<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

グッドライフ 〜ありがとう、パパ。さよなら〜 第6話「絆」

第6話「絆」



 順調に治療が進んでいたはずの羽雲(加部亜門)
の白血病が再発。抗がん剤治療での完治は難しい
と判断した円山(伊原剛志)は、大地(反町隆史)に
骨髄移植を提案するが、大地の白血球の型が
羽雲と一致せず、移植は不可能と判明。
大地はプライドを捨て、華織(井川遥)に
血液検査を受けてもらうよう頼むが、
残念ながら華織の型も適合しない…。
 結局、骨髄バンクに登録してドナーを
探すことにするが、2カ月経ってもドナーは
見つからない。これまでより強力な抗がん剤の
副作用に苦しみ、日に日に体力が衰えていく
羽雲を見守ることしかできない大地は、
少しでも長くそばにいてやりたいという思いから
ついに会社を辞めてしまう。
 一方、華織は韓国から提供された骨髄で
移植が成功した事例を知り、学会出席のため
来日中の韓国の小児白血病の権威・李信基
(イ・シンギ)教授(チョン・ウソン)を訪ねて
会場のホテルへ赴く。そして李との面会を
願い出るが、会うことはかなわなかった。
 その頃、羽雲が肺炎を起こし、危険な状態に
陥っていた。苦しむ羽雲の姿をただ見守ることしか
できない大地は無力感にさいなまれる。
かたや、諦めきれない華織はホテルの前で
待ち続け、その姿に気づいた李に声をかけられる。
華織はすがる思いで血液検査の結果を渡し、
羽雲の骨髄移植を叶えたいと訴えるが…。





話がすすむのが早い。
わっくんが早くも再発。
しかも18カ月以内の再発なので
予後は悪く、骨髄移植が必要に。

パパとはHTLがあわず
ママにもあって検査を頼むパパ。
このへんの描写がほんとにすばやくて
よけいな会話がなくてもわかるので
よかったと感じました。

結果はママともあわず
骨髄移植のドナーを待つことに・・。

会社で息子の闘病記を書いてみないか
とすすめられるパパはそんな気になれず。
このパパだったら、たぶん自分が病気だったら
詳しい治療経過を書くような気がするけど
それが息子とこととなると
やっぱりそうはいかないですね。

そして仕事もやめて
わっくんのそばにいることを
選んだ父・・。
(実際問題、仕事やめると
 医療費はいらないだろうけど
 生活費はどうするのかとか
 問題ありありですが貯金があるのか
 ベッドサイドで書いた記事で
 生計たてる自信があるのか。)

離れててもわっくんのためにできることが
あると思うママは
(血液検査までした時点で
 いくらなんでもあうべきだと思った!)
韓国からきた韓国小児白血病の権威の
先生に直訴しに。

先生にあわせてほしいと
無理を承知でお願いしますお願いしますと
何度も頭をさげるママの姿は
見てるだけで泣けました・・・。
わっくんとかわってあげられることはできない
自分にできることもない
無理と言われても、わずかな希望に
望みをかけたい気持ちが痛いくらい
伝わってきました。

そして、私たち医者は神じゃない
といわれる悲しい現実・・。

その先生に、お母さんにできることは
他にもあると言われますが
やはりそばにいてあげることですよねえ。

わっくんは治療の副作用で
肺炎になり、容体が悪化。

かたくなにママにはあわせないと言っていた
パパも、本当はママにあいたいのを
我慢しているわっくんの気持ちをくんで
ママを病室にいれてあげました。

『パパが悲しいことは何だろう。

 パパが悲しいことは…。

 パパが一番悲しいことは…。

 僕のために何にもできないこと。』


わっくんをママにあわせてあげることが
今のパパにできること。

意地をはってる場合じゃない。
ママにもらったぬいぐるみを
ずっと大事にしているわっくんが
口にはださないけど
ママにあいたくないわけがない。

ようやくママともあえて
これからはママもパパも
わっくんのそばに・・
だけど・・

『そのときはまだ知らなかった。

 パパも僕もまだ知らなかった。

 さよならの時間が

 近づいてるってことを。』


どうしてもどうしても
さよならしなくちゃダメなんですか。
しかも予告では倒れてたのは
パパだったけど??
パパが倒れても骨髄移植できるわけじゃないし
臓器移植とかいう話でもないのに。

子どもの病気を前にして
かわってあげられるものなら
かわってあげたい
と思うのはどこの親もいっしょ。

みていてほんとうにつらい話です。
親子の絆は別にさよならしなくても
描けるのに・・。


ストーリーに関係ないけど
マルクとかけっこうリアルにやってるわりに
治療中で抵抗力落ちてる子どもの病室に
マスクも白衣もないとか・・
病棟に入るまえにちゃんと消毒してるのかな?














2011.05.24 Tuesday 23:22 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< カスペ!・マジック革命!セロ!! | main | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 第6話「わすれてわすれないで」 >>









ドラマ「グッドライフ」 第6話 感想「パパの悲しいこと」
パパの一番悲しいことは何だろう-------------。 羽雲の病気が再発。 あんなに元気なのに? 信じられない大地。 だが、羽雲を助けるには、もう骨髄移植しかないというのだ!! そこでまずは両親の骨髄を調べることになるのだが・・・大地も華織も一致しない。
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/05/25 12:14 AM |
ドラマ「グッドライフ」 第6話感想「パパ...
パパの一番悲しいことは何だろう-------------。羽雲の病気が再発。あんなに元気なのに?信じられない大地。だが、羽雲を助けるには、もう骨髄移植しかないというのだ!!そこでまずは...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/05/25 12:14 AM |
グッドライフ #06
『絆』
| ぐ〜たらにっき | 2011/05/25 1:29 AM |
グッドライフ 第6話
『パパの悲しいこと 『絆 内容 母・華織(井川遥)との再会を拒否し、 父・大地(反町隆史)を選んだ羽雲(加部亜門) そんななか大地は、主治医の円山(伊原剛志)から羽雲の病の再発を告げられる。 抗がん剤治療での完治は難しいと、骨髄移植を勧められるのだった。
| レベル999のgoo部屋 | 2011/05/25 7:27 AM |
グッドライフ (第6話 5/24) 感想
4/19からフジテレビで始まったドラマ『グッドライフ (公式)』の第6話『パパの悲しいこと』の感想。韓国で200万人が涙したベストセラーは未読。 予告編のおさらいで終了… 先週の記事で、“良い意味で、先のお話しか興味が沸かない(笑)”と書いたが、今
| ディレクターの目線blog | 2011/05/25 10:13 AM |
グッドライフ 第6話
順調に治療が進んでいたはずの羽雲(加部亜門)の白血病が再発した。 抗がん剤治療での完治は難しいと判断した円山(伊原剛志)は、大地 (反町隆史)に骨髄移植を提案するが、大地の白血球の型が羽雲と一致 せず、移植は不可能と判明。 大地はプライドを捨て、華織
| ぷち丸くんの日常日記 | 2011/05/25 4:44 PM |
《グッドライフ》★06
羽雲(わく)の血液中に、白血病細胞が増えてきていると言われた。明らかな再発を意味していた。
| まぁ、お茶でも | 2011/05/28 9:20 PM |