<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

Q10(キュート) 第9話(最終話)「愛も勇気も平和も地球上にあると思えばきっとある」

第9話「愛も勇気も平和も地球上にあると思えばきっとある」
『あの日

 Q10のリセットボタンを

 いわれるままに押してしまったあの日以来

 何をどこから考えればいいのか
 
 全く分からず

 俺の中の何かが 止まってしまった

 何だろう この感じ

 すべてが遠くに感じる

 言葉の意味がよくわからない

 人が人に見えない

 風景は作りものみたいだ

 なんで しゃべらなきゃなんないんだろう

 なんで食べなきゃなんないんだろう

 何も聞きたくない 何もみたくない

 自分は人間で まだ生きていて

 なのに Q10はもういなくて

 会いたい

 会いたい

 会いたい

 たとえ 本物でなくてもいいから

 もう一度だけでいいから

 遠くからでもいいから

 会いたい』


鉄塔の下にひざをかかえてすわる平太を
みている月子。

理科室にやってきた月子は
Q10の歯を発見。

「あった〜」という柳教授の声。

「そっちも探し物見つかった?」

「最悪。

 いつ仕込んだんですか?」

「あなた 深井君に言ったでしょう」

『深井平太にしかできないこと。

 でも 絶対にやってもらわなきゃならないこと』

「そうか〜。

 深井君にリセットボタンおさせたいんだ

 って思った。

 だから 万一のこと考えて

 Q10のリセットボタン 

 入れ替えておいたの。

 深井君が押したときは

 Q1Oに リセットされたフリをするよう

 頼んだの。

 そして すきをみて 逃げてこいって

 言ったんだけど

 その様子じゃ ちゃんと逃げたみたいね。」

「Q10は どこ?」

「発信機みたいなの つけてんでしょ。」

「だから これが発信機なの。」

「うそ?」

「Q10を連れて帰らないと

 たいへんなことになります。」

「『たいへんなこと』って?」

「世界が大きく歪んでしまう。」

「じゃあ そのことを 深井君に説明して

 納得してもらうしかないわよね。」

「それは無理です。」

「どうして?」

「人は見たものしか信じない。

 私が 説明したって 到底

 信じてもらえないと思います。」

「だから 深井君に

 目に見える形で脅しをかけたってこと?」

「他に方法がありますか?」

「あるわよ。

 心に訴える。」

「そんなの奇跡です。」

「2010年には まだあるのよ

 奇跡。」


笑顔の柳教授にほほ笑んで歯を投げていく月子。

一人 夜道を歩く平太。

『そっか クリスマスなんだ

 サンタさんお願いです

 もう一度 Q10にあわせてください

 もし そんな奇跡をおこしてくれるなら・・』


そのときその奇跡が。
目のまえにサンタコスのQ10がいました。

「わ〜!わ〜!わ〜! 雪〜!雪〜!雪〜!」

そばには中尾君のトナカイ。

「声出しちゃダメだって。

「見つかっちゃった だよ。」

「逃げる だよ ぱお〜ん。」

「Q10!」

走っていってQ10の手をつかむ平太。
こちらをふりむくQ10。

平太はQ10を抱き締めました

『もし そんな奇跡を

 起こしてくれるなら

 この先 一生 何もいりません』


Q10をしっかり抱きしめる平太。

中尾くんの部屋で事情をききます。
リセットボタンもおしてないし
柳教授がたよってきたからという中尾君。

「なんで中尾なんだろう」

Q10の手をつなぐ平太をみて
叫ぶ中尾君。

サンタなのは時節柄。

見つめあうふたり。
平太は嬉しそう。

久保君の病院にいくと
病室の外に民子がいました。

中にはいる平太。
ノートにかかれたギター。
久保君が目をあけました。

「気分 最悪だろ?」

と手を握ってあげました。

そのあと民子と話す平太。

「1週間も?なんで・・。」

「私は 偶然来て知ったの。

 深井君には 知らせてほしくないって。」

『おまえは 今 幸せなんだ

 もうここは お前の場所じゃないんだなあ』

といっていた久保君。

「怖いんだ・・。

 自分でもわかってる。

 ビビった顔してんだろうなって。

 だから 毎日 ここくるのに

 病室入れない。

 久保君がよくないの

 本人にばれたらどうしようって。
 
 全然 勇気なくて・・。

 私 愛が足りないのかな?」

驚いて民子をみる平太。

中尾君の部屋で
リセットボタンを元にもどす柳教授。

「今度 リセットボタンおすときは

 深井君が自分で押すと思うよ。」

「それはありえない。

 深井が絶対自分で 押すわけない

 押す要素がない。」

「富士野さんと心が通い合うかもしれないじゃない。」

「心が?通い合う?

 んなわけないですよ んなわけ!

「押してしまったら また事になるんですよ。」

「違うわよ。

 わけがわかないうちにおすのと

 自分から考えて押すのとは 全然違う。」

「だから 深井が自分で押すわけ

 ないじゃないですか。」

「あら・・ なんだろう?これ

 これ 何?」

Q10の口の中から、メモがはいった
カプセルをみつけた柳教授。

「しりません。」

平太に会う月子。

「Q10にあえた?

 あいかわらず 深井君ってわかりやすい。

 リセットボタン おしてくれないかな。」

「いやだ。」

「このままQ10をおいておくと

 世界は大きくかわってしまうの。

 深井くんのせいで 2つの文明が滅びて

 1つの言語が消滅する。

 ピンとこないでしょ?

 今 地球の上で 9億人の人が飢えている。

 今 こうしている間にも

 戦争や紛争で人が人が死んでいってる。

 でも深井君には関係ない話だもんね。

 今日もどこかで

 大切な人を失って

 もう涙さえ出ない人もいる。

 でも そんなの

 みえなかったら ないのと同じだもんね。」

「俺が押さなかったら・・人が死ぬの?」

「560万人。」

空には月。

そのことを中尾君に話すと
そんなことは富士野月子のついた
嘘にきまってるという中尾君。

藤丘の机が廊下にだされていて
藤丘元気なのかなという影山くん。

「なんか毎日みてないと

 ものすごく遠く

 いっちゃったような気がする。」

「でもすぐそこのパンやにいるって。」

「それはわかってんだけどさ」

そういえば久戸もみないというと
明日から学校でてくるって
言ってたよね、という月子。

「長く休んでも

 みんなさほど気にしてないんだよな。

 俺もカナダとかいったら

 そうなっちゃうのかな。

 みんなの中では

 死んじゃったも同じ みたいな。」

河合さんに民子が休んでいるのことを
たずねる小川先生。
山本と仲いいのかと思い込んでたと
あやまる先生。

帰り道、河合さんをみかける影山君。

「どうしたの?」

「私 最低なの。」

「何が?」

「私 山本さんのこと

 友達だと思ってたのに

 休んでること 全然気にしてなくて・・。

 それに・・あぁ・今だってこうやって

 影山君にぐちぐち話きいてもらって

 ほんと 最低。」

「まあね。」

「ごめんね。」

「ん?」

「カナダから帰ってくるの 待ってるよ

 っていえなくて。

 私 どうしても言えないんだよね。

 たぶん 結局

 何も信じてないんだと思う。

 自分のことすら 信じてないんだと思う。」

「俺もそうだよ。

 ほんとにカナダでいいのか

 まだ迷ってるし。

 俺達さ

 まず自分のこと 信じることから

 はじめよっか。

 それやんないとさ

 なんにもはじまんないような気がする。

 違う?」

「そうかも。」

「とりあえずだけど。

 ちょっと偉そうだった?」

「ううん。

 うん まず とりあえず だよね。」

ツリーを飾る柳教授と小川先生。

「いいもんですね。

 また来年もいっしょに飾りましょうよ。」

「来年は いっしょに住んでたりして?」

「いや それはないです。」

「どうしてですか?

 先のことなんてわかんないじゃないですか。」

「僕は あんまり いろんなことに

 期待しないことにしてるんです。

 なんとかくっていけて

 まあ 最悪の事態さえ さけられれば

 それで オールOKなんじゃないかって。」

「ほ〜お」

「あって 今 つまんない男って思った?」

「いいえ 素敵な考え方だと思います。」

「どこが?」

「だって それって 世界平和ですよ。」

「えっ?」

「世界中の人が なんとか食べていけて

 最悪の事態を 避けることが

 できますように。」

と、ツリーのてっぺんに星をかざる柳教授。

街角のツリーの飾りのうち
プレゼントの形のものをとって
もってかえる藤丘の父。

靴下の中にいれ
中にあったカードをとりだしました。

「サンタさんへ

 かぞくでクリスマスがしたいです」

と家族の絵と共にかいてありました。

そこへ藤丘くん帰宅。

「起こすよ」

「いいよ。ねさしとけ」

とカードを見せる父。

「なんでこんな絵 平気でかけるんだろ。

 だいたい いまさら4人で

 どんな顔して会えっていうんだよ。」

「いえてるな。」

「でも 俺 この絵みてると

 迷いがないっていうか

 『信じ切って描いてるんだな こいつ』って・・

 これ見てると もしかしたら

 叶うんじゃないかって思えてくるんだ。

 っていうか 叶えてやりたい。」


「クリスマスプレゼント
 
 中あけないでくれっていっといてくれ。

 中 からっぽだからさ。

 でも 来年は 中身はいってるやつと

 すりかえておくから。」

と帰ろうとする父に
お金を差し出す藤丘くん。

「ちょっと 待って。

 これ 全然 たりないけど。」

「ああ あれな いいよ もう。」

「いや 困ってんだろ。」

2万だけうけとりました。

「いいよ もってけよ。」

「じゃあ そっちくれよ。」

とカードの方を持って帰りました。

柳教授と平太。

「ほんとなのかな。

 560万も死ぬって。」

「私は 富士野さんのいうこと

 ほんとなんじゃないかなと思う。」

「560万人?」

「数字のことはよくわかんないけど

 本来なかったものがあるっていうのは 

 バランスが崩れんじゃないかしら。」

「最悪のことがおこるってこと?」

「う〜ん でも それは

 深井くんとは 関係のないところで

 起こるんじゃないかな?」

「え?そんなの変じゃないですか?

 俺のせいなら 俺がひどい目に

 あうべきなんじゃ・・。」

「世界はそんなふうに 公平にできてないのよ。

 だから なんだか複雑になっちゃって

 最悪なことがおこるんじゃない?」

「これ Q10の歯からでてきた。」

「なんですか?これ。」

「八十八歳の あなたからの手紙。」

「俺 そんなに長生きすんだ。」

「最後のとこ 読んで。」

ルーペをかりました。

「18歳の俺にいいたい。

 Q10を愛したように 世界を愛せよ。」


「だって。」

民子たちのバンドはプロデューサーと面会
することに。
願い事をしてかなったら光るサンタさんに
デビューを願っても光らない。

「じゃあ 別のこと願ってみようか」

と民子が祈ると。

「ついた!」

「何願ったの?」

といわれますがそのまま外へ飛び出す民子。

久保君のとことへまっすぐいきました。

「私の願い 叶うんだって。

 私の願いはね 私が落第して

 卒業できないこと。

 それで 退院した久保君といっしょに

 あの校門の坂道を

 2人して上っていくこと。

 来年がダメなら再来年でもいいです。。
 
 再来年がダメならその次の年でもいいです。

 心の中でそういったら・・

 光った。

 他の願いはダメだったのに。

 校門 歩けるんだよ 二人して。

 そんときはね 私

 カツラなんかかぶんないんだ。

 赤い髪のまま

 みんなに見せびらかすように

 久保君と歩くんだ。」


民子の髪に手をふれ笑顔でうなづく久保君。
サンタはまだ光っていました。

パンやにやってきた校長と
藤丘くんがばったり。
パンを待つ間、話すふたり。

「社会でうまくやっていこうと思ったら

 まず頼りになる大人みつけろ

 1人でいいから。

 これだって大人みつかったら

 半分 成功したようなもんだから。

 どうだい?いそうか?そういう人。」

「います。」

「よかったじゃん!

 どの人よ。」

「校長先生です。」

「えっ?俺? 俺かよ?うそ〜まじで〜

 がんばっちゃおうかな 俺 フフフ」

「先生

 焼き立てのパンて音がするんですよ。」

「え 本当?へえ そうなんだ。

 あ〜いい匂いだねえ。」

パンを抱えてかえる校長。

「懐には あったかいパン。

 うちには娘と孫。

 俺を信じてくれる 教え子もいる。

 うん 幸せだな。」


夜、父のとなりにすわる平太。

「父ちゃんさ・・

 母ちゃんのこと愛してる?」

「え?いうの?ここでいうの?茶の間で?

 うん 愛してる。
 
 特にうなじ フフッ。」

「じゃあさ

 母ちゃんのこと愛するように

 世界を愛せる?」

「っていうか それ俺もうしてるかも。

 母ちゃんを愛するように

 世界を愛しちゃってるんだよ

 俺的には。」

「えっ?ほんとに?

 それって どういうことなの?」

「つまり 母ちゃんを愛するってことは

 母ちゃんが産んだ お前たちを

 愛するってことだ。

 ということは 母ちゃんをうんだ

 かあちゃんと父ちゃんも愛するんだよ 俺は。

 母ちゃんに 親切にしてくれる人も愛するし

 その親切な人に 親切をしてくれる人も愛する。

 かあちゃんに意地悪だった上司も

 まわりまわって 今のかあちゃんの

 人格を作ってると思えば

 それはまた 愛するべきなんだよ。

 かあちゃんを成り立たしてるもの

 すべてを愛す。

 フフ・・そういうことよ。」

「Q10ちゃ〜〜ん

 おかえり〜〜〜」

と抱きつく小川先生のお母さん。

『Q10に親切な人を愛し

 Q10を成り立たせているものを愛する

 それが Q10を愛するように

 世界を愛すること』

屋上にいた平太とQ10。

「ここはひとつ

 リセットボタンを押しましょう。」

「なんでそんなこというの?」

「平太の心が ザワザワしています。

 このまま一生

 ザワザワしてて いいの かな?

 それで平太は 幸せになれるの かな?」

Q10抱き寄せる平太。

廊下にいた月子に

「押すよ リセットボタン。」

という平太。

「なんで?」

「クリスマスだから。」

「言い忘れてた。

 Q10って 人間の脳の記憶に

 残らない材質でできているの。

 1年くらいたつと

 Q10のことを思いだせなくなる。

 私も同じようなのを塗ってるの。

 だから私たちのことは

 徐々に記憶が消えて行くから安心して。」

「俺がQ10のことを 忘れるってこと?」

「クリスマスの奇跡 ありがとう。」

「忘れるわけないだろ。

 忘れるわけ・・。」

Q10と中尾君。

「深井 やっぱり押すのか

 じゃあ 最後に

 俺に力をさずけてくれませんか

 つまり 自分もいずれ

 Q10みたいなロボットを作れるっていう

 パワーを」

「パワーを授ける?」

「パフ〜〜〜〜みたいな。」

「パフ パフ パフ パフ!」

「しかと うけとりました〜〜!!」

教室のQ10。

「みんなにも お別れの挨拶をします。

 さようなら

 さようなら

 さようなら。」

「また明日」

とみんなの手を振る姿。

「みんな『明日がある』って

 何の疑いもなく信じてんだよな。」


「それを 奪ってはいけません。

 誰も 奪ってはいけません。」


「うん。俺もそう思うよ。

 でもQ10を忘れるのはいやだな。」

「2人の恋が真実ならば

 いつかは 逢える

 これがほんとの さようならじゃないの〜♪」

年賀状を書く平太とQ10。

うさぎうますぎ

「手描きのほうがいいんじゃないの」

というと手の形をかきました。
が、その手形をつかって

「ウサギ!」

「ウサギだったの。」

「パフ。」

「いいね

 この世に 耳が5本あるウサギが

 いないとはいいきれないからね。」

理科室でリセットをする平太。

「いい?」

うなづくQ10。

「平太。

 また明日。」

「うん また明日。」

口をあけるQ10。

平太はリセットボタンを押しました。

視界が白くなって・・消えた。
ゆっくり後ろにもたれるQ10。

柳教授と月子。

「この時代の人は

 目に見えないものを

 信じることができるんですね。」

「あなた『永遠はない』っていったわよね?」

「はい。」

「二〇一〇年にみたものは

 あなたの中で

 永遠の風景になるんじゃないのかな。」

「そっか・・。

 『永遠』って 自分でつくれるんだ。」

「ほら あなただって 持ってるじゃない。

 目に見えないものを 信じる力。」

校長室で小川先生たちに
Q10は脳に記憶させない材質で
できているから記憶がなくなると
話す平太。

「でも なかったことには

 ならないんだよなあ。

 みんな あったことなんだよなあ。」

夜、机の上にあった写真を見つめる平太。

鉄塔をバックにしたQ10。

小川先生の家では

「下宿人おくことにしたから」

というお母さん。

「柳 栗子で〜す。」

驚く小川先生。

「だからいったじゃないですか。

 来年は いっしょに住んでいるかもって。」

嬉しそうな小川先生。

平太の手術から6周年をケーキで祝う
深井家。

「みんなで一生懸命なんてさ

 普通の家族はやらないもんね。

 いい経験だったよ。」

「では ここで 平太から

 ひと言あります。どうぞ。」

「俺のことを・・

 絶対に治るって

 ずっと信じてくれたから

 俺はここに

 こうしてここにいれるんだと思います。

 ありがとう。」

久保君の御見舞いにいく平太。

「戻ったらまず何する?」

「そうだなぁ

 校門の坂登る。」

「なんだそりゃ。」

「それから 授業サボって

 屋上で ねっ転がる。

 隣で誰かが鼻歌歌っててさ

 そんで 青空見ながら

 これから何かはじまりそうな気持ちに

 なったりしてさ。」

「『始まりそう』じゃなくて

 始まんだよ。」

とカプセルを渡します。
カプセルの中には「世界」。

鉄塔の下にたつ平太
水たまりにうつる空。

月子がいました。

「まだ帰ってなかったんだ。」

「今日帰るの。

 最後くらい笑ってよ。」

「しばらくは無理かな。」

「大丈夫。

 笑って暮らしていけるって。」

地球の形のボールを平太に投げました。

平太とQ10そっくりの彼女がデート
している姿が平太にみえました。

「でもさ これって絶対そうだよ。」

「だから〜 そんなことありえないし。

 高校時代の俺の妄想だって。」

「たとえ想像でも

 これだけ 平太の心の中にいたってことは

 本当にいたってことと

 同じなんじゃないかな。」

「え〜。そうかな。」

「Q10は きっと深井平太と

 この風景をみてたんだね。」

鉄塔の写真にQ10の姿はなし。

大学生のようです。
もどってきた平太。

「ね?笑ってたでしょう?」

「彼女が・・俺の奥さんになる人?」

「そう。死ぬまで一緒にいた人。

 あなたが忘れてしまっても

 Q10はいるって

 信じ続けてくれた人。」


「グッド・バイ・マイ・ラブ」を
ピアニカでふいている
Q10そっくりの女の子。

月子は去って行きました。

「ごめんなさい。

 うるさかったですか?」

「いえ 何か懐かしいなぁって・・。」

「いいですよ ねこの音。」

笑顔の女の子。

自分からの手紙を読む平太。

「俺は昨日 八十八歳になった

 まだ死ねそうもない

 しかし妻の方は たぶんもうダメだ

 その妻が しきりにQ10の話ばかり

 ききたがる

 Q10というのは たぶん

 俺のつくった 想像の産物なのだ

 なのに俺は 何かみるたび

 Q10にも見せたかったとおもうのだ

 初めての出張でみた 月からの地球

 新婚旅行できいた氷河のとける音

 子どもたちを連れて行った

 樹齢1000年の木漏れ日」


「あなたは どんな奇跡を見たのかな。」

とQ10にいって
ルービックキューブをまわす月子。

「余命少ない妻は

 18歳の俺に会いたがった

 その願いをかなえるため

 タイムトラベル用のロボットを発注した

 顔は 妻の昔のデータをもとにした

 できあがりをみせられたとき

 俺は驚いた

 まさに Q10だった

 しかも 型番まで同じの

 俺の青春の真ん中に

 たしかに このQ10がいたと

 確信した

 もうすぐ 妻とはお別れだ

 でも 俺がいると思っているかぎり

 妻の笑顔もまた

 この世から なくならない

 いるかどうかわからなかったQ10が
 
 70年思い続けて

 ほんとうにいたように

 今 隣で 妻が お茶を飲みながら

 言っている

 愛も 勇気も 平和も 

 この地球上にあると思えば

 きっとあるのよ と

 18歳の俺にいいたい

 Q10を愛したように
 
 世界を愛せよ

 今は見えなくても 自分を信じろ

 いつか 目のまえに

 お前が信じたものが

 形をもって現れる

 その日まで」




ああおもしろかった。
いいドラマでした。
前もかいたけど
最初は完全にキャスト目当てだったけど
キャスト関係なくドラマそのものがよかったです。
あっちもこっちも胸に響くセリフ満載で
それぞれのキャラクターが魅力的。

大事なものをいっぱいみせてもらって
今日も頑張って生きて行こうと
思う気持ちをもらいました。

最後の月子のはからいも心憎い。
平太が元々、奥さんの顔に似せて
Q10をつくったとは
Q10に恋するのも奥さんに恋するのも必然。

Q10のロボット口調もほんとにかわいかったし
佐藤健くんの平太も毎週楽しみにみせてもらいました。
ラブストーリーとしても一級品で
平太とQ10の恋はかわいらしかった。
たったの9話でおわってしまうのが残念。

大好きなドラマに仲間入りです。


深井平太  佐藤健
久戸花恋(Q10)  前田敦子(AKB48)
山本民子  蓮佛美沙子
影山聡  賀来賢人
藤丘誠  柄本時生
河合恵美子  高畑充希
中尾順  細田よしひこ
富士野月子  福田麻由子
深井武広  光石研
深井ほなみ  西田尚美
深井千秋  松岡璃奈子
久保武彦  池松壮亮
小川しげ  白石加代子
小川訪 - 田中裕二(爆笑問題)
小野武彦 岸本路郎
柳栗子   薬師丸ひろ子





















2010.12.11 Saturday 23:54 | comments(0) | trackbacks(21) | 
<< バクマン。第11話 「チョコとNEXT!」 | main | 天装戦隊ゴセイジャー 〜epic43 「帝国総攻撃」 >>









Q10(キュート) 第9話(最終回)しあ...
『愛も勇気も平和も地球上にあると思えばきっとある内容ついに月子(福田麻由子)に言われるがまま、リセットボタンを押してしまった平太(佐藤健)それから、、何かが止まってしま...
| レベル999のマニアな講義 | 2010/12/12 12:02 AM |
Q10 最終話:愛も勇気も平和も地球上にあると思えばきっとある
信じる!(゚∇゚*)(゚-゚*)(゚ー☆)(。_★)うんうん♪ このドラマはフィクションですが あなたがいると信じる限り 登場人物たちは、誰が何と言おうと どこかで生き続...
| あるがまま・・・ | 2010/12/12 12:05 AM |
【Q10(キュート)】第9話 最終回
あの日から何をどう考えれば良いのか全く分からずオレの中で何かが止まってしまった。何も聞きたくない何も見たくない自分は人間でまだ生きていてなのにQ10は居なくて例え偽者でもい...
| 見取り八段・実0段 | 2010/12/12 12:08 AM |
Q10(キュート) #09 最終回
『愛も勇気も平和も地球上にあると思えばきっとある』
| ぐ〜たらにっき | 2010/12/12 1:05 AM |
Q10(キュート)第9話(最終回)
9話「愛も勇気も平和も地球上にあると思えばきっとある」 「会いたい・・会いたい・・。   サンタさん・・。もう一度キュートに会わせて下さい  そんな奇跡を起こしてくれるならこの先一生何もいりま...
| shaberiba | 2010/12/12 1:10 AM |
Q10(キュート) (第9話 最終回 12/11) 感想
10/16から日テレで始まった『Q10(キュート)』(公式)の最終回 『愛も勇気も平和も地球上にあると思えばきっとある』の感想。 不謹慎ですが、せめて、平太が若くして亡くなったのなら… 余命幾許かの奥さんが、現実に愛する平太がいるのに、わざわざQ10
| ディレクターの目線blog | 2010/12/12 3:04 AM |
Q10(キュート) 最終回 感想
日テレ系ドラマ「Q10(キュート)」最終回(第9話)の感想ほか。何だろう、このもわっとした余韻は。大掛かりなセットや、凝ったコンピューターグラフィックスを多用しなくても、こんなSFドラマが出来るんだ、ということは分かりました。主人公なので、平太 (佐藤健さ
| オタクと呼ばないで | 2010/12/12 5:15 AM |
Q10 第9話
Q10の第9話を見ました。平太は未だに全てを受け入れられないままQ10のいない生活に戻るが、柳はQ10を取り戻すため、中尾の力を借りる。月子は2080年に戻るため、理科準備室である探し物...
| MAGI☆の日記 | 2010/12/12 6:02 AM |
「Q10」第9話(終)
  第9話(終)Q10のリセットボタンを押してしまったあの日以来、平太は何かが止まってしまったようにぼんやりと過ごしていた。Q10は70年後の未来から来たロボットだった...
| 日々“是”精進! | 2010/12/12 6:15 AM |
「Q10」第9話(最終回)
愛も勇気も平和も地球上にあると思えばきっとある。Q10も平太も、この地球上のどこかに本当にいるのかもしれない…。リリカルハートフルラブストーリー、涙の最終回です。
| fool's aspirin | 2010/12/12 7:55 AM |
Q10(キュート)最終回
よかった、Q10。もうしばらく、現代にいることになれて(ちゃんと別れができて)… 柳教授と中尾君、グッジョブです。 前回のように、月子によって「強引!」でなく、納得のいく中で、Q10との別れ… 平太(佐藤健)の心がざわざわしてるから、とリセット・ボ
| のほほん便り | 2010/12/12 10:03 AM |
Q10
(´;ω;`)ぶわっ( ノД`。)・゚。の最終回 
| Akira's VOICE | 2010/12/12 10:49 AM |
「Q10」最終回感想
 柳先生がリセットボタンを入れ変えておいたために、Q10はリセットされた振りをしてるだけだった。  町をサンタの格好をして遊びに出ているQ10を見つける平太。  中尾の家に逃げ込んでいた。
| Kanataのお部屋へようこそ | 2010/12/12 11:14 AM |
「Q10」最終回〜連佛美沙子のサンタ人形が光った
「Q10」最終回 日テレドラマ「Q10(キュート)」缶バッジセット価格:630円(税込、送料別) 人形が光ると願い語度が叶う・・・。 CDデビューよりも、久保(池松壮亮) の快方を願っていた民子(連佛美沙子)が、サンタ人形が光って居てもたってもいられなくなって
| 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) | 2010/12/12 2:14 PM |
『Q10(キュート)』最終回(第9話)
俺の中の何かがとまってしまった。全てが遠くに感じる。Q10を失った絶望の中にいる平太。管理者R35富士野月子。Q10のリセットボタンを探す。リセットボタンを入れ替えていた教授。Q10に...
| strの気になるドラマ 気になるコト | 2010/12/12 3:53 PM |
Q10(キュート) 最終回
キュート(前田敦子)を未来に戻して任務を終えたはずの月子(福田麻由子) が、理科準備室でキュートのリセットボタンを捜していた。 柳教授(薬師丸ひろ子)がキュートのリセットボタンを付け替えて、彼女に リセットされたふりをして、逃げて来るように言っていた
| ぷち丸くんの日常日記 | 2010/12/12 4:19 PM |
「Q10」 第9話(最終話) 愛も勇気も平和も地球上にあると思えばきっとある
『このドラマはフィクションですが あなたがいると信じる限り 登場人物たちは誰が何と言おうと どこかで生きつづけます』  コレにやられちゃったよ〜〜!!・・・・・゚・(゚`Д´ ...
| トリ猫家族 | 2010/12/12 4:58 PM |
今は見えないチャンスの順番(Q10#8・9最終回)
『Q10(キュート)』Q10、回収する事に決まったから。もう決まった事だから。Q10の名前が富士野月子 月子@福田麻由子はR-31だと?深井平太@佐藤健に会う為に未来から送り込まれたロ ...
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2010/12/12 5:44 PM |
Q10(キュート)最終話
12月に入って、秋のドラマも続々最終回を迎えていますね。 この土曜日は、毎週楽しみにしていた、日本テレビの「Q10(キュート)」最終話を観ました!! 「愛も勇気も平和も地球上にある ...
| Thanksgiving Day | 2010/12/13 12:13 AM |
【Q10】最終回(第9話)と視聴率
最終回の視聴率は、前回の8.8%より上がって、10.1%でした。平均視聴率は10.9%で、10%台をキープしました。 「愛も勇気も平和も地球上にあると思えばきっとある」前回、一気に話...
| ショコラの日記帳 | 2010/12/13 5:28 PM |
今は見えなくても自分を信じろ
このドラマはフィクションですがあなたがいると信じる限り登場人物たちは、誰が何と言おうとどこかで生き続けます先週の土曜、平均視聴率10.9%というドラマが、人知れず終わっ...
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2010/12/13 9:22 PM |