<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

24時間テレビスペシャルドラマ 生きてるだけでなんくるないさ

[ テレビ ]
24時間テレビスペシャルドラマ 
生きてるだけでなんくるないさ



25歳で数十万人に一人といわれる悪性腫瘍に侵され、
その後も急性骨髄性白血病など様々な病気と
闘い続けている青年・岩嶺栄作が、
過酷な闘病生活を送りながらも、
生きるために前に向かって進む姿を描いた命の物語。
母親や祖母、友人たち。
そして、難病に侵され闘病生活を送る中で、
結婚した妻と愛娘による愛情は
大きな支えとなっていた―。



最初のうちはどうしようもない男で
(別に浮気したりするわけじゃないから
 普通か?)なんでこの彼女がずっと
好きなのかもよくわからなかったけど
闘病生活をおくっていくうちに
どんどんかわっていった主人公。
あれでかわらなきゃおかしいけど・・
つらい治療に自暴自棄になる栄作を
励ましつづける彼女がほんとに
できた人でした。
病気になっても一度も別れを考えることも
なく、常に支え続けて・・。
あんな人、なかなかいないのでは。

闘病中に子どもができて
美香の両親に結婚の許可を
もらいにいく話も
普通の親だったら悪性腫瘍闘病中の
先がどうなるかわからない男性との
結婚は手放しで喜べないのが正直な
気持ちだと思います。
赤ちゃんがいるというのもあるけど
美香の強い意思あってこそですね。

妊娠をきいたときに
美香が一人かわいそうな目にあうと
いった栄作に

「かわいそうじゃないよ。

 私が栄作を選んで

 私が 一緒に頑張ろうって

 決めたんだから

 全然かわいそうじゃ ない。

 私この子ができてすっごく幸せだよ。」


といってくれた美香。
その言葉があればこそ栄作も

「もし…僕が死んだら
 
 美香さんだけが

大変なことになるんですよね。

 だけど 美香さんが

 『子供ができて幸せだ』

 っていってくれて

 俺も いろいろ考えて

 何ていうかやっぱり

 彼女との子を絶対 諦めたくないって…。

 勝手ですけど すごく…

すごく そう思いました。

 俺 頑張りますから。

 絶対 死なないように…

 絶対 ちゃんと治るように…。

 だから…。」


と両親の前でいいきることができたと思うし。
さらに美香の

「私も栄作と…

 栄作との子供だから産みたい!

 どんなことがあっても

 私が絶対に ちゃんと育てる!

 この子をなかったことになんかできない!」


この言葉も両親に届いたはず。

幸せな日々がもっと続けばいいのに
運命は残酷。

悪性腫瘍一回でもつらいのに
再発、それをのりこえたと思ったら
今度は白血病。
次から次へとおそいくる試練に
自分ばっかりなんでこんな目に
あうのかと
心が折れてもしかたながない状況で
思わず主治医に弱音をはいた栄作に

「でもね 石嶺さん

 人間は

 自分の運命と闘う力を持ってる。

 決して諦めず

 自分自身の生きる意味を見つければ

 きっと どんなことだって

 乗り越えることができる。

 私は…私は そう思いますよ。」


といってくれた先生。
医者だから似たような人を
何人もみてきてるだろうし
人生観もまた特別かもしれません。
それでも

「ないよ…。

 生きる意味なんか…。

 美香と そら 守れないなら

 俺なんて生きる意味ない。」


と弱気な言葉をはくと

「そうですかね。

 あると思いますよ あなたにも。」


と言ってくれました。

栄作が弱気な心でこっそり書いた遺書。

「 美香と そらへ。

 君たちが これを読む頃には

 僕は もう いないかもしれません。

 2人を幸せにするって誓ったのに

 2人を守るって約束したのに。

 本当にごめん。

 もっともっと 2人と一緒に

 生きて行きたかったけど

 どうやら僕は悪者に

 やっつけられてしまうみたいです。

 そら お前の成長を

 見届けてやれなくてごめんな。

 弱いお父さんで ごめんな。

 美香 一緒にいてやれなくてごめんな。

 2人に会えて僕は幸せだったよ」


それをよんだ美香にも
俺なんか死んだほうがいいという栄作ですが
美香は本当に強い・・。

「俺には もう

 未来なんかないかもしれないんだよ。

 これ以上お前達に迷惑かけたくない。」


「何で『迷惑』とかいうの?

 家族なんだから当たり前じゃない。

 家族なんだから。

 私は ずっと 

 迷惑をかけられてるんじゃなくて

 みんなで一緒に闘ってると思ってたよ!

 そらは えっくんが帰って来るって

 信じて闘ってる。

 私だって そう!

 それなのに何で 先に諦めるの!?

 何で 私達と一緒に闘ってくれないの!?

 栄作は一人じゃないんだよ。

 私も そらもいるよ。

 3人で 1つなんだよ。

 何もしてくれなくたっていい。

 生きててくれるだけでいいんだから。」


こんなできた嫁、めったにいない!!

さらに娘が描いた、パパと行きたいところの絵。

「そらは えっくんの未来を

 信じてるんだよね。」


こんなにも大きい、妻と娘の愛の力で
たちなおれないはずがない。

「2人を守れなければ

 生きる意味なんかない。

 そう思って 苦しんで来たけど

 それは間違ってたのかもしれない。

 ただ 生きること。」

「美香や そらや 

 僕を支えてくれる

 全ての人のために生きること。

 それだけで 僕の人生には意味がある。

 もし 病気にならなかったら

 今頃 どうしていただろう。

 わがままで 未熟な人間のまま

 美香のことも ほったらかしで
 
 フラフラと生きていたかもしれない。

 でも 今の僕は知っている。

 何年にもわたる病気との闘いは

 決して

 一人じゃ乗り越えられなかったことを。」

「白血病を乗り切ってからも

 僕は 幾度となく重い病気に襲われ
 
 そして今も 闘い続けている。」





人生の最終目的は生き抜くことかなと
常々思ってますので
別に何かを成し遂げなくとも、
あたえられた人生を、
精一杯生きていく(できれば楽しんで)のが
大事なことだと思います。

生きてるだけでなんくるないさ
まさにタイトルどおり。

闘病生活はまだ続いているのでしょうか。
この家族がそばにいれば大丈夫だとは
思いますが、できるかぎり平穏な日々を
おくられますように。

(最後、なくなるようなドラマじゃなくて
 本当によかった。)


石嶺栄作:村上信五(関ジャニ∞)
石嶺美香:田中麗奈
木下大輔:渋谷すばる(関ジャニ∞)
矢島春奈:イモトアヤコ
石嶺そら:渡邉このみ
石嶺紗代子:高畑淳子
安西宗則:生瀬勝久




2011.08.20 Saturday 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 少年ジャンプNEXT!2011SUMMER (サマー) 2011年 9/20号 | main | 海賊戦隊ゴーカイジャー 〜第26話 「シュシュッとTHE SPECIAL」 >>