<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

生まれる。第3話「母のおなかにあるのは命」

第3話「母のおなかにあるのは命」




「高年齢出産」に関する本の出版を担当する
愛美が今回取材するのは、卵子提供によって
48歳で妊娠した女社長・川上千恵。
第3話では、「卵子提供」「代理出産」についてを
ドラマの中で掘り下げていく。
そして、愛美の反対を押し切り出産する事を
決意した愛子は、産婦人科医の近藤の下に
診察に訪れる。近藤から出産に関して
一番重要なことをアドバイスされ、
その言葉を聞いた愛子はついに家族に
妊娠の事実を告げることに・・・。




今回は取材した女社長とのかかわりから
愛美の心が少し動きました。

下着会社の社長48歳で妊娠9ヵ月 しかも初産
アメリカで卵子提供してもらったそうで
医療費も高額。

さっそく取材にいく愛美ですが
とにかく赤ちゃんを産むことも
仕事の一部とでも思っているような
社長の言葉に違和感を持つ愛美。

ドナーの資料には名前以外のほぼすべての
情報が載っており、若い時の写真も。

「何かカタログ販売みたいだな」

という大川の言葉にも

「まあ 間違ってないんじゃないの

 ドナーにギャラは払うんだし」


という社長。

産んだ後もベビーシッターにまかせて
すぐに仕事に戻るのだそう。

「子供はベビーシッターが

 面倒みればいいけど

 この仕事は私にしかできないの」


そしてつい口を出してしまう愛美。

「川上さんが子供をつくるのって

 ご自分のエゴの気が…」

「自分のエゴで

 子供を産もうとしている気がして

 生まれてくる子供のこと

 考えたことありますか?」


社長の返答を待つまでもなく
取材時間がきて終了。

帰って国木にその話をすると
自分もわかるという国木。

「私は38歳くらいだったかな

 何か急にアラームが鳴りだしてね。

 体の中で

 子供つくるの 間に合わなくなるぞ

 どうするんだって

 警告音が鳴る感じ?」

「私も子供のことなんて

 全く考えてなかったのに

 ある日 突然

 このまま子供のいない人生でいいのって

 誰かが聞いてきた気がして」

「子供も欲しいし

 仕事でも成功したい

 女ってのはね

 年を取ると 欲張りになるんだよね。

 でも私は子供を産むことで

 キャリアに遅れをとるのが嫌だった。
 
  だから仕事を選んだの。

 とか言いながら ホントは

 違う人生に踏み出す勇気が

 なかったのかも」


仕事を持つ女性は一度は迷うものなのか。
その話をきいて、つい母のことも
重ね合わせて熱くなる愛美。

「川上さんは欲張りっていうより

 勝手です。

 子供を産みたいって気持ちだけで

 突っ走って

 生まれてくる子供や

 周りの人のこと全然考えてない」


ネットでの川上社長の評判は最悪。

そして家では母がみんなに妊娠の報告。
すぐに受け入れてくれたのは次男だけ。

「俺 おふくろに

 2度目の人生もらってんじゃん。

 中3で白血病になって

  すっげえ好きだったサッカー諦めてさ

 4分の1の確率であうって言ってた

 姉貴達の骨髄が あわなくて

 骨髄バンクに いってもなくて

 もう俺 死ぬんだって思った。

 そしたらおふくろの骨髄と あって

 奇跡だって言われて 助かった。

 今の自分の人生は

 2回目の人生だと思ってる。

 これはおふくろにもらった2回目の命

 だからこそ 分かんだよ。

 おふくろには自分の気持ちを

 大切にして生きてほしい。」


いつもと違ってすごくまじめ。
とても2回目の人生だと思って
精一杯生きてるようには
みえないんだけど(女の子の気をひく
手段につかってるし)
ホントはこんなふうに考えてたのか・・。

末っ子美子は困惑。
自称ほんとの父にたかられてる長男は
今精神的にもつかれてるので
やさしい言葉がでてこない。

「ただ 生まれて不幸になる

 子供だっていると思う。」


でも長男、あの男がくるまでは
この家で幸せに育ってたんじゃないの?
そんなことを言うなんておかしい・・。

生チョコで母の主治医をうまく
つった愛美は取材成功。
だけど母の出産には正直反対だというと

「でもな これだけは覚えといてくれ

 中絶も人を1人殺すということだ。」


と言われてしまいました。
これを言われると・・。

愛美はまた川上の取材に。
あいかわらず仕事優先の社長が
目の前で倒れてしまいました。

胎盤早期剥離で帝王切開で出産。
やっぱり高齢出産はたいへん・・
と感じながらもお見舞いにいくと
社長の考えが別人みたいになっていました。

「私 会社休むことにしたし」

「私の代わりなんか いくらでもいる

 でも 母親は 私しかいないから」


その名も生太。

心臓に穴があいていて
これから手術が何度も必要とのこと。

自分の意地で子どもをつくって
愛美に言われたとおりエゴだったと
思うという川上。

「私… 子供も

 自分の新しい人生の一部くらいにしか

 思ってなかった。

 ホントに バカ!

 この子にはこの子の人生があるのに…

 生太 ごめんね。

 お母さんね

 生太を 絶対に 幸せにするからね。

 生まれてきてくれて ありがとう。」


社長、かわりすぎだよ(T_T)
でもきっと人生観かわるくらいの
ことなんだよね。

そんな社長と赤ちゃんをみていると
愛美の目に涙が・・。

「うちの母

 こないだ51歳で妊娠したんです。

 産みたいって思う母に

 私は 産まないでほしいって言いました。

 母の体が心配だし

 私達の人生が

 振り回されるかもしれないし…

 子供が 無事に

 生まれてくるか分からないし…

 でも こうやって

 生太くんを見てると

 母のおなかの中にあるのは

 命なんですよね。

 子供を産むっていうことは

 一人の人生を産むっていう

 ことなんですよね。」


愛美の気持ちに変化が・・
だけど学校でいじめにあっている美子が
今度は母の出産に反対を!

「そんなの嫌だよ!

 恥ずかしいよ!

 学校のみんなに

 知られたらどうすんの!?

 私 ママが子供産むの

 絶対に嫌だから!」


長男はあの自称父のほか
会社の好きな先輩のカレシ?に
仕事パクられたりしてて
たいへんそう。
あの男、愛子たちが子どもができないから
自分たちから子どもをお金で買ったって
いってるけど、いかにもウソ臭い。

そして次男は再発?!

あと、不妊治療中の留美にも
やっぱり言えないよねえ・・。

こうしてる間にもどんどん
おなかの中で育ってるのに
できればみんなに祝福されて
うまれてきてほしい。





林田愛美  堀北真希
林田太一  大倉忠義(関ジャニ∞)
林田浩二  中島健人(ジャニーズJr)
林田美子  竹富聖花
林田新平  三宅裕司
林田愛子  田中美佐子

水川真帆  酒井若菜
国木美和  戸田恵子
近藤卓巳  大杉漣
小池晴馬  渕上泰史
中野瑛太  斎藤 歩
大川洋一  鈴木亮平



2011.05.06 Friday 23:32 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 告らせ屋 第5話 | main | 犬を飼うということ 〜スカイと我が家の180日〜 第4話 >>









ドラマ「生まれる」 第3話「母のおなかに...
ついに家族に明かした愛子の妊娠の事実-----------。生むか生まないか。結論は出ない。これはやはり家族の協力なくして出来ない出産だから。それでも生むと決めた愛子の決意は堅い。そ...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/05/06 11:47 PM |
ドラマ「生まれる」 第3話「母のおなかにあるのは命」
ついに家族に明かした愛子の妊娠の事実-----------。 生むか生まないか。 結論は出ない。 これはやはり家族の協力なくして出来ない出産だから。 それでも生むと決めた愛子の決意は堅い 続きを読む 第2話
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/05/06 11:47 PM |
【生まれる。】第3話
金曜日。こちらもチョ〜簡単感想のみで〜。。。 書かないとか言いながら結局3話まで書いてしまっている。。。 家族に全て打ち明けた愛子でしたが、浩二だけは大賛成したものの、 真実を打ち明けても...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011/05/07 12:20 AM |
人間はみな泣きながら生まれてくる
『我ら生まれし時には、この阿呆どもの世に出でしことを、大いに泣く』 リア王 第4章 第3幕 人は何のために生まれてくるのか。 母はなぜ、リスクを背負ってまで子供を産もうとするのか。 たとえ障害...
| 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 | 2011/05/07 12:43 AM |
生まれる。 第3話 感想
TBS系ドラマ「生まれる。」の第3話を見ましたので感想など。病気や事故などで卵巣を失った女性が、第三者の卵子の提供を受け、それを夫の精子と受精させて自分の子宮に着床させて子を産む、「卵子提供」について、林田愛美(堀北真希さん)のプロジェクターを使った説
| オタクと呼ばないで | 2011/05/07 6:25 AM |
生まれる。 第3話
「高年齢出産」に関する本を出版しようと奔走する愛美(堀北真希)は、 下着会社の社長・川上(若村麻由美)を取材することになった。 川上は米国で卵子の提供を受けて、48歳で妊娠したという。 川上の話を聞きに行った愛美だが、取材を進めるうちに、出産に関する
| ぷち丸くんの日常日記 | 2011/05/07 3:54 PM |
生まれる。
生まれる。 金曜 22:00 TBS 2011年4月22日〜  【キャスト】 林田愛美…堀北真希 林田太一…大倉忠義 (関ジャニ∞) 林田浩二…中島健人 (ジャニーズ Jr.) 林田美子…富聖花 林田新平…三宅裕司 水川真帆…酒井若菜 国木美和…戸田恵子 近藤卓巳…大
| ドラマQ | 2011/05/07 5:25 PM |
「生まれる。」第3話 若村麻由美さんの唐突な変身
あれこれてんこ盛りなのに荒削り感満載の「生まれる。」を象徴するような、若村麻由美さんの唐突な変身。 ばりばりの社長で、妊娠出産も自分の目標達成のひとつでしかない冷徹な女だったのに。 子供を産...
| 今日も何かあたらしいドラマ | 2011/05/07 10:03 PM |