<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

機動戦士ガンダムAGE(エイジ) 第3話「ゆがむコロニー」

 第3話「ゆがむコロニー」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


「このままだとノーラは

 あと6時間でねじれ崩壊を起こします!」(ミレース)

「ディーヴァはこの私が使わせてもらう。」(グルーデック)

「僕は 敵じゃないよ。」(フリット)

「どっせい!」(バルガス)

「このぉ〜!!」(フリット)

「今度のは 違う。(ユリン)

「スペースコロニーへの移民が始まって

 数百年が過ぎた宇宙時代

 地球圏の覇権をめぐる戦争は終わり

 平和な時代が到達するかに思われた。

 しかし その平和は はかなくも崩れ去った。

 突如 出現した 正体不明の敵によって

 1つのコロニーが崩壊したのだ。

 これが 100年の長きにわたる

 新たなる戦いの 幕開けとなる。」



OP


アラームがなりひびくディーヴァ艦内。

「モビルスーツらしき移動体

 なおも接近中!

 は・・速い!このままだと

 30秒後には 本艦と接触します!」

「対空砲火用意。

 撃て!」

だけどUEのモビルスーツ体は攻撃をよけ
あっというまにモニターの前に接近しますが
すぐさま退却。

「逃がすな。」

「ダメです。反応消えました。」

「くっ・・なんのつもりだ?

 ヤツらの狙いはなんなんだ?」

外で戦闘中のガンダム。

「ドッヅライフルを使わせないつもりか。

 うわあ〜〜!

 あたれば一撃なのに!」

避難する人々。

「時間の余裕はあります。

 あわてず 職員の誘導に従って

 移動してください。」

赤ちゃんの泣き声や
ぬいぐるみを抱きしめた小さい子。

「牽引用ケーブル 150番までの連結を確認。
 
 コントロール用のケーブルのほうはどうか?

 そっちが完璧じゃないと

 コアは動かないぞ。」

「ノーラの完全崩壊までの残り時間

 40分を切っています。」

ディーヴァと通信するブルーザー。

「君がディーヴァの艦長とはな。」

「総司令部の判断です。」

「うむ。それで UEの攻撃は続いているのか?」

「ガンダムが交戦中です。」

「フリットが?」

「今は 2機を撃破したフリットを信じて

 作戦を続行します。」

「ん・・。そうだな。

 やってもらうしかあるまい。

 全住人の退避に使える時間は

 もう30分もないのだからな。」

「成功する確率は

 五分と五分といったところでしょう。」

「確率など 意味がない!
 
 今はやるしかないのだ。」

「はっ・・はい。」

「みんなを頼んだぞ。」

「はっ!」

通信がきれました。

「ひきつづき 警戒を厳に。

 各班 戦闘にそなえつつ 作業を続行。」

「はい!」

ラーガン(ご無事でした!)がはいってきました。

「また 敵が二機 確認されたって?

 ディーヴァに ジェノアスは

 もう残っていないのか?」

「すぐに出せる機体は・・一機も。」

「くっ。頼りは ガンダムだけか・・。」

なおも戦闘中のガンダム。
ビームを発射しても全部かわされます。

「くっそ〜!」

「フリット。」

「当たれ!」

「フリット!」

「ユリン!みえないから!」

「焦らないで。

 フリットならわかるはず。

 どうすれば 勝てるか。」

フリットの手に自分の手をかさねるユリン。

「あっ。」

「フリットならわかる。」

そしてフリットは冷静になり
敵の動きをみきりました。

「ん・・。」

『そうか・・こいつにもパターンが』

「見えた!」

今度は攻撃が命中。

「今だ! そこぉ〜!」

敵を一機倒しました。

「はぁはぁ・・」

「ガンダム モビルスーツ型を撃破。

 フリットがやりました。」

「おお〜!」

「すごいじゃないか あいつ。」

「気を抜くな。作戦中だ。

 ノーラ崩壊まで 何分だ?」

「32分。」

「ガンダムには残りのもう一機を。

 ん?なんだ?」

「ノーラ内部に機影を確認。

 先ほどの1機です!」

「コロニーの中だと!?」

コロニーにはいってきたモビルスーツ型。

「なんてやつだ。

 崩壊するコロニーに
 
 自分から飛び込むとは・・。」

「あっ まずいぞ!

 中からコロニーコアを狙われたら。」

「ガンダムを行かせろ。」

「フリット。きこえてるわね。

 UEのモビルスーツ型が

 ノーラ内に侵入。追撃して。」

「ノーラの中だって?」

「住民の避難が終わってないの。」

「そんな・・やれるのか?もう一機・・。」

「フリット。落ち着いて。」

とはげますユリン。

「わかってるけど・・!」

手はかさねたまま。

「ガンダム ノーラ内に移動開始。

 フリット 新入した機体は

 動きが速いわ。気をつけて。」

「了解。」

「フリット。」

心配そうにモニターをみつめるエミリー。

「ガンダムに 

 もっと強い武器を送ってやろうよ!

 AGEビルダーなら 

 すぐにつくれるんでしょ?」

というティケ。

「簡単に言うな。データがなけりゃ

 どんな武器が有効なのかも

 わからんのじゃ。」

「でも・・。」

「それにな 

 武器がどんなに強力だったとしても

 それを使うのは人間。

 最後にものを言うのは

 人の知恵と勇気じゃ。」


「知恵と勇気。」

「うん。フリットを信じよう。

 あいつとガンダムなら やれるはずじゃ。」

「うん・・。」

祈るように目をとじるエミリー。

ひとりで作業をつづけるブルーザー。

「作業をフェイズ5からフェイズ6に移行。

 さて いよいよ 最後の仕上げだな。」

 ん?モビルスーツ型か。」

モビルスーツ型は基地を攻撃。

「うわっ!」

「アリンストン基地との通信途絶。
 
 攻撃を受けているもようです!」

「コアじゃなく 基地を狙っただと!?」

「ヤツら まさか コアの切り離しは

 基地でしか出来ない事を知っていて・・。」

「そんな ばかな!」

「ブルーザー司令は?」

「あっ。」

「消息不明です。」

顔をしかめるグルーデック。

基地を狙うモビルスーツ型を
攻撃するガンダム。

「これ以上好きにやらせるか!」

しかし当たらない。

「くっ・・はやい!」

「ノーラの完全崩壊まであと20分。」

「基地の様子は まだわからんのか?」

「依然 確認できません。」

「ノーラ全住人の コロニーコア内への

 避難を確認しました。

 ディーヴァとコアの接続進行度

 現時点で 82%!」

「くっ!」

椅子の肘かけを強くたたくグルーデック。

「あっ。」

「接続が完了しても

 コロニー本体との 切り離しができねば

 脱出ができん。」

そこへ通信がはいりました。

「指揮直通ライン。」

映像はうつらず司令の声のみ。

「グルーデックくん・・私だ・・。」

「ブルーザー司令!」

「基地は 壊滅した。

 だが・・諦めることはない。

 まだ 打つ手はある。

 作業は 続行だ。

 ん・・異星人どもに

 我々の意地を

 思い知らせてやろうじゃないか!」


ブルーザーは負傷し血を流していました。


CM


モビルスーツ型をおいかけるガンダム。

「動きが速すぎて

 あっ。くっ どこへいった?」
 
 くっ。今度はどこに?」

「フリット。上。」

「えっ?」

そのとおりモビルスーツ型がいました。

「大丈夫。しばらくはこないから。」

「ユリン・・君は?」

ユリンをみつめるフリット。

「ここです。旧建設管理センター。

 本来なら コロニー完成時に

 閉鎖されたはずですが

 まだ 残っていたなんて。」

「あっ。

 司令 ここならば コアの切り離しができると?」

「ああ・・いざというときのために

 動かせるようにしておいたのが

 役に立った。

 だが ここがなくなれば

 今度こそ 手はなくなる。

 うっ!」

「ブルーザー司令!」

「うっ・・大丈夫だ

 あぁ・・もう着いた・・。はぁ・・。
 
 モビルスーツ型の方は 頼んだぞ。」

「了解しました。

 ガンダムは?フリットはどうなっている?」

「ノーラの外 84ブロック付近で交戦中。」

「敵にこちらの動きを悟られるな。

 引きつけておいてくれればいい。」

「ノーラ完全崩壊まで あと11分。」

「あと少しだ。

 頼んだぞ ガンダム。」

苦しそうな表情で歩くブルーザー司令。

「あれから 7年か。

 フリット・・。」

回想。

ブルーザー司令のもとにやってきた
幼いフリット。

「フリット・アスノだな?」

「はい。」

「フリット。お前を引き取るのは

 あわれだと思ったからではない。

 モビルスーツ鍛冶としての アスノ家

 その能力に 私は興味をもったのだ。

 よいか。父と母のぶんまで

 おまえは生きねばならん。

 生きて アスノ家の血を

 引き継いでみせろ。」


「うん。」

その後・・。

「救世主だと?」

「はい。僕のつくるガンダムは

 人類の平和をおびやかす

 悪と戦う戦士なんです。

 だから 人類を守る 

 救世主なんです!」


「ハハハ・・モビルスーツが救世主か。

 おまえは おもしろいことを言うな。」


フリットの肩に手をおくブルーザー司令。

「ガンダムか。期待しているぞ

 フリット。」


「はい!」

笑顔のフリット。

回想おわり。

「フリット。

 お前が生かされたことには

 意味があるのだ・・。」


ユリンの指示どおり攻撃するフリット。

「次 左下。」

「当たった!」

「次がくる。」

「フリット!」

「うん 右だね。」

「いける!」

モビルスーツ型とおっかけっこのように
なるガンダム。

苦しそうに作業をつづけるブルーザー司令。

「ふっ!おっ うお〜〜!」

コアの切り離しがはじまりました。

「第1メインシャフト

 続いて第2メインシャフトからの

 切り離しを確認。」

「完全崩壊まで あと8分。」

「コントロールケーブルの 接続をチェック!」

「コロニーコア・プラズマ推進機関

 高密度点火準備!」

「全シャフトの切り離しを確認。」

「よし。コア・プラズマ推進機関

 高密度点火!

 続いて ディーヴァ

 曳航速度で 前進。

 コアを 姿勢制御する!

「コアが引き抜かれる!

 まにあったんだ!」

「フリット!」

モビルスーツ型がそちらを狙いにいきました。

「あっ!まずい!

 やめろ〜〜!あっ!

 くっ ライフルがあと1発しか・・。」

「フリット!」

「くっ。」

コアの前に両手を広げてたつガンダム。

「これ以上は 行かせない!

 コロニーのみんなには

 もう 絶対に 手を出させない!」


するとモビルスーツ型がいきなり撤退。

「えっ?退却した。どうして・・。

 あっ。ノーラが・・。」

「ノーラ完全崩壊まで 3分を切りました!」

「ぎりぎり まにあったか。」

そのとき破片がぶつかって
動きがとまりました。

「きゃあ〜!」

「うっ!」

「なんだ!?」

「コロニー内で障害発生。

 切り離されたシャフトのひとつが

 コアに刺さって 進行を妨害しています。」

「振りきれんのか!?」

「だめです。
 
 無理をすれば 姿勢制御不能に陥ります。」

「ここまで来て・・。」
 
「コアが・・。」

「フリット。」

「様子がおかしい。何かあったんだ!」

「ノーラ完全崩壊まで 

 あと120秒を切りました。」

「くっ・・。」

「何 これ?」

「ん?どうした?」

「コロニー内に まだ 移動する
 
 熱源体が!」

「なんだと!?」

ブルーザー司令が小型の船に
乗っていました!

「うっ・・

 フリット。きこえるか?

 フリット・アスノ。」


「あっ!ブルーザーさん!」

「よくやった。作戦は成功だ。

 やはり お前が造り上げた
 
 ガンダムは たいしたものだ。」


「ブルーザーさん どこです?!

 今 救出に!」


「いや お前は

 ただちに ディーヴァに戻れ。

 崩壊に巻き込まれることはない。」


「そんな・・見捨てていくなんて

 できません!」


「私一人より より多くの人を

 救うことを優先しろ!」


「はっ・・。」

「力を手に入れたからには

 お前には 責任がある。」


「力。」

「ガンダムだ。

 人類を守る 救世主の力だ。」


「ブルーザーさん。」

「救世主になれ フリット。

 ガンダムと 共に・・。」


幼いフリットの姿を思い浮かべながら
障害物へ突っ込んでいく
ブルーザー司令。

「ブルーザーさ〜〜〜〜ん!!!!」

「障害の除去を確認!」

「ディーヴァ 最大戦速!」

ディーヴァが前進しその後
コロニーは崩壊し爆発・・。

それをみている住人たち。
涙を流す女の子。

バルガスに肩を抱かれたエミリーやティケ。
エミリーも涙。

そしてフリットも泣いていました。

「連邦軍司令部との連絡がとれました。

 コロニーコア救助の艦隊は

 約10時間後に到着予定です。」

「よし。艦内に残った

 民間人の移動を 急がせろ。

 我々は 別の任務に向かわねばならん。」

「2時間後 ディーヴァは

 ファーデーンに向かいます。

 本艦は 作戦行動中のため

 正規乗組員以外の方は

 速やかに コロニーコアへ移動してください。」

ユリンと別れるフリット。

「君を 助けることができて よかった。

「あっ。」

「えっ。」

髪を結んでいたリボンをはずして
フリットにわたすユリン。

「ふふっ。」

「あっ。」

「また会える?」

「えっ。」

「ふふっ。」

「えっ。」

そこへエミリーたちがやってきました。

「フリットー!」

そのままいってしまうユリン。

「ユリン!」

「誰だい?あの子。」

「あっ・・はぁ・・。」

リボンをみつめるフリット。

そのころ、冷凍睡眠みたいな装置から
めざめる男。

「匂うな。」

匂いをくんくんと嗅いでみます。

「戦いの匂いか。」


ED


今日はもうブルーザー司令が
かっこよくて・・。
もともと、コロニーコア引き離しのために
残ってそのままのつもりだったみたいだけど
傷をおいながらも最後の最後まで
司令としての仕事を全う。

かわいいフリットとガンダムの活躍を
最後に目にすることが出来たのが
唯一の救いか。
このあとさらにガンダムが救世主となる世も
見届けてほしかった。

にしてもグルーデックの狙いは
あいかわらず謎。

不思議少女エリンもそんな簡単に
別れちゃっていいの?
ガンダムの今回の勝利には
欠かせないサポートだったと思うけど。
ピンクのリボンといい
私がフリットなら恋してしまいそうですが
将来の奥さんはエミリーなのよね。

で、あの目覚めた男がウルフ?
ガンダムのパイロット志望か。



フリット・アスノ 豊永利行
エミリー・アモンド 遠藤綾
グルーデック・エイノア 東地宏樹
ユリン・ルシェル  早見沙織
ウルフ・エニアクル 小野大輔

ヘンドリック・ブルーザー 沢木郁也
バルガス・ダイソン 坂東尚樹
ディケ・ガンヘイル  大畑伸太郎
ラーガン・ドレイス 波多野 渉
ミレース・アロイ  嶋村 侑
アダムス・ティネル 川原慶久

イーノ・レジン  吉開清人
ウィルト・ペット 菅沼久義
エドワード・オタワ 小田久史
オネット・ユーリー うえだ星子



ナレーション   井上和彦







2011.10.23 Sunday 22:30 | comments(0) | trackbacks(15) | 
<< おしらせ | main | ジャンプ46号感想 >>









機動戦士ガンダムAGE 第3話 「ゆがむコロニー」
故郷を失い、旅立ちまでのお話。 自己犠牲やら、先人から託される思いなんてテーマぽいのもありますが。 『ふつー』.  すごくテンプレな基本通りな始まりの話ですね。 それが3話までの ジャッジメント...
| SERA@らくblog | 2011/10/23 10:59 PM |
機動戦士ガンダムAGE 3話
今、旅立ちの時。 というわけで、 「機動戦士ガンダムAGE」3話 沈む故郷の巻。 山田ユリンちゃん、今回も盤石のかわいさ。 ああ、彼女に手を重ねてもらう幸せよ。 正直、フリット君がうらやましく...
| アニメ徒然草 | 2011/10/23 11:26 PM |
第3話 ゆがむコロニー
このデザインでやればいいのに・・・・。 グルーデック『成功する確立は五分と五分と言ったところでしょう。』 ブルーザー『確率など意味は無い!』 住民の避難が急がれる中、新手のUEが攻めてきた。真っ先に狙われるディーヴァのブリッジ。フリーダムが
| 埼玉の中心から毎日を語る | 2011/10/23 11:35 PM |
ガンダムAGE TBS(10/23)#03
第3話 ゆがむコロニー 公式サイトから ノ−ラの崩壊のタイムリミットが迫る。逃げ
| ぬる〜くまったりと | 2011/10/23 11:52 PM |
機動戦士ガンダムAGE #3
コロニー崩壊の危機が迫る中、ブルーザー司令官ががんばります。AGEシステムによって生み出された武器でUEを撃墜したものの、新たな敵がガンダムに迫ります。今度の敵は、
| 日々の記録 | 2011/10/24 12:12 AM |
機動戦士ガンダムAGE 第3話「ゆがむコロニー」 感想
「救世主になれ、フリット。ガンダムと、共に……」 パオロ艦長かと思ったらリュウさんでした。 ノ−ラの崩壊のタイムリミットが迫る。逃げ遅れた少女をガンダムに乗せ、宇宙に出たフリットだったが、そこで...
| 書き手の部屋 | 2011/10/24 12:32 AM |
機動戦士ガンダムAGE 第3話「ゆがむコロニー」 感想
救世主になれフリット、ガンダムと共に… ノーラの崩壊が迫る中で新手のUEのモビルスーツ型と交戦に入るフリット。 今までより素早い動きをする敵に苦戦するフリットだがユリンのサポートもあり善戦。 コロニーコアの切り離しに成功し上手く脱出することが出来たか
| 日刊アニログ | 2011/10/24 1:21 AM |
「機動戦士ガンダムAGE」第3話
救世主の、力・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110230002/ 機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray] バンダイビジュアル 2012-02-10 売り上げランキング : 274
| 日々“是”精進! ver.A | 2011/10/24 5:25 AM |
機動戦士ガンダムAGE 第3話〜『ギルティクラウン』に負けてる?
機動戦士ガンダムAGE 第3話「ゆがむコロニー」 UEの速い動きについていけないフリットに「フリットなら分かるはず」と声をかけた少女ユリンは、操縦かんにかけたフリットの手に自分の手を重ねる。 なにかが精神に作用したのか、フリットはUEの攻撃を見切るよ
| 世事熟視〜コソダチP | 2011/10/24 1:50 PM |
機動戦士ガンダムAGE#3「ゆがむコロニ...
ノーラ爆発までもう時間が無い!未来はフリット、ガンダムの手に。「ゆがむコロニー」あらすじは公式からです。ノ−ラの崩壊のタイムリミットが迫る。逃げ遅れた少女をガンダムに乗...
| おぼろ二次元日記 | 2011/10/24 5:25 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第3話
「ゆがむコロニー」 救世主になれフリット、ガンダムと共に… フィリットに全てを託したブルーザー司令  宙に散る… 最後の最後まで必死で生き延びていた司令だけど  最後には自分の身を犠牲にしての最後 なんという強い精神力なんでしょう… ガン
| あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w | 2011/10/24 6:44 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第02話「AGEの力」
――また、会える?
| LIV-徒然なるままに | 2011/10/24 7:48 PM |
『機動戦士ガンダムAGE』第3話『ゆがむコロニー』
ガンダムのお約束の一つとも言える、コロニー崩壊回。 ……ですが、感想は今日も脇道に逸れまくってます。ゆがんでるのは多分私の嗜好なので、刹那に「その歪みを破壊する!」と介入されそうです。
| なまけもののひとりごと | 2011/10/24 9:15 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第03話 『ゆがむコロニー』
さて問題の第三話。・日野晃博Twitter「3話があつかった。」・日野晃博が語るガンダム最新作「とにかく話が大きく動く3話まで見てほしい。それでも批判するのであれば受け入れる」物凄いハードル上げでいろんな意味で盛り上がったガンダムAGEも一区切りとなる回です。
| こいさんの放送中アニメの感想 | 2011/10/25 12:38 PM |
(アニメ感想) 機動戦士ガンダムAGE 第3話 「ゆがむコロニー」
機動戦士ガンダムAGE 第1巻 [DVD](2012/02/24)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る ノ-ラ崩壊のタイムリミットが迫る。逃げ遅れた少女をガンダムに乗せ、宇宙に出たフリットだったが、そこで新たな黒い敵の...
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2011/10/27 1:14 PM |