<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 告らせ屋 第7話

第7話



今回の依頼者はルークの妹 優希。
好きな相手はスタントの先輩 修吾。

アメリカへいってしまう修吾をおって
自分もいくつもりの優希に反対する兄。

2000万人に一人の特殊な血液型を
まったばかりに、今まで危険なことを
しちゃけいないといろんな制約を
うけてきて、スタントをはじめて
やっと生きてると実感したらしい。

ルークは妹のために研究をほうりだして
帰ってきてくれたけど、もう自分の人生を
犠牲にしないでほしい、という妹。

「ちゃんと 前みたいに

 兄貴も自分の人生 生きて!

 そうでなきゃ 私も

 自分の人生 生きられない!」


血液のために一人で生きていけないなんて
重すぎる・・そんなの死んでるのと一緒。

結局無理なスタントをして怪我して
輸血をしてもらいましたが
無茶だなあ・・。

修吾についてアメリカにいっても
足手まといにならないという証明がほしくて、
告白する勇気がほしくて・・。


両思いになったのに
今のままじゃ邪魔になるから
いまのままこっちでがんばることに
したらしい。

妹大好きなルークは一安心か・・。

優希の補てん希望は

「兄、香月歩のアフリカでの

 フィールドワーク」


自立のためにルークの自由をのぞんだのに
失敗してもルークの自由。

結局兄おもい妹思いのいいきょうだいでした。


それにしても・・
普通にいきていたら
一生に一度も輸血しないで済む人も
大勢いると思うけど。
そこまで過剰にならずとも。
万が一を考えて制約厳しくしたのかも
しれないけど、いっそ
そういう病気なんだとでも思えば
心臓病の人が激しい運動できないとか
そういうのと同じだと思って
必要以上に気負わずに生きていけばいいのに。
誰かに助けられなきゃ生活出来ない人も大勢いるよ。

優希がルークの妹と知った時の
トラコの顔がおかしかったw




ルーク  城田優  
マル   福田沙紀  
トラコ  古田新太 

第7話ゲスト

森カンナ











2011.05.20 Friday 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ジャンプ SQ.19 (スクエア) 22 2011年 06月号 | main | ワンピースミニステッカー チョッパーとゆかいな仲間たち!?ほか >>