラに殺人の罪をきせ
トシマにおくりこんだのも
ナノをおびき寄せるため。

銃をつきつけるエマ。

「待て。エマ。

 我々の任務はプルミエを連れ帰ることだ。」


ととめるグエン。

「知ったことか。」

「お願いだ。

 あなたを死なせたくない。」


と言った瞬間に撃たれたグエン。

「私は 今日 この日の為に生きてきた。」

さらにグエンを撃つエマ。

「あんた・・。」

「おしえてやろう。

 そいつの名はNicole Premier

 軍の実験体だ。」


「実験体?」

「そう。おまえたちが

 『ライン』と呼ぶものを

 作り出すためのな。

 プルミエの血液こそがライン。

 そして それをトシマばらまいていたのが

 この男ということだ。」


「人は堕落した。

 欲深く 恥を知らず

 自分たち以外のすべてに

 牙をむき 頂点にたとうとする。

 そして俺もまた同じような存在。」


「軍はまたおまえを再び

 研究所に連れ戻そうとしている。

 いつおわるともしれない

 永遠の苦痛がまた始まる。

 お前を救えるのは 死だけだ!」


ナノに銃を撃つエマですが
ナノが先に腕でエマを貫きました。
グエンと並んでなくなるエマ。

「どうして・・」

「すべてを終わらせるためだ。

 この手には 命が染みこんでいる。

 いくつもの命が。

 それでも握ってくれるか。」


そこへあらわれたシキ。

「彼は・・」

とケイスケをみてたずねるナノ。

「友達だ。大切な。」

「つれていけ。」

ケイスケを抱き上げて運ぶアキラ。




エマはナノを救いにきたの?
それともものすごく恨んでるとか?
どういう因縁があるのか
ちょっとよくわからなかった。
軍に引き渡すより殺すために
ずっと狙ってたいうのは
何かあったんでしょうね、個人的に。

リンにアキラの言葉も
ちゃんと届いて
ひねくれ小僧からまた戻って
くれたのがよかったです。
けどアキラたちがトシマにきて
どのくらいたってるのでしょう。
屋上のパーティーとかあったけど
そんなに長いこといっしょにいたような
気がしないので・・。

シキもナノにあってどうしたいのか
アキラの非プルミエの意味も。











 
2010.12.10 Friday 10:57 | comments(0) | trackbacks(13) | 
<< 医龍3 第9話「遂に来た!最強の仲間!絶対に許せない過去の男…お前は俺が救う!」 | main | SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜第9話「冥王降臨」 >>









咎狗の血 第10話「結脈/ilre」
咎狗の血の10話を見ました。第10話 結脈/ilre「これより試合を執り行う、イル・レの入場だ!!」CFCと日興連の軍がトシマに迫る中でイル・レ戦が開かれ、無人のコロシアムにひとり佇む...
| MAGI☆の日記 | 2010/12/10 11:32 AM |
咎狗の血 #10 結脈/ilre
イルレ回ですよ! イルレ様がついに登場! 闘技場でイルレを待ち構えるリン。 現れたのはシキ! シキこそヴィスキオを束ねる王、イルレだったわけですw リンはそれを知っていて、誰にも邪魔されずにシキと戦う道を選んでいたわけですね。 イルレ様、バーン!
| 4月の森 | 2010/12/10 11:33 AM |
咎狗の血 第10話「結脈/ilre」
イル・レ登場--------------!!ついにタグを揃え、挑戦者が現れる。コロシアムへの扉が開かれる。リンの前に現れたのは----------シキ!!「あんたと決着をつける-----------!!」・・・あぁ...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/12/10 11:43 AM |
咎狗の血第10話『結脈/il re』の感想レビュー
シキさん、マジ、イル・レ!回でした。 最近安定してきた気がした作画ですが、今日は綺麗な所と初期の雑な感じのところが混ざってたような。 お話的には、リンを追いかけて闘技場へ向かう途中でシキ=イル・レという事実が確定。 アキラさんが駆けつけた...
| gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2010/12/10 12:14 PM |
咎狗の血 第10話「結脈/ilre」
やっと 話が動いて面白くなってきたけど もう10話・・・。そして ここへきて まさかの 作画。アップは ほとんどみんな美人さん(若干アキラが・・・)だったけどロングは ...
| 薔薇色のつぶやき | 2010/12/10 1:43 PM |
第10話 『結脈/ilre』
本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 ちょっと何ですかね、これ……。10話まで頑張って感想書いてたけど、本気でくじけそうになりました。 作画も今までで一番酷いし、話も「ん?は?」みたいな感じだし… あんまり文句は言
| 冴えないティータイム | 2010/12/10 5:11 PM |
アニメ「咎狗の血」 第10話 結脈/il re
CHAYAMACHI CHiRAL WORKS(2010/10/01)茶屋町 勝呂商品詳細を見る それでも握ってくれるか。 「咎狗の血」第10話のあらすじと感想です。 命がしみ込んだその手。 (あらすじ) 開かれたコロシアムへの扉...
| 渡り鳥ロディ | 2010/12/10 6:49 PM |
咎狗の血 #10 結脈 / ilre
テレビ版の 『咎狗の血』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) イル・レの正体  
| ビヨビヨ日記帳2 | 2010/12/10 7:05 PM |
咎狗の血 第10話「結脈/il re」
「雑魚が二人揃ったところで  逃げられると思っているのか 終わりだ」 リンを助けにコロシアムへと向かったアキラ! さらに、ナノの事も色々と明らかに…! 【第10話 あらすじ】 CFCと日興連の軍がト...
| WONDER TIME | 2010/12/10 8:01 PM |
『咎狗の血』 10話「結脈/il re」 ナノちん。
さて。イル・レ戦 リンの前に現れたのは、シキーーーw(゚o゚)w オオー! わっ。これって、兄弟対決じゃん。 シキがヴィスキオの王イルレのようで、リンは勝ち目がないことも分かっ ...
| 日刊 Maria | 2010/12/11 1:10 PM |
咎狗の血 第10話 結脈/ilre レビュー キャプ
シキ(イル・レ)と決着を付ける為にタグをアキラ達から奪い 城に向かったリンは、ついにコロシアムでイル・レと対峙する。 アキラはリンを追って城へ、フロントエントランスを突破し コロシアムへ向かう! リンとシキの戦いは始まって早々、シキがリンを圧倒し 間も
| ゴマーズ GOMARZ | 2010/12/12 4:53 AM |
咎狗の血 第10話「結脈/il re」
ついにイル・レとの対戦。 リンの前に現れたのはシキ! シキがイル・レだったのね。 決着をつけると挑むリンですがぜんぜん無理(汗)  ▼ 咎狗の血 第10話「結脈/il re」  アキラが助けに来て、軍の攻撃のどさくさに脱出。 しかし処刑人が追撃してくる…
| SERA@らくblog | 2010/12/12 12:26 PM |
◎咎狗の血第10話「結脈/ilre」
リンがタグを全て集め、イルレに挑戦する。イルレはやっぱりシキだった。アキラは屋敷に侵入する。拳銃もったキラボシの人を倒しつつさきにすすむ。リンはイルレと戦うがあっさり負...
| ぺろぺろキャンディー | 2011/05/13 2:50 PM |