<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

べるぜバブ 第23話「ほんまかい」

第23話「ほんまかい」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


魔界へ帰るラミアさんたちのために
アランドロンをよぶ古市君。

すっかり二人の仲は公認に
なってしまって・・。

ところがラミアの足にしがみついた
ベル坊のおかげで、
男鹿くんと古市くんまで
魔界にいってしまいました。

ついた先は魔界の森の中。

「ここは・・」

「魔界よ」

「ほんまかい!?」

男鹿くんたちに近づき
挨拶するヨップル星人。

「殴っていい?」

という男鹿くんに

「ヨップル返ししたほうがよくない?」

という古市くん。

「ヨップル」

といったらむこうが
すごい形相になったので
男鹿くんが殴り飛ばしてしまいました。

だけどラミアによると
ヨップル星人は友好的な悪魔部族・・。

ここはヴラドの魔境。

ヴラドドラクルが探索しガクブルで

帰ってきた
からそう呼ばれる場所らしい。

「あそこ めっちゃ怖い!」

ラミアはおびえてますが
男鹿くんたちはアランドロンで
帰ればいいとのんき。

だけどアランドロンは
定員オーバーの人数を
転送したためにズタボロ・・。

今にも死にそうなアランドロンは

死亡フラグたてまくり。


ラミアも師匠がいないと
治せないそうで
ラミアにあとをたくして
亡くなる・・アランドロンの魂を

無理やりひっぱって
体に戻してゆさぶる男鹿くん。

アランドロンからおちた通信機に
ヒルダから電話。

フォルカス先生から連絡があったようです。
今いる場所は、王国も手をだせない
秘境地域だというヒルダさん。

森の番人のヨップル星人に手を
だしたせいで、仲間をよばれ
おわれる羽目に・・。

ベル坊がたちあがり 光の玉を発射。

魔王の子っぽい!!
魔界にきたので
パワーアップしているそうです。

ヒルダさんからはアランドロンの娘をたずねて
いって転送してもらえといわれ
娘さんの家にいいくことに。

そのころ、ヒルダさんは
昼ドラをお楽しみ中なのに
魔界から電話。

古市君は魔界りんごにつかまって
無理やりりんごを食べさせられ
男鹿くんはいらないと冷たくことわり
りんごが嘆き始めたw

再びヒルダさんが昼ドラをみていると
今度は魔界ラフレシアにたべられそうな
古市君。
男鹿君が助けてくれたけど
みるからに臭い・・・。

アランドロンの娘さんの家まで古市君だけ
川を泳いでこいといわれ
ようやくたどりつきました。

アランドロンの娘を想像しても
テンションあがらない古市君。

ベル坊の想像・・それはイカだよ。

ところが中はあらされたあとがあり
娘さんの姿はない・・。

さらっていったのは
魔界の猛獣をねらった密漁者たち。
男鹿くんたちにも襲いかかってきますが
一撃でぶっとばしました。

男鹿君の手にあるゼブルスペルをみて
王族の契約者だと知りビビっても
もう遅い。

その二人のアジトをさがすように
ヒルダさんに言われても男鹿君は
いまいち面倒くさそう。

だけどアランドロンの娘さんの写真をみた
古市君は豹変。

「何を言っているんだ 男鹿君。

 か弱い女性が助けを求めているんだ。

 行くぞ。」


すごくわかりやすい性格だなあw



東条をぶっとばしてしまったから
やることとりあえずなくなって魔界へ?
男鹿くんはどこにいてもかわらないです。

魔界もいまのところ猛獣のでる森くらい
なので、思ってたよりおどろおどろしい
かんじはなく基本ギャグマンガ?なので
楽しそう。

アランドロンは奥さんが
美人だったんじゃ・・。




男鹿辰巳  小西克幸
ベル坊   沢城みゆき
ヒルダ   伊藤静
古市貴之  水島大宙
アランドロン 高木渉
大魔王    高橋広樹
姫川竜也  荻野晴朗
神崎 一  杉田智和
邦枝 葵   豊崎愛生
東条英虎   関 智一








2011.06.30 Thursday 08:21 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< リバウンド 第10話(最終話)「あきらめない女」 | main | 次は「仮面ライダーフォーゼ」 >>









べるぜバブ #23
『ほんまかい』
| ぐ〜たらにっき | 2011/06/30 7:28 PM |
◎べるぜバブ第23話「ほんまかい」
ドーちゃんみたいなオルカス先生とラミアは魔界に帰る。フルイチがホンマカイいって寒い言われる。アランドロンがいなくて変えれないとオルカス先生が言う。ヒルダさんがフルイチが...
| ぺろぺろキャンディー | 2011/10/09 9:45 PM |