<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター29巻

[ マンガ ]
HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター29巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


WJ35・36合併号より連載再開&
テレビアニメ10月より放送決定。

ストーリーは1話目から。
声優さんも一新。
日テレ系で日曜昼間の放送。

(くわしくはこちら コミックナタリー


表紙はネテロ。


王は復活してしまったけど
いまいち記憶がはっきり
もどっておらず
コムギのことをおぼえていないため
なんとか隠しとおそうと必死のプフ。

カイトを救うためピトーと行動を
共にするゴンは、カイトの死を知って
絶望&ショックのあまり驚異の変貌。
この先のゴンがどうなるのか
心配になるくらいのことになってしまって
あのゴンの姿も当時かなり話題に
なってました。

もしかしたらあのゴンなら
王といい勝負だったかもしれないけど
それは望めそうにないし
やっぱり鍵はコムギかなあ。

王の側近は一体化するか
いなくなってしまったし
ウェルフィンにも心の変化がみえるし
こちらには戦えそうな人がいないから
そろそろ終盤でしょうか?(今度こそ)



以下 雑誌掲載時の感想


NO.301 記憶

 以前と変わらぬ姿で王、復活。
 さらに前よりもパワーが増した姿に
 プフとユピーは感激。

 でも王の記憶が一部抜け落ちていました。 
 それをきいたプフは、今がチャンスと
 コムギを消しにいきますが
 復活した王はさらなる速さで
 「余の欲する答えが宮殿にある・・!!」
 とひとっ飛び。

 しかし一足先についたプフを殴るナックル。
 ポットクリンもつけられました。

 王が生きていたと知って衝撃をうけるキルアたち・・!
 
 もうコムギに懸けるしかないか。
 プフに邪魔されないように。
 でも次号はゴンとピトー?


NO.302 標的

 ゴンとピトーはカイトの元へ。
 
 ポットクリンを目ざわりに思って
 倒そうとする王がつかうユピーの力。
 ユピーが何故敵を始末しなかったかとたずねると
 敵の何かに負けたくなかった・・
 敵とはいえ約束を破棄にすることは敗北だと
 感じたと正直に話すユピー。
 それを非難するプフですが王のおとがめはなし。

 すでに一体となった3人には隠し事はかなわぬという王。
 それでも王のために分身をとばすプフ。

 ユピーの精神的揺らぎも裏切り者の心残りも
 受け入れたうえで次へ進む。
 「ヒトは我々がさらなる次元へ昇るための贄・・・!」
 究極進化の過渡ととらえる王はユピーを罰せず。

 プフに無視されたナックルは
 狙われているのがメレオロンかと思いそちらへ。
 パームは地下倉庫へ誘導しようとし、
 メレオロンを狙うふりをして欺くか迷うプフですが
 コムギはキルアがおぶっているのをみて
 当初の目的通りコムギを狙いに・・。

 プフが強いのは知ってますが
 キルアだったらなんとかならないか。
 それより一心同体な王が早く気付け!!


NO.303 痛み

 コムギを背負って逃げるキルアを
 おそうプフ。
 キルアの疾風迅雷の速さにはついていけず
 作戦変更。
 うまく嘘を並べ立てて
 王の目の届かぬところまで
 逃げさせることに。
 そしてコムギに猜疑心をよびおこす魔法をかけ
 キルアを不審に思うコムギが暴れることで 
 素早さも半減。
 でもプフがコムギを狙ったことに気付くキルア。

 コムギを失神させて寝かし、構えるキルアが
 最高にかっこいい&強そう。

 おそってくるプフの分身を電撃で攻撃し
 プフは王に知られるのを何よりもおそれ
 宮殿へむかってたくさんの人たちをみせ
 記憶をよびもどそうとがんばりますが

 「何かが・・違う」

 と感じる王。
 忘れている何かを思い出せず
 頭痛を感じる王。
 
 軍儀の盤や駒をみて
 王がコムギへの記憶をとりもどすのを防ぐため
 キルアからも離れて、破壊するためにとぶプフ。

 一方、ゴンたちはペイジンへ。

 王がコムギを思い出して
 コムギと会話してくれたら
 破壊的な最後にはならないんじゃないかと
 思うけど・・・。


No.304 魔法

宮殿に戻ってきた王。
 急いで軍儀の盤をかくすプフの分身。

 パームの水晶によると
 ゴンとぴとーは今ペイジンの隠れ家に
 入ったところ。
 どういう仕組みでみえるのか説明してくれました。
 右眼だけで見たものは水晶に記憶され
 左眼だけで視(み)ればその水晶には記憶されたものの
 現在がうつる。
 今水晶には、ゴンとピトー、キルアとパーム
 そして王とプフとユピーが三分割でみえました。
 右眼で見たのはプフとキルアとゴンだから
 ほかのものはそのそばにいる時しか視えず
 この能力で視えるのは3人だけ。
 次に誰かみたら古いプフから消えるそうですが
 本体がみえていれば分身に惑わされず
 本体が蠅ほどしかないときならひねりつぶすチャンスと
 いうパームに、気付かれたのならそれを利用してやるだけ
 と思うプフ。
 
 キルアはパームにここであらたまってお礼を。
 でも「色々」と肝心のことをいわないので
 あんまり伝わってませんが、仲間(ツレ)だと
 思ってくれてる気持ちはじゅうぶん伝わりました。

 プフはウェルフィンを脅し
 自分もコムギになりすまして
 ピトーにコムギを奪い返したと
 コムギの呪縛から解放する嘘の報告。

 そしてカイトのところについた二人。
 ゴンに、カイトはもう死んでいるというピトー。
 ピトーと戦ったときにすでに死んでいて 
 腐敗しないように作り直し
 操ることしかできなかった
 とあやまりました。

 大きなショックをうけて
 その場に座り込んでしまうゴン。

 「ゴメンね」

 「オレが 殺した オレが」

 絶望から怒りで暴走するんだろうか・・。
 キルアたちに期待したいところです。


NO.305 残念

 カイトの死にショックをうけて
 放心状態になっているゴンのそばで
 自分の腕を修復し始めるピトー。

 パームからそれをきくキルア。
 プフがあらわれて、ピトーをとめるのと
 ひきかえにコムギを要求するのを一蹴するキルア。

 パームがコムギを預かり
 キルアは電光石火でゴンのもとへ。

 「オレが行くまで 

 待ってろよ!!!」


 ピトーがゴンを殺すときき
 カイトがやはり治してくれないと思ったゴンは
 変貌。

 そのただならぬ様子をみてざわつくピトー。

 「何だ これは

  もう これで 終わってもいい

  だから ありったけを」


 黒子夢想!!(テレプシコーラ)

 「やはりボクは 正しかった・・・!!」

 「貴様を殺す!! ピトー」

 ゴンがもう人間じゃないものみたいに
 なりつつあって、キルアは間に合うのか。


No.306 安堵

怒りのあまり変貌してしまったゴン。
 ゴンの能力は王にも届き得たと感じ
 ここで止めると思うピトー。
 ゴンはピトーをを倒せる年齢まで
 強制的に成長し青年の姿に。
 圧倒的な力でピトーをぶっ飛ばし
 意識を失いつつありながらも
 ゴンがその才をすべて投げ出して
 得られるほどの力を得て
 殺されるのが自分でよかったと
 思うピトー・・。

 ゴンが別人すぎる。
 またあのもとの子どもの姿に戻っても
 もとのような笑顔をみられるのか。


NO.307 喪失

 キルアがみたものは変貌した姿のゴンが
 すでに倒れたピトーの頭部を砕く瞬間。
 驚くキルアにふりむいたゴンの目からは涙が。

 キルアはビスケを思い出しましたが
 ビスケは容姿がかわっただけで
 ゴンはそれとはまったく別。
 何年かかるかわからないほどの修行を経て
 ようやくたどり着くはずの姿に
 なっていたゴン。

 『どれほどの代償を払えば

  これだけのオーラを・・・!!』


 死んでいるようにみえたピトーのテレプシコーラが
 王のため 死後さらに強大となった念を纏い
 ゴン抹殺だけが目的の骸人形と化し
 おそいかかるのをキルアがたすけたものの
 一瞬でゴンの右腕がちぎれました。

 「大丈夫 痛くないよ

  強がりじゃない 少しだけ 嬉しい

  やっと・・ カイトと同じになれた

  あの時の・・

  少しだけ 救われた」


 キルアにきこえたゴンの声。
 ゴンはちぎれた腕をつかみ 
 それでピトーにとどめをさしました。

 「右腕はやるよ
 
  お前も おやすみ・・」


 これ以上ダメだと思うキルアの
 ゴンを呼ぶ声もむなしく
 渾身の一発をたたき込むゴン。

 ゴンがこの先どうなってしまうのか・・。
 とめられなかったキルアもまた
 苦しむんじゃないかと思うと。


NO.308 閃光

 王が宮殿へ。
 コムギのことを思いださないかと
 あせるプフ。
 王はピトーの名をきいてその姿も
 ピトーに何か頼んだことも
 思い出し、ピトーをつれてこいと命令。

 その間に残党狩りをするという王に
 忠告をしたプフに一瞬みせたオーラが
 ものすごいもので
 プフはますます心酔し
 ナックルたちは完璧な絶望を植え付けられました。

 ナックルたちは撤退しようとしますが
 閃光の速度で照らす王の円。
 ナックルとメレオロンが一瞬で倒され
 あとはイカルゴとコムギをおぶったパームだけ。

 コムギをみつけられたら、
 とますますあせるプフ。

 王の強さには誰も勝てそうにないので
 やはりコムギ頼みか。
 国家の軍隊もってきてもきっと無理でしょう。
 
 ゴンはあのあとどうなったんだろう。


NO.309 勝負

王がコムギのことを思い出さないように
 するため、プフが必死!

 プフとユピーがピトーを探し
 王が二人の能力者を探すゲームを
 しようともちかけます。
 プフが燐粉をとばし催眠をかける間
 待っていてほしいのと
 円を使えるのはあと1回だけという
 ハンディキャップを提案。
 
 王はそれをうけてくれましたが
 プフたちが勝てばそれぞれの望みを
 かなえてやるといい、王が勝った場合は
 今二人が隠していることを話すようにいいました。

 王にはとっくにお見通し。
 ただ、隠し事とともに
 深い王への忠誠心も感じるから
 見逃してくれてるだけのことでした。

 「余に勝てれば だがな」

 といわれてもゲームでも
 この王に勝てる気などしない。

 コムギ抹殺のため飛び出すプフ。

 コムギを背負った逃げるパームは
 キルアが別人のようなゴンを背負っている姿も
 みて、とにかく王が円をつかうまでに逃げ
 そこでイカルゴとばったり。
 ビゼフのいた部屋にコムギをかくし
 さらにまだ生きている女性4人も
 つれてくるように指示。
 
 トラックの荷台にはウェルフィンもいて
 コムギがこちらにいると伝えてくれるように
 メッセンジャー役を頼むイカルゴ。
 わかったといいながら、そんなことをしたら
 殺されるのが明らかなのでするつもりのない
 ウェルフィンに、「ジャイロにあいにいけ」と
 いうイカルゴ。さらに人間だったころの名前
 ザイカハルとよびかけるとウェルフィンが
 あきらかに動揺。

 「蟻(やつら)は敵だろ?

  オレ達NGLの」


 NGL・・そういえばそういう組織でした。
 ここへきて昔の感情をとりもどしはじめるとか・・。

 ゴンはすでに戦えるような状態ではなく
 キルアにおぶわれていたし
 王にさっさとコムギを思いだしていただかねば。


NO.310 始動


 燐粉をまきながらコムギ抹殺を早くしなければ
 とあせるプフ。
 ピトーがやられたかもしれないなんて
 カケラも思っていないのですね。

 前世を思い出したウェルフィンの心も揺れる。
 ジャイロがいきているというイカルゴの言葉に
 蟻は敵と思い、頼まれたとおりにユピーに伝言。
 ユピーは王に伝える気はなく
 キメラになる前の記憶はないというユピーと
 ウェルフィンが戦う?
 
 王は床におちていた軍儀の駒をみて
 誰かと戦っていたこと、
 その相手にまだ一度も勝っていないことまでは
 思い出し、コムギの存在まであと一歩。

 ユピーが殺されているのをみつけたプフが
 王の元へ戻ると、当然ピトーもまだ。
 王との勝負をやめて全て話すこともできず
 あせるプフ。
 
 「もう大丈夫・・?」とイカルゴにつぶやくパーム。

 というたいへん中途半端な状況で
 しばらく休載。
 今回長く続いたほうだと思っていたけど
 結局コムギと王がまだあっていませんよーー。
 キメラアント編はいつになったら終わるんだ。

 ゴンはしばらく戦闘不能だと思うし
 ネテロはいないし・・。


(ジャンプH22年16号〜26号)


H22年26号というと
1年以上あいていたか。
2011.08.04 Thursday 08:15 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 09月号 新テニスの王子様の感想 | main | ONE PIECE ワンピース 63巻 >>









HUNTER×HUNTER 29巻
来週からいよいよ連載が再開。 本当に待ち遠しかったですね。 でも、合併号から始まるってどうよ^^; でまぁ、今回は何週続くかですね。 長く続けて、間を開けずに再開してほしいもんです。 そして、...
| ぐ〜たらにっき | 2011/08/04 12:34 PM |
HUNTER×HUNTER 29巻 レビュー
ネテロの貧者の薔薇を使った自爆により瀕死の重傷を負ったメルエムですが、シャウアプフとモントゥトゥユピーが自らの肉体を分け与え、メルエム再生。 復活したメルエムは、以前 ...
| ゲーム漬け | 2011/08/04 8:35 PM |