<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

機動戦士ガンダムAGE(エイジ) 第2話「AGEの力」

第2話「AGEの力」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


攻撃をうけるコロニー。

「おじいちゃん・・。」

「・・何がおこってるんだ?」

ガンダムにのっているフリット。

「これは・・

 外から攻撃されてるのか?」

指令室内。

「第95ブロックの外壁。

 ダメージレベル7。

 コロニー内の生存環境を 維持できません!」

「コロニーの

 回転制御システムはどうなっている!?」

「ブルーザー司令!

 ディーヴァの出航許可を!」とグルーデック。

「ディーヴァか。
 
 入港している新型艦だな。」

「あの艦と ガンダムがあれば

 UEに反撃できます。」

「だが ガンダムは・・。」

「監視プログラムから 緊急報告!

 爆発の影響で コロニー各地に

 異常振動が発生しています。

 このままだと ノーラは

 あと6時間で

 ねじれ崩壊を起こします!」

「なんだと!?」

「ただちに 脱出艇を手配します。」

「それでは間に合わん。」

「あっ。」

「たかだか 100人乗りの脱出艇では

 どれだけ時間がかかるか

 わかったものではない。」

「で では・・。」

「う〜ん。

 戦艦ディーヴァ 出航準備!

 ディアン・フォンロイド艦長に

 至急連絡。」

「了解。」

「司令。」

「反撃に出るのではないぞ。

 ノーラの住人たちを救うために

 あの艦をつかう。
 
 あの 新造戦艦を。」

「スペースコロニーへの移民が始まって

 数百年が過ぎた宇宙時代

 地球圏の覇権を巡る戦争は終わり
 
 平和な時代が到来するかに思われた。

 しかし その平和は

 はかなくも崩れ去った。

 突如 出現した 正体不明の敵によって

 1つのコロニーが崩壊したのだ。
 
 これが 100年の長きにわたる

 新たなる戦いの幕開けとなる。」



OP


UEの攻撃は続きます。

「これが我々のいるノーラだ。

 ノーラの芯に当たる このコロニーコアは

 居住区となる内壁と完全に分断されている。

 そのため 攻撃による被害は

 ほぼ受けていない。

 ここに 住人たちを避難させる。

 各エリアをつなぐ

 搬入用エレベーターを使えば

 脱出艇よりも はるかに

 迅速な避難が可能だ。」

「しかし ノーラ全体は

 ねじれ崩壊をはじめているんですよ?。

「そこで ディーヴァだ。

 ディーヴァと コアを接続。

 そのまま けん引して 引っこ抜く。」

「おお・・。」

「たしかに
 
 コロニーコアは 環境維持システムも

 独立しています。」
 
「うむ 制限時間は5時間。

 余裕はないが 不可能ではない。

 すべては 諸君らの働きにかかっている!」

「はい!」

「司令!

 ディーヴァ艦長 ディアン大佐への

 詳細な説明は 私にまかせてください。」

「よし 頼む。」

「しかし 我々の行動を

 敵が 黙ってみているでしょうか?」

「うむ・・望みは

 あのガンダムなのかもしれん。」

避難する人々。

「ああ〜。」

「おさないで!おさないで!」

「住民の皆さんは 誘導に従って

 農業ブロック行きの

 エレベーターホールに

 移動してください。

 繰り返します。

 住民の皆さんは 誘導にしたがって

 農業ブロック行きの

 エレベーターホールに

 移動してください。」

AGEビルダーも避難。

「そいつは精密機械なんじゃ!

 乱暴な運転はするなよ!!

 大丈夫かのう。」

「バルガス!

 AGEビルダーをどこに運ぶの?」

「港にある連邦の艦に乗せる。

 ここで潰されるわけには

 いかんからな。」

「ガンダムは どうするの?」

「当然一緒じゃ。

 AGEビルダーと

 ガンダムがそろっての

 AGEシステムじゃからな。

 ガンダムは おまえは艦まで運ぶんじゃ。」

「えっ。」

「また戦闘になったときのために

 ビームスプレーガンと

 シールドを持っていけ。

 わしもあとからいく。」

「また戦闘って・・。」

「フリット〜!」

「エミリー・・ ディケまで・・。」

「すげぇ〜!フリットが

 ほんとにモビルスーツを。あっ!」

ハロをフリットになげてわたすエミリー。

「エミリー!なんでこっちに

 きてるんだよ!

 早くエレベーターに行くんだ!」

「フリットは行かないの?」

「僕は ガンダムを艦にのせなきゃ。」

「まさか フリットもいっしょに

 艦にのるの?」

「わかんないけど・・。

 でも ガンダムは 僕が動かなさいと。」

「うそでしょ!?」

「とにかく エミリーたちは

 早く避難しなよ!

 ハロ おまえもだ。」

ハロをまたエミリーにかえしました。

「おまえもだ おまえもだ。」

「ちょっと!フリット!」

「急がないと おいてかれちゃうぞ!」

「待ちなさいよ!もう!

 人が心配してるっていうのに・・。」

「でも フリットのいうとおりだよ。

 僕らもエレベーターに・・。」

「ん!くっ・・。」

走り出すエミリー。

「エミリー!どこ行くの?」

「艦よ!フリットをほっとけないでしょ!」

「ええ〜!そ・・そんな〜!」

港へむけて歩くガンダム。

「このままじゃ ノーラもこわされてしまう

 あのときと 同じように。

 ん?あれは・・。

 人だ。逃げおくれたのか?」

女の子 ユリンがガンダムに気づきました。

「待ってて!今すぐに!あっ。」

「きゃあ〜!!」

敵からユリンを救うガンダム。

「君 大丈夫?!」

「えっ。はぁはぁ・・はっ!」

逃げだすユリン。

「な・・・なんで逃げるの?」

車に乗ったディケとエミリー。

「もっと急いで!

 あそこから 港にあがれる!」

しかし入口の扉はしまったまま。

「これ どうやってあけるの?」

「うわ!」

そこへ到着したディアンたち。

「子どもが なんでこんなところにいる!?えい。

 ここは軍専用の昇降路だぞ。」

「私たち 港にある艦に
 
 乗りたいんですけど・・。」

「ばかをいうな!

 民間人は 

 さっさと農業ブロックに避難しろ!」

「ハッチ ひらきます。」

「よ〜し 早くいけよ。」

「ほら。やっぱり 怒られた。

 もう戻ろう。」

「冗談じゃないわ

 ここまできて 

 ひきさがれるわけないでしょ。」

「えっ。まさか。エ・・エミリー。

 エミリー ちょっと!

 エミリー!あっ もう!ああ・・。」

素早くしのびこむふたり。

「ブルーザー司令はなんと?」

「まったく バカげた作戦だ。

 コロニーから

 コアを引き抜くから

 それをディーヴァで制御しろなどと。」

「どうするんです?

 フォンロイド艦長。」

「むろん 従わんよ。我々は

 総司令部の指示がないかぎり

 艦の安全を第一に

 行動させてもらう。」

「では・・。」

「ディーヴァは 危険なノーラから

 ただちに撤退する。」

隠れてきいているエミリーたち。

「ノーラの人たちを 見捨てる気?

 連邦軍なのに。」

そのときシャッターがあきました。

「誰だ?!おまえは・・

 グルーデック副司令か。」

「お早い到着ですね。

 ディアン・フォンロイド艦長。

 詳細な作戦をお伝えにまいりました。」

「フン。貴様も知っているだろう。

 我々は連邦軍司令部の直属。

 ブルーザーの指示などは受けん!」

「ほう そうですか。」

「わかったら そこをどけ!」

いきなり発砲するグルーデック。

「グルーデック!き 貴様・・!」

「動くな。出力をあげれば
 
 命を奪うこともできる。」

「ん・・正気か?

 立派な反逆罪だぞ!」

「罪なら償うつもりだ。

 お互い 生き残っていたらな。」

驚くエミリー。

「あっ!」

「ど どうしたの?」

「しぃ〜!」

「もしかして オレたち

 そうとう まずいもんをみちゃった?」

「ん・・。」

指令室。

「了解。

 司令 あとは私たちだけです。

 ディーヴァに向かいましょう。」

「いや 私はここに残る。」

「えっ?」

「コロニー本体からの

 コアの切り離しは

 ここからしかできない。

 リモートコントロールは 不可能なのだ。」

「そんな・・。まさか 司令は

 最初からそのつもりで・・・。」

「心配するな。基地には

 司令官専用の

 脱出ルートというものがある。」

「専用の 脱出ルートですか。」

「君は 先に行きたまえ。

 ディーヴァで 皆を救うのだ。

 ノーラの人々を。」


「わかりました。」

「ディーヴァは君たちに託す。

 ガンダムをのせて 旅立つのだ。

 あれは 人類の綱だ。」


「はい!」

ひとりのこった司令。

『専用の脱出ルートか

 ありもしないものを

 よくもすらすらと言えたもんだ。』




CM


中へすすむエミリーとディケ。

「ん?うわ〜 すげ〜。みなよ エミリー。

 連邦軍の新造戦艦 ディーヴァだ!」

「ディーヴァ?」

「本物 初めてみた。

 でかくて かっこいい!」

「慎重に 慎重にな!」

「おじいちゃ〜ん!」

「あっ!エミリー!

 どうしたんじゃ こんな所で。

 コロニーコアに避難しなかったのか?」

「いろいろあってね。

 私たちも この艦に乗せてよ!」

「こ・・こら エミリー!

 うろうろするんじゃないぞ!

 はぁ〜 やれやれ・・。」

ブリッジにやってきたミレースたち。

「ブリッジクルーはどうしたの?

 ディアン艦長は?」

「調べてみます。ん・・・。

 あ おかしいですね。

 クルーのデータがでません。」

「どういうこと?

 いいわ 緊急事態よ。

 私たちだけでも ディーヴァを

 出航させます。

 各員 準備に入って!」

コンピューターを操作するグルーデック。

「ふん。軍の情報セキュリティもこの程度か。

 悪く思うなよ。

 ディーヴァは この私がつかわせてもらう。」

ユリンをおうガンダム(とフリット)。

「はぁはぁ・・きゃあ!」

「待って 逃げないで。

 今 おりていくから。

 僕は敵じゃないよ。」

ガンダムからおりたフリット。

「大丈夫?ケガとか・・

 はっ。」

「ん・・。」

「あ そうだ 急がなきゃ。

 もう時間がないんだ。ん?

 ああ 平気だよ。

 あのガンダムは 僕が造ったんだ。」

「ガンダム?」

「そう。行こう!

 ガンダムが

 きっと僕たちをすくってくれる。」

ユリンをかかえて座るフリット。

「うっう〜ん 

 艦にまにあえばいいけど。」

 さっきはごめんなさい。

 逃げたりして。」

「えっ?あっ いいんだ 大丈夫。」

 僕の名前はフリット。君は?」

「ユリン。」

「ユリンか。ユリンは あっ

 どうして あんなところに・・。」

 うわっ!」

爆発がおき地割れにおちていくガンダム。

「UEの攻撃は まだ続いているようですね。」

「アダムス・・

 あなたは この敵の攻撃に

 違和感を感じない?」

「違和感?」

「いいえ なんでもないわ。」

『もし 敵の目的が

 このコロニーの破壊なら

 エネルギープラントを攻撃すれば

 攻撃すれば それですむはず。

 なのに なぜ・・。』


そこへ入ってきたグルーデック。

「グルーデック副司令!」

「いや 今から 私が この艦の艦長だ。」

「はっ?」

「先ほど 連邦軍総司令部

 ビッグリングから 通達がきた。

 本日付で この私が

 ディーヴァの艦長に 就任する。」

「ん・・。」

「操船クルーとパイロットの乗艦は

 すんでいるな?」

「あっ はい!」

「ディーヴァ 緊急発進!

 コロニーコアとの 接続作業に当たる。」

「待ってください!

 まだ ガンダムがつみこめていません!」

「時間がない。ガンダムには

 自力で ノーラを脱出してもらう。」

「あっ・・ん・・。

 ディーヴァ 出航準備完了。
 
 艦外で作業中のクルーに

 帰艦を命令します。

 ディーヴァ 出航準備完了・・」

「出航じゃと!?

 ガンダムは まだのっとらんぞ!」

「フリット・・。」

「・・周辺警戒を維持しつつ

 出航フェーズ1へ。」

着地したガンダム。

「大丈夫?」

うなづくユリン。

「どうやら 最下層の隔壁エリアまで

 おちてきたみたいだ。
 
 こうなったら

 自力で脱出するしかない!」

目をつぶるユリン。

「このまま まっすぐ・・。」

「つきあたりを 右へ・・。」

「わかるの?出口が。」

「うん。言うとおりにして。」

「あ わかった。

「残された時間は

 もうわずかしかないことを

 忘れるな。各員

 コロニーコアとの接続作業を開始。」

「あっ!ま 待ってください!

 進行方向にモビルスーツらしき

 反応を確認。

 ノーラを攻撃していたものと

 同型と思われます!」

「作業一時中断!

 第一戦闘配備!」

前に進むガンダム。

「な 何 これ?
 
 ダメだ。ふさがってる。」

「大丈夫 このまま。」

「えっ?」

「4・・3・・2・・1!」

爆発がおき穴があき外へでていくガンダム。

「ああ〜!

 宇宙にでた!。」

「あ!」

「うわ〜!」

いきなり目の前に敵。

「ガンダムを確認

 ノーラを無事 脱出したようです。」

「きたか。」

「UEのモビルスーツ型と

 戦闘に入ります。」

「あっ。」

「くっ!うう・・。」

「ええ〜い!

 せっかく脱出したのに

 敵とはちあわせじゃと?!

 こうしてはおれん!今こそ

 AGEシステム発動のときじゃ!」


「AGEシステム?」

戦うガンダム。

「こっちのビームがきかないんじゃ
 
 どう戦えば・・。」

「フリット きこえるか?!」

「バルガス!」

「ぶっつけ本番じゃが
 
 AGEシステムを使うぞ!」


「そうか AGEシステムなら!

 敵の解析データは?」


「データなら 最初の戦いで

 じゅうぶんにとれておる。

 すぐに 新たな武器の構築に入るぞ。」


「頼むよ バルガス。」

「おじいちゃん AGEシステムって

 いったいなんなの?」


「フリットのやつがつくり出した

 とんでもないシステムじゃ。」


「あっ・・あっ。」

「生物の進化の仕組みを応用した

 モビルスーツの

 再構築システムじゃ。

 戦闘を経験することで

 さらに強くなるための

 設計図を導き出す。」


「システムが 勝手に

 強い武器をつくってくれるの!?

 すげぇ!」


「おっ でてきたな!

 これより高速成形に入る。

 AGEビルダー 起動!」


AGEシステムが
材料を選んで自動で
武器をつくりだしました!!

「よっしゃ!完成したぞ。」

「もう できたの?!」

「そうじゃ!

 AGEビルダーは 

 素材となるインゴットから

 高速にフレームを削りだして

 組み立てることができる。」


「すごい!」

「ビーム ライフル」

「そんじょそこらの

 ビームライフルじゃないぞ。

 ビーム軌道を ドリル状に回転させ

 貫通力を増した 新兵器。

 その名も ドッズライフルじゃ!」


「うわ〜!ああ!」

「フリット!

 ガンダムの武器を射出するぞ!

 うけとれ!」

「バルガス!」

「どっせい!」

「きた!」

武器をつかむガンダム。

「これが・・ドッズライフル。
 
 このぉ〜!!」

反撃するガンダム。

敵は爆発しました。

「はぁ・・すごい。」

「やった!」

「やったぞ〜!」

「ガンダム

 敵モビルスーツ型を撃破!」

「すごい!」「やったぞ!」

「ふん。」

「ん?どうした!?」

「あらたな対象を 確認!

 モビルスーツ隊らしき移動体が

 接近中!」

「また来る・・。」

「違う・・。」

「えっ?」

「今度のは・・

 さっきのとは 違う・・。」

というユリン。

近づく敵。






AGEシステム超便利!!
AGEビルダー超お役立ち!!

敵のデータを分析して
あっというまにぴったりの武器を
つくり出すなんて
これで新米パイロットでも大丈夫!
女の子を抱っこしたままでも
敵を倒せます!

一回対戦してみないことには
つかえませんけど。

でもいくら万能ガンダムでも
敵がああ大勢じゃ
やっぱたいへんそうにみえます。

あのユリンは
そういう能力をお持ちなの?
グルーデックの目的は?

とりあえず何もできない(はずなのに)
おってくるエミリー、無謀というか
無茶というか立場をわきまえろというか。
おじいちゃんの孫という立場があっても
本当に迷惑な行為だと思う。
だけど一般人(視聴者)と同じ目線で
おじいちゃんが説明する相手としては
いいのかもしれない。

ところでラーガンはもうでないのかな?



フリット・アスノ 豊永利行
エミリー・アモンド 遠藤綾
グルーデック・エイノア 東地宏樹
ユリン・ルシェル  早見沙織
ヘンドリック・ブルーザー 沢木郁也
バルガス・ダイソン 坂東尚樹
ディケ・ガンヘイル  大畑伸太郎
ラーガン・ドレイス 波多野 渉
ミレース・アロイ  嶋村 侑
アダムス・ティネル 川原慶久

イーノ・レジン  吉開清人
ウィルト・ペット 菅沼久義
エドワード・オタワ 小田久史
オネット・ユーリー うえだ星子
ディアン・フォンロイド 喜山茂雄
兵士       宮崎寛務
兵士       山口りゅう

ナレーション   井上和彦







2011.10.16 Sunday 21:39 | comments(0) | trackbacks(24) | 
<< 仮面ライダーフォーゼ 第7話「王・様・野・郎」 | main | ジャンプ45号感想 >>









機動戦士ガンダムAGE #2
UEのコロニー外からの攻撃によって、ノーラは崩壊の危機が迫ります。そんな中、UEに立ち向かったフリットはAGEシステムを発動させるのでした。ガンダムと戦ったUEは、撤退
| 日々の記録 | 2011/10/16 9:47 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第2話
「AGEの力」 ちょっと気が向いたのでガンダムの感想を少々書こうかしら? 戦艦脱出ルートかありもしないものを、よくもすらすらと言えたものだ… ヘンドリック司令、自分の命を犠牲にしてまでの引っこ抜き作戦w 恐れ入りました!! フィリットがしつこ
| あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w | 2011/10/16 9:51 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第2話
う〜む・・・ モビルスーツにしてもスペースコロニーにしても,構想はあっても実現しているわけではないのでどうしたって嘘です。その嘘に真実みを与えるのが設定なわけです。私には外が真空の宇宙の人工物で暮らす...
| Kyan's BLOG IV | 2011/10/16 9:51 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第2話 「AGEの力」
機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray](2012/02/10)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る  グル―デック・エイノアは、地球連邦軍を裏切っていたのか? 不思議な動きをする人...
| 北十字星 | 2011/10/16 9:51 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第2話 AGEの力
『AGEの力』 内容 ノーラを襲撃したUEに開発したガンダムを使い、戦いを挑んだフリット。 UEに対して効果があることは分かったものの、ノーラへの攻撃は止まず。 ノーラが崩壊を始める。 ヘンドリック・ブルーザー司令は、コロニーコアへ住民の避難を進めると
| レベル999のgoo部屋 | 2011/10/16 10:08 PM |
機動戦士ガンダムAGE 2話
山田かわいいよ山田。 というわけで、 「機動戦士ガンダムAGE」2話 ぶっこ抜き大作戦の巻。 ユリンちゃんがかわいかったです。とっても。 物静かなのに、ちょっとした動きだけで、 ここまでかわい...
| アニメ徒然草 | 2011/10/16 10:13 PM |
「機動戦士ガンダムAGE」100年戦争2コロニー脱出作戦でAGEシステムを稼働させUEを一撃で撃退した
「機動戦士ガンダムAGE」第2話はUEとの戦いの初陣に勝利したフリットだったが、次なるUEの攻撃にコロニー崩壊の危機に直面しコロニー脱出する事になった。新戦艦ディーヴァと ...
| オールマイティにコメンテート | 2011/10/16 10:25 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第2話 「AGEの力」 感想
まさかのビックリドッキリメカな展開にビックリ! 面白かったけど、『ガンダム』としてはどうかと……。 UEの攻撃を受けて崩壊していくノーラ。 司令官ブルーザーは、住民たちの避難を急ぐ。 副司...
| ひえんきゃく | 2011/10/16 10:43 PM |
機動戦士ガンダムAGE第2話感想「AGE...
ノーラの住民を救うため、新型艦・ディーヴァの出航-----------!!UEの攻撃を受け、コロニーが維持できなくなり、緊急出動を余儀なくされてしまうクルーたち。ノーラはねじれ崩壊を...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/10/16 11:28 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第2話 感想「AGEの力」
ノーラの住民を救うため、新型艦・ディーヴァの出航-----------!! UEの攻撃を受け、コロニーが維持できなくなり、緊急出動を余儀なくされてしまうクルーたち。 ノーラはねじれ崩壊を始めている。 そこで、中心部にある農業用のエレベーターホールに人々を非難
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/10/16 11:28 PM |
第2話 AGEの力
うわあああああああああああああああ!! 録画中にコンセント抜いてしまったああ! 18:29ごろ・・あと1分で録画終了だったのに・・・・・。 やっぱBDを集める運命なのかなぁ UEの恐るべき武器コロニーデストロイヤーで多大な被害に見舞われるコロニー・ノー
| 埼玉の中心から毎日を語る | 2011/10/16 11:32 PM |
ガンダムAGE TBS(10/16)#02
第2話 AGEの力 公式サイトから  (オリジナルアニメ) UEの攻撃を受けて崩
| ぬる〜くまったりと | 2011/10/16 11:40 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第2話「AGEの力」 感想
AGEシステム稼働開始 コロニー外部からUEの攻撃を受け生存環境を保てなくなったノーラ。 住民の避難が進むコロニーの中でフリットは逃げ遅れた少女ユリンと出会うのだが…。 AGEシステムは反則性能になる可能性を秘めた危険な要素でもありますよね。
| 日刊アニログ | 2011/10/17 2:32 AM |
機動戦士ガンダムAGE 第02話 『AGEの力』
ユリンはティファ・アディールなのか。逃げ遅れているところをフリットが発見。しかしガンダムにびっくりして逃走。ビームスプレーガンで看板撃ったのを勘違いしたのかは不明です。初対面でフリットが動揺してるけど、好みだったのか知人に似ていたのかこれも不明。更
| こいさんの放送中アニメの感想 | 2011/10/17 3:23 AM |
機動戦士ガンダムAGE 第2話「AGEの力」の感想
 そこは人類がコロニーで宇宙進出を果たし、正体不明の敵・UEとの戦いを繰り広げている世界。主人公のフリットのいるコロニーノーラもUEの襲撃を受けてしまう。なんとかフリットの駆るガンダムでUEを一体撃破したものの、UEの攻撃でコロニーは崩壊をし始める。皆がコロ
| To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(新さくら日記) | 2011/10/17 5:43 AM |
「機動戦士ガンダムAGE」第2話
ドッズライフル、完成・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110160002/ 機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray] posted with amazlet at 11.10.13 バンダイビジュアル
| 日々“是”精進! ver.A | 2011/10/17 5:48 AM |
機動戦士ガンダムAGE 第2話〜これは無難に『どじょう・ガンダム』
機動戦士ガンダムAGE 第2話 はすかしながら、初回を見逃したので、今回が初見。 基本的に、アムロのガンダムが立ち上がるところをリアルタイムで見た世代なので、『1年戦争』とは異次元のガンダムには”偏見”を持っていて、『ガンダム戦記』やら『機動戦士ガン
| 世事熟視〜コソダチP | 2011/10/17 9:39 AM |
機動戦士ガンダムAGE 第02話「AGEの力」
今こそAGEシステム発動の時じゃ!
| LIV-徒然なるままに | 2011/10/17 12:38 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第2話「AGEの力」 感想
あれ、ネーデルガンダムは? UEの攻撃を受けて崩壊していくノーラ。司令官ブルーザーは、住民たちの避難を急ぐ。副司令のグルーデックは、コロニーの人々を救う脱出作戦のため、新造船艦ディーヴァを発進...
| 書き手の部屋 | 2011/10/17 1:04 PM |
TBS「機動戦士ガンダムAGE(エイジ)」第2話:AGEの力
  UEの攻撃により、スペースコロニー「ノーラ」は崩壊が決定的となり、アリンストン基地司令官のヘンドリック・ブルーザーは、全住民の避難を指示します。コロニーは回転する円筒 ...
| 伊達でございます! | 2011/10/17 9:58 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第2話 「AGEの力」
AGEシステムの肝となる武器を作り出すAGEビルダー。 ヤッターマンでそんなの見たよw ゲーム的ゆるふわ発想はオモシロイですね〜 パワーアップパーツって どこからともなく飛んできますからこんな設...
| SERA@らくblog | 2011/10/17 11:23 PM |
機動戦士ガンダムAGE#2「AGEの力」...
ノーラの人々を救え!新造戦艦ディーヴァ、発進準備!「AGEの力」あらすじは公式からです。UEの攻撃を受けて崩壊していくノーラ。司令官ブルーザーは、住民たちの避難を急ぐ。...
| おぼろ二次元日記 | 2011/10/17 11:30 PM |
機動戦士ガンダム AGE プチ感想 第2話
「AGEの力」 脚本:日野晃博 絵コンテ:山口晋 演出:古田丈司 キャラクター作画監督:松川哲也 メカニック作画監督:金世俊 ※如何にも変形しそうな母艦キタ! ※最終回みたいな道案内ニュータイプ少女キタ!! ※この物語は親子三代にわたるらしい。 エミリー
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2011/10/18 12:41 AM |
『機動戦士ガンダムAGE』第2話『AGEの力』
今週のびっくりドッキリメカ、理解(笑)。 話の筋は他の方にお願いして、今日もツッコミだらけの感想をまいりたいと思います。 そしてすいません、今回カップリング妄想入っております。不吉な予感のする方は、ここで引き返される事を推奨いたします。
| なまけもののひとりごと | 2011/10/18 9:59 PM |