<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

青の祓魔師(エクソシスト) 第15話「やさしい事」

第15話「やさしい事」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


ペグランタンはおさえたものの
鳥居が倒れチューチに
つかまってしまった燐。

身動きがとれず。

「大丈夫だ。

 倒してすぐ行くから

 みんな先に行ってくれ!」


「おまえは またそれか・・。」

「ははは わりぃ。」
 
「あほが!

 助けるに決まってるやろ!」


勝呂の言葉におどろく燐。

勝呂がチューチから燐を救ってくれますが
倒したんじゃなくて
一瞬隙をつくっただけ。

「逃げろ〜〜!」

OP


ようやく逃げ切って一息。
勝呂にお礼をいう燐。

「別に 借り返しただけや。

 俺は お前に救われたんや。

 俺とおんなじ

 サタンを倒すいう野望を

 恥ずかしげもなく言う お前にな!」


「まあ 俺はバカだから

 そういうところ

 あまり深く考えないし。」


「俺はそうは思てへん。」

「えっ?」

「けどな。

 なんでも一人で解決しようとするのは

 悪い癖や!

 味方がおることを忘れるな!」


「さすが 坊。ええこと言うわ。」

「サタン倒すんやったら

 きっと 一人じゃ倒されへんよ。」


「微弱やけど 力になるわ。」

「燐 みんないるよ。」

みんなの言葉が嬉しい燐。でも・・

『もし 俺が

 そのサタンの息子だって

 みんな知ったら

 どうなっちまうのかな。』


ペグランタンをもって無事帰還。
出雲たちがもう戻っていました。
宝が一番早かったらしい。

「それだけ人いて

 この時間かよ。

 のろま野郎どもめ!」


「宝くんて 何もんなんや?」

そこに全員いるのをみて
さっきのロケット花火は
なんだったのかと思うシュラ。

首のうしろ?頭が痛いというしえみ。

そこへアマイモンが
ベヒモスをつれて襲撃。

シュラが「待ちくたびれたよ」と反撃。

メフィストはお茶をしながら観覧。

「殺したい。」

「だめだ。一人でもころしてみろ。

 私がおまえを殺すぞ」


「はい すみません。我慢します。」

魔法円の中にいたものは
守られそれ以外はすべて
はじくという絶対障壁。
そこにいればしばらくは安全。

さっきのも訓練なのかという生徒たちに

「訓練は終了だ。

 これより アマイモンの襲撃にそなえる」


というシュラ。
アマイモンは八候のひとり 地の王。

「エクスワイアのお前らじゃ

 到底太刀打ちできない

 超大物だ。」


トリプルC濃度の聖水で
防御するとみんなに聖水を
ぶっかけました。

燐は聖水アレルギーだと説明。

雪男は、ちょっと邪魔だから
どっかいってもらったといい
チューチと戦っている最中でした。

出雲が電話しても緊急連絡先にも
他の先生にもつながらない。

アマイモンの目的は俺だという燐に
次にアマイモンがしかけてきたときは
降魔剣といっしょにすぐここから
離れろとシュラ。

シュラ、剣をお腹からだしました!

青い炎を出したのももうばれてました。

「つまりだ。

 お前みたいなやつが

 これから 炎なしで

 どうやって戦うんだ?

 アマイモンは地の王だぞ。

 そこいらのザコとはちがう。

 かんがえてみろよ ああっ?」


そのときしえみが円の外へでていきました。
首の後ろに寄生虫。

円からでるとアマイモンにつかまるしえみ。
チューチの雌に卵をうみつけさせたらしい。

「はれてこの女は僕のいいなりだ。」

しえみをつれて逃げるアマイモンを
おっていく燐とシュラ。

他の生徒には死んでもその障壁から
出るなよといって
さらにおいかけていきました。

しえみをつかって燐を挑発するアマイモン。
しえみを自分のお嫁さんにしようと
誓いの言葉をいいくちびるを噛み切ろうと
したところで邪魔をする燐。

だけど剣を抜かないので勝ち目なし。

勝呂も黙ってみていられず
みんなの制止を振り切って外へ。

「坊 冷静になって。ねっ。」

「くっ・・今 俺は

 猛烈に腹たっとるんや。

 冷静なんぞ

 犬にでもくわせろや!」


志摩と子猫丸も勝呂を
おってでていきました。


CM


しえみを抱えたままのアマイモン。
燐は身動きせず。

「もしも〜し

 この女は 

 君の大事な人じゃないんですか〜?

 どうして本気出さないのかなあ。」


「くたばれ。」

「だったら もうこの女は用済みだな。

 せっかくだから 

 目玉をひとついただこうかな〜」


そこへとんできたロケット花火。

「俺らはカヤの外かい。

 混ぜろや!」


「やめろ!」

「奥村君!隙ができたら逃げるんや!」

「お・・俺はあくまでも
 
 杜山さんを救うためやからな。」


「いいから・・逃げろ」

またロケット花火が飛んでいき
アマイモンの髪がブロッコリーみたいに。

それを笑った志摩がけられ
子猫丸も腕をあっさりやられ
勝呂もしめあげられました。

「お前なんかに用はないわ。

 俺が腹立ててんのは・・

 てめえや 奥村!

 手前勝手かと思えば

 人助けしたり

 とくに能力もないと思えば

 好プレーしたり

 謎だらけや!

 なんなんや てめえは!」


勝呂をいためつけるアマイモンに
我慢できずに剣を抜こうとする燐。

『みんな・・

 なんだかんだで

 優しいやつばかりだった。』


そこへやってきた雪男。

「兄さん!

 これは罠だ!
 
 誘いに乗るな!」


「雪男 悪い・・。

 俺 うそついたり

 ごまかしたりすんのは

 やっぱ向いてねえわ。

 だから俺は
 
 俺も 優しいことのために

 力を使いたい!」


ついに剣を抜く燐。

笑いだすアマイモン。

燐の体からでる青い炎に驚く勝呂たち。

アマイモンと戦う燐。
それを楽しそうにみているメフィスト。

「悪魔の尻尾は急所のひとつ。

 紳士ならちゃんとかくしておくものだ。

 お前には知るべきことが山ほどある。

 まずは 己の欲求をしるべきだ。」


しえみから寄生虫を抜く雪男。
シュラはベヒモスの相手をしていたそうで
ようやく合流し、脱出するようにいうシュラ。

そばでは青い光が炸裂。

『こんな化け物の面倒みろってのか

 獅郎め。』

「こりゃ先が楽しみだよ。」


メフィストは上から見学。

「悪魔は常に否定する快楽の求道者で

 あるのに対し

 人の営みは 中道にして病みやすい。

 さぁ〜て どちらへすすもうか。」
 

空中でアマイモンと戦う燐をみるみんな。
おされぎみのアマイモン。

『なんだ この力は。

 まるで父上の・・。』


青い光にやられるアマイモンをみて
拍手するメフィストアマイモンを
鳩時計で回収。

しかしその時計ごとまっぷたつに
斬る燐。

「完全に炎にのまれているな。

 やれやれ・・

 世話のやける弟だ。」


剣にひびがはいっていました。



燐、このままエクソシスト修行を
続けるのに力を隠し通すなんて無理。
それに本人が隠そうとしても
今回みたいにメフィスト公認のもと
悪魔がちょっかいかけて
くることが多いし、うまいこと
メフィストに鍛えられてる気もする。

全員が、とは言わないけど
燐とよく知り合ってからなら
頭から拒否するような仲間たちでは
ないと思うけど。



奥村 燐   岡本 信彦
奥村 雪男  福山 潤
杜山 しえみ 花澤 香菜
勝呂 竜士  中井 和哉
志摩 廉造  遊佐 浩二

三輪 子猫丸 梶 裕貴
神木 出雲  喜多村 英梨
霧隠シュラ  佐藤 利奈
イゴール・ネイガウス 置鮎 龍太郎
アマイモン  柿原徹也
メフィスト・フェレス 神谷 浩史
藤本 獅郎   藤原 啓治
霧隠シュラ  佐藤利奈







2011.07.26 Tuesday 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ガラスの仮面 47巻 | main | チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 第3話 >>