<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ジャンプ26号感想

ジャンプ26号ネタバレ感想

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


表紙&巻頭カラーはナルト

ナルト

 戦場へいこうとするナルトと
 キラービーをとめにきた雷影と火影。

 キラービーが兄に頼んでもダメ。
 自分達がつかまればこの世の終わりと
 知っていても、みんなが死んで戦争に
 勝って自分だけ生き残るのは意味ないと
 拒否するナルト。
 「世界が終るよりマシ」という雷影の言葉も
 もっともですが、それをしって自分だけ
 じっとしてられるほど人間できてない
 と言うナルトとふたりでガチのぶつかりあい。
 綱手は気持ちはわかっても今は忍連合の参謀
 なので立場上やはりナルトの味方はできない。
 っていうのをナルトは理解できるくせに
 だから思いとどまるわけじゃなく強行突破へ。

 雷影の速さにナルトが感心すれば
 九尾チャクラモードの速さに感心する綱手。

 雷影より早かったのは四代目火影だけだった
 そうですが、自来也に予言の子といわれたのに
 九尾事件で失敗した、さらに息子(ナルト)も
 そこから何も学んでいないといわれ、母と
 話したあのときを思い出し怒りをみせるナルト。

 「四代目火影は失敗なんかしてねェ!!!」

 すべてを息子にたくして死んでいった両親。

 そんなナルトをとめられないならこの場で
 殺す、と本気モードの雷影がナルトを狙うのを
 とめたのはビー。敵の計画をつぶすために
 殺すというなら自分が死んでも同じというビーが 
 男前。
 人柱力は己であって己でない存在、立場を
 理解しろといわれても個人として捨てられない
 心意気をなくしたらただの兵器・・と
 兄と拳をあわせるビー。

 雷影とキラービーの過去。
 すでに雷影候補になってうたエーと
 タッグを組むべく候補の中から選ばれた
 ビー。

 え・・ちょっと待って。
 
 キラービーのビーってそういうことだったの^^;

 エーにはほんとの兄弟がおらず
 力をみて相性ぴったりの相手を
 選んでみつかったのがビー。

 その日から二人はブラザー。
 えー・・。

 結局、説得路線でナルトたちを
 通すような気がしてきました。


トリコ

 マンサム所長といっしょに
 やってきたラップは第0ビオトープの 
 職員。第1でも十分すごいところなのに
 底なしだな、このグルメ界。
 
 与作にメルクも第0の職員ときいて納得。
 さすがのゼブラもここではバトルしない。

 あの謎の生物はニトロ。
 寿命が長いって、数億年はもう
 単位が違いすぎる。
 さらに、どう猛、知能の高さ、グルメ度が
 特徴で、小松がみつけたあの本も
 ニトロが残したもの。
 そのニトロが名のある料理人をさらう事件が
 おきているそうで、いまだランクは低いと
 いうものの小松の才能に気づくのも
 時間の問題な気も・・。

 GODを狙って美食會も動き出し
 グルメ日食をまえにグルメ戦争勃発か。

 GODが手に入るならみんなでわけあえば 
 戦争はおこらない、とトリコが
 主人公らしい発言!

 まずグルメ界入るだけでも苦労してたから
 まだまだ強くならないと。



ワンピース

 王妃狙撃事件の犯人は人間だと
 ホーディが叫んだせいで
 魚人達の人間への憎しみが再びたかまり
 怒りに燃えながらも犯人に復讐したら
 王妃が悲しむだろうことをわかっている
 国王は部屋に閉じこもり理不尽にむせび泣く。
 国王が積極的に妻の活動を手伝ってなかったのは
 今まで人間を何度もうちとった自分には
 その資格がないと思っていたからだったのか。

 そのころ、姫のもとにはバンダーデッケンから
 ラブレターが届きはじめました。
 
 「おれはお前に変をした。」 

 って、、デッケン、誰かに代筆してもらったら
 どうだろう・・。

 子どもたちの安全を守るため王妃の葬儀には
 子どもたちを参列させず、かわりにビデオ
 メッセージ。母の願いを生涯かけて
 うけついでいくという力強い王子の言葉。

 「一から始めましょう

  またいつか・・!!みんなの

  心の傷が癒えたとき・・!!

  一緒に“タイヨウ”の・・

  夢を見ましょう・・・!!!」


 涙ながらのその言葉はみんなに届いたはず・・。

 そこでジンベエの話は終わり。
 弟ぶんアーロンのしたことを
 ナミさんにわびるジンベエ。
 サンジくんは怒ってますが
 ナミさんはジンベエに悪意はなかったし
 嫌いなのはアーロンだからと
 ジンベエを拒絶することはなし。
 アーロンにはひどい目にあわされたけど
 そんな中で出会った仲間もいる。

 「全部繋がって私ができてんの!!」

 「だから私の人生に勝手に謝らないで!!」


 つらい過去もすべて受け入れて
 前向きに生きる
   
 ナミさんの笑顔が素敵。

 涙をながしながら

 「かたじけない・・!!!」

 とあやまるジンベエのその言葉が 
 今回のサブタイトル。

 今回も号泣してるフランキー
 ほんといいやつ!!

 なのにルフィは寝てましたww
 いや、ほんとルフィらしい。
 ごくさわりの部分で寝てたし。

 姫にも声をかけるナミさんと
 二人は仲良くなったようです。

 ここで状況整理。
 敵はホーディとその一味。
 国王と兵士がとらわれ
 ブルック ゾロ ウソップ パッパグ
 が動向不明・・そうだっけそういえば。
 パッパグ以外はまったく心配ないな。

 ハチの話によると、国王がいよいよ
 今年の世界会議で魚人島移住計画を
 伝えにいこうとしているのを
 阻止しさらに魚人島を我がものする?のが狙い。

 モニターを通じて全島民によびかけるホーディ。
 直接対決も近いか。

 でも次号休載。


べるぜバブ

 全面戦争宣言だけして
 そのまま今回は決着。

 もう姫川と神崎はアニメともども
 おもしろすぎるな。

 由加が姫川を気にしてますが
 恋に発展する?!

 そして男鹿くんとベル坊の
 体が入れ替わり・・どういう弊害。


リボーン

 デーモンにたちむかうツナとエンマ。
 デーモンからはダメダメコンビと呼ばれてます。
 エンマの家族をツナパパが殺したという
 事件も全部デーモンの仕業。
 それを聞く前に、もし本当でも
 もう二度とツナを恨んだりしない
 というエンマのツナへの信頼感がすごい。

 「だってツナくんは・・

  何があっても絶対に裏切らないから」


 しかしデーモンやることが残虐。
 人を人とも思わぬやり方に
 お前だけは許さないと叫ぶツナたち。

 次々と技をみせるデーモンを
 エンマとツナの連携で攻撃。 
 二人をダメダメコンビじゃなく
 ハイパーコンビだというリボーン。

 このくらいじゃないと
 デーモンの相手にならなさそうですし。


銀魂

 坂本さんの語るエリー迎え入れ秘話。
 黙ってる相手にゲロをはいてただけでした。
 全部坂本さんのせい・・。

 いまやこの船は地球を救うため
 「侍」という最後の希望を乗せたノアの方舟。
 坂本さんと銀さんと桂さん・・

 メンバーはいっしょなのに

 白夜叉時代と違ってなんか決まらない
のは

 なぜだろう。

 地球征服を阻止するため蓮蓬の艦へ。
 みんなエリザベスに変装してるのに
 新八だけ白ブリーフw
 エリーの元カノにいれてもらったら 
 刺激が強すぎて白い悪魔から
 真っ赤なシャアザクになったから

 神楽ちゃんのふきでものにされたw

 みんなエリーなのにちゃんとキャラ
 わかってかわいい〜。(新八だけ変)
 
 緊迫の場面なのに?UNOやってるとか。

 ふきでものは苦烈阿羅死流

 処理されましたが切り取られたのは

 メガネだけ!

 ここでも不憫な新八!

 とにかく第一関門突破で潜入成功。
 トップは闇将軍と恐れられる米堕卿。
 その下に双竜と呼ばれる二代将軍。

 その将軍もいる食事会。

 カレーだけどご飯にかけるのは

 ファミコンカセット!
 

 それに対してドラクエ5を要求する銀さん
 
 FF4をたのむ坂本さん

 「バーチャルボーイはないんですか」

 とずれまくる桂さんw

 ドラクエ FFは将軍格しか食べられない
 花形食・・・!

 さわぎになって囲まれた3人を助けてくれたのは
 地球調査の功で昇格した江蓮将軍!

 エリザベス!!


花咲一休

 今回は鏡の中にすいこまれた
 女性を救うことに。

 一休、無意識なのに
 奇怪ととんち話に縁があるタイプなので
 カルマがつくのは当然ですね。

 鏡の中の相手ととんち勝負に
 なるのか。


バクマン。

 読者の評判もよくシュージンも
 すっかり復活。
 エイジは連続1位を続けていて
 少しずつでも差を縮めていこうと
 本当に前向きなサイコー。

 CROWは1位だけど+NATURALは
 今いちらしく、話がおもしろくないと
 エイジもはっきり言うくせに
 岩瀬さんはプライド高いから勝手に
 話を変えるにも限界があると消極的。

 結局平丸さんのところでアシスタントを
 している中井さん。
 空気が薄いとか臭うとか言ってると
 吉田氏が到着したとたんマスクをつけるので
 ほんとになんか臭そう・・。

 蒼樹さんのことを羨ましいという中井さんに
 吉田氏に相談してはどうかという平丸さん・
 さっそくたのんでみると、吉田氏はまたしても 
 これを平丸さんのやる気を継続させる手に
 しようともくろんで承諾しました。

 中井さんにダイエットをさせ
 スーパーマンガ家
 
 マンガ家のスーパーサイヤ人的な・・ 

 っていってるあたりでたまにジャンプにも
 のってる怪しげな広告みたいになってることに
 気づけばいいのに、中井さん。

 CROWも福田さんの連載も人気で
 雄二郎さんが絶好調。
 この編集さんたちの心の内をみていると・・
 ジャンプ編集部って実は心が安らぐ場が
 ないのでは・・と思ってしまう。

 雄二郎さんが「嫌いなマンガを終わらせる権利」
 を冗談だと思ってここだけの話と広げれば
 広げるほど、エイジがホントに言いだす場面が
 目に浮かぶ。

 そしてそのとおり編集長にあいにきたエイジ。

 これはやっぱり・・?


こち亀

 夢ばかりみていたいと 
 みんなが目覚めないという
 お話がありましたっけ。


マジコ

 魔法の修行って超体育会系。
 こういう魔法だからなのか
 インテリだけじゃやってけないのね。

 修行の間にシオンのいいところを
 きいてますますエマのシオンへの
 印象がアップ。

 エマが用意したプレゼントは
 手紙の花。
 ラブレターを渡すエマとうけとるシオンの図が
 夫婦にはみえない初々しさ

 エマはシオンからもらった笛のプレゼントも
 すごく喜んでくれててなんなのこのカップルはー!

 結局手紙の花は爆発したけど
 直接言われて火を噴いた!

 というラブラブ展開なのに
 しめの言葉が超不吉。


スケットダンス

 バレンタインにボッスンを呼び出すヒメコが
 ものすごく乙女なのにボッスンときたら・・。
 ボッスンもときどき意識してるくせに
 今回はまるっきりなし?

 モモカのチョコと間違えたことに
 気づくためモモカにあいにいったら
 そこにちょうどスイッチもいました!
 ヒメコとボッスンはまったくもりあがりそうに
 ないけど、スイッチにモモカが告白!?

 スイッチ、男をみせろ!


ブリーチ

 一護修行中に織姫がリルカと仲良くなりそう。
 リルカの食べるドーナツによだれをたらして
 みつめるのはどうかと思うけど
 もらったあとのなみだ目かわいいなあ。

 親と兄がいないことを話すけど
 別に同情を引こうとしてじゃなく 
 今こういう話を笑って話せるように
 なったのは一護のおかげという織姫。
 なんせリルカは素直じゃないから 
 それをきいてどうこうということはないですが
 そんなリルカにも「やさしいね」と
 心から言ってくれる織姫の気持ちは
 通じるでしょう。

 いまいち雑念が多い一護を本気にさせるため
 目を傷つける銀城。

 戦いに挑む覚悟もなくしている一護に
 それを取り戻させてやると宣言。

 織姫の治癒能力がなかったら
 しゃれにならん・・。


ぬらりひょんの孫

 妖怪になった山ン本を
 たおすため二代目以下奴良組が
 動き、黒田坊もようやく本来の
 自分をとりもどしたようです。


いぬまるだしっ

 オムライス女子力ネタが 
 
 使われてるw


 たまこ先生のもしドラ迷走中。


エニグマ

 スミオとしげるの3年前。
 いっしょにいた仲間にもうひとり
 キリヲという少年がいました。
 キリヲが転校することになり
 その前にスミオ母の母校夕闇高校の
 学園祭へ。

 だけどそのときすでに何か変。
 しげるに近づき、狂気のパレードが
 始まったというのは先生か。
 しげるが涙をながしたときにスミオは
 ばったりと倒れて眠り夢日記を
 かきはじめました。
 内容はキリヲが男に襲われて 
 のどを切られてしまうというもの。
 そのとおりになったキリヲは
 救急車で運ばれそのまま転校・・
 ということになってたけど
 その前にまだ記憶があり
 しゃべれないキリヲと会話していた
 スミオを思い出すしげる。

 しげるの能力は予知で
 スミオの能力は思考をよみとるテレパス。

 テレパスならほかの人の思考も
 はいってきて気づきそうなものだけど
 しげるは特別?キリヲとも話せてたから
 本人の意志というか関心度にもよるの?


黒子のバスケ

 黒子くんのバニシングドライブを
 ふせいだ青峰くん。
 目を閉じて感じたとか・・
 昔の仲間ならではになってますが
 青峰くんが負けるところもみたくないけど
 黒子んがやられっぱなしってのも
 なんかやだ。

 影は光あってこそ。
 その逆も言えるのに。


戦国アーマーズ

 五右衛門が市にこだわってた
 理由もはっきりしました。
 けどおやかたさまに勝てる気がしない。

 姫もちびっこの姿なのに頑張った。



保健室の死神
 
 ハデス先生がゆるぎない強さ。

 アキラ、そこまでゆがまなくとも
 みんな思うほどアキラのことなんか 
 気にかけてないと思うけど。

 とりあえず特殊な兄弟です。


ドイソル

 すごく強力なメンバーになりそうな
 サッカー部キャプテン。
 あ〜たしかに野永くんと似たタイプ。

 ゴールキーパーがボールかわしちゃ
 ダメだよね。



まだ第一訓を食べきっていないのに
第二訓も発売決定。↓

銀魂 (仮) 銀魂 カード ウエハース 第二訓 BOX (食玩)


2011.06.06 Monday 12:10 | comments(2) | trackbacks(12) | 
<< マルモのおきて 第7話「双子の実母、ついに現る!涙のお誕生日パーティー」 | main | アスコーマーチ 第5話 >>
おぼろ (2011/06/06 1:31 PM)
こんにちはー♪

>ナルト

私も雷影とビーのエーとビーに驚きました!
(笑)
実の兄弟じゃなかったのですね。
また泣かされるような過去話が来そうですね。

>銀魂

確かに表紙は決まっていても、攘夷志士の三人、
なぜか笑えてしまいます!
年月って・・・ですよね。(苦笑)
honey (2011/06/06 6:56 PM)
おぼろさん、こんばんはー。

エーとビー、びっくりですよね。
キラービーってかっこいい名前だと
思ってたのに。

雷影さまは側近もたいへんそうで
見た目もコワモテだけど弟は
すごくかわいがってたから
実の兄弟じゃないというのも
びっくりでした。

銀魂・・特に桂さんが・・
絶対狂乱の貴公子じゃないですw









WJ 26号感想
「トリコ」・・・謎の生物の名前が判明しました 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106060003/ NARUTO―ナルト― 56 (ジャンプコミックス) posted with amazlet at 11.06.02 岸本 斉史 集英社 (
| 日々“是”精進! ver.A | 2011/06/06 12:23 PM |
少年ジャンプ26号のNARUTO,BLEA...
表紙・巻頭カラーは毛筆描き・歌舞伎風なナルト君です。折込で劇場版のオリジナル・キャラが発表されていますが地味な感じ。(笑)試写会招待の詳細が出ています。巻頭カラーの見開...
| おぼろ二次元日記 | 2011/06/06 1:29 PM |
バクマン。 134ページ「独走と鈍足」 週刊少年ジャンプ 2011年26号の感想 Part1
暫く岩瀬の出番が無くて「+NATURAL」の存在を忘れてましたが、実はこのマンガはマンネリ気味で人気も低迷し、このまま順調に掲載出来るかは、現状を打破しない限り厳しいと言わざる ...
| よう来なさった! | 2011/06/06 3:00 PM |
週刊少年ジャンプ26号☆ファミコンと私
ハァイ、ファミコンをアルミホイルで包んだ事がある方、もるがんです( ゚д゚) っ
| 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ | 2011/06/06 4:06 PM |
週刊少年ジャンプ2011年26号・感想♪
土曜日に小学校の運動会があり、 代休で娘が家にいる月曜日です。うっさいったら(--;) そーゆー訳で、スクエア感想は明日以降になります。 まだクレイモアの途中までしか読んでないや。 表紙は・巻頭は...
| あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪ | 2011/06/06 5:58 PM |
『ONE PIECE』 第627話 かたじけない
ジャンプ読みました。 さて、感想は【続きを読む】をクリックして下さい。
| シュミとニチジョウ | 2011/06/06 6:54 PM |
WJ 26号
今週号のジャンプ 以下ネタバレあり
| ぐ〜たらにっき | 2011/06/06 7:47 PM |
いざ、デススターヘ 〜銀魂・宇宙ブルルン滞在記〜
さて、蓮蓬の王・米堕の野望を打ち砕くために、いざ銀さん達は敵の本拠地へ。 しかし蓮蓬たちがスパイであることを忘れて地球に送り込む辰馬っていったい・・・。 しかもいまだに宇宙船酔い克服できてないよ...
| 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 | 2011/06/06 10:34 PM |
週刊少年ジャンプ26号感想
週刊少年ジャンプの感想です。 今週は何かものすごく満足した。
| しろくろの日常 | 2011/06/07 12:12 AM |
週刊少年ジャンプ 2011年 26号 感想
 週刊少年ジャンプ 2011年 26号 感想     次のページへ
| 荒野の出来事 | 2011/06/07 6:21 AM |
Wジャンプ26号感想
ネタバレ注意・・・・ってほど書いてないですけどねwww銀魂の感想を叫びたくてムラムラウズウズしちゃうんですが後ほど別日記にて・・・・気持ち悪い感じで書きますんでw表紙・...
| 徒然”腐”日記 | 2011/06/07 3:46 PM |
週刊少年ジャンプ26号感想・その2
え〜と、本日最後になる日記ですので 一番上に来ていると言うことで こちらにまず書かせてくださいませ。昨日の大河感想につきましては 本日時間が無くて追記できませんでしたの...
| みやさとの感想文と(時々)感想絵 | 2011/06/07 4:10 PM |