<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

謎解きはディナーのあとで 第8話「殺意のパーティーにようこそ!!」

第8話「殺意のパーティーにようこそ!!」



 影山(櫻井翔)は宝生麗子(北川景子)を
テレビ局まで送る。この日、テレビ局では
麗子の先輩で歌舞伎役者、染田松五郎(福士誠治)が
主演することになった刑事ドラマの
制作発表パーティーが催されるのだ。
 会場には麗子の友人、森雛子(早織)、
桐生院綾華(岩佐真悠子)、宮本夏希(森カンナ)、
木崎麻衣(平愛梨)も来ていた。華やかなモデルの
永瀬千秋(入山法子)や芸能関係者が集っている。
なぜか風祭京一郎(椎名桔平)の姿も…。
さらに、影山まで会場にいる。
 麗子は友人たちと一緒に、松五郎の姉であり
マネジャーの瑞穂(笛木優子)に挨拶。
そして松五郎の付き人、西山珠樹(浅利陽介)に
声をかけられる。麗子の高校時代の同級生だった
西山は雛子が松五郎をまだ好きなのかと聞く。
実は、高校時代に西山から雛子への想いを
聞かされた麗子は、彼女はタマちゃんが
好きだと答えていたのだ。タマちゃんとは
松五郎の屋号「玉乃屋」からきた松五郎の愛称。
また、その頃、麗子は雛子に託された
タマちゃんへのラブレターを松五郎に渡せずにいた。
 話を終え、麗子が西山と会場に戻ろうとすると
大きな衝撃音と悲鳴が聞こえる。スタジオで
瑞穂がセットの下敷きになっていた。
事故として片付けられそうになるが、
麗子は影山に助けを求め、事件は解決する。
 だが、その夜のディナーで影山は、
「今回の事件の発端は、他でもない
お嬢様にあるのですよ」 と、麗子に突きつけた。



学生時代の先輩で歌舞伎役者の
染田松五郎 通称タマちゃんが
ドラマにでることになって
そのパーティーに
出席するためにテレビ局へ。

影山はタマちゃんファン。
タマちゃんが屋号の玉乃屋から。

「染田 松五郎といえば名門 玉乃屋の名跡。

 それをタマちゃんとお呼びになるとは

 なかなか粋でございますね。」

「まあ でも みんな 本人の前では

 普通に松五郎先輩って呼んでたけどね。

 うちの学校は付属だから

 大学まで ずっとタマちゃんと一緒だったんだけど

 タマちゃんはとにかくモテたわけ。

 高1のとき友達から預かったラブレターを

 タマちゃんに渡したことがあって

 それで私は知り合いになったの。」

 『気持ちだけ頂いておくよ』

「そういえば あのときは

 結局 受け取ってもらえなくて。

 そんなこと友達に言えないし

 手紙を捨てるわけにもいかないし

 ホント困ったのよね。

 で 大学に入ってから

 タマちゃんと同じゼミになって

 仲良くなったの。」

影山におくってもらう麗子は
車からおりて転んだけど
それはなかったことに・・。

元同級生の美女がいっぱい。

『中学時代からの友人宮本 夏希。

 代々 医者の家系でさばさばした性格の姉御肌』

『天然キャラの 森 雛子。お父さまは商社マン。

 高校1年の秋に海外の学校から編入してきて

 今でもみんなに敬語を使っている。

 私たちの中で一番 控えめな性格の 木崎 麻衣。

 お父さまは日本画の巨匠 木崎 観山

 お母さまは書道家 木崎 万葉という

 芸術一家の一人娘。』

この3人は仲良しのようですが

『桐生院 綾華。歴史ある桐生院財閥の令嬢で

 いつも私と張り合ってきたあしきライバル。』

綾華と赤いドレスに胸に赤い宝石という
格好までかぶってました。

「そういえば私 いいこと聞いちゃった。

 タマちゃん結婚するんですって。」

「詳しくは分からないんだけど

 年上で同じ業界の人らしいわよ。

 この会場にいるんじゃないかしら。」

それをきいてショックをうけたらしい麻衣が
急に帰るといいだしました。

そこにタマちゃんがきてみんなに挨拶。
タマちゃんのお姉さんも瑞穂さんとも。

さらにドラマに協力するとかで風祭まで
いたうえに当然、影山もいました!

タマちゃんにおめでとうをいいたかかったから
宝生グループの力をつかって
チケットを手にいれたらしい。

その後、高校時代の同級生 西山に
声をかけられる麗子。
麗子は西山のことをおぼえていませんでしたが
一度だけしゃべったことがあるらしい。

「雛子さんは そのすっ すっ すっ

 好きな人とかいるんでしょうか。」

「ああ この間 タマちゃん宛てのラブレター

 渡されたけど。」

「松五郎先輩ですか。」

今もまだ雛子はタマちゃんが好きなのか
ときく西山。
今日も雛子はタマちゃんがかっこいいと
いっていたから好きなんじゃないと
答える麗子。
西山は9年たった今でも雛子が好きだそうで
タマちゃんの付き人をやっているとか。

そのとき、瑞穂がセットの下敷きになるという
事故がおきました。
瑞穂は救急車で運ばれることに。
ふりかえったら知らない女
赤いドレスに胸に赤い宝石をつけた女。

さっそく捜査をしようとのりだす風祭。
風祭はショウレイをみつけますが
麗子だとは気づいていない。

事情聴取をおえ
ティータイムを楽しむ影山の
ところにいく麗子。
影山は麗子の高校の卒アルを
みていました。

麗子はタマちゃんのお姉さんが襲われた
と事件のことを話します。

影山はテレビ局の見学をしていたそうで
夕日にほえろのシーンを思いだし
なりきっていたらしい。

赤いドレスで胸に宝石をつけた女が
集められました。

麗子の同級生のほかには永瀬千秋。

犯人は瑞穂の知らない女性なので
千秋だときめつける風祭。

だけど千秋はタマちゃんの婚約者なので
違うというタマちゃん。
雛子はちょっとショック?

そのころ、影山はヒルミテ!!の
タマちゃんの高校卒業式後の
映像をみていました。

風祭は今度は事故だといいだし
タマちゃんは役作りのために
演技をしてくれたと勝手に勘違い。

「まさか警部 最初から事故と分かっていながら

 僕の役作りのために捜査をしてくれたんですか?

 どこまで器のでかい男なんだ。」

タマちゃんも残念な人らしい・・・。

話をきいた影山は犯人が
わかったようですが
そのためには麗子に
もう一度みんなのまえで
あれを披露していただきたいといいました。

あれとは・・また盛大にすっころぶこと。

そのときライトを照らす影山!

雛子の胸の緑の宝石が赤にかわっていました。

「騙してごめん。雛子。」

「赤 何で? 緑だったのに。」

「アレキサンドライト。

 光によって色が変わる宝石。

 雛子 あなたがやったの?」


泣きだす雛子。

雛子は風祭につれていかれました。

自宅に戻った麗子たち。

雛子がなぜあんなことをしたのか
わからないという麗子に
自分で気づいた方がいいという影山。

瑞穂は知らない女性が犯人だと言っていたから
雛子をかばったのかというと
それは違うという影山。

「2人は今日も パーティー会場で挨拶をしていたのよ。

 それは私も見ておりました。」

「じゃ 知り合いじゃない。あなた何を見ていたのよ。」

「お嬢様 

 言葉を返すようで恐縮ですが 
 
 お嬢さまの方こそ 

 どこに目ん玉 

 お付けになって

 らっしゃるのでございますか?」 


結局、影山におしえてもらうことになり
今夜は謎ときをディナーの前に。

「この世の中 挨拶を交わした2人が

 必ず知り合いであるとは限りません。」

雛子と挨拶をかわしたものの
瑞穂は知り合いではなく
初対面の影山の名前まで
知っていた瑞穂は西山の協力があってこそ。

そして雛子を犯人と特定できたのは
あのドラマセットにつかう夕日。

「アレキサンドライトは 太陽光や

 蛍光灯の明かりの下では緑。

 暖色系の明かりを受けると赤に変化いたします。

 会場内は蛍光灯。

 雛子さまの宝石は緑でした。

 しかし あの夕日を受けたとき

 確か 雛子さまの石は赤だったのではないかと

 記憶していたのでございます。」

確信はなかったけど風祭警部の言葉が
決め手になりました。

雛子の誕生日が6月ということがわかり
6月の誕生石の1つは
アレキサンドライト。
それで雛子がアレキサンドライトを持っていると
思ったらしい。

風祭は今回もミラクル。

「赤いドレスで知らない女で 赤い宝石。

 確かに これで雛子が犯人だと特定できるわね。

 でも動機は?何で雛子は瑞穂さんを襲ったのよ。」

「お嬢さま アレキサンドライトの石言葉を
 
 ご存じでございますか?

 『秘めた思い』でございます。

 雛子さまは ある人物への恋心を

 その胸に しまいこんできた。

 それが 今回の事件の引き金となったのでございます。」

「雛子が好きだった相手って

 もしかしてタマちゃんのこと?」

「はい 雛子さまは思い続けてきたタマちゃんが

 結婚することを知り犯行に至ったのでございます。」

「じゃ まさか 瑞穂さんを
 
 タマちゃんのフィアンセだと勘違いして

 狙ったとか?」

「そのとおりでございます。」

「それはない。だって瑞穂さん言ってたもん。」

『今日は弟のために ありがとう』

「知り合いじゃなくてもあの言葉で

 瑞穂さんがタマちゃんのお姉さんだって

 雛子にも分かったはずよ。

 タマちゃんのフィアンセだと勘違いするわけないわ。」

「さて お嬢さま ここが考えどころでございます。

 タマちゃんとは 

 本当に 染田 松五郎先輩の

 ことなのでございましょうか。」

玉乃屋のタマちゃんというのは
同級生なら誰でも知っているけど
雛子にとってタマちゃんとは 先輩とは違う別人。

松五郎先輩の屋号を知り 
彼のことをタマちゃんと呼ぶようになったのは春。
雛子が転校してきたのは秋。

「でも私たちの話を聞いていれば

 気付いたんじゃない?」

「果たして そうでしょうか。

 染田 松五郎先輩 イコール タマちゃんだと

 気付くためには玉乃屋という屋号を

 知らなければなりません。

 偶然 気付くことはまず ないでしょう。」

「そんな中もしも身近によりタマちゃんと呼ぶに

 ふさわしい人物がいたとするならば

 雛子さまが その人物をタマちゃんだと

 勘違いした可能性もじゅうぶん考えられます。」

「例えば 名前にタマという文字が含まれる人物は

 いらっしゃいませんでしたでしょうか。」

麗子はおぼえていないけど
西山が西山珠樹。

雛子はタマちゃんを西山のことだと
勘違いしていたらしい。

タマちゃんのことが好きだった雛子。

「雛子さまは松五郎先輩ではなく

 同じクラスの西山 珠樹さまのことが

 好きだったのです。

 そう考えれば 全ての

 辻褄が合うのでございます。」

麗子さんに頼まれたラブレターは
西山宛てだったのに
麗子は松五郎先輩に渡してしまった。
その後雛子は返答をもらえず
西山に振られたのだと思ったはず。

「そして事態は新たな局面を迎えます。」

「木崎 麻衣さまがタマちゃんと付き合い始めたのです。」

「ちょっと待ってそんなの聞いたことないわよ。」

「お嬢さまが知らなかっただけでございましょう。

卒業式のVTRをみていた影山が
卒業祝いに大切な人からもらったという
のれんをみていました。

「彼女から もらったと目されるこの楽屋のれんは

 私が見るかぎり 木崎 麻衣さまのご両親

 日本画家の巨匠 木崎 観山と

 書道家 木崎 万葉の作品に間違いございません。」

「染田 松五郎の彼女とは木崎 麻衣さまでございます。」

雛子は麻衣がタマちゃん
つまり西山と付き合い始めたのだと勘違い。

「自分を振っておきながら友達を選んだ。

 その事実を知り雛子さまは

 大きなショックを受けたことでございましょう。」

「大学生になってからも 雛子さまは

 ずっと1人心を痛めておられました。

 しかし 相手が親友の麻衣さまなら仕方ないと

 自分に言い聞かせてきた。

 しかし 今日。

 タマちゃんが別の誰かと結婚することを知ります。

 さらに ここでも雛子さまの勘違いは続きます。

 大好きなタマちゃん つまり 西山 珠樹さまは

 年上で同じ業界の人と結婚する。

 西山さまと談笑する瑞穂さまが

 その相手だと映ったとしてもおかしくはございません。

 そして 長年 親友のために抑え込んできた気持ちが

 一気に あふれ出し。

 それは新 たな恋敵への憎しみへと

 変わったのでございます。」

瑞穂をおそった雛子。

「その後 雛子さまは ようやく

 自分の勘違いに気付かれます。

 でも すでに遅かったのです。」

「たった1つの勘違いと 

 9年分の純粋な恋心が起こしてしまった悲劇。

 これが今回の事件の真相でございます。」

「でも やっぱり それってあなたの想像よね。」

「雛子が本当に西山君のことを

 好きだったかどうかなんて分からないじゃない。」

「ならば お嬢さま。

 雛子さまの本心を確かめる方法がございます。」

「お嬢さまは まだお持ちなのではありませんか?

 証拠の品を。」

雛子からあずかったラブレターを
まだもっていました。

「やはり 捨てられずに

 持っていらしたのでございますね。
 
 雛子さまから預かったラブレターを。」

「雛子 ごめん。」

『西山 珠樹くんへ

 急に こんな手紙を書いちゃってごめんなさい。

 迷惑ですよね。』

『それから西山くんの事をずっと見ちゃいます。

 勉強も そうじもとにかく一生懸命な姿を

 見ているうちに好きになっちゃいました。

 西山くんからのメールを待っています。

          森 雛子』


「雛子さまは 自分の思いを ずっと

  その胸にしまいこんできたのでございましょう。

 9年間 一度も開けられることのなかった

 そのラブレターのように。」

「私 バカだ。」

泣きだす麗子。

「雛子の気持ちに気付いていたら

 こんなことにならなかったのに。」

「それは しかたのないことでございましょう。

 友達とは勘違いや 擦れ違いから

 時に互いを傷つけてしまうものでございます。

 しかしながら その傷を

 癒やしてあげられるのも
 
 また友達だということをお忘れなきよう。

 かけ違えたボタンは

 最初から直せばいいだけです。

 そして 間違えを直すのに

 遅いということはございません。」


「影山 車。」

「どちらへ?」

「ちゃんと届けなくっちゃ 西山君に。」

「かしこまりました。」




今回は殺人ではなく
あの程度だったから
まだ雛子もそこまで重い罪には
とわれないかな。

ずっとタマちゃんのことを違う人物として
認識してたのはともかく
雛子の好きな人が誰なのか
友達もまったく気づかず
9年間ずっと雛子も西山も
互いに片想いしつづけていたとは・・。

西山も付き人になるくらいの
行動力があるなら
9年間ずっとそのままにせず
雛子の気持ちをたしかめればよかったのに。
雛子がその間に他の人を好きになってしまうこと
だってじゅうぶんあるあず。

麗子、友達とはいってても
そこまで深い友達ではないようにみえたので
そこまで感動もなかったかな・・。


影山  櫻井翔 
宝生麗子  北川景子 
 
風祭京一郎 椎名桔平 


アレキサンドライトは光の加減で
色がはっきりかわるのほど
いい石で高価・・とマンガで学習しました。








2011.12.06 Tuesday 22:57 | comments(0) | trackbacks(13) | 
<< 勇者ヨシヒコと魔王の城 第10話 | main | ギルティクラウン 第8話「夏日:courtship behavior」 >>









謎解きはディナーのあとで Story8
金曜日に松本さんの舞台を観に行って、圧倒的な存在感にブッたまげました。「ああ&hellip;翔さんにはオファーないだろうな、こういう役は」と、納得し切り。&hellip;人には向き、不向きがあります。向いている方向に才能を伸ばせばよいのです。で、影山&hel
| ブルー・カフェ | 2011/12/06 11:08 PM |
謎解きはディナーのあとで 第8話
『殺意のパーティーにようこそ!!』 内容 麗子(北川景子)は、学生時代の先輩で歌舞伎役者、染田松五郎(福士誠治)が ドラマで主演をすることになり、その制作発表パーティーに友人達と招かれる。 会場のパシフィックテレビに到着すると、すでに森雛子(早織) 桐生
| レベル999のgoo部屋 | 2011/12/06 11:10 PM |
ドラマ「謎解きはディナーのあとで」第8話
第八話「殺意のパーティーにようこそ」     
| またり、すばるくん。 | 2011/12/06 11:19 PM |
ドラマ「謎解きはディナーのあとで」 第8話 殺意のパーティーにようこそ!!(殺意のパーティーにようこそ)
フジテレビ系ドラマ「謎解きはディナーのあとで」オリジナルサウンドトラック(2011/11/30)菅野祐悟商品詳細を見る お嬢様のほうこそ、どこに目ン玉をお付けになっていらっしゃるのでございますか? 影山...
| 午後に嵐。 | 2011/12/06 11:27 PM |
ドラマ「謎解きはディナーのあとで」 第8話 感想「殺意のパーティーにようこそ!!」
9年越しの勘違い--------------。 あ、今回の事件、この一言で謎解きが終わってしまったようですよ、お嬢様(^^;) あまりに直球すぎて、捻りもなく、で、勘違いにしては出来すぎな事件。 で、事件といえるのかって感じもしちゃったわ。 すべての原因はお
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/12/07 12:09 AM |
ドラマ「謎解きはディナーのあとで」第8話...
9年越しの勘違い--------------。あ、今回の事件、この一言で謎解きが終わってしまったようですよ、お嬢様(^^;)あまりに直球すぎて、捻りもなく、で、勘違いにしては出来すぎな事件...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/12/07 12:09 AM |
謎解きはディナーのあとで #08
『殺意のパーティーにようこそ!!』
| ぐ〜たらにっき | 2011/12/07 2:46 AM |
謎解きはディナーのあとで 第8話
ああ,勘違い。 されど,勘違い。 人の思い込みというのはかくも恐ろしい。 手紙には,なかんずく人に託すときには,ちゃんと宛名を書きましょう。 これが最大の教訓であろうな。 「太陽にほえろ!」をかなり詳...
| Kyan's BLOG IV | 2011/12/07 6:40 AM |
謎解きはディナーのあとで 第8話の感想
フジテレビ系で放送された「謎解きはディナーのあとで」第8話の感想など。公式サイトからあらすじを引用します。〜〜〜影山(櫻井翔)は宝生麗子(北川景子)をテレビ局まで送る。この日、テレビ局では麗子の先輩で歌舞伎役者、染田松五郎(福士誠治)が主演することに
| オタクと呼ばないで | 2011/12/07 6:40 AM |
謎解きはディナーのあとで (第8話 12/06) 感想
10/18からフジで始まったドラマ『謎解きはディナーのあとで』(公式)の第8話『殺意のパーティにようこそ』の感想。尚、東川篤哉氏の原作は未読。 見事な影山ワンマンショーだった! 見事なまでの...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2011/12/07 8:22 AM |
謎解きはディナーのあとで 第8話
影山(桜井翔)は、麗子(北川景子)をテレビ局まで車で送る。 この日、テレビ局では麗子の先輩で歌舞伎役者の染田松五郎(福士誠治)が 主演することになった刑事ドラマの制作発表パーティーが催される。 会場には麗子の友人・森雛子(早織)、桐生院綾華(岩佐真悠
| ぷち丸くんの日常日記 | 2011/12/07 4:16 PM |
『謎解きはディナーのあとで』 第8話 「殺意のパーティにようこそ」
 今週の謎解きは、勘違い・思い込みのオンパレードで(あとは光によって色が変わる宝石か)、推理については言及すべきことはほとんどありません。  犯人やその周囲の人間模様も深くなく、個人的に印象に残ったのは、麗子(北川景子)と影山(櫻井翔)のやりとりぐら
| 英の放電日記 | 2011/12/07 9:06 PM |
【謎解きはディナーのあとで】第8話感想と視...
「殺意のパーティーにようこそ!!」第8話の視聴率は、前回の15.1%より少し上がって、15.4%でした。今回は、謎解きはディナーの後ではなくて、ディナーはお預けて、すぐに謎解きでした...
| ショコラの日記帳 | 2011/12/08 10:29 PM |