<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ドン★キホーテ 第1話「子どもの味方!?魂が入れ替わったヒーロー」

第1話「子どもの味方!?魂が入れ替わったヒーロー」



児童相談所に勤める城田正孝(松田翔太)は、
日々使命感に燃えて仕事をこなしていた。
毎日やることは尽きず、忙しい毎日。
一方、泣く子も黙る鯖島組・組長の鯖島仁
(高橋克実)は、ライバルの鯵沢卓巳(小木茂光)に
勝つため、日々のシノギに励む毎日。
そんなある日、虐待の通報を受けた城田と、
借金の取立てに向かった鯖島は偶然にも
同じ団地に向かう。そのとき一筋の光が団地を包み、
なぜか城田と鯖島の体が入れ替わってしまう。


「ドン・キホーテ」の本を
手にする少女。

「ねぇ『ドン・キホーテ』って知ってる?

 それは 自分のことを伝説の騎士だと
 
 思い込んだ男ドン・キホーテが

 お供のサンチョ・パンサを引き連れ

 旅をする冒険小説なの。

 笑われても バカにされても

 彼は ただ ひたすら

 自分を信じて突き進む。

 巨大な風車に立ち向かい

 諦めずに戦い続けるの。

 そんな人が本当にいてくれたら

 きっと 闇の中で苦しんでる子供達を

 ムチャを承知で救い出してくれる。

 私は 小さい頃そんなことを夢見てたの。

 『ドン・キホーテ早く来て』って。」


児童相談所につとめる城田。
通報があった家にやってきますが
一時保護の許可をもらっていないので
敷地内に入れない。

中からでてきたその家の主婦。
大きな物音があるという通報があると
訪ねてきたというと門前払いを
されてしまいました。

娘はいい子で素直だときいて
あっさりひきさがる城田。
でもチーフの西脇からそんなはずないと
言われ、もう一度チャイム。
情に訴えてもダメでした、と
これまたあっさり。

そこへでてきたその子ども。
城田がわかったようなことを言っても
まったく通じてない。

一方、商店街をいくやくざな人たち。
組長は鯖島。
今日も悪いことをしていました。

職場に戻ってチーフから注意をされる城田。
自分なりにベストをつくしたといいますが
やる気がないというか・・なんか
ずれてるというか。

鯖島は京浜連合の総長から
ライバル鯵沢とどちらかを総長の鰯原に
といわれていて、また争うことに。
鯵沢の言葉なんかきいてない鯖島!

城田はもうちょっとがんばらないと
秋の人事でとばされるかもという噂。

事務所に戻った鯖島はクラッカーで
お祝いされましたが
鉄砲かと思ってびびりまくりw

妻のあゆみからも次期総長おめでとうございます
といわれ嬉しそう。

兵藤たちがマラカスを振る中
あゆみと踊る鯖島!!
この組、おかしい!!

城田は万引きをしたという幸子に
ひきあわせられました。
またまたわかったようなことを
いう城田に、幸子も感動・・したふりか。

「あなたのような児童福祉司がいれば

 子供達も きっと救われるわ!

 じゃ!」


とあっさりわかれてしまいました。

そのあと、虐待じゃないかという通報が入った
家をみにいく城田。
団地の一室では悪そうな父と母、そして
子どもの姿が・・・。

同じころ、借金回収に
同じ団地にやってきた鯖島。

空がひかり、黒と赤いくもがひろがり・・
団地のドアに立つ城田と鯖島。
同じときにインターフォンをおすと
空に赤黒い雲が・・
そしてまぶしい光。

「どちらさま?」

「誰?」

「鯖島組だ。さっさと金かえせ コラ!」

「京浜児童相談所の者です。

 ちょっと お話

 聞かせてもらえませんか?」



城田と鯖島入れ替わった!!

兵藤に怒る城田(中身鯖島)と

怖い人たちにおびえる鯖島(中身城田)!


「何だ? この細い指は。」

「何? この太い指。」

「何? このメガネ ハハっ ハハ…。」

「髪?…が ない!」

下におりていって、兵藤たちに
自分は児童相談所の
城田だといってももちろん信じてもらえない。
怒りながらおりてきた鯖島は
鏡にうつった自分の姿をみてびっくり。

「誰だ こいつ。」

城田はわけのわからないまま
事務所につれていかれました。

児童相談所に行って
自分は城田だと言ったら
不審者だと撃退されそうに!!

鯖島が事務所に帰ると
組員ににらまれた。
兵藤ならわかるよなあといっても
つまみだされた。

携帯で会話する鯖島と城田。

「俺は・・誰だ?」

「僕も・・誰でしょう?」

二人があってお互い自分の顔をしているのが
わけがわからない。

「俺の顔・・」

「僕の顔・・」

「お前 これ 一体どういうことだ?

 この野郎!」


「いや… どういうことでしょう…。」

「俺の体だ。」

「僕の体だ。」

城田の手をひっぱっていく鯖島。
煙草を吸っても城田の体は
煙草を吸ったことがないらしく
むせました。
どうも自分たちが入れ替わったらしいと
気づくふたり。

「おまえが・・俺で

 俺が・・・おまえで?」


城田が泣きだしました。

「おいおいおい 泣くなよ

 みっともねえな。

 俺の泣き顔なんて見たくねえんだよ。」


今は総長の跡目を継ぐかどうかの
大事なときだという鯖島。

「俺は 鯖島組の 鯖島だ。」

城田は児童相談所の名刺をだしました。
18歳未満の子供に関する
あらゆる相談に応じる行政機関ときき

「俺はなぁ

 ガキと役人が死ぬほど嫌いなんだよ。」


という鯖島。

「僕だって ヤクザなんて

 大嫌いですよ!」


「これは夢だ。

 きっと そうに違いねえ。

 明日の朝 目が覚めたらきっと元に戻る。

 フッ ていうかよ

 元に戻んなくて どうすんだよ。」


今日はなんとかやりすごせと
どこかへいこうとする鯖島を
仕事が残ってると止める城田。

だけど鯖島が言うことをきかないので
仕事をしてくれなきゃ
総長になるのをやめるといって
脅しました。

児童相談所にむりやり鯖島を
ひっぱっていき、家庭訪問の資料を
とりにいかせることに。

「そりゃもう ガン ドン ズドンと

 やりゃいいんだろ?」


相談所の仕事内容をたずねる鯖島に
説明をする城田。

「相談の内容は 発達障がいの子供や

 不登校非行 家庭内暴力などさまざまです。

 そして 最も大変な相談が児童虐待です。

 ここには 虐待を受けてる子や

 育児放棄された子を 最長2か月まで

 一時的に保護できる施設があります。

 まぁ とにかく くれぐれも

 おかしなマネだけはしないでくださいね。」


中に入っていった鯖島に
チーフが声をかけてきますが
言葉遣いが生意気なうえに
答え方も反抗的。

「城田くん?」と不審がられ

「ああ・・城田だよ うん」

と苦虫をかみつぶしたような顔で
こたえる鯖島!!

さっきの団地にいき
虐待の疑いのある家に。

勝手に中にあがりこむ鯖島は
テレビの競馬中継が
みたかったようですが
部屋の中は穴のあいたふすま・・
煙草にせきこんでベランダに出た鯖島を
おいかけた城田はベランダのすみっこにいた
子どもを発見。

男の子 駿くんは児童相談所につれていかれ
診察をうけるとからだにはあざがいっぱい。
だけど虐待を否定する子ども。

母親をよんで話をきいても
母親も認めない。
早く駿をかえしてという母。
夫が家をあけていると怒るのだそう。

駿くんについて話し合いがおこなわれ
虐待をしているのはどちらかもわからないし
とりあえず今夜は返さないほうがいいだろうと
いう結論に。
駿君につたえてきて、といわれた鮫島。

「おまえ今晩ここに泊りだ」

というと
ママのところへ帰りたいという駿。

「お前さ 親に殴られてんだろ?」

「違う! 階段で転んだだけだ!」

「フッ 下手なウソ

 ぶっこいてんじゃねえよ。

 じゃあ 何で

 ベランダに追いやられてたんだよ?」


「それは… 僕が悪いことしたから。」

「もういいよ 寝ろ。」

でもずっと泣き続ける駿に
自販機で飲み物を買ってきて渡す鮫島。

子どもが気になって
鮫島のもとへやってきた城田。

城田の持っていた鮫島の携帯には
あゆみからの着信がびっしり!

城田も事務所に戻ると
あゆみが待っていました。
電話にでられなかったいいわけ。

「あなた」

「あ な た」


あゆみが踊りだしたのをみても
いっしょに踊れない城田。

「ひょっとして できたの?」

女ができたのかと疑われ
しめあげられましたw

ミネコがひきとりにいったのは幸子。
自称友達におごってあげて
お金がなくなったらしい。

養護施設でも面倒をみきれないと
いわれて児童相談所で預かることに
なったらしい。

「へえ〜」

「幸子」

「誰のせいでこうなったと思ってんの?」

児童相談所の駿といっしょの部屋で
寝ることに。

「いくつ?」

「6歳」

「私と一緒だ。

 ここにいる大人なんかに

 期待しちゃダメよ。

 誰も あなたを救ってくれる人なんて

 いないから。」


鯖島も城田の家に。

「まあ ムショよりましか」

ふたたび鏡をみて・・

「いいなぁ」

前髪か!w

一方、城田は

「ドライヤーいらないじゃないですか」

ww


鯖島はビールをちょっと飲んだだけで
酔っぱらって寝てしまいました。

朝になっておきると・・そこに城田が。

「ダメです。

 僕たち 戻れませんでした。」


 「おいおい… 俺の体で

  アイロンかけてんじゃねえよ!」


「ちょっと…

 きちんとしないと気持悪いでしょ?」


「おまえ やっぱいやだわ」

この二人おかしい。

駿の両親の面接。
ベランダに出したのはしつけと言い張り
きずあとについてもしらばっくれる父。
駿にあわせてくださいと頼む母。

煙草を吸おうとする父親に
毅然と注意するチーフ。

駿を家に戻すのは危険だという意見もあり
母親が反省をしているという発言もあり
なかなか結論はでない。

意見をもとめられた鯖島(見た目は城田)。

「俺には よくわかんねえっす!」

結局、一度駿くんをもどすことに。
それを伝えにいこうとすると
幸子がいて

「結局私が思った通りになった」

といわれました。

「おい 駿 家かえっていいってよ。」

と駿にいう鮫島。

そこへ父が車をつけ
母が抱いて車に乗る駿くんが

「ジュースありがと」

と鯖島にお礼を言っていきました。

かくれていた城田が鯖島をよび
あの子を返したのかと
すごく心配していました。

あの荒れた部屋をみるかぎり
あのまま虐待がおさまるとは
思えないという城田。

「あたりまえだろ。

 どう見ても危ねぇよ あの親父は。」

「ここの連中だって

 あんなとこにいるのは

 おかしいことぐらい分かってんだろ。

 それを グチャグチャ

 訳の分かんねえ理屈並べやがって。

 助けたいのか そうじゃないのか

 白黒つけりゃ はっきりすんだろ。」


「それは 子供にとって

 親が 大きな存在だからです。

 親子を引き離すということが

 それだけ重いことだからです。

 少しでも 親子が再生する可能性があるなら

 それを支援するのが

 児童相談所の立場だからです。

 鯖島さんが思ってるほど

 簡単に答えを出せる問題じゃないんですよ!」


「お前さ 何 急にムキになってんだよ。」

「それは 鯖島さんが…

 ここで働いてる人達を

 バカにしたような言い方をするから!

 みんな子供達を救いたいって

 真剣に思ってるんです。

 幸せになってほしいって

 一生懸命 頑張ってるんです。

 1人で何十件も 担当 抱えて

 毎日 駆けずり回って…。

 僕だって そうです。

 駿くんのような子供達を守りたくて

 児童福祉司になったんです!」


「はぁ… お前さ

 俺の顔で そんな

 きれい事語ってんじゃねえよ。」


「あなたが何も分かってないから

 いってるんですよ!」


「だったら てめぇでやれよ!!

 子供 救うのに

 立場もクソも関係ねえだろうが!!」


「分かりました。

 僕 駿くんのとこ 行って来ます。

 何も できないかもしれないけど

 ここで じっとしてるよりマシですから!」


「俺の顔で泣いてんじゃねえよ。」

家に戻った駿くんは
牛乳をこぼしてしまい
とたんに父親になぐられました。
みてみぬふりをしてビールを飲む母。

城田がやってくると
中から駿くんの泣き声と
「ごめんなさい」という声が。

駿くんの声がきこえないように
たおるをまく父。

そこへ鯖島もやってきました。

「おい でてこい!

 さっさと面見せろ! コラ!!」


とドアをガンガン。

「何やってんだ!

  児童相談所にそこまでやる権利 ねえだろ!

 警察 呼ぶぞ!」


「呼びたきゃ 勝手に呼べよ!」

強引に中へ入った鯖島と城田は
口をふさふがれた駿を発見。

「おい おまえに貸したジュース代

 100円今すぐ返せ。

 返せねえっていうなら

 一緒に来てもらうぜ。」



児童相談所にも騒ぎがつたわり大騒ぎ。

駿君を抱いてでていこうとする鯖島に
なぐりかかってくる父。

城田の体の鯖島は弱いけど

それをとめようとした体が鯖島の体が強い!


駿をつれていかないでと
頼む母親に

「お母さん  そうやって

 また駿くんを傷つけるつもりですか?」


という城田。

外へ出ると
児童相談所の人たちも団地まできていました。

「こんなことして

 ただで済むと思ってんの?」

 
駿くんが父親から虐待をうけていたと
説明する城田。
だけど駿くんはまたママのところへ
帰りたいと泣きました。

「嫌だ。

 なんでこんなことするんだよ。

 帰してよ!

 ママの所へ 帰してよ!

 あんなとこ 行きたくない!

 ママの所がいい!

 ママんとこ 帰る!

 ママ ママ ママ!」


そばには幸子もいて見つめていました。

「おまえがどんなに泣きわめこうが

 離れなきゃダメなんだよ。

 離れなきゃ 分かんねえんだよ!

 お前のお袋は!」


鯖島と城田の後ろ姿を見つめる
幸子。

「まさか ドン・キホーテ?」

『笑われても バカにされても

 彼は ただ ひたすら

 自分を信じて突き進む。

 巨大な風車に立ち向かい

 諦めずに戦い続けるの。

 そんな人が 本当にいてくれたら

 きっと闇の中で苦しんでる子供達を

 ムチャを承知で救い出してくれる。

 私は 小さい頃そんなことを夢見てたの。

 『ドン・キホーテ早く来て』って」


駿をかえしてと訴える母に
今ははなれるべきだという難波。

「駿くんが 今のあなた方と一緒にいても

 幸せになれるとは思えません。

 今は 離れるべきです。

 私達は あなたの家族を

 壊すつもりなんて全くありませんよ。

 駿くんのためにあなたは変わらなくちゃ。

 強くならなくちゃ。

 私達も協力します。」


そして城田の部屋でめざめるふたり。

・・・まだ戻ってない?!




一話目、かなりおもしろかった!
これはこの先もかなり期待できそう。

最初、城田がまったくやる気ないキャラに
みえたのに、後半なんか別人みたいで
そこだけが違和感あったけど。
入れ替わった相手がやくざの組長で
強引に子どもを連れ出すあたりが
ほんとかっこよかったし
入れ替わってわけわからないあたりも
おかしかった。

松田翔太くんが入れ替わるのが
高橋克実さんというのも
おもしろさを倍増させてます。
ふたりの反応が楽しくて
鯖島モードの松田翔太、かっこいい!!

児童相談所で扱うテーマは重いけど
全体にコメディタッチなので
そこまで暗くもならずにすみました。
鯖島組の組員も奥さんもおかしいし
松重さんもしぶい。

続きも楽しみ!

ところで、児童相談所、
城田が言ってたことで
ちょっとは理解しましたが、素人からみても
あの家庭に駿君を返すのは危ないんじゃないか
と思いました。子どもと家庭のことを考えた
結論がいったん返すっていうのは・・。
城田が乗り込んでいったけど
入れ替わり前の城田だったら
どうだったんだろう。



城田正孝   松田翔太
鯖島 仁   高橋克実
鯖島あゆみ  内田有紀
松浦幸子 成海璃子
兵藤大介 松重豊
水盛ミネコ 小林聡美










2011.07.09 Saturday 22:55 | comments(0) | trackbacks(12) | 
<< 7SEEDS 20巻 | main | 海賊戦隊ゴーカイジャー 〜第20話 「迷いの森」 >>









ドン★キホーテ 第1話:子供の味方!?魂が入れ替わったヒーロー
何じゃこりゃぁぁぁ〜!ヾ(T∇T)ノ彡★ギャハハ!!バンバン!! 翔太くんてば、やくざ口調がお父さんそっくり! 入れ替わりモノって事は知ってたけど、丸っきりコメディ路線かと 思いきや、城田が児童相談所に勤める児童福祉司なだけに 扱う児童の問題は今の時代
| あるがまま・・・ | 2011/07/09 11:34 PM |
ドラマ「ドン★キホーテ」第1話感想「子供...
ドン・キホーテとは?自分のことを伝説の騎士だと思い込んだ男ドン・キホーテが、お供のサンチョ・パンサを引き連れ旅をする冒険小説。笑われてもバカにされても彼はただひたすら自...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/07/09 11:39 PM |
「ドン ☆ キホーテ」 第1話 子供の味方?! 魂が入れ替わったヒーロー
 なんか結構おもしろかったぞ。あっという間の1時間だった〜 やっぱ、この時間は手堅いわ( ̄∀ ̄) こういう魂入れ替わりものは始まった時点でゴールは見えてるんだけど、それでも ...
| トリ猫家族 | 2011/07/10 11:18 AM |
「ドン★キホーテ」第一回 松田翔太さんのすごみ>高橋克実さんのガラの悪さ
「ドン★キホーテ」第一回、松田翔太さん=気弱な児童福祉司と高橋克実さん=ヤクザの親分が入れ替わる。 ものすごくガラの悪いヤクザの親分と、超対極にある児童相談所の職員とを組み合わせた事で、 単...
| 今日も何かあたらしいドラマ | 2011/07/10 11:38 AM |
「ドン★キホーテ」第1話〜黒澤宏貴くんの泣き芝居が凄い
「ドン★キホーテ」第1話 よくある『入れ替わりモノ』で、安易な企画かと思っていましたが、案外面白い。 初回は児童福祉司・城田(松田翔太)とヤクザの組長・鯖島(高橋克実)が入れ替わる部分くだりに時間が割かれて、エピソード自体はたいして進まなかったけど
| 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) | 2011/07/10 11:53 AM |
ドン★キホーテ (第1話 7/9) 感想
7/9から日テレで始まったドラマ『ドン★キホーテ (公式)』の第1話『子供の味方魂が入れ替わったヒーロー』の感想。 新しいような古臭いような… 「入れ替わりモノ」としては、名作映画『転校生』(本作で小林聡美さんが出演中)があるし、主人公同士が入れ
| ディレクターの目線blog | 2011/07/10 2:10 PM |
ドン★キホーテ 第1話 子供の味方!?魂が入れ替わったヒーロー
『子供の味方!?魂が入れ替わったヒーロー』 内容 京浜児童相談所に勤める児童福祉司の城田正孝(松田翔太) 家庭内暴力などの通報を受け、解決に向かうが。。。 知識などはあっても、マニュアル頼りで、何も出来ず。 先輩の西脇宗佑(三宅弘城)も呆れ気味。 その西
| レベル999のgoo部屋 | 2011/07/10 3:58 PM |
『ドン★キホーテ』 第1話
笑った〜ヽ(*´∀`)ノゎぁぃ♪めちゃ笑いのツボにビンゴ!しかも笑いだけじゃなく魅せてくれるとこがまたいいじゃないですかぁ。。。ドン・キホーテと言えば…有名なあのお店。先日放送の『ぴったんこカン・カン』でも、川島なお美さんの旦那様、鎧塚氏がハマッてるみた
| 美容師は見た… | 2011/07/10 6:16 PM |
ドン・キホーテ 第1話
虐待の通報を受けた児童相談所の新人児童福祉司・城田(松田翔太)と、 借金の取り立てに行く鯖島(高橋克実)は、同じ団地に向かっていた。 その時、赤と黒の不気味な光が団地を包み、何故か城田と鯖島の体が 入れ替わってしまう。 児童相談所に戻った鯖島の姿の城
| ぷち丸くんの日常日記 | 2011/07/10 6:59 PM |
「ドン☆キホーテ」第1話
バリバリのヤクザと、気弱な青年の心が入れ替わった?!彼は子供を救うドン・キホーテになれるのか??モジャ毛の松田翔太くんと、ツル毛のカッツミーの入れ替わり演技が見事ですww
| fool's aspirin | 2011/07/11 1:38 AM |
ドン★キホーテ 子供の味方!?魂が入れ替わったヒーロー
気弱なイマドキの草食男子な児童福祉司の城田正孝(松田翔太)と、豪胆だけど、しっちゃかめっちゃかなヤクザ・鯖島組の鯖島仁(高橋克実)組長の身体が入れ替わってしまった… がゆえの痛快コメディ (^^;) コメディに徹したツクリとテンポ。荒唐無稽さ。「んなバ
| のほほん便り | 2011/07/11 8:37 AM |
ドン★キホーテ - 日本テレビ - 松田翔太 内田有紀
ドン★キホーテ 土曜 21:00 日本テレビ 2011年7月9日〜 【キャスト】 松田翔太 高橋克実 成海璃子 内田有紀 小林聡美 ほか 【スタッフ】 脚本:大石哲也 演出:中島悟 プロデューサー:山本由緒 【概要】 ある日突然他人と魂が入れ替わった、
| ドラマQ | 2011/07/12 12:32 AM |