<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

冬のサクラ 第9話(最終話)

第9話(最終話)
萌奈美(今井美樹)の意識がやっと戻り
安堵する祐(草剛)だったが、担当医より、
春を迎えるのは難しいと告げられる。
あとは、萌奈美に生きる希望を持たせること……。
肇(佐藤健)からも「兄ちゃんなら何か見つけられる」
と励まされ、祐は萌奈美のために自分が出来ることを
探し始める。
 そんなある日、東京から義母の章子(江波杏子)と
琴音(森迫永依)が見舞いに訪れた。章子は、航一
(高嶋政伸)がしてきたことを謝罪し、これからは
出来る限りのことをすると約束してくれた。だが、
言葉の意味を理解できなくなる「失語症」の症状が
出てきている萌奈美は、琴音に病状を知られるのが
怖くて電話も出来なくなっていると章子に漏らす。

 気が抜けたようになった航一は、ヨリを戻そうと
迫る理恵(白羽ゆり)に突然刺され、緊急手術を
受けることに。しかし、航一の血液型が日本に
数十人しかいないもので、血液の確保が困難な状態。
焦る中、医師の木村(菊池均也)があることを思い出し、
職員のデータベースから同じ血液を探し当てた。
その人とは……!?
 それからほどなく、航一の手術は成功。麻酔から
目を覚ました航一に「求めるだけじゃなく、許すのも
夫婦です」と章子。それから数日後、退院した航一は
山形で入院生活を送る萌奈美の元を訪ね、萌奈美を
追い詰めてしまったことを詫び、琴音を萌奈美の分まで
愛していくことを約束して、萌奈美に別れを
告げるのだった。
 一方の祐は、残された時間を少しでも安らかに
過ごして欲しいという想いから、退院して山形の家で
療養しようと、萌奈美に提案する。その数日後、
祐の家で過ごすようになった萌奈美に会うため、
東京から肇と安奈(加藤ローサ)、琴音がやってきた。
それは、祐が肇に頼んでのことだった。琴音は萌奈美が
作ったレシピノートを出し、萌奈美のために涙を
こらえながら料理を作る。愛情たっぷりの食卓を
みんなで囲み、あの桜を一緒に見に行くことを約束する。
が、その後日……。





みんないい人になって終わりました。
航一までもが豹変。
愛人に刺されておわりじゃあまりに
ドロドロで暗すぎるせいか
まったく別人のようになりました。
一時の狂気の状態から思うと
現実にはそうはいかないだろうけど
これはドラマですもんね。
(でも以前は高嶋さんのあの恐ろしい役を
 タカシマイヤーとよんで
 楽しませてもらいました。)

最期のときを家族ではなく
祐の家ですごすとか、航一の命を
救える血液をもっていたのが肇とか
もろもろ出来すぎなところもドラマだけど
最後まで二人の純愛はかわらなかった。

佐藤健くんも優遇されていい役だったなあ。
兄想いの爽やか青年というほかにも
最後まで見せ場も出番もきっちり用意されていて
すごくよかった。

地震のあとにつくられたラストシーン。

「大丈夫。

 明日は味方だから。

 春は 必ずくるから。」


祐の言葉は全国の人にむけての
はげましのメッセージ。



順番は逆になりますが
日曜の昼間にやっていた
フレンドパークもようやくみました。

メインの二人は出演してなかったけど
冬のサクラチーム、がんばってました。







稲葉祐    草なぎ剛
石川萌奈美  今井美樹
稲葉 肇    佐藤健
向井安奈   加藤ローサ
中里次郎   山崎樹範
稲葉哲也   でんでん
稲葉香織   大島蓉子
稲葉百合   吉田日出子
村瀬千尋    遊井亮子
石川琴音   森迫永依
石川章子    江波杏子
石川航一   高嶋政伸




















2011.03.24 Thursday 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 『魔法少女まどか☆マギカ』の放送は当面休止 | main | バクマン。第23話「火曜と金曜」 >>