<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

マルモのおきて スペシャル その1

マルモのおきて スペシャル その1

「薫と友樹、友だちの願いをかなえるために
カッパさがしの大冒険マルモがいつか結婚して
子どもができても、薫と友樹のことを
ずっと好きでいてね」



 再び共に暮らすことになった護(阿部サダヲ)と
薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)とムック(犬)。
薫と友樹は夏休みを迎え、護は大学の後輩・大輔(林泰文)が
経営する山梨のぶどう園に遊びに行くことを決める。
そこには大輔の子供で、薫と友樹と同じ年頃の兄妹
・翔太(矢部光祐)と菜々(清水詩音)もいた。
ぶどう園を目の前にして、大はしゃぎの薫と友樹。
護も2人の姿を見てうれしそうだ。しかしそのとき
彩(比嘉愛未)から、陽介(世良公則)が倒れたと連絡が入る。
護はいてもたってもいられず、急きょ子供たちを
山梨へ残して東京へ戻ることに決める。
薫と友樹は最初は不安がったが、護からの
「離ればなれでも家族」というおきてを信じて、
護なしでのお泊まりを決意する。
 陽介を心配して、東京へ戻った護。
自宅でひとりだったムックは護と彩の関係を
進めようとおせっかいを焼く。 
一方、山梨では、東京からやってきた薫と友樹に
最初はいたずらを仕掛けた翔太と菜々も、
護が東京へ戻ってもがんばって山梨でお泊まりを
することを決めた双子に見込みを感じ、
仲間になろうと声をかける。そして、4人は
「ぶどう戦士パープルフォー」を結成。
4人は子供らしく基地を作ったり、花火をしたり
夏休みを堪能する。
 そんな翔太と菜々の両親は、実は最近うまく
いっていなかったのだが…。



夏休み、プールにいく薫と友樹のために
浮き輪をふくらませてやるマルモ。

夏休みは海にいくらしい。

マルモは今日は会社。
出勤前に彩とも会話。

彩も水着を着るときいて

「あいつらが行くの 区民プールだし

 彩ちゃん そんなおニューの水着なんて

 張り切んなくていいんじゃないかな。」

なんていってしまって・・
彩の機嫌をそこねてしまいました。

会社では孫といっしょに旅行にいってた
という室長からおみやげ。
どれもビミョー・・・。

マルモは夏休みどこにいくかと
きかれ特にないというと
みんなから、いっしょにいけるのは
今だけだという声が次々に。

「何 言ってんの

 親と一緒に旅
 
 行ってくれるのなんて今だけよ。」

「友達優先になったり

 部活が忙しくなったりしますからね。」

「それに父親ってある日 突然 うざく感じたりして。」

「そうなの? でも まだ小1だよ?」

「いつでも行けるなんて思ってると

 いつまでも行けないもんだよ。」


そこへ保険屋のおばさんが。
みんなが目をそらず中
マルモがつかまってしまい
学資保険をすすめられました。

ひっかかりそうなマルモを
助けてくれた真島。

そのあとも、保険屋のおばちゃんに
いわれたことを気にするマルモ。

「確かに子供たちの将来のことなんか

 考えたことなかったしな。

 あの子たちと いつまで

 一緒にいられるかも分かんないし。」


真島のことをたずねると
真島は彩が好きらしく
気持ちをきいてくれといわれ
マルモはことわることもできず・・。

彩は子どもたちに絵本を
よんできかせていました。
ヘンゼルとグレーテルのままははは怖い
という印象に・・。

そこへマルモが帰宅。
宿題の絵日記はほぼ毎日同じことが
かいてある薫。
友樹は夕食のメニュー。

どこにもでかけてないから
絵日記だってネタ切れになると彩にも言われ
会社の人に言われた言葉を思い出し
旅行か・・とつぶやくマルモ。

大学の野球部の後輩が
今、山梨でぶどう園をやっているそうで
そこにいくことに。

たいへんわかりずらい山梨の説明。

母とあった双子は山梨にいくことを
報告。
母の手作り弁当おいしそう。

双子を迎えにいくまえに
陽介と話すマルモ。
子どもたちも母にあうのを楽しみにしていて
少しずつでも親子に戻ってるって
ことだなと陽介にいわれます。

「いつまで一緒にいられますかね。

 この先 薫と友樹が 

 あゆみさんと暮らしたいって

 言いだして。

 そんときは もちろん2人の気持ちを

 優先したいと思ってます。

 でも たまにさみしくなっちゃうんですよね。
 
 いつかは別れが来るんだろうなって。」


彩とムックといっしょに
双子を迎えにいったマルモは
真島のために
彩に好きな人がいるかどうか
たしかめることに。

ふたりをみかけた双子とあゆみさんは
あの二人がお似合いだといいながら観察中。

でもこの言い方は誤解を呼ぶ。

「あっ あのさ 彩ちゃん。」

「彩ちゃんって好きな人とかいるの?」

「彩ちゃん急に告白とかされたら困るよね。」

「いや気付いているかもしれないけど好きみたい。」

「初めて会ったとき一目ぼれしたみたい。」

「それから ずっと。」

「真島だよ 俺じゃないよ。」


マルモ・・。

彩、おこっていってしまいました。

「もう 女心が全然 分かってないんだから。」

お店に帰って、山梨の後輩の
奥さんが野球部のマドンナだったという
話をマルモがすると
彩はあきれたように絡む・・。

「マドンナ 好きですもんね。」

牧村さんも会社のマドンナだったし。

ムックは預かってもらって
マルモと双子の3人で山梨へ。

迎えにきてくれた後輩の大輔。
おばあちゃんといっしょに
翔太と菜々は挨拶もせずに
かくれてしまいました。

大輔の妻の理沙は
昔 働いてた出版社から仕事をもらって
バイトしているそうで
夫婦でぶどう園をやっているのでは
ないとのこと。

ぶどう園をみておおはしゃぎの双子。

広いぶどう園をみてたいしたもんだと
いうマルモに、そうでもないという大輔。
ぶどう園の仕事は収穫も不安定で
自分の代で潰さないようにするのが
せいいっぱいだそう。
理沙も前は手伝ってくれたけど
今は自分の仕事で忙しく
収入もけっこうあるとのこと。

ぶどうをえさにした
罠につかまる双子。
上から網がふってくるという
古典的な罠!!

あらわれたのはさっきの翔太と菜々。

「やった。」

「やった。初めて成功したね お兄ちゃん。」

「うん 俺たちは せ〜の。」

「ぶどう戦士パープルツー!」

かっこよく去るはずだったのに
転んでしまい怪我した翔太の足に
薫がバンソーコーを
はってあげたのに
翔太は照れて素直にお礼もいわないまま
いってしまいました。

大輔は妻のことでマルモに
相談したかったようですが
そこへ陽介が倒れたと
彩から電話がはいり
とりあえずマルモは帰ると返事。

子どもたちを心配させるわけには
いかないというと、大輔が
子どもたちを預かってくれることに。

マルモがいないとさみしいという
双子にいいきかせるマルモ。

「おい おきてを思い出せ なっ

 離れ離れでも家族だろ?

 離れてても 俺たちは つながってんだから

 さみしくなんかねえだろ。」


「でも。」

「分かった

 マルモが大事な用事なら頑張ってみる。

 ねっ 友樹。」


「うん。」

「よし おきては絶対だ 頑張ろう。」

病院へいったマルモ。
陽介はベッドに寝ていました。

深刻にみせかけて・・実は
ぎっくり腰・・。

勘違いでごめんなさいとあやまる彩。

「旅行楽しみにしてたのに・・

 おこって ますよね?」

「よかった!

 じゃあ 命に別条ないんですね!」


とほっとして喜んでくれる
マルモをみつめる彩。

薫と友樹が部屋にいると
何か変な音。
みいいったふたりが人影をみて
思わず悲鳴!

おばあちゃんでした。

「お姉ちゃん・・

 マルモすぐにもどってくるよね。」

となんとなく弱気に・・・。

いきなりふすまがあいてまた悲鳴。

「あ ぶどう戦士だ!」

小学1年生でお泊りなんて見込みがあると
二人をみとめて仲間にしてくれました。

「俺たちと一緒にぶどうの誓いをするのだ。」

「ぶどうはみんなのために

 みんなは ぶどうのために。

 仲間のために戦うんだ。誓えるか?」


「うん。」

「翔太パープル。」「菜々パープル」

「薫パープル。」「友樹パープル。」

「全員パープル

 ぶどう戦士 パープルフォー!」 


みんなでポーズ!

ご飯を用意して、自分は
仕事にもどっていく理沙。

「おばさん一緒に食べないの?」

「うん 母ちゃんは忙しいから。」

場の空気が重くなり
明日はいっしょにぶどう狩りに
いこうかと誘う大輔。

マルモは帰宅すると当然誰もおらず
なんかさびしい。

大輔に電話してふたりの様子を尋ねます。

てっきりさびしがってると思ったのに
はしゃいでるときいてびっくり・・。

さびしいのはマルモのほう。

そばにいたムックにようやく気づいて
声をかけるマルモ。

「俺 ずっと独りぼっちでさ。」

「寂しいよな 独りぼっちは。

 俺も何か気持ち分かるわ。」


「どうしたんだよ。」

「薫と友樹と

 いつまで一緒にいられるかな。」


そこへ彩がご飯をもってきてくれました。
彩と話しながらご飯を食べるマルモ。

父との思い出を話す彩。
豆まきではりきりすぎて
ぎっくり腰をしたことがあるそうで。

「母が死んじゃって すぐのころ

 私が豆まきしたいって言ったら

 急に張り切っちゃって鬼の扮装して。

 もう 髪とか角とか作りこんじゃって超リアル。

 ホントに怖いの。

 そしたら お父さん

 逃げながら腰やっちゃって救急車。」

「でもホントは

 2人で一緒に豆まきしたかったんです。

 母が死んじゃった後

 家の中が 変に静かで さみしくて。

 だから私2人で一緒に鬼退治したかった。

 なのに お父さん勘違いして

 鬼になっちゃうんだもん。

 お父さんのこと退治しても仕方ないのに。

 でも 「鬼は外」って 大声 出したら

 急に気持ちが楽になっちゃった。

 お父さんの気持ち
 
 ちゃんと伝わってきました。」


「最高のお父さんだね。」

「はい。」

その父はマルモがすぐにきてくれたのが
すごくうれしかったみたいです。

ここでムックが二人をくっつける作戦!

蛇のおもちゃにびっくりした彩が
マルモにだきつきました。

でもそのチャンス いかせず・・。

「あ〜あせっかく協力してやったのに。」

「チャンスだろ?ちゃんと物にしろよ。」


ムック!!

薫と友樹は、もしマルモが
結婚したら・・と
ヘンゼルとグレーテルのままははの
話とかさねあわせていました。
彩ちゃんだったらいいのに
ふられてたし・・?

「マルモが違う人と結婚して

 もし赤ちゃんができたら

 薫たちのことはいらなくなるのかな。

 ヘンゼルとグレーテルみたいに

 捨てられちゃうかも。

「マルモは僕たちのこと忘れちゃうのかな。」

ぶどう狩りにいくマルモたち。
ご先祖様のいい話。

「うちのブドウにはな

 ご先祖さまの魂が入ってるんだ。」

「おじさんのお父さん お母さんの

 そのまた お父さん お母さんの

 そのまた お父さん

 お母さんの全部が ご先祖さま。」

「そうやって みんなが

 大事にしてきたブドウ園なんだ。

 人は死んでも心は残る。

 ご先祖さまの心がいいブドウを作るんだ。」


その夜もご飯を用意して
いってしまう理沙。

なぜお母さんがいっしょにご飯を
たべないのかと翔太たちに
たずねると、前はいっしょに
食べてたし今は忙しそうで
おとうさんともよくケンカをしてる
という翔太。

するとおばあちゃんが

「大丈夫さよ。

 忙しくっても

 心がつながってりゃいいんだから。」


と言ってくれました。

「家族の心が つながってりゃ

 ちゃんと笑ってくれる。

 今はちょこっと忘れてるだけずら。」


「心が つながるってどういうこと?」

「ここと ここが

 つながってるっちゅうこんだよ。」


「ここ?」

「薫ちゃんと友樹君は

 マルモさんがいないのにさみしくない?」


「うん。」

「うん。

 離れ離れでも家族だから。」


「何それ。」

「マルモのおきて。」

「マルモのおきて?」

「そう マルモが決めたお約束。

 おきてを守れば

 みんな仲良く暮らせるんだよ。」


「離れ離れでも家族だから

 全然さみしくないの。」


「ホントに?全然さみしくないの?」

「あっ 本当は ちょっとだけ。」

「でもね マルモのおきては絶対だから。」

「うん 頑張れば

 マルモが褒めてくれるんだよ。」


「離れ離れでも家族?

 それって

 心が つながってるってことかな。」


「う〜ん 分かんない。」

「心って難しいね。」

「うん。」

「今に分かるずら。」

翌日、翔太がみんなを
ぶどう戦士のひみつ基地に
つれていってくれました。

すごいと喜ぶ薫たち。

「誰にも言うなよ。

 ぶどう戦士だけの秘密だからな。」


「ラジャー。」

「戦士の誓いは?」

「ぶどうはみんなのために

 みんなは ぶどうのために。」


「うん 困っている人が

 いたらみんなで力になろう。」


「おー!」

一日いっしょに遊ぶ4人。

この山の奥にカッパが住んでいて
願いをかなえてくれるという話をきいて
カッパをみたことがあるという
おばあちゃんのところへいく4人。
子どものころカッパをみたことが
あるというおばあちゃん。

「だけんど本当ずら。

 大事な お願い 1つだけ。」


だけど河童淵は危ないから
いくなと大輔にいわれてしまいました。

夜は花火。
子どもたちのはしゃぐ声をきいて
窓からのぞく理沙。

子どもたちが家にはいってくると
理沙と大輔が言いあいをしていました。

子どもたちを東京へ連れて帰りたい妻と
ここにいるのが子どもたちのためだという大輔。

両親のケンカを目撃して元気のないふたりを
はげます薫。

「翔太君 菜々ちゃん

 ケンカしても大丈夫だと思うよ。」

「大丈夫じゃないよ。」

「でも好きでも嫌いでも家族なんだよ。

 マルモのおきてなの。」


「好きでも嫌いでも家族?」

「うん ケンカしても家族だから大丈夫だって

 マルモが言ってた。」

「それでもケンカは嫌だよ。」

「仲良しの方がいいよねお兄ちゃん。」

「うん。」

「どうすればいいかな。」

「う〜ん。」

「あっ そうだ カッパは?

 カッパに お願いしてみようよ。」


「そうだ そうしようよ。」

「カッパは駄目だよ父ちゃんに怒られる。」

「でも カッパは願いをかなえてくれるんでしょ?」

「うん 菜々も お願いしたい。

 カッパに会いに行こう?お兄ちゃん。」

「でも 危ないから行くなって父ちゃんが。」

「パパとママがケンカばっかりでいいの?」

「カッパに仲直りさせてもらおう。」

「そうだよ お兄ちゃん。」

カッパに仲直りさせてもらうために
カッパにあいにいくことにした4人。

「よし これから

 ぶどう戦士の秘密任務を始める。

 油断するなよ。」


「ラジャー。」

きゅうりの罠をしかけて待つ4人。

さっそくかかったと思ったのに
あらわれたのはおとうさん・・。

「バカタレがっ!」

と怒られました。

カッパをみにきて淵に落ちて
死んでしまったやつがいるそうで
だから危険で立ち入り禁止だと怒る父。

午後にはマルモが迎えにくるから
もう帰ろうといわれました

迎えにきたマルモは
二人と涙の再会を
想像して待っていましたが・・
手をひろげていたのに

「まだ帰りたくないんだけど」

「僕たち まだ もう少しここにいるから

 来週に もう一回 来てくれない?」

と言われてしまいましたw

だけどやっぱりそれはできず
帰ることになって
翔太たちにバイバイ。

「おい お前らさ

 帰りたくないって本気で言ってる?」

「うん。だって

 秘密任務 失敗しちゃったんだもん。」

「秘密任務?」



長くなったので その2に続く。




2011.10.10 Monday 18:06 | comments(0) | - | 
<< ジャンプ44号感想 | main | マルモのおきて スペシャル その2 >>