<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ハガネの女 season 2 Round5

 Round5



全寮制の塾に通う翼が問題行動を連発!
ハガネは、塾へと単身乗り込んでいくが…
親の期待に応えようと耐える子どもを前に、
無力さを感じたハガネは、突然、旅に出る。





現実にはありえないくらいの
(ほんとにあったらこわい)
エリート養成スパルタ塾。
全寮制(というか泊まり込み)で
朝四時半起床、学校以外はほぼ勉強
毎日テストテストでもう中学の範囲をやってたり
40度の熱があっても、これは試練だと
とりあわない(医者には一応みせた)厳しさ。

そんな塾にいっていた翼は
親のためにとものすごくがんばっては
いたものの、ついに限界。

熱を出した友達を助けるために
塾をやめさせられ、父親に叱責されて
ついに爆発してしまいました。

父親が階段から落ちて怪我・・。
でも中高生だったら刺されても
おかしくないくらいです、これは。
まだ小学生のうちに爆発してよかった。

一度はめげそうになって
突発的にセラヴィナまでいったハガネ。
あんな簡単に行けるんだ・・。
てっきりタオが大人にならないと
あえないものだと思ってたよ・・。

ハガネだけじゃなく
校長やスクールカウンセラーの先生の
アドバイスも有効。

心の傷を癒すのは簡単じゃないけど
まずはしっかり抱きしめて
両親の愛情をたしかめること。

「子どもとやり直すのに

 遅過ぎる事なんて 

 ありませんよ。

 本気で愛してるんなら

 遅過ぎる事なんてないんです。」


お母さんには先に家にかえって
翼の好物を作って待っているように
という上川。

「必ず玄関のあかりは

 つけておいてください。」

「子どもは家の明かりを見ると

 安心するんです。

 自分には ちゃんと

 待っててくれる人がいるんだって。」


病院にまでやってきたのに
お見舞い金を子どもにわたして
帰ろうとする塾長。
競争を勝ち抜くエリート養成主義は
今もかわらず。
それに一ミリも共感できないというハガネ。

「私は 翼のような

 優しい心を持った子どもを

 心から誇りに思っています。」


子どもたちにきかれた
どうして勉強しなきゃいけないか
ということの答え。

「先生は自分の世界を

 広げるためだと思います。」

「みんな それぞれ

 夢中になってるものがあるよね。

 夢中になってるものって

 色々知りたくなるし

 それを探っていくうちに

 また別の興味が生まれる事もある。

 みんなの世界はそうやって

 どんどん広がってくの。

 だから 先生は学校の勉強も嫌がらずに 

 ちゃんとやってほしいと思います。

 だってさ どこで どんなふうに

 世界が広がっていくかわかんないんだよ?

 もしかしたらものすっごーく

 楽しい事がみんなを

 待ってるかもしれないし。

 それに気づけずにいるなんてさ

 もったいないと思わない?」




やはり一話で強引に解決・・・
という気はしましたが
今から時間をかけてあの父親も
かわってもらうしかないですね。

ハガネが簡単にセラヴィナにまでいったのも
びっくりでした。
彼氏とはすれちがい(むこうはホームシック)
だったけどまた最後にはもどってくるのかな。

マナの彼氏の元妻は、いまだに
金をせびりにくるような最低女と判明。
娘を傷つけたくないからと
隠しててもいずればれそう。
そのときにマナががんばらないとね。

水嶋先生も親に過剰な期待を
かけられてたいへんだった?
最初の頃にくらべると
ずいぶん子どものことも
かまうようになってきた気がする。

最後に美月ちゃんは怖かったです。





芳賀稲子  吉瀬美智子
水嶋恭平  斎藤工
矢崎 徹  設楽統(バナナマン)
藤間真理子 清水ミチコ
西堀マナ  有村架純
浅野達也  松本利夫(MATSU from EXILE)
上川俊一  片岡愛之助
野村敏之  高橋克実







2011.05.19 Thursday 22:37 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< 銀魂一番くじ | main | BOSS 5話 >>









ハガネの女2 #5
クラスメイトをからかってはやしたてる。 キレて力任せに突き飛ばしたり、 物に八つ当たりしたり。 相変わらずこのクラスはザワザワしていて落ち着かない。 何かというと水河小と愛河小で対立する。 な...
| よくばりアンテナ | 2011/05/20 12:51 AM |
ハガネの女 season2 第5話 感想
テレビ朝日系ドラマ「ハガネの女 season2」第5話の感想など。なんで悩んだらセラヴィナ(フィリピン風味の架空の国)へ?第1話に登場したタオ(黒崎レイナさん)は、セラヴィナで子どもたちに日本語を教えていました。タオと再会したハガネ(吉瀬美智子さん)は、再会
| オタクと呼ばないで | 2011/05/20 6:25 AM |
ハガネの女 season2 (第5話 5/19) 感想
4/21からテレ朝で始まったドラマ『ハガネの女 season2 (公式)』の第5話『理想の学校ってどこにある』の感想。 いきなり「タオ、元気かなぁ」とは! 私もいきなりロケ地情報を。両親が不法入国で国外退去となった外国籍の少女・タオ(黒崎レイナ)がいたの
| ディレクターの目線blog | 2011/05/20 6:48 AM |
ハガネの女2 第5話
ある日、成績が最近急激に伸びていることをからかわれた翼(佐藤涼平) が蓮(萩原利久)を教室で突き飛ばしてしまう。 どうやら翼の学力がアップした理由は、春休みから通っている学習塾に あるらしい。 だが、その一方でエスカレートする翼の言動を心配したハガネ
| ぷち丸くんの日常日記 | 2011/05/20 2:20 PM |
ハガネの女season2 第5話
『理想の学校ってどこにある 内容 相変わらず、ちょっとしたことで、対立が起きるハガネ(吉瀬美智子)のクラス。 ある日のこと、古田翼(佐藤涼平)が、、急激に成績を伸ばしていることに驚く。 それは、、、クラスメートたちも同じだった。 成績はいまいちで、クラス
| レベル999のgoo部屋 | 2011/05/20 5:41 PM |
ハガネの女2nd 第5話〜スパルタ学習塾の恐怖!?
『ハガネの女』2ndシーズン第5話 成績が最近成績が急激に伸びて「ガリ勉」とからかわれてキレちゃった翼くん(佐藤涼平)。 東大出身という父・修一(滝藤賢一)の過剰な期待があって、競争社会を勝ち抜く人材を作るためのエリート教育を施す合宿型学習塾に通わ
| 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) | 2011/05/20 10:08 PM |