<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

咎狗の血 第12話(最終話)「同至/beginning」

第12話(最終話)「同至/beginning」
ナノとシキの戦い。

「ムダだ。

 かつて俺がそうであったように

 お前は俺から逃れられない。」


ナノの腕をとめるシキ。

「ムダだといっている。

 俺はお前を超えた。」


ケイスケの死を悲しみ嘆くアキラ。

「なんで・・なんで

 おまえが死んじまうんだよ。

 うわああ〜〜〜」


教会で待っている源泉のところに
リンが戻ってきました。

アキラとケイスケを心配するふたり。
何かあったのかもしれないと
リンが迎えにいきました。

雨にうたれるアキラ。

「もし 俺がここにいなければ

 ケイスケは死ななかったかもしれない。

 ケイスケ・・!」


そこにあらわれたシキ。

死は初めから決まっていたことだという
シキに反発するアキラ。

「決まってなんかいない。

 決まっていることなんて 何もない。

 俺はどんな運命にも歯向かってやる。

 おまえがケイスケを

 お前が!!」


シキむかっていくアキラ。

「その眼 その血

 お前は戦うことから逃れられない。

 その血が戦いを求めている。」


「黙れ!」

「こんなものか?」

シキがアキラに剣をむけたとき
リンがやってきてかばいました。

シキが赤いオーラをまとっていて様子が変。

ケイスケが殺されたことをしり
ショックをうけるリン。
仇をうつというアキラをとめる
リンですが、アキラには届かず。

「アキラはやらせない!」

「リン あいつは俺が!」

「アキラ! 

 アキラをひとりでは死なせない。

 だから 俺も戦う!」


「雑魚が」

しかしリンはシキに刺され
苦しそう。

とどめを刺そうとしたところに
ナノがあらわれ、そのすきに
シキに斬りつけたアキラ。

「いいぞ。

 もっと もっとだ。

 お前もこの血を受け入れ

 乗り越えてみせろ!」


そのあと、おこった爆発。


CM


爆発からのがれたシキ。
胸には大きな傷。
目の前には軍人。

ナノはリンとアキラを腕にかかえ
テレポート?

リンは負傷して、動けず
アキラたちだけでも逃げてといいますが

「俺は裏切らないっていっただろう」

というアキラ。

「あんたはどうする?」

「わからない。

 やるべきことはすべて

 はじめからそこにあった。

 俺はこれまでずっと

 戦闘兵器として生きてきた。

 軍の道具として。」


「じゃあ どうしたい?」

「意思など必要ない。」

「俺がもし あんただったら

 二度と軍にはつかまらない。

 言いなりはごめんだ。

 俺は俺の好きなように生きる。」


「不可能だ。」

「不可能じゃない。それが意思だ。

 本当はあるはずだ。あんたにも。

 もし あんたが 

 軍に利用されていなかったら

 普通に笑っていたかもしれない。」


「笑う。俺が。」

「ついてこい。」

ナノについていくアキラたち。
雪が降り始めました。

「ここからはおまえたちだけでいけ。」

「あんたは?」

アキラに自分の剣を渡すナノ。

「お前は何色にも染まってはならない。」

「あんたもいっしょに!」

「おまえたちだけでいけ。」

軍のほうにむかっていくナノ。

トシマにはCFCも日興連も侵攻し
アルビトロは処刑人とともに
逃げていました。

源泉のもとへ戻ったアキラとリン。
ケイスケがなくなったときく源泉。

「アキラ・・ケイスケは

 おまえに生きてほしいと望んでるはずだ。

 生きて・・ そして

 死んだいったやつらのためにも

 痛みも 記憶も 魂も 

 何もかも消えないように

 忘れないように生きるんだ。

 どんなにつらくても

 生きているものは

 命を全うする義務がある。

 命を残された意味があるんだ。」


「行こう アキラ。

 必ず 生きてトシマを出るんだ」


ケイスケの残したタグを握りしめるアキラ。

日興連へ向かう3人。

トシマに降り積もる雪。
ケイスケの遺体にも・・。

ナノも倒れている・・?

『真っ白な雪が降り積もっていく

 まるで トシマで繰り広げられた

 惨劇を 覆い隠すように。』

『そして 日興連へ脱出した

 俺を待っていたのは

 命を削ることのない

 穏やかな生活

 平和な日常』


普通の作業をしているアキラ。

『ここにいる限り
 
 この穏やかな生活は続くだろう。

 ここでは戦いの中で

 死ぬことは・・ない』



ED


入院しているリンを見舞うアキラ。
しばらくはリハビリが必要だけど
じきに歩けるようになるそうです。

アキラにまた来る?と何度も
たずねるリン。

「前にした約束

 破ったら殺すよ。」


「ああ わかってる。

 じゃあ。」


病院をでたあと源泉ともばったり。
今も情報屋のようです。

トシマではまた新たなラインが出回ってる
とのこと。
その余波が普通の街にもおしよせているという
源泉。

ラインで苦しみ抜いて死んだケイスケ。

「ラインは苦しみしか生まない。」

アキラは源泉から食事の誘いを
ことわって、ケイスケのタグと剣を手にし
トシマへ・・。

『今まで俺は

 すべてがどうでもいいと思って

 生きてきた。

 自分も他人も

 死のうが生きようが関係ない。

 死なないから生きてるだけで

 生きてる意味も 特にない。

 そう思ってた。

 ずっと不思議だったんだ。

 生きることに執着するやつらが。

 俺には 死ぬってことが

 どういうことか わかってなかった。

 俺がトシマに行ったのは

 冤罪を晴らすためだけじゃ

 なかったかもしれない。

 Bl@sterで いくら戦っても

 何も感じられなかった。

 トシマで殺人も可能なイグラに参加すれば

 何かがそこにあるのかもしれない。

 そう思った。

 でも ケイスケを失って 
 
 初めて思い知った。

 何もかもが これまでとは違う。

 のどの奥に

 石がつまっているかのような感覚。

 今なお 突き刺すように痛む胸。

 これが 死だ。

 ケイスケが教えてくれた痛み。

 俺が見失っていた感覚。

 取り残されて ようやく気付いた。

 生と死。そして 存在の意味を。

 そして なぜ人が生きることに執着するのか。

 人は 何か譲れないもののために

 生きたいと思うんだ。

 守りたいもの ほしいもの

 なんでもいい。

 ケイスケのおかげで それがわかった。』
 
トシマにいたシキ。

「答えは決まったか?

 お前に乗り越えることができるか?」


「俺は 俺の道を歩く。

 この血のことも 過去も
 
 ここで起きた 

 すべてのことを忘れない。

 そのために ここに来た。」


「お前に

 この高みへ上ることができるか?」


「乗り越えてみせる!」

『そう どんなに忌まわしい

 過去や記憶があろうと

 すべてを忘れるのではなく

 受け入れる。

 今ここにいるのは 

 確かに ほかの誰でもない

 自分なのだから!

 この手で散らした命の重みを

 忘れない。』


アキラとシキ、再び剣をまじえます。

『この運命に 決着をつける!』



なんかいろいろと謎というか
中途半端だった気がするなあ。

最初はイグラに参加して
イルレを倒すとかいってたのが
結局それを画策した人が
先になくなってしまったし
イルレとかトシマとかナノとか
シキとかいろいろよくわからないまま
終わってしまった・・・。
源泉とかアルビトロのあたりも
まだ何かありそうなのに。

アキラが生きる意味を知る物語
というのならそれでいいのですが。









2010.12.24 Friday 11:11 | comments(0) | trackbacks(14) | 
<< 舞姫(テレプシコーラ) 第2部 5巻(完結) | main | Merry Christmas 2010 >>









咎狗の血 第12話(最終回)「同至/biginning」
戦う意味------------!!最終回を迎える作品の中で、個人的に一番不安だった作品。いや、だって、とてもまとめられると思えなかったので(^^;)・・・って見事予感的中!?辛口感想...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/12/24 11:53 AM |
咎狗の血 第12話/最終話「同至/biginning」
いやぁ〜見事なまでに 何をどうしていいのかわかりません(^^;時々 BGMがイイ感じだったりするのが 却って辛いなんて・・・一体どうしたら よいのでしょう。。最後まで ...
| 薔薇色のつぶやき | 2010/12/24 12:08 PM |
咎狗の血第12話(最終回)『同至/beginning』の感想レビュー
Cパートあってマジ良かったでござる!回でした。 流石にBパートまでだったらフォローのしようが無かったかと。 お話的には、ナノをも凌駕する超パワーを得たシキに、ケイスケを殺されたアキラさんがリベンジバトル。 なかなか待ち合わせ場所にやってこ...
| gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2010/12/24 12:33 PM |
アニメ「咎狗の血」 第12(最終)話 同至/beginning
咎狗の血 Vista対応版(2007/04/05)Windows商品詳細を見る ――これが死だ。 「咎狗の血」第12話のあらすじと感想です。 彼が教えてくれた痛み、見失っていた感覚。 (あらすじ) 源泉のところにやって来...
| 渡り鳥ロディ | 2010/12/24 3:33 PM |
第12話 『同至/beginning』
本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 や、やっと最終回だ… 使いまわしがあまりにも多くて、パソコンが壊れて映像がループしてるのかと思ったシーンが1か所ありました(苦笑)アニメ観て、「お…ぉう?」なんて反応をしたの
| 冴えないティータイム | 2010/12/24 3:42 PM |
咎狗の血 同至/beginning (最終回)
終わった・・・これで開放されます・・・ 薔薇色OP、なかったですねー。 ってか、最終回のタイトル字、だっさwww  昭和のホラーものか何かですか?ベムとか思い出した。 それにしても先週のケイスケ・・・ ケイ  スケ になってましたね。 胴体分断
| 4月の森 | 2010/12/24 6:48 PM |
咎狗の血 #12 同至 / beginning (最終回)
テレビ版の 『咎狗の血』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 決着の行方  
| ビヨビヨ日記帳2 | 2010/12/24 7:41 PM |
咎狗の血 第12話「同至/beginning」
「俺は 俺の道を歩く、乗り越えてみせる」 全てを受け入れ、運命に決着をつける――! 咎狗の血、最終話…!    【第12話 あらすじ】 数多の人々を翻弄し、命を奪った悪魔の研究“Project:Nicole”。その結...
| WONDER TIME | 2010/12/24 8:02 PM |
(アニメ感想) 咎狗の血 第12話 「同至/beginning」
咎狗の血 1 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 数多の人々を翻弄し、命を奪った悪魔の研究「Project:Nicole(プロジェクト ニコル)」。その結晶というべき存在「n(ナノ)」と、彼の対 ...
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2010/12/24 8:31 PM |
咎狗の血 第12話「同至/biginning」
この運命に決着をつける――。 戦いはこれからだ…エンドありがとうございました(ぇ) でもこう纏めるしかなかったんでしょうね…この最終回に至っては(^^; まぁ1クールで終って幸いだったかな。 2クー...
| SERA@らくblog | 2010/12/25 1:40 AM |
咎狗の血#11&12(最終話)「同至/beginning」感想
軍の侵攻で新たな血がトシマに流れる。新たな血を求めるのはトシマの王者も同じだった。先週は感想をお休みしたので二話まとめて♪あらすじは公式からです。「増悪/convict」ついに軍...
| おぼろ二次元日記 | 2010/12/26 12:15 AM |
咎狗の血 第12話 同至/beginning レビュー キャプ 最終話
ケイスケが死に、シキはナノとの最終決戦? アキラはケイスケの亡骸に寄り添い彼の死を嘆く。ん?ケイスケの 死体、薄暗くてよく見えないんだけど、なんかグロいの?w 腸でも出てるのかしら? そうこうしているうちに、ナノとの戦いが一段落したシキは アキラの前に
| ゴマーズ GOMARZ | 2010/12/26 5:18 PM |
咎狗の血 第12話(最終回)「同至/biginning」
「俺はお前を超えた---------!!」 再びナノに戦いを仕掛けたシキ! 空を飛び・・テレポートまでできちゃうナノはまさに神・・? シキはナノ以上の力を得た・・んでしょうか?(空はとんでたなー) それは本当に彼の望みだったんでしょうか・・? にほんブログ
| shaberiba | 2010/12/27 12:28 PM |
◎咎狗の血第12話「同至/beginning」
ケイスケさんシキに殺害される。シキはナノと戦う。シキは100%の血でパワーアップしてた。シキのほうが戦闘力が上だった。リンはモトミさんのところまでたどりつくが、いなかっ...
| ぺろぺろキャンディー | 2011/05/13 3:58 PM |