<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

謎解きはディナーのあとで 第10話(最終話)「聖夜に死者からの伝言をどうぞ…お嬢様、私の謎が解けますか?」

第10話(最終話)「聖夜に死者からの伝言をどうぞ…
お嬢様、私の謎が解けますか?」



 ミステリー作家たちが集まる天道静子(高橋ひとみ)の家で、
ついに起きてしまった2つ目の殺人事件。
現場に佇んでいたのは、血染めのナイフを手にした
影山(櫻井翔)だった。発見した宝生麗子(北川景子)は、
影山を問いたださずにはいられない。なぜなら、
影山こそ、最初に殺害された剣持留美(上原美佐)の時から、
事件の背後に見え隠れしていた男だったのだ。そして、
今回の宮地沙織(三浦理恵子)殺害に関しては、
殺害直後と思われるタイミングで凶器を持ち現場にいた……。
問い詰める麗子に対し、ここでも影山は厳しい言葉で
犯行を否定する。  こんなシリアスな状況下においてまで
暴言を吐く影山に思わず「クビ!」と「逮捕!」を連発する麗子。
そこへ現れた風祭京一郎警部(椎名桔平)は、千載一遇の
チャンスと影山を殺人容疑で逮捕、警察署に連行してしまう。
 連行された影山は、風祭の厳しい取り調べを受ける。
「明日のクリスマスイブまでになんとしても真実を吐かせる!」
と意気込む風祭の尋問にも、頑なに口をつぐむ影山は、
ついに留置場に入れられてしまう。
 留置場の水でティータイムを楽しむ影山のもとに、
高価なコートを着た大柄な男(高橋英樹)が近づいて来る。
謎の男にいつにない敬意の表情を見せる影山。
男は麗子の父、清太郎だった。そして清太郎は
真剣な表情で影山に「実は…麗子には秘密がある」と、
ある重大な隠し事を伝えたのだった……。


「影山 あなたが犯人だったの?」

と疑う麗子に

「お嬢さま。
 
 私 執事という仕事をしておりまして

 これほどまでに

 むなしい思いをしたことはございません。

 失礼ながら お嬢さま。

 お嬢さまはどアホでございますか?」


といつものように毒舌をはく影山。
頭に血がのぼった麗子は影山をクビにして
逮捕してやるといい
宮地殺害の犯人扱い。

「では その証拠は?」

「その手に持っている

 血に染まったナイフが一番の証拠よ。」

「これはキッチンに置いてあった物を

 私がとっさに持っただけでございます。

 よくご覧いただければナイフの刃には

 血が付いていないのがお分かりになるかと。」

「なら その包帯の血はどう説明するのよ。

 私は自分の推理のどこが間違っていたのかを

 確認するため 再び天道家に

 お邪魔させていただいたのでございますが

 そこで宮地 沙織さんを発見したのです。

 そして生死を確かめる際に包帯に血が。

 そこに何者かが忍び寄ってきました故

 とっさにその場にあったナイフを。

 こうして私が血に染まった右手で

 ナイフを握っているという状況が

 生まれたわけでございます。」

「そんな言い訳は通用しないわ。

 ナイフの血を拭き取れば済むことじゃない。」

「では お嬢さまこれは どうでしょう。

 現場の状況から見て 宮地 沙織さんは

 ビールを楽しんでいたところを

 殺害されたものと推測されます。
 
 しかし どうでしょうこのピルスナーグラスには

 泡が1つも残っておりません。

 これではせっかくのビールの風味が

 台無しでございますよ。」

「何が言いたいのよ。」

「つまり宮地 沙織さんが殺害されてから

 ビールの泡が全て なくなるくらいの

 時間がたっていることは明白でございます。」

「すなわち 犯行時刻は最低でも 

 10分以上は前ということでございましょう。

 さて そのとき私はどこにおりましたか?」

「リムジンの前で私を見送っていたわね。」

「はい これ すなわち お嬢さまは

 私のアリバイの証人ということでございますよね。」

「バカにしないでよ 影山。

 そんなの 炭酸が抜けたビールを

 用意しておけばいいだけのことじゃない。

 あなたならそのくらいの準備を

 していても おかしくはないわ。

 それに影山 あなた

 昨日の夜この家に侵入していたみたいね。」

「目撃情報があるのよ。

 昨日剣持 留美が殺害された直後

 あなたが この家の中を

 のぞいて何かを捜していたって。

 あなた 今日 言ってたわよね。

 この家の付近で落とし物をしたって。

 あれは 剣持 留美を殺害した際逃げる途中に

  何か証拠となる物を落としてしまって

 慌ててたんじゃないの?

 それに その包帯よ。

 あなたは 剣持 留美を殺害する際ケガをした。

 だから けさ 気まずそうにその手を私から隠した。

 ごまかさないでちゃんと説明しなさい。」

「申し訳ございません お嬢さま。

 私 お嬢さまに1つだけ隠し事をしておりました。

 しかし。

 こうなっては やはり 正直に

 お話しするしかないようでございますね。

 包み隠さず 全てを打ち明けます。」

「実は昨夜 天道家の隣の球場で 

 野球の真剣勝負をしたのでございます。

 相手は近所のケーキ屋 ノエルのご主人。

 以前 お店に伺った際『こう見えても

 俺は有名なスラッガーだったんだぜ』

 などとおっしゃるものですから

 長年 野球をたしなんできた私といたしましても

 ベースボールプレーヤーとしての

 闘争心を抑えることができず

 ついに昨夜 1打席のみの決戦を。」

そして結果は負けでそのとき悔しくて
地面をたたいたときに怪我・・。

「この悔しさを一生 忘れないためにと

 私は敗戦の記念ボールを捜しました。」

探し物と目撃情報は それ。

しかしそこへはいってきた風祭警部に
ホウ・ショウレイの情報ほしさに
殺人容疑で逮捕されてしまい
留置場へ。

取調室のカツ丼は

誰もが人生で一度は経験してみたい

スペシャルディナー


だけど影山は黙秘。
そこへ麗子の父がたずねてきました。
影山が釈放されるよう手をまわしてくれた
そうですが、そのときに麗子についての
重大な秘密をみみうちする麗子父。

出所した影山が麗子のクリスマスディナーを
もってあらわれました。

風祭とミステリー作家で
ダイイングメッセージについて考えたものの

ばつが1つでバツイチ

と、またとんでも推理で終了。

そのころ影山はケーキ屋の御主人と
キャッチボールをし、ボールももらってもらい
敗戦の呪縛から解放されていたとのこと。

そして影山の謎ときは
クリスマスディナーのあとに。

今回 起きた 2つの殺人事件は同一犯による
犯行ではなく最初の事件は宮地 沙織が
文学賞や恋人を奪われた恨みから
剣持 留美を殺害したもの。

最初の殺人事件の犯人は結局宮地 沙織で
犯人は合っていますがそこに至る推理が
間違っていたという影山。

黒インクで書かれたXを
母親の 天道 静子先生をかばうために
娘の里美さんがカムフラージュとして書いたのだろうと
推理したけど、本当は あのXを書いたのは
佐藤 武雄。

彼が そのようなことをしたある理由に
気付けなかったことが推理を間違った原因で
さらに2階に投げ込まれたトロフィーについても
推理を誤っていたとのこと。

あれは母親をかばうために
娘の里美さんがやったことだと推理したけど
本当は 里美さんが佐藤 武雄をかばうために
やったこと。

「朝方 里美さんは 剣持 留美さんの

 遺体を見つけます。

 そして 同じく ある理由から

 彼女は その犯人が

 佐藤 武雄だと思ってしまった。

 そこで 佐藤 武雄を容疑者から外すために

 トロフィーを2階に

 投げ入れたのでございます。」

犯人は2階までトロフィーを投げる能力を持っている人物、
つまり 投げられない人物は容疑者ではなくなる。
佐藤 武雄はピッチャーだったけど
肩を壊し、野球はやめたと言っていました。
肩を壊したからってトロフィーくらい投げられるはず。
でも、小学校から音大付属でピアノ一筋スポーツに疎い
13歳の少女には、肩を壊したという言葉の意味を
正しく理解できず、里美さんは肩を壊した 佐藤 武雄が
重いトロフィーを投げることなんてできないと思い
けなげな少女は必死に考え2階にトロフィーを
投げ込めば佐藤 武雄を容疑者から外すことができると
思い付いた・・。

ところが、佐藤 武雄は トロフィーを投げることが
できると分かり、そのときショックで
里美さんは倒れてしまった。

2つ目の殺人について、注目すべきは
Xという文字自体ではなく
Xという文字がケーキのクリームによって
書かれていたという点。

宮地 沙織の手には血が付着していて
その血でダイイングメッセージを書けばいいまで。
わざわざクリームを使う必要などなかったはず。
この場合、あのXは 宮地 沙織ではなく
他の何者かが意図的にケーキのクリームを使って
書いたとみる方が賢明。
ケーキのクリームを使ったことによって
これを書いた人物は 重大な証拠を残してしまい
それは 書き順。

Xの書き順は左上から右下が先。
このXは右上から左下の線が先に書かれていて
このダイイングメッセージを偽装した人間は
Xとは違う書き順でこれを書いたことになり
おそらく書いた人間にとってこれはXではなく
ばつだったのではないか。
これをXではなくばつだと思ったのは誰か。

『そういえばあの ばつ印の意味って

 何だか分かったんですか?』

ときいていた里美さん。

里美さんは体力 精神力 動機 全てにおいて
今回の殺人事件に最も縁遠い人物。
仮に彼女が犯人であるならばあんな小細工は必要なく
偽のダイイングメッセージなんかを書くことで
誰かをかばおうとしたのではないか。

Xと書かれたことによって 警察は 宮地 沙織と
剣持 留美さんを殺害したのは同一犯であると考え、
それこそが里美さんの狙い。

犯人は、第一の殺人ではアリバイがあった 佐藤 武雄。

もう1人重要な容疑者が残っていると
天道 静子のことをいう麗子。

「最初に倒れちゃったから 捜査線上から

 消えていたけど よく考えたら怪しいわ。

 動機だっていくらでも考えられる。

 例えば仕事場にこもって 

 プレッシャーと闘う日々の中で

 彼女は いつか

 後輩の作家たちに追い抜かれるのでは

 ないかと恐怖を感じていた。

 だから 急成長しているミステリー作家たちに

 殺意を抱いたのよ。」

「そう 招待状を送って作家たちを集めたのは

 天道 静子だったってこと。

 そして 彼女は 剣持 留美さんと

 宮地 沙織を次々に殺害した。

 そう考えれば 里美さんが

 犯人をかばったのも納得がいくわ。

 だって 天道 静子は実の母親なんですもの。

 やっぱり天道 静子が犯人だったのよ。」

だけど影山は感心するところかあきれ顔。

「この3カ月間。

 私が心を鬼にして 毒を吐き続けてきたのは

 まったくの無駄だったということでございますね。

 失礼ながら お嬢さま。

 お嬢さまの目はやはり節穴でございましたか。

 お嬢さまの推理力は やはり

 ずぶの素人以下でございましたか。

 そこまでレベルが低いというのであれば

 私 本気で「ウケる〜」でございます。」


「何? 何なの?もはや毒舌というより

 単なる悪口? 言葉の暴力?

 あり得ない 執事である前に人として あり得ない。

 オニよ オニ。」

そそいて、直接、天道 静子先生に話をききにいくことに。

「佐藤 武雄は宮地 沙織をなぜ殺害したのか。

 そして なぜ 里美さんは佐藤 武雄をかばったのか。

 今回の連続殺人が起きた要因は

 全て 天道家が隠し続けてきた

 秘密にあるのでございます。」

「おそらく 天道 静子先生は 10年ほど前に

 亡くなっているものかと。」

10年ほど前から天道先生の作風が
がらりと変わったのは
違う人間が書いていたからで
それができたのは佐藤 武雄だけ。

「彼は 長年 編集者として天道先生と共に

 作品を作り続けてきた経験を生かして

 天道 静子を名乗り自らの作品を出版していた。

 そして 彼女がいないという事実を

 1人で必死に隠してきた。

 どうしても 天道 静子の作品を

 売り続けなければならない理由が

 そこにあったからでございます。」

「私も信じられませんでした。

 天道 静子先生は存在しない。

 その事実に気付けなかったことが

 今回 推理を間違える原因と

 なってしまったのでございます。

 この事件は 剣持 留美さんを殺害しようと企てた

 宮地 沙織が天道先生の名をかたって

 ミステリー作家を 天道家に

 集めたことから始まりました。

 佐藤 武雄は驚いたはずです。

 何しろ 天道 静子先生は

 この世に存在しないのですから。

 誰が何の目的でこんなことをしたのか。

 彼は やって来た5人に注意を払っていたはずです。

 そのため 誰よりも早く

 剣持 留美さんの遺体を発見した。

 驚いた 佐藤 武雄は

 慌てて通報しようとしたことでしょう。

 しかし 警察の捜査が始まれば

 天道 静子先生がいないという事実も

 公となってしまう。

 そこで 彼はあるアイデアを思い付きます。

 留美さんの遺体を天道 静子先生に変装させ

 リビングに置いたのです。

 こうすれば 天道先生が実在すると

 印象づけることができ 

 同時に面会謝絶の状態をつくることが

 できるからです。

 つまり あのとき 倒れていたのは

 天道 静子先生ではなく殺された

 剣持 留美さんだったというわけでございます。」

影山がそれに気づいたのは足。
倒れていた人物は素足のままで
体調を崩していた天道先生が
そのような軽装で離れからやって来たことに
違和感を抱き、もしかしたら
天道 静子先生は存在しないのかもしれないという
仮説が浮かんだそう。
あの黒いインクで書かれたXも
天道先生がいないという秘密を
佐藤 武雄が守ろうとしたため。

きっかけは変装に使った
天道先生のトレードマーク黒いマニキュア。

「剣持 留美さんの遺体を元の場所に戻せば

 佐藤 武雄の計画は成功するはずでした。

 しかし 留美さんの爪に塗った

 黒いマニキュアが

 完全に落ちなかったのでございましょう。

 このまま遺体が発見され

 黒いマニキュアをしていたことが分かれば

 留美さんの遺体を使って

 天道先生がいるように見せ掛けていたことが

 バレてしまうかもしれない。

 そこで 佐藤 武雄はインクをこぼし

  爪に塗りマニキュアの汚れを隠したのでございます。

 しかし それだけでは不自然に見えるため

 Xというダイイングメッセージを書いた。

 こうすれば 留美さんがメッセージを書くために

 インクで手を汚したのだと

 思わせることができるからです。」

麗子と風祭があったに天道 静子は
天道先生に変装した別人。

「宮地 沙織は佐藤 武雄が

 剣持 留美さんの変装を解いているところを目撃し

 天道先生が存在しないという事実に

 気付いたのでございましょう。

 そして 佐藤 武雄に近付いてきた。」

「2人は互いの秘密を守るために共謀した。

 そして 宮地 沙織は

 天道 静子先生に成り済まし

 自分のアリバイを立証したのでございます。」

「しかし ここで 宮地 沙織は欲を出してしまった。」

秘密をばらすとおどし
印税を半分よこせと要求した
宮地を佐藤が殺害。

そこへ佐藤があらわれ
影山をおそい、
麗子が刺されそうになったときに
かばってさされる風祭。

「警部 私のために。」

「何。 聖なる夜

 僕の命を君にプレゼントしたまでさ。

 君の腕の中で死ねるなんて

 これ以上の終わりはない。

 最高のクリスマスイブだ。

 ショウレイさん グンナイツ。」

だけど風祭が死ぬわけない。

ナイフが刺さっていたのは
ポケットの中のボール。

「何と この敗戦球がよもや 人の命まで救うとは。

 そして 何より このお方
 
 球形のボールでナイフの切っ先を受け止めるとは。

 恐るべきミラクル。

 これぞ まさしく聖夜の奇跡でございます。」

風祭はいびきをかいて寝たまま。

「佐藤さん これは私の勝手な想像ですが

 あなたが記したあのXという文字。

 あれは 野球のXゲームのことではございませんか?」

Xゲームとはコールドや 9回の表でゲームが終わること。

「すなわちあのXの意味はゲームセット。

 10年に及ぶ偽りの日々を

 終わりにしたいという思いが

 名投手だった あなたに 

 あのとき無意識のうちに

  Xという文字を書かせたのではありませんか?

 あなたはデビュー当時から

 天道 静子先生と苦楽を共にされてきました。

 そして 最後に託されたのですね?

 天道先生から娘の里美さんのことを。

 そして 天道先生の死を隠し

 里美さんを育てながら 執筆活動を続けてきた。

 それは 天道先生の前のご主人が

 残した借金を返し 天道家を維持するため。

 つまり 全ては 里美さんの

 ためだったのではないですか?

 ですが 佐藤さん。 里美さんは。

 母親の 天道 静子先生が

 もう存在しないという事実を 

 知ってらっしゃいます。」

「まだ気付かれないのですか?

 天道先生が亡くなっていることを

 知っている里美さんは

 あのとき あなたが

 天道先生を運んでいる姿を見て驚きました。

 あれは いったい 誰だったのかと。

 そして 朝方 剣持 留美さんの

 遺体を発見したとき気付いた。
 
 さっきの天道先生はこの遺体だったのだと。

 そこで彼女はあなたが留美さんを殺害したと

 勘違いしたのです。

 だからこそトロフィーを2階に投げ込み

 あなたを容疑者から外そうとした。

 さらに宮地 沙織さんの殺害現場でも

 あなたを容疑者から外そうと

 ケーキでダイイングメッセージを書いた。

 あれらは全てあなたをかばうために

 里美さんが 必死にやっていたことだったのですよ。」

「里美さんが? 何で そこまで。」

「それはあなたが実の父親だからです。

 おそらく 里美さんは天道 静子先生と

 佐藤 武雄さんの間にできた子供でございましょう。」

「それは君の勝手な想像だろ。」

「いいえ 私だけの想像ではございません。

 里美さんも あなたのことを

 父親だと考えてらっしゃいます。

 失礼ながら佐藤さん

 今日 クリスマスイブは

 あなたの誕生日なのではありませんか?」

「なぜ それを。」

「あのとき あなたが

  里美さんから受け取ったケーキには

 パンダのマジパンが載っていました。

 私は ノエルのご主人にたまたま お聞きしたんです。

 クリスマスケーキに載っているのは サンタ。

 パンダが載っているのは バースデーケーキだと。

 つまり あれはクリスマスケーキではなく

 あなたへのバースデーケーキだったのです。」

「そんな。

 でも だからといって

 あの子が私のことを父親だと思っていたとは。」

「いいえ。里美さんは ノエルで

 毎年 クリスマス前にケーキを買うとき

 こう言っていたそうです。」

『お父さんの誕生日ケーキなんです』

「あなたには家庭があり

 里美さんを娘だと言うことはできなかった。

 そして 里美さんも 

 あなたをお父さんと呼ぶことができなかった。

 それでも彼女は お小遣いをためて

 年に一度だけ あなたの誕生日に

 バースデーケーキを買っていた。

 言葉にすることは許されない。

 感謝の思いを あのバースデーケーキに

 込めて贈っていたのです。

 そして だからこそ彼女は

 ダイイングメッセージにケーキのクリームを使った。

 里美さんは殺害現場に入ったとき

 佐藤さんをかばうためにダイイングメッセージを

 書こうとしました。

 そのとき 彼女は 2つのノエルのケーキ箱があることに

 気付きます。

 このまま2つのケーキを見られれば

 クリスマスケーキだと偽っていた物が

 誕生日ケーキだったことに

 気付かれてしまうかもしれない。

 あなたを父親だと思っていた

 自分の本心が分かってしまうかもしれない。

 そこで 彼女はクリスマスケーキを床に落とし

 メッセージを書いた。

 こうすることで自分の本心を隠すと同時に

 父親を守ることができると考えたからです。

 父親は母親がいないことを必死に隠し

 その父親を懸命に娘は守ろうとしていた。

 それが今回の事件の 

 全ての真相でございましょう。」

里美さんが母がいないことに気づいたのは6年前。
小さい頃、執筆で忙しい母と手紙のやりとりを
していた里美さん。

「6年前のクリスマスイブ

 「今日はサンタさんが来るね」って

 お母さんに手紙を出したんです。

 その返事にはいつもの優しい字で

 こう書いてありました。

 『そうだね。サンタさんは

 ゆめの国からやってくるんだよ』って。

 でも 私 唯一 覚えているお母さんとの思い出で

 3歳のときに こう言われたことを覚えていたんです。

 『サンタさんはねフィンランドに住んでるのよ』

 それでいつも見ていた あの優しい字は
 
 お母さんの字じゃなかったんだって気付いたんです。」

その後 佐藤さんの手帳をこっそり見て
字できづいたのだそう。

「すみません ずっと黙ってて。」

「いいえ 私 思っていたんです。

 もしお母さんが生きていたとしても

 執筆で忙しくて 今と そんなに

 変わらなかったんじゃないかって。

 だから ずっと私の面倒を見てくれていた

 佐藤さんには本当に感謝しています。」

「里美さん それは違いますよ。」

「里美さんが二十歳になったときに

 お渡ししようと思っていた物があるんです。

 亡くなる前に天道先生が残したメッセージです。

 これを今日お渡ししておきます。」

亡くなる前にビデオで残された
母からのメッセージ。

「里美 二十歳の誕生日おめでとう」

「きっと奇麗になってるんでしょうね」

「ママも見たかったわ」

「里美 いつも独りぼっちにさせてごめんね」

「愛してる 愛してる」


「ありがとうございます。

 最高のクリスマスプレゼントです。」

「日本一の女流ミステリー作家

 天道 静子先生らしい深い思いの詰まった

 ダイイングメッセージでございますね。」

風祭は寝たまま。
佐藤さんは自首。


「結局 里美さんは 佐藤さんに聞かなかったわね。

 本当のお父さんなのかどうか。」

「もう 言葉など必要なかったのでございましょう。

 家族 恋人 友人 仲間。

 人と人との結び付きは 全て一緒でございます。

 目に見えない何かでつながっている。

 それが 最も強い絆だということを

 お忘れなきよう。」

影山の今夜の約束は
ノエルのケーキ売りの手伝い。

一打席対決に敗れた場合クリスマスケーキの販売を
手伝うとノエルのご主人と賭けをしていたそうで
それを麗子も手伝いました。

サンタコス、かわいい。

「さあ 急ぐわよ 影山。」

「この後 ご用でも?」

「何 言ってるのよ。

 早く帰って寝ないと

 サンタさんが来ちゃうでしょ。」


麗子の秘密ってこれか。


「はっ 靴下 用意するの忘れた。おっきいやつ。」

「失礼ながら お嬢さま。

 お嬢さまは 本当に

 すてきな女性でございますね。」



父をかばうためとはいえ
殺された死体のそばで
ダイイングメッセージを偽装
してしまったあと
あの母のメッセージをうけて
最高のクリスマスプレゼントだと
喜ばれても、どうもクリスマスの奇跡
だと素直に感動できなかった・・。

世間に死を隠し続けるのはできても
同居してる実の娘に隠し通すのも
かなり無理やり・・。
まあそのへんはトリックもふくめて
毎回そうですけど。

結局すべての事件を影山が
解決していたけど
影山がいないときは
どうしてたんだろう、この警察。
風祭はたしかに強運に恵まれた
ミラクルな人だから
なんとかなっていたのかな。

麗子お嬢様にはいつまでも
サンタさんを信じていていただきたいです。




影山  櫻井翔 
宝生麗子  北川景子 
 
風祭京一郎 椎名桔平 







2011.12.20 Tuesday 23:35 | comments(0) | trackbacks(13) | 
<< 勇者ヨシヒコと魔王の城 第12話(最終話) | main | ギルティクラウン 第10話「縮退:retraction」 >>









ドラマ「謎解きはディナーのあとで」 第10(最終)話 聖夜に死者からの伝言をどうぞ…お嬢様、私の謎が解けますか?(聖夜に死者からの伝言をどうぞ)
フジテレビ系ドラマ「謎解きはディナーのあとで」オリジナルサウンドトラック(2011/11/30)菅野祐悟商品詳細を見る 失礼ながらお嬢様は、ドアホウでございますか? ミステリー作家たちが集まる天道静子の家...
| 午後に嵐。 | 2011/12/21 12:37 AM |
ドラマ「謎解きはディナーのあとで」第10話...
影山、あなたが犯人だったの-----!!?最後の事件の犯人はまさか影山!?いきなりミステリー調になった前回のラスト。どんな形でこの事件の決着がつくのか、終わりよければ・・・に...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/12/21 1:55 AM |
ドラマ「謎解きはディナーのあとで」 第10話(最終回) 感想「聖夜に死者からの伝言をどうぞ」
影山、あなたが犯人だったの-----!!? 最後の事件の犯人はまさか影山!? いきなりミステリー調になった前回のラスト。 どんな形でこの事件の決着がつくのか、終わりよければ・・・になるのか、少々不安から入りましたけど、さて、どうなるのか。 影山にこ
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/12/21 1:55 AM |
謎解きはディナーのあとで #10 最終回
『聖夜に死者からの伝言をどうぞ…お嬢様、私の謎が解けますか?』
| ぐ〜たらにっき | 2011/12/21 2:43 AM |
謎解きはディナーのあとで 最終話
前回からの続き物。 なによりも大切なものを守るための殺人と,その守られるべきものの隠蔽工作。 哀しくも良いお話でございました。 しかし,当方がとくに感じ入ったのは,ストーリーではなくて死ぬ間際に娘に映...
| Kyan's BLOG IV | 2011/12/21 7:26 AM |
謎解きはディナーのあとで (第10話・最終回 12/20) 感想
10/18からフジで始まったドラマ『謎解きはディナーのあとで』(公式)の最終回『聖夜に死者からの伝言をどうぞ…お嬢様、私の謎が解けますか?』の感想。尚、東川篤哉氏の原作は未読。 今回も最初に断...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2011/12/21 8:58 AM |
謎解きはディナーのあとで (第10話・最終回 12/20) 感想
10/18からフジで始まったドラマ『謎解きはディナーのあとで』(公式)の最終回『聖夜に死者からの伝言をどうぞ…お嬢様、私の謎が解けますか?』の感想。尚、東川篤哉氏の原作は未読。 良かったのは、嵐の主題歌「迷宮ラブソング」だけ? ★記事の続き(詳細)は、下
| ディレクターの目線blog@Seesaa | 2011/12/21 8:58 AM |
謎解きはディナーのあとで 最終回(第10話)の感想
フジテレビ系で放送された「謎解きはディナーのあとで」最終回(第10話)の感想など。公式サイトからあらすじを引用します。〜〜〜ミステリー作家たちが集まる天道静子の家で、ついに起きてしまった2つ目の殺人事件。現場に佇んでいたのは、血染めのナイフを手にした影
| オタクと呼ばないで | 2011/12/21 10:20 AM |
「謎解きはディナーのあとで」第10話(最終回)★お嬢様はサンタを信じてる!?
謎解きはディナーのあとで〜第10話 櫻井君主演のジャニーズドラマに満足できていないので、前向きな感想じゃありません。 −◆− 「あれぇ、影山。昨日に続き、またやっちゃった??」と強気の麗子。 影山「お嬢様の目はやはり節穴。推理力は”ずぶの素人”・・・
| 世事熟視〜コソダチP | 2011/12/21 3:07 PM |
謎解きはディナーのあとで 最終回
ミステリー作家が集まる静子(高橋ひとみ)の家で2つ目の事件が起き、麗子 (北川景子)は現場で血染めのナイフを手にした影山(桜井翔)を発見する。 麗子は影山を殺人の現行犯として問い詰めるが、影山は厳しい言葉で犯行を 否定する。 そこへ風祭警部(椎名桔平
| ぷち丸くんの日常日記 | 2011/12/21 3:37 PM |
謎解きはディナーのあとで 最終回
正直いうと、いったんリタイアしてたのですが、なにげなく見たリピート放送が、えらく楽しく感じられ、そのまま見続けてしまったクチ (^^*)ゞ 軽いノリで見られるのがヨイですよね。基本的にコメディで、流血度も低く、徹底的にコミック風に凝ったツクリ。 毎回
| のほほん便り | 2011/12/21 5:00 PM |
謎解きはディナーのあとで Story10
いよいよ最終回。「謎解きはディナーのあとで」、でございます。【殺人容疑者】お嬢様から殺人容疑を掛けられたところから始まります&hellip;。「あなたは何者なの?一体何が目的なの?」「お嬢様&hellip;ワタクシ執事をしていてこれほど虚しい思いをしたことは
| ブルー・カフェ | 2011/12/21 8:33 PM |
『謎解きはディナーのあとで』 最終話 「聖夜に死者からの伝言をどうぞ」
 影山(櫻井翔)が天道家と何の縁もなかった点で先週の予想は大外れでしたが、あとはまずまず的中していたように思います。  ちょっと、仕事で一杯一杯なので、簡単にまとめたいと思うのですが、元来、要約するのが苦手なので、まとまりのない長文になってしまうかも
| 英の放電日記 | 2011/12/22 7:17 PM |