<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

魔法少女まどか☆マギカ  第12話(最終話)「わたしの、最高の友達」

第12話(最終話)「わたしの、最高の友達」
「ほむらちゃん ごめんね。

 私 魔法少女になる。」


「まどか。そんな。」

「私 やっとわかったの。

 叶えたい願いごとをみつけたの。

 だからそのために

 この命を使うね。」


「やめて!

 それじゃあ それじゃあ

 私は 何のために・・。」


涙を流すほむらに近づき抱きしめるまどか。

「ごめん。本当にごめん。

 これまでずっと ずっとずうっと

 ほむらちゃんに守られて

 望まれてきたから

 今の私があるんだと思う。

 本当にごめん。」


まどかの手をつかむほむら。

「そんな私が 

 やっと見つけ出した答えなの。

 信じて。絶対に

 今日までのほむらちゃんを

 無駄にしたりしないから。」


「まどか。」

ほむらから離れるまどか。

「あまたの世界の運命を束ね

 因果の特異点となった君なら

 どんな途方もない望みだろうと

 かなえられるだろう。」


とキュゥべぇ。

「本当だね?」

「さあ 鹿目まどか。

 その魂を代価にして

 君は何を願う?」


「私・・。」

大きく息をすいこみ深呼吸するまどか。

「すべての魔女を

 生まれる前に消し去りたい!

 すべての宇宙 

 過去と未来のすべての魔女を

 この手で!」


まどかから眩しい光が。

「その祈りは

 そんな祈りが叶うとすれば

 それは

 時間干渉なんてレベルじゃない!
 
 因果律そのものに対する反逆だ!

 はっ。君は本当に

 神になるつもりかい?」


「神様でもなんでもいい。

 今日まで魔女と戦ってきたみんなを

 希望を信じた魔法少女を

 私は泣かせたくない。

 最後まで笑顔でいてほしい。

 それを邪魔するルールなんて 

 壊してみせる。

 かえてみせる。

 これは私の祈り、願い。

 さあ 叶えて!

 インキュベーター!!」


まばゆい光がひろがりました。


OPなし タイトル


マミさんの部屋にいるまどか。
テーブルの上にはシフォンケーキ。

「鹿目さん。

 それがどんなに恐ろしい願いか

 わかっているの?」

「たぶん。」

紅茶をいれてくれるマミさん。

「未来と過去と すべての時間で

 あなたは 

 永遠に戦い続けることになるのよ。

 そうなればきっと

 あなたはあなたという固体を

 保てなくなる。

 死ぬなんて生易しいものじゃない。

 未来永劫に終わりなく
 
 魔女を滅ぼす概念として

 この宇宙に固定されてしまうわ。」


「いいんです。そのつもりです。

 希望を抱くのが間違いだなんて言われたら
 
 私 そんなのって違うって

 何度でも そう言い返せます。

 きっと いつまでも言いはれます。」


「いいんじゃねーの。

 やれるもんならやってみなよ。」

手づかみでケーキを食べる杏子。

「戦う理由 みつけたんだろ?

 逃げないって自分で決めたんだろう?

 ならしかたないじゃん。

 あとはとことん

 突っ走るしかねーんだからさ。」

「うん。ありがとう。杏子ちゃん。」

「じゃあ 預かっていたもの

 かえさないとね。」

まどかが以前描いた魔法少女の
コスチュームの絵が描かれたノートを
差し出すマミさん。

「あなたは 希望を叶えるんじゃない。

 あなた自身が希望になるのよ。

 私たち 全ての希望に。」


そしてまどかは魔法少女に。

あまりのまぶしさに手でさえぎるほむら。

まどかは過去へとび
希望を失い倒れた魔法少女の
ソウルジェムを浄化していきます。
あっちでもこっちでも。
過去でも未来でも。

「あなたたちの祈りを

 絶望で終わらせたりしない。

 あなたたちは

 誰も呪わない たたらない。

 因果はすべて 私が受けとめる!

 だからお願い!

 最後まで 自分を信じて!!」


ワルプルギスにも話しかけるまどか。

「もう いいの。

 もう いいんだよ。

 もう誰も恨まなくてもいいの。

 誰 呪わなくてもいいんだよ。

 そんな姿になるまえに

 あなたは 私が受けとめてあげるから。」


ワルプルギスの夜も消滅・・?

目を覚ますほむら。

そこは真っ暗な場所。

「ここは?」

キュゥべぇの声がきこえ
あたりに星がみえました。

「まどかがもたらした

 新しい法則に基づいて

 宇宙が再編されているんだよ。

 そうか。君もまた

 時間を超える魔法の使い手だったね。

 じゃあ いっしょに見届けようか。

 鹿目まどかという 存在の結末を。

 あれは 彼女の祈りがもたらした

 ソウルジェムだ。」


「そんな・・!」

「その壮大すぎる祈りをかなえた代価に

 まどかが背負うことになる

 呪いの量がわかるかい?

 ひとつの宇宙を作り出すに等しい

 希望がとげられた。

 それはすなわち 

 ひとつの宇宙を終わらすほどの

 絶望をもたらすことを意味する。

 当然だよね。」


黒いものが
地上をつつみこもうとするのをみて
顔を覆うさやか。
そこにまどかの声がきこえました。

「ううん。大丈夫。

 私の願いは

 すべての魔女を消し去ること。」


巨大な手でふれると黒いもの砕け散りました。

「本当にそれが叶ったんだとしたら

 私だって もう絶望する必要なんて

 ない!!」


まばゆい光がひろがり
呪いを吹き飛ばすまどか。

「まどか。これで君の人生は
  
 始まりも 終わりもなくなった。

 この世界に生きた証しも

 記憶も もうどこにも残されてない。

 君という存在は 

 一つ上の領域にシフトして

 ただの概念になり果ててしまった。

 もう 誰も君を認識できないし

 君もまた 誰にも干渉できない。

 君はもう この宇宙の一員では

 なくなった。」


「何よ それ?

 これがまどかが

 望んだ結末だっていうの?

 こんな終わり方で

 あの子は報われるの?!

 冗談じゃないわ!!

 これじゃ 死ぬよりも

 もっとひどい!ひどい・・。」


涙を流すほむらを後ろから
やさしく抱きしめるまどか。
両方精神体。

「ううん。違うよ ほむらちゃん。

 今の私にはへ

 過去と未来のすべてがみえるの。

 かつてあったかもしれない宇宙も

 いつかありえるかもしれない宇宙も

 みんな。」


「まどか。」

「だからね 全部わかったよ。

 いくつもの時間で

 ほむらちゃんはが 私のために

 頑張ってくれたこと なにもかも。

 何度も泣いて 傷だらけになりながら

 それでも 私のために。

 ずっと気付けなくて ごめん。

 ごめんね。」


まどかに抱きついて泣き出すほむら。

「今の私になったから

 本当のあなたを知ることができた。

 私には こんなにも大切な友達が
 
 いてくれたんだって。

 だから 嬉しいよ。

 ほむらちゃん、ありがとう。

 あなたは私の

 最高の友達だったんだね。」


「だからって あなたはこのまま
 
 帰る場所もなくなって

 大好きな人たちとも離れ離れになって

 こんな場所に ひとりぼっちで

 永遠に取り残されるっていうの?!」


にこっと笑うまどか。

「ひとりじゃないよ。

 みんな みんな

 いつまでも私といっしょだよ。

 これからの私はね

 いつでも どこにでもいるの。

 だから みえなくても きこえなくても

 私はほむらちゃんのそばにいるよ。」


「まどかは それでもいいの?

 私は あなたを忘れちゃうのに?

 まどかのこと もう二度と

 感じ取ることさえ 

 できなくなっちゃうのに?!」


「ううん。あきらめるのはまだ早いよ。

 ほむらちゃんは こんな場所まで

 ついてきてくれたんだもの。

 だから 元の世界に戻っても

 もしかしたら 私のこと

 忘れずにいてくれるかも。」


髪のリボンをはずしほむらに渡すまどか。

「大丈夫。きっと大丈夫。

 信じようよ。」


「まどか。」

「だって魔法少女はさ


 夢と希望を叶えるんだから。



 きっとほんの少しなら

 本当の奇跡があるかもしれない。

 そうでしょ。」


「まどか!いかないで!」

「ごめんね。みんなを迎えにいかないと。

 いつかまた もう一度

 ほむらちゃんとも会えるから。

 それまでは 

 ほんのちょっとだけお別れだね。」

光になって消えてしまうまどか。

「まどか〜〜〜〜!!」


CM


オーディションでヴァイオリンを弾く上条くん。

「課題曲は アヴェ マリア」

客席にいる精神体のさやかとまどか。

「なんか 手間かけさせちゃったね。」

「ううん。こっちこそ ごめん。

 さやかちゃんを救うには

 何もかもなかったことにするしかなくて。

 そしたら この未来も

 消えてなくなっちゃうの。

 でも それはたぶん 

 さやかちゃんが

 望む形じゃないんだろうなって。

 さやかちゃんが祈ったことも

 そのために頑張ってきたことも

 とっても大切で 絶対

 無意味じゃなかったと思う。

 だから。」

「うん。これでいいよ。

 そうだよ。

 あたしはただ もう一度

 あいつの演奏がききたかっただけなんだ。

 あのヴァイオリンを

 もっともっと 大勢の人にきいてほしかった。

 それを思い出せただけで 充分だ。

 もう 何の後悔もない。」


舞台袖には仁美が。

「まあ そりゃあ

 ちょっぴり悔しいけどさ

 仁美じゃあしかたないや。

 恭介にはもったいないくらいいい子だし

 幸せになって・・くれるよね。」

美しい涙をながすさやか。

「うん。

 じゃあ いこっか。」

「うん。」

その場から姿を消すふたり。
客席に何かを感じる上条君。
オーディションの場だったのが
満員の客席。

「さやか」

と風に気配を感じて
さやかの名をつぶやきました。

魔女と戦っていた杏子とほむらとマミさん。

「さやかは?おい?さやかはどうした?!」

「いってしまったわ。

 円環のことわりに導かれて。

 美樹さん さっきのあの一撃に

 すべての力をつかってしまったのね。」

「バカ野郎!

 惚れた男のためだからって

 自分が消えちまってどうするんだよ!

 バカ。やっと 友達になれたのに。」

「それが魔法少女の運命よ。

 この力を手にいれたときから

 わかっていたはずでしょ。

 希望を求めた因果が

 この世に呪いをもたらす前に

 私たちはああやって 消え去るしかないのよ。」

手にしていたまどかのリボンを抱きしめ
泣き出すほむら。

「まどか!」

「ん?」

「暁美さん? まどかって・・」

「誰だよ?」


地面にまどかの絵をかいていたタツヤ。
そこを通りかかって声をかけるほむら。
ほむらの髪にはまどかのリボンが。

「まどか!まどか!」

というタツヤ。

「そうだね。そっくりだよ。」

ほむらのリボンに手をのばそうとしたのを
パパが抱き上げました。

「まどか まどか!」

とはしゃぐ弟。
ママの姿も。

「まどか だね。」

「はい!」

とうなづくタツヤ。

まどかママと並んで話すほむら。

「まあ その・・
 
 あの子が一人遊びするときの

 みえないお友だちってやつ?

 子どもの頃にはよくあることなんだけどね。」

「ええ。私にも覚えがあります。」

「『まどか』ってさ あなたも知ってるの?

 アニメか何かのキャラとか?」

「さア どうだったか

 聞き覚えがあるような ないような。」

「そっか。私もどっかで

 タツヤといっしょにみたのかなあ。

 たまにねえ すっごく懐かしい響きだなって

 思うことがあるんだよね。

 まどか。」

「そうですか。」

「そのリボン すごくかわいいね。

 私の好みにド直球だわ。
 
 ちょっとびっくりしたくらい。」

「さしあげましょうか。」

「こんなおばさんには似合わないって。

 まあ 娘とかいたら

 つけさせたかもしれないね。」

ほむら、穏やかな笑顔。

キュゥべぇと話すほむら、

「ふ〜ん なるほどね。

 確かに君の話は 一つの仮説としては

 成り立つね。」


「仮説じゃなくて 本当のことよ。」

「だとしても 証明しようがないよ。

 君が言うように 宇宙のルールが

 かきかえられてしまったのだとすれば

 今の僕らに それを確かめる手段なんて

 ないわけだし 君だけが

 その記憶を持ちこしているのだとしても

 それは 君の頭の中にしかない

 夢物語と区別がつかない。

 まあ 確かに

 浄化しきれなくなったソウルジェムが

 なぜ消滅してしまうのか

 その原理は 僕たちにも解明できてない。

 その点 君の話にあった魔女の概念は

 なかなか興味深くもある。

 人間の感情エネルギーを

 収集する方法としては
 
 たしかに魅力的だ。

 そんなにうまい方法があるなら

 僕たちインキュベーターの戦略も

 もっと違ったものになっただろうね。」


「そうね。

 あなたたちはそういうやつらよね。」


「君がいた魔女の世界では

 今 僕らが戦ってるような

 魔獣なんて存在しなかったんだろ。

 呪いを集める方法としては

 よほど手っ取り早いじゃないか。」


「そう簡単ではなかったわ。

 あなたたちとの関係だって

 かなり険悪だったし。」


「ふうん。

 やっぱり理解できないなあ。

 人間の価値観は。」


『たとえ

 魔女が生まれなくなった世界でも

 それで 人の世の呪いが

 消えうせる世界ではない。

 世界のゆがみは形を変えて

 今も 闇の底から 

 人々を狙っている。』


「今夜はつくづく瘴気が濃いね。

 魔獣どもも 次から次へとわいてくる。

 いくら倒しても きりがない。」

「ぼやいたってしかたないわ。

 さ いくわよ。」

『悲しみと 憎しみばかり繰り返す

 救いようのない世界だけれど

 だとしても ここは

 かつて あの子が守ろうとした場所なんだ。

 それを 思い出を

 けして 忘れたりしない。

 だから私は 戦い続けるの。』



OPでED


―Don't forget.

 Always,somewhere,

 someone is fighting for you.

  ― As long as you remember her,

you are not alone.


魔獣にたちむかうほむらに
きこえるまどかの声。

「がんばって」

魔法少女たちの姿でエンド。



希望のある終わり方になると
きいていたとおり。
「you are not alone.」

まどかがまさに神のような存在に
なったのに驚きました。
こんな壮大な話だったなんて。
誰にも見えずきこえず
自分から干渉もできないけど
いつも、どこでもいっしょにいる存在。
今別れてもいずれまた出会えるもの。

神さまかコスモゾーンか。
途中、火の鳥を思いだしました。

魔法少女ものなのに
こんな結末になるとはびっくり。
途中さんざん絶望をみせておいて
「魔法少女は 夢と希望を叶えるんだから」
と最後にいいきるのがすごい。

それでもなくならなかった人間の世界の闇。
それが人間。
でもまどかのおかげで
キュゥべぇは鬼畜ではなくなり
魔法少女との関係も改善したようす。
この世界では
ソウルジェムは上手く浄化されるから
魔女にはらなずにすむのでしょうか。
ほむらはあいかわらず戦いをつづけているけど
ほむらはひとりじゃない。
そしてまどかも。

まどかってもし漢字でかいたら
円になるんだろうな。

一話目からは想像もつかなかった話でしたが
すごく楽しませてもらいました。



鹿目まどか 悠木  碧
暁美ほむら 斎藤 千和
美樹さやか 喜多村英梨
巴 マミ  水橋かおり
佐倉杏子  野中 藍

上條恭介  吉田聖子
鹿目詢子  後藤邑子
鹿目知久  岩永哲哉
魔法少女  大久保瑠美

キュゥべぇ 加藤恵美里





















2011.04.22 Friday 13:58 | comments(1) | trackbacks(46) | 
<< 魔法少女まどか☆マギカ  第11話「最後に残った道しるべ」 | main | 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 告らせ屋 第3話「初恋の危険な嘘」 >>
あいうえお (2012/11/29 10:53 PM)
面白かった最終回泣けたな切ない
まどかちゃんほむらちゃん









魔法少女まどかマギカ第12話(最終回)『わたしの、最高の友達』 の感想レビュー
『だって、魔法少女はさ。夢や希望を叶えるんだから…。それまで、ほんのちょっとお別れだね。』 いよいよ最終回!ということでリアルタイム視聴組が固唾を呑んで見守る中、物語に結末が訪れる回でした。 しかし、考え方によっては俺達の戦いはこれからだ!エンドとも
| gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2011/04/22 2:03 PM |
魔法少女まどか★マギカ 第12話 「わたしの、最高の友達」
 なんと言ったらいいのでしょう。よくわからない展開ですね。後半は面白かったですけど。
| つれづれ | 2011/04/22 3:55 PM |
魔法少女まどか☆マギカ第12話(最終回)...
「あたし、魔法少女になる-----------!!」やっと叶えたい願いが分かったから・・・そのためにこの命を使う。そういうまどか。では自分は何のために今まで・・・。涙するほむらを抱き...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/04/22 3:59 PM |
「魔法少女まどか☆マギカ」最終話
  最終話「わたしの、最高の友達」「頑張って・・・」「私・・・魔法少女になる!」まどかはほむらに謝り・・・「私・・・全ての魔女を、生まれる前に消し去りたい!」まどかの願...
| 日々“是”精進! | 2011/04/22 4:01 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 第11話 第12話 (終)
魔法少女まどか☆マギカ 第11話 第12話 (終) 感想 第11話、第12話のあらすじ ついにワルプルギスの夜がやってくる・・・ まどかを救うために何度も時間を越えたほむら。最後まで1人で立ち...
| crystal cage | 2011/04/22 4:03 PM |
魔法少女まどか★マギカ #11&12
【最後に残った道しるべ】 【わたしの、最高の友達】 魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:悠木 碧アニプレックス(2011-06-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ...
| 桜詩〜SAKURAUTA〜 | 2011/04/22 4:04 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 第12話「わたしの、最高の友達」
「全ての魔女を生まれる前に消し去りたい。全ての宇宙、過去と未来の全ての魔女をこの手で」
| 記憶のかけら*Next | 2011/04/22 4:06 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 第11話「最後に残った道しるべ」&最終話「わたしの、最高の友達」感想
遂に最終回。 まずは11話。 「君が繰り返してきた時間、その中で循環した因果の全てが巡り巡って鹿目まどかに繋がってしまったんだ。あらゆる出来事の元凶としてね。お手柄だよほむら! 君がまどかを最...
| 書き手の部屋 | 2011/04/22 4:25 PM |
魔法少女まどか★マギカ 第12話 わたしの、最高の友達
まどかの自らの魂と引き換えにした願いとは、全ての魔女を生まれる前にこの手で消し去る事。 全ての宇宙、過去と未来の魔女を。 そんな願いが叶うとすれば因果律の反逆で、時間干 ...
| ゲーム漬け | 2011/04/22 4:58 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 第12話(最終回)「わたしの、最高の友達」感想
あなたが神か。
| マナヅルさん家 | 2011/04/22 5:54 PM |
魔法少女まどか★マギカ 最終話(第12話)「わたしの、最高の友達」の感想
 ワルプルギスの夜に敗れ、絶望に打ちひしがれ、今まさに魔女に堕ちようとしていたほむら。ほむほむ、もうダメなのか、ほむほむのやってきたことって、結局…。そんなほむほむの前にまどかが現れて、彼女はこういった。もういい、もういいんだよ、ほむらちゃん。もうそ
| もっとTo LOVEると美柑&ヤミを好きになる!(新さくら日記) | 2011/04/22 6:06 PM |
魔法少女まどか★マギカ 第11話、第12話 『最後に残った道しるべ / わたしの、最高の友達』 感想
時空を超えた○○○○○○○。 魔法少女まどか★マギカ 第11話、第12話 『最後に残った道しるべ / わたしの、最高の友達』 感想です。 トップではネタバレしたくないので伏せ字にしました。 このあとはネタバレあります。
| メルクマール | 2011/04/22 6:24 PM |
魔法少女まどか★マギカ 第12話 「わたしの、最高の友達」 (最終回)
希望の裏には必ず絶望がある。多くの魔法少女が希望の果てに絶望する姿を見てきた、今まさに目の前で自分のために全てを投げ打って戦う友も絶望しようとしている。世の中に希望はないのか?全ての因果関係を絶つべく己の身を犠牲にして契約を決意するまどかの最初で最
| ムメイサの隠れ家 | 2011/04/22 6:28 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 12話感想
私ほむらちゃんのこと、分かってあげる。 今日までのほむらちゃんを絶対無駄にしないから、だから信じて――… 2011年冬期屈指の話題作も、いよいよ今回が最終回です。 サブタイトル「わたしの、最高の友...
| つぶかぼアニメ感激ノート | 2011/04/22 7:18 PM |
魔法少女まどか★マギカ、最終話まで見終えて。
遂に『魔法少女まどか★マギカ』の最終話が放送されました! 朝に記事にも書きましたが、最終話はリアルタイムで視聴していました! 私以外にも多くの方がリアルタイムで視聴していたみたいで、深夜3時からと...
| 音楽とマンガとワタシ。 | 2011/04/22 7:28 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 11話最後に残った道しるべ 12話わたしの、最高の友達 感想
最高のアニメでした。 最後にクラリスのコネクトが流れた瞬間に、余韻に浸った反面終わってしまうんだという残念な気分が入り混じりました。 そのぐらい、この4ヶ月のめり込んだまどかマギカ最終回の感...
| 洒落た乾杯でも… | 2011/04/22 7:53 PM |
魔法少女まどか☆マギカ  11 12話 (最終回) ・・・・(????)
交わした約束忘れないよ 目を閉じ確かめる 押し寄せた闇 振り払って進むよ 最終回を迎えるまで本当に長かったですね! 震災とか色々あったけどちゃんと放送してくれてありがとうございます。...
| KAZUの暮らし | 2011/04/22 8:13 PM |
魔法少女まどか★マギカ 第11話&第12話(最終回) 感想
 まどか★マギカ、とうとう最終回。放送中色々あったまどかも遂に最終回を迎えることになりました。ワルプルギスの夜が近づく中、まどかはどんな決断を下すことになるんでしょうか&hellip;?契約は&hellip;?とても壮大なラストで観終わった後は何かに包まれた
| コツコツ一直線 | 2011/04/22 8:38 PM |
魔法少女まどか★マギカ 第11話&第12話(最終話)「最期に残った道しるべ/わたしの最高の友達」 感想
「だから私は―― 戦い続ける」
| ☆*Rolling Star*☆ 〜純粋に、純真に〜 | 2011/04/22 8:42 PM |
魔法少女まどか★マギカ:11話・12話感想&総括
魔法少女まどか★マギカの感想です。 ありがとう、まどか★マギカ。
| しろくろの日常 | 2011/04/22 9:10 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 11話「最後に残った道しるべ」12話「わたしの、最高の友達」感想
まず……チョット前から見直すことから始めましたw 仕事中も頭から離れなかったw(←コラ) 10話から見なおして11話を視聴開始! ほむらが時間を戻すたびに、その中心(因果)のまどかは最強の魔女になっ...
| キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 | 2011/04/22 9:31 PM |
『魔法少女まどか★マギカ』#12「わたしの、最高の友達」(最終回)
「だって魔法少女はさ、夢と希望をかなえるんだから」 大事な人を守るために、ほむらのもとに駆けつけたまどか。 叶えたい願い事のために魔法少女となり、この命を使うと宣言! 「信じて。絶対に今日までのほむらちゃんを無駄したりしないから」 ほむらの思いを無
| ジャスタウェイの日記☆ | 2011/04/22 10:08 PM |
魔法少女まどかマギカ 視聴感想「え、ほむらちゃんが主人公じゃないの?」
魔法少女まどかマギカ 放送前に、ここまでの人気を誇り、これだけの展開を見せてくれるだろうとは誰が予想したことだろうか。 今回はそんなまどマギについての最終話視聴後の個人的な考察をさせてもらおう...
| 新・あにめっき | 2011/04/22 10:57 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 第11話 第12話
 うわ、どっかに書いたような結末、まどっちが叶える願い、、と思ったら、第4話が終わった時点で、
| ブログリブログ | 2011/04/22 10:58 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 12話『わたしの、最高の友達』 感想
まどかはやっぱり主人公(´・ω・`)
| てるてる天使 | 2011/04/22 11:41 PM |
魔法少女まどか☆マギカ #12.(最終回)
「わたしの、最高の友達」 知り合いが、今回の一挙放送観賞を「仕事の後の楽しみに」
| 色・彩(いろ・いろ) | 2011/04/22 11:50 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 12話(最終回)
リボンと弓矢が、二人の絆。 というわけで、 「魔法少女まどか☆マギカ」12話(最終回) 少女よ希望となれの巻。 全ての因果を肩代わり。 断ち切るのではなく、引き受けるという結論に感じ入った。 ...
| アニメ徒然草 | 2011/04/23 12:51 AM |
魔法少女まどか☆マギカ第12話(最終話)...
「さあ 叶えて! インキュベーター!!」やはり壮大な願いキマシタ!!今までほむらちゃんは ずっとまどかを守って闘って来たのだと知りついにまどかは 自らが魔法少女になるこ...
| 薔薇色のつぶやき | 2011/04/23 2:26 AM |
[アニメ]魔法少女まどか★マギカ 第12話「わたしの、最高の友達」(最終回)
ベストフレンド。お互いにベストフレンドであることは永遠に変わらない感情として、心の中で息づいているのかも知れない…。
| 所詮、すべては戯言なんだよ | 2011/04/23 3:04 AM |
魔法少女まどか☆マギカ 最終回 感想
 魔法少女まどか☆マギカ  第11・12話  『最後に残った道しるべ』  『わたしの、最高の友達』  最終回 感想  次のページへ
| 荒野の出来事 | 2011/04/23 5:16 AM |
魔法少女まどか★マギカ 第12話 「わたしの、最高の友達」 (終)
物語も現実も混乱し紆余曲折した「魔法少女まどか★マギカ」もついに最終話。 MBS公式、コミカライズ関連企画のまんがタイムきららフォワードサイト。 さすがに抑えきれず長文になってしまった・・・ ...
| ゆる本 blog | 2011/04/23 5:36 AM |
魔法少女まどか★マギカ 第11話&第12話(最終回)
ああせざるを得かなったという終わり方だったかな。 八方ふさがり状態で、希望のある結末にするにはサブタイ通り最後の道しるべでしたね。 一番救いのあるルートを確立して大団円、これはこれで一つの物語で...
| のらりんすけっち | 2011/04/23 5:58 AM |
魔法少女まどか☆マギカ #11、12 (最終回)
テレビ版の 『魔法少女まどか☆マギカ』 を見ました。 (以下 「最後に残った道しるべ」 と 「わたしの、最高の友達」 のネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 望む度に     
| ビヨビヨ日記帳2 | 2011/04/23 9:21 AM |
魔法少女まどか★マギカ第12話(最終話) 「わたしの、最高の友達」
新房昭之×虚淵玄×蒼樹うめ×シャフトによるオリジナルアニメ 魔法少女まどか★マギカ第12話 「わたしの、最高の友達」の感想です! ほむほむ可愛すぎ!本当に最高な作品でした!
| Z-in脳内妄想 | 2011/04/23 9:24 AM |
魔法少女まどか☆マギカ  第11話 「最後に残った道しるべ」 第12話(最終話) 「わたしの、最高の友達」
魔法少女まどか☆マギカ  第11話 「最後に残った道しるべ」 第12話(最終話) 「わたしの、最高の友達」 「すべての魔女を、生まれる前に消し去りたい。すべての宇宙、過去と未来のすべての魔女を、この手で。」
| アニメは日本の文化遺産 | 2011/04/23 11:03 AM |
魔法少女まどか☆マギカ 第12話(最終話)「わたしの、最高の友達」
魔法少女まどか☆マギカ 第12話(最終話)「わたしの、最高の友達」
| SOLILOQUY別館 | 2011/04/23 3:25 PM |
「魔法少女まどか★マギカ」 第11話【最後に残った道しるべ】&第12話(最終回)【わたしの、最高の友達】
まず、11話。 さやかの死を、人々は知る。 まどかの様子がおかしいことを、母親が察知。 序盤以降、ほとんど出番がありませんでしたが、 最後は、ほむら救出に向かうまどかを引き止める など...
| NEW☆FRONTIER | 2011/04/23 3:25 PM |
魔法少女まどか★マギカ 第11話・第12話「最後に残った道しるべ / わたしの、最高の友達」
これは私の祈り、願い――。 一ヶ月。 ほむらが何度も繰り返した同じ「一ヶ月」。 まどかを助けたいってその一心で。 だが、それが世界の因果をまどかにコネクトさせ。 最強の魔法少女=魔女とすることにな...
| SERA@らくblog | 2011/04/23 6:01 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 第12話考察〜交わした約束忘れないよ〜
タイトル「最終話 わたしの、最高の友達」
| サイネリア〜わたしのひとりごと〜 | 2011/04/24 3:03 PM |
(終)魔法少女まどか☆マギカ 第10-12回
第10話「もう誰にも頼らない」第11話 「最後に残った道しる
| 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ | 2011/04/24 3:41 PM |
魔法少女まどか☆マギカ 第12話 『わたしの、最高の友達』
窮地に陥った暁美ほむらを救うべく、鹿目まどかが選んだ道は、自ら魔法少女になること。そして、鹿目まどかの命の代償としての願いは
| ゼロから | 2011/04/24 7:34 PM |
【魔法少女まどか★マギカ】 第12話「わたしの、最高の友達」
全ての魔女を 生まれる前に消し去りたい 過去と未来、すべての魔女を、この手で・・・ まどかが望んだ願いは とてつもなく大きな願いでした  ↓ 「続きを読む」 ↓ からどうぞ♪
| TOM's Garden+ | 2011/04/24 10:15 PM |
魔法少女まどか☆マギカ #12
魔法少女アニメとしてはきわめて異色なこの作品も、とうとう最終回です。ワルプルギスの夜に現れた魔女との戦いにほむらは敗れようとしていました。何度も何度も負けてきて
| 日々の記録 | 2011/04/27 11:37 AM |
魔法少女まどか☆マギカ 最終回終了後のあ...
 魔法少女、それは夢と希望。みんなを絶望させたくない。 今まで現実を見つめ続けるだけだったまどかは、内にためていた思いを一気に解き放ちました。 ほんとにすごかったという...
| ピンポイントplus | 2011/05/02 8:56 AM |
魔法少女まどか★マギカ 第11話 『最後に残った道しるべ』&第12話(終) 『わたしの、最高の友達』
長らく放送延期になっていた「魔法少女まどか★マギカ」の第11&12話(終)が一挙放送。今期一番楽しみにしていたアニメが最後まで延期されただけに、期待も高まります。 なぜ「まどか」だけ延期が長かったのか東日本大震災の影響で放送延期されたアニメは多々有りまし
| こいさんの放送中アニメの感想 | 2011/05/05 8:14 PM |
◎魔法少女まどか☆マギカ第12話「わたしの...
マドマギついに最終話。マドカは魔法少女になるといいだす。叶えたい願いを使うねという。どんな願いでも叶うだろうとキュウベエがいう。マドカは、全ての魔女を消し去ると願う。そ...
| ぺろぺろキャンディー | 2011/08/22 12:51 AM |