<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダーフォーゼ 第20話「超・絶・磁・力」

第20話「超・絶・磁・力」



「これが 前回の

 仮面ライダーフォーゼ」


「マグネット NとS・・

 これだけはよせ!」

「打倒 仮面ライダー!そそるぜ。」

「もう限界だ!こんな部

 俺のほうから出てってやる!」

『ガキのケンカそのものだ。めまいがするぜ』

「やめろ!如月!実験もせず

 いきなり使うのは危険だ!」

「絶対 成功させてみせる!

 お前と仲直りするためにも。」

「携帯 とんでったー!」

「朔田なんか 信じるからだ。

 君は・・大バカだ!」


メテオとドラゴン・ゾディアーツ。

「なぜ 分離しなかったんだ?」

「お前の正体をみてやる!オラァッ!」

「あっ メテオ!」

「エレキ

 エレキ・オン」


加勢するフォーゼ。

「おりゃあ!」

「オラァ!」

「フォーゼ 同時攻撃だ。

 お前のリミットブレイクに

 俺があわせてやる。」

「おう!」

「メテオ オン レディ?

 メテオ リミットブレイク」


「うー ハーッ。」

「ハーッ」

「ライダー100億ボルトシュート!」

「ああっ・・これはまた

 こえ甲斐のあるハードルだ。」

「わあっ!」

ドラゴン、姿を消しました。
そしてメテオも立ち去ります。

「おい。」

「弦ちゃん 大丈夫?」

「あっ 賢吾・・俺 無我夢中で

 賢吾がつくったマグフォンで

 挽回しなきゃって・・。」

「朔田が作ったマグフォンだろ。

 俺の話はひとつもきいちゃくれない。

 君には・・心底 愛想が尽きた。」


弦太朗、ショック。

「何もかもが裏目に出やがる。

 最悪のコンビだな あいつら。」

とつぶやく流星。

「たのむ。また 力を貸してくれ。」

「断る。俺はもう 陸上部の人間だ。」

「賢・・。」

賢吾をひきとめられない弦太朗。

「あのドラゴンに 俺一人で勝てるか。」

とつぶやく流星。
 
「宇宙・・

 無限のコズミックエナジーを

 秘めた神秘の世界

 若者たちは アストロスイッチで

 その扉を開き 未来を創る

 Space on your hand!

 その手で 宇宙をつかめ!」



OP


警察の訪問をうける校長。

「しつこいですねえ 刑事さん。」

「だって 非常識でしょう。

 こんな怪物騒ぎが 何度も起こるのに

 すべての行事が平常どおりなんて。」

「我が校の基本方針ですから。」

「とはいえ 警察としても

 立ち入り捜査をしないわけには。」

「お断りする。」

そこへ理事長が入ってきました。

「理事長。」

目が赤くなり、刑事をあやつる理事長。

「立ち入り捜査は何度もしたじゃないか

 そうだよね?」

「はい。何度もしました。」

「物的証拠は 何も見つからなかった。

 そうだね?」

「はい 何もみつかりませんでした。」

「他をあたってはどうかな?」

うなづいて出ていく刑事たち。

「お手数かけました。」

「いかにここが 私の学園都市でも

 もみ消しの限度があるよ。

 急ぎたまえ リブラ。」

「今度の若者はあたりです。

 ご期待下さい。」

「私の十二使徒

 その勢揃いの日が待ち遠しい。」


仮面ライダー部。

「はい!部を 二つのチームにわけました。

 『ここほれワンワン隊』。

 『おねがい賢吾くん隊』。

 マグフォン捜索のチームが

 私と 弦太朗 友子 JK。

 賢吾くんを説得しにいくチームが

 ユウキ 隼 流星くん。」

それぞれ似顔絵イラストとキャッチフレーズ。

「クイーン 部長」「熱血 友情男」

「霊感 ゴス子」「情報屋」

「保健室の王」「宇宙オタク」

「キラリ ニヤリ」「見習い」

このイラストのグッズの発売はいつですか。


「ねえ・・ 弦ちゃん ホントに

 こっちのチームでいいの?」

「マグフォン見つけなきゃ

 賢吾にあう資格がねえ。」

陸上部の練習。
鉄球を投げる留美。

「ハッ!」

「キャーッ!今の見た?」

「そういえば ドラゴンも
 
 鉄球を出してきたな。」

『何か 如月が勝つためのヒントが欲しい。

 いや それ以前に

 如月は なぜ

 NSマグフォンをつかえなかったんだ?』

「何やってるんだ 俺は。

 陸上部にきても

 考えるのは 如月のことばかり・・。」


迷彩服をきて出動するマグフォン捜索の
ここほれワンワン隊。。

「ん〜〜。」

「寒い・・。」

「・・寒いです。」

「気合いをいれろーー!」

と二人に叫ぶ美羽様。

「はい!」

「スクリュー・オン」

フォーゼになって水中を捜す弦太朗。

「マグフォン マグフォン

 賢吾のマグフォン・・。」

「どう?弦太朗 見つかった?」

「だめだ。湖の中にはねえ。」

「方角的には この付近で

 間違いないと思うんだけど。」

「こういうとき 賢吾がいりゃあなあ。」

陸上部で一休み中の賢吾。

「はい!」

と手をさしだすユウキ。

「如月のマネならもうしない。」

「うわあ あっちゃ〜!」

『お前が握手しても

 意味ないだろ』と思う流星。

そこへやってきた留美。

「賢吾くん!また記録伸びた。

 お友達?」

「いや 別に。

 よその部のやつらだ。」


「賢吾くん・・!」

賢吾の前に両手をひろげて
たちはだかる留美。

「渡さないんだからね!」

「えっ?」

「賢吾くんは 私のベストアドバイザーなの。

 私がうまくなるのに 必要な人なのよ。」

「でも 賢吾くんのアドバイスを

 宇宙で一番必要としてる友達が

 他にいるの!」


「えっ?」

「わかってるでしょ 賢吾くんも。」

「如月は 俺の忠告を無視した。

 何度も何度も止めたのに

 俺の気持ちも知らないで・・。」


その言葉に二郎と自分の過去を思い出す流星。

「バカ野郎。

 俺の気も知らないで!」


「あんな奴 

 もうどうなってもいい。」


「おまえなんか 

 もうどうなってもいい。」


と言っていた自分とかさなり
思わず飛び出す流星。

「りゅ・・流星くん!?」

「俺は力がほしいんだ 流星!」

「友達の俺が 

 これほどたのんでもか?」


「友達?・・くだらない。

 俺に必要なのはスイッチだ!」


「うわっ!」


賢吾から手をはなして、後ろをむく流星。

「ダメだよ 歌星くん。

 どうなってもいいなんて。

 その一言だけ 言っちゃいけない。

 その言葉は 絶対に 君を不幸にする。」


「朔田・・。」

流星の気迫に息をのむみんな。

そこへドラゴン・ゾディアーツがあらわれました。

「そこのジャージは違うとわかった。

 どっちがメテオだ?」

「逃げろ!」

陸上部の人もみな逃げだしました。

「ん〜 そっちかなあ。」

「メテオ レディ?」

「変身!」

「どこへ逃げる?

 うわっ!

 現れたな 仮面ライダーメテオ。

 そそるぜ!」

「勝手にそそってろ。

 うー ホワ!ホワチャ!」

「弦ちゃん 呼ばなきゃ!」

「よせ!如月はもういい!」

意地っぱりの賢吾に黙っていられない隼。

「まったく!お前と弦太朗は

 なんで いっつもそうなんだ!?

 離れたっきり

 近づこうともしないで!」

「違う!俺だって

 もともと あいつのために・・!」

「そうか そういうことか。

 おまえたちは早く逃げろ!」

と叫ぶメテオ。

「逃げるよ!」

と賢吾の手をひっぱる留美。

「ウー ホワッ!」

「ジュピター レディ

 OK!ジュピター」


「うー・・ ホワチャ!」

「んっ!?

 自分も逃げやがった!

 食えない奴だな メテオ。」

逃げたユウキたち。

「メテオが 助けてくれた。」

「もう行こう。

 選抜会が始まる。」

「おい 歌星!」

「あっ そうだ。ゲンちゃんに・・。

 弦ちゃん どうしよう〜?」

「そうか 賢吾のやつ 俺を呼ぶのを

 そんなに嫌がったか・・。」

湖を前にしゃがみこむフォーゼ。

「今にも 泣き出しそうなかんじっすね。」

「たぶん もう 泣いてる。」

「弦太朗 あなた 

 もういても しかたないわね。

 戦力外通告よ。」


「なんだと!?」

「マグフォンは 私たちだけで さがしてみせる。」

「いやいや 無理でしょう。」

「俺は どうすれば・・。」

「ユウキたちのチームにでも

 いくのね。」


と笑顔をみせる美羽たち。

変身をとく弦太朗も笑顔。

「ありがとな みんな。

 うおーっ!」

『賢吾・・賢吾・・賢吾・・・!』


どれだけ賢吾のこと好きなのかと

思った、このシーン。


「とは言ったものの・・。」

「寒い!!!」

「どうやってさがしましょう!」

「大丈夫。こんなときのための・・

 白蛇の抜け殻だから。」

「きゃー!」

「なんで なんで持ってんの そんなの!」

蛇の抜け殻をふりまわす友子。

「あっ!感じた・・。」

記録会を見守る賢吾のところに
やってきた流星。

「なんだ?朔田。

 もう お前に用はない。」

「単刀直入にいいます。

 如月君にあやまってください。」

「俺が?俺が悪者か。」

賢吾に磁石をなげてよこす流星。

「磁石・・。」

「君たちはマグネットだよ。

 ほらこうすると・・。

 同じ力だと反発する。

 さっき あいつのためにって

 言ったでしょ。

 如月君も 同じことを僕にいった。」


「賢吾のやつ 体弱いくせに

 無理ばっかしてんだ。

 流星。お前が少しでも

 負担してやれれば 賢吾が楽になる。

 スイッチ開発にトライしてみてくれないか。

 賢吾のために。」


弦太朗の言葉をきいた賢吾。

「そんな・・あいつも・・。」

「それが 君のプライドを

 傷つけるとは 思わなかった。

 如月くんの罪は それだけでしょ。

 君の気持ちが少しかわれば

 ねっ 結びあう。」


くっつく磁石。

スタンドでみているユウキと隼。

「もう〜どうすればいいかなあ?」

そこへやってきた弦太朗。

「弦ちゃん!」

「弦太朗。」

「賢吾に もう一度 あやまりにきた。」

「それが一番!さあ 行こう!

 こっち・・」

そのとき、留美をおいつめる野本をみかけます。

「江川・・きさま よくも・・。

 よくも 俺以外の人間のアドバイスで

 成績をあげたな。」

「えっ!?」

「陸上部はな 俺がここまで強くしたんだ。

 あんな素人の助言でうまくなる

 おまえは 何かが間違ってる。」

「そんな 無茶苦茶です。」

「お前は変わった。

 だから あれほど

 恋愛は禁止だといったんだ。」

「おい 野本!」

「大文字・・。

 おまえがメテオか?」

「ラストワン」

「見てろ 江川。

 俺のハードルのこえかたを。」

野本がドラゴン・ゾディアーツになりました。

「おいっ!」

「弦ちゃん」

「部長が 怪物・・?」

「スリー ツー ワン」

「変身!

 よっしゃー!宇宙 キターーー!」

競技場におりるフォーゼとドラゴン。

「部長の野本がドラゴンだ!」

と賢吾に伝える隼。

「うわっ!」

がれきが当たって賢吾も倒れます。

「賢吾 大丈夫か!?」

「OK!サターン」

「ウーホワチャ」

「最輝星が輝いている。

 こんなときに あたりにでくわすのか!」

「ウー ホワチャ!」

「賢吾・・すまねえ!」

「如月・・。」

「すまなかった!

 俺にはもう おまえに謝ることしかできねえ。

 これを切り抜けたら

 俺の土下座で 地面をたたき割るからな!」


「うっ・・!」

賢吾苦しそう。

「マグフォンが 今ここにあっれば・・。」

穴を掘っているJKたち。

「帰りたい・・。

 家に・・帰りたい・・。」

「ここだから・・。

 絶対に ここだから!」

「よいしょ!」

「けっこう 掘ったけど。」

「あきらめないで掘る!」

「おおっ。」

「ここほれ ワンコフ」:

「・・ん?」

泥水が噴き出しました。

「キャー!」

「お母さーん!」

ドラゴンと戦うフォーゼとメテオ。

「弦太朗!」

「美羽。」

「みんな!」

美羽の手にはマグフォンが!

顔に泥がついていても美しい美羽さま。

「マグフォン!見つかったのか!?」

「これで勝てる!

 だが 調整の時間が必要だ。」

「フォーゼ。エレキスイッチを貸せ。」

「なんでだ?」

「早くしろ。やられたいのか!」

「ああ。」

「エレキ オン」

「レディ?」


「おまえ フォーゼのスイッチもつかえんの?!」

「俺が こいつで時間をかせいでやる。」

「ああ。」

とドラゴンにむかっていくメテオ。

「この場でプログラムの最終調整をする。

 如月!今こそ

 マグネットステイツになれ!」


「美羽!

 サンキュー。でもわれねえんだ これ。
 
 俺がバカなせいだ。

 おまえのアドバイスを

 ちゃんと聞かなかった 俺のせいだ・・。」

『そっか この人なんだ・・

 賢吾くんを 一番必要な人。』

「もう何も言うな 如月。

 俺たちは お互いを思うがゆえに 

 反発した。」


「賢吾・・。」

「お前が 俺の体を気づかってくれたように

 俺も お前に傷ついてほしくなかった。

 だから 危険なマグネットを

 絶対に 未完成では

 使わせたくなかったんだ。」


「えっ・・。」

「賢吾・・。」

「マグネットスイッチは

 お前の精神的な力みを敏感に感じ取り

 強い磁力を出して マグフォンを
 
 吸着させてしまったんだ。

 その感度調整さえ 修正すれば・・

 完成する。

 朔田が全部 気付かせてくれた。」

「流星が?」

「あいつに 自分の居場所を

 とられたようで・・妬ましかった。

 悪いのは俺だ。

 許してくれ・・如月。」


「賢吾くん・・。」

「許すも 許さねえもあるか!

 ダチでいいんだろ?俺たち。」


「もちろん ダチだ!

 お前がそう認めてくれるなら。」


と手を差し出す賢吾。

「当たりめえだ バカ野郎!

 賢吾のバカ野郎!」


友情の合図。目に涙。

「出来たぞ 如月。いけ。」

「おう!」

「エレキ リミットブレイク」

「・・何っ?!」

「今度こそ 割れる。

 俺のダチが 俺のために

 しあげてくれた このマグフォン!

 俺に使えない道理はねえ!」




CM


スイッチがわれました。

「やった!」

「Nマグネット Sマグネット

 NSマグネット・オン」


「ジャジャーン!」

「・・キター!」

「フォーゼ マグネットステイツ!」

「フッ!」

「オーラ!オラオラオラッ!」

銃撃をつづけるフォーゼ。

「わっ!うわあっ!」

「すご・・!」

「そいつは もうきかねえぞ!」

ドラゴンの投げた鉄球を磁石でうけとめ
投げ返しました。

「鉄球 はねかえしたー!」

「マグネットモジュールの磁力でひきつけ

 反発させたんだ。

 そして あれは強力な

 超電磁砲でもある。

 決めろ!如月!」


「くらえ! これが

 俺たちの 青春の磁力だ!!」


みんなもポーズ。

「リミットブレイク」

「ライダー超電磁ボンバー!」

「よし!」

「やった やった!」

「やったぜ!」

「弦太朗さーん!」

「ドラゴンもはずれだったか・・・。

 またな!」

とスイッチを投げるメテオ。

「ありがとう。」

「へっ。」

『なかなかのコンビだよ。

 おまえらは。』

「あれ?そういえば 流星さんは?」

「あいつ 逃げ足はやいんだよな。」

お怒りの理事長。

「野本仁も病院送りか・・。

 二度と 最輝星は 輝きそうにないね。

 次の駒もいるんだろう?リブラ。」

「無論です。」

「期待してるよ。

 ペースをあげて 徹底的にやるといい。

 なあに 生徒ならいくらでもいる。」

仮面ライダー部。

「宇宙のかなたに〜♪」

「わーお!うおっ・・!」

「うわあっ!」

みんないつもどおりにぎやか。
そこへ入ってきた賢吾。

「江川が大会で みごと トップをとったそうだ。

 このメダルは お礼にとくれた。」

「あら 隅に置けない!

 彼女のことは もういいの?」

「彼女には 陸上部がある。

 俺には・・仮面ライダー部がある。」


ひやかすみんな。
メダルをかざろうとしてやめる賢吾。

「おっと。ここはもう 俺だけの席じゃない。

 私物を飾るのは よくないな。」

「何言ってる。お前はそこが一番だ。」

「ええ。やっぱり スイッチ開発は

 歌星くんの役目です。」

「雨降って 地固まる。」

「3人とも また少し 認めあえたみたい。」

「朔田の力は認めた。

 この席は みんなでつかうべきだ。」

「お前こそ 流星の気持ちを

 素直に受け入れろよ!」

「そっちこそ 俺の気持ちを汲んだらどうだ?」

「なんだと!?}

「なんだ やんのか!?」

「やんのか?」

「おい!お前は・・・ いつもそうだ!」

「お前だろ それは!」

「なんだ 変な頭しやがって!」

「うっせえ!」

「青春の磁力がまた反発・・。」

『頼むから もう俺でもめるのは

 かんべんしてくれ。』



青春スイッチ入りっぱなし!

弦太朗が賢吾を大好きで
賢吾も弦太朗を大好きで
なんなのこの二人は。
しょうもない嫉妬ですれ違うとか
初恋の中学生カップルかw

賢吾はすでに一度デレてますけど
ますます素直になって。
なかなか思ってても
あんなふうに言えないだろうに
そこがまたいい子たちなんだな。

利用するために近づいたはずなのに
黙っていられなくてつい
アドバイスをしてしまう流星もいいやつ。

十二使徒候補が次々病院おくりになると
リブラのダークネビュラ行きも
近いのではと思ってしまいました。

仮面ライダー部部員のイラストのグッズは
ぜひ発売していただきたいです。




如月弦太朗 福士蒼汰
歌星賢吾 高橋龍輝
城島ユウキ 清水富美加
風城美羽  坂田梨香子
大文字隼  冨森ジャスティン
野座間友子 志保
JK(ジェイク)土屋シオン
朔田流星   吉沢 亮
大杉忠太   田中卓志(アンガールズ)
我望光明   鶴見辰吾

スコーピオンゾディアーツの声 竹本英史
ヴァルゴ・ゾディアーツの声  田中理恵
タチバナの声 ナレーション 檜山修之

速水公平   天野浩成

刑事A 白石タダシ
刑事B 岩寺真志
女子部員A 鮎川桃果
女子部員B 大坪あきほ












仮面ライダーフォーゼVOL.1【DVD】


2012.01.29 Sunday 12:23 | comments(2) | trackbacks(20) | 
<< 海賊戦隊ゴーカイジャー 〜第48話 「宿命の対決」 | main | 機動戦士ガンダムAGE(エイジ) 第16話「馬小屋のガンダム」 >>
ミチコ (2012/01/29 1:25 PM)
hoenyさん こんにちは、仮面ライダーフォーゼのグッズはアニメイトで発売されますよ。
honey (2012/01/29 3:40 PM)
ミチコさん、こんにちは。

あのかわいいイラストを
生かさない手はないですよね。









仮面ライダーフォーゼ 第20話 「超・絶・磁・力」
第20話 「超・絶・磁・力」 弦太朗と賢吾の仲は拗れたまま。賢吾の方が相当お冠です。 賢吾の助言を聞かずにマグフォンを失くしてしまった弦太朗は賢吾に合わせる顔が無いといつもの勢いが無いし、賢吾...
| いま、お茶いれますね | 2012/01/29 12:44 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第20話「超・絶・磁・力」
賢吾が弦太郎にマジキレ!! 落ち込む弦ちゃんと引っ込みがつかなくなった賢吾・・・。 しかもNSマグフォンくっついたまま、どっかに飛んでいく始末・・・。 この2点を解決するために、 「ここほれワンワン隊」と「おねがい賢吾くん隊」に分かれて 行動を起こすラ
| むとちゃん的BLOG 〜我思う、故に我在り〜 | 2012/01/29 12:49 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第20話 感想
仮面ライダーフォーゼ 第20話 「超・絶・磁・力」 強敵ドラゴン・ゾディアーツにフォーゼ&メテオの同時必殺技 記念すべき同時必殺技でも倒せないのかよ・・・警察が怪物騒ぎを聞きつけ立ち入り...
| 絶対無敵?ラリアット日記!(分家) | 2012/01/29 12:57 PM |
今日の仮面ライダーフォーゼ 第20話
「超・絶・磁・力」 マグフォンを使うどころから吹っ飛ばしてしまい賢吾に心底愛想を尽かされた弦太朗。 このピンチに仮面ライダー部部長の美羽は、おねがい賢吾くん隊にユウキ、キング、流星。 ここ...
| 地下室で手記 | 2012/01/29 12:59 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第20話
仮面ライダーフォーゼ 第20話 「超絶磁力」。予告キター(爆) 続きは読みたい方だけどうぞ。
| Kyan's BLOG IV | 2012/01/29 1:25 PM |
今週の仮面ライダーフォーゼ「第20話 超・絶・磁・力」
ドラゴン回後半。マグネットの可動に驚愕。
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2012/01/29 2:16 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第20話〜巨乳陸上部員・留美は、ドラゴンじゃなかった
仮面ライダーフォーゼ 第20話 「超・絶・磁・力」 フォーゼとメテオとの同時リミットブレイク攻撃。 ”スタン・ハンセン”と”ブルーザー・ブロディ”のツープラトン攻撃並みの威力のはずが、ドラゴン・ゾディアーツに通じません。 しかし、ドラゴンも両手
| 世事熟視〜コソダチP | 2012/01/29 2:47 PM |
超・絶・磁・力
仮面ライダーフォーゼ フードロイドシリーズ 04 ホルワンコフ(2012/01/28)バンダイ商品詳細を見る  『仮面ライダーフォーゼ』第20話『超・絶・磁・力』のあらすじは公式サイトでご確認ください。  とう...
| ガヴァドンなボログ | 2012/01/29 3:03 PM |
仮面ライダーフォーゼ  第20話  「超・絶・磁・力」
う〜〜〜ん、ちょっと盛りだくさん過ぎたかな〜? 賢吾と留美について、もう少し濃く描いても良かった気もするし・・・。 でも、それなら留美はもっと前から出すべきだったし・・ ...
| nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! | 2012/01/29 3:42 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第20話 超・絶・磁・力
『超・絶・磁・力』 内容 ドラゴン・ゾディアーツとの戦いに苦戦する弦太朗(福士蒼汰)は、 賢吾(高橋龍輝)のアイデアで流星(吉沢亮)が作り上げたマグフォンで、 戦おうとするが、、、失敗。 フォーゼとメテオによるリミットブレイクで撃退したが、 ドラゴンを倒
| レベル999のgoo部屋 | 2012/01/29 3:46 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第20話「超・絶・磁・力」
学園に警察が捜査にやって来た。 あれだけ怪物が暴れまわっていて、警察が目を付けないはずがない、 というツッコミへのフォロー。
| 深・翠蛇の沼 | 2012/01/29 6:08 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第20話「超・絶・磁・力」
仮面ライダーフォーゼの第20話を見ました。 第20話 超・絶・磁・力 ドラゴン・ゾディアーツのパワーに苦戦する弦太朗は賢吾の忠告を聞かずにマグフォンを使おうと力を込めるのだが、2つに割れなか...
| MAGI☆の日記 | 2012/01/29 6:32 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第20話「超・絶・磁・力」
仮面ライダーフォーゼ 第20話「超・絶・磁・力」
| Hybrid-Hills | 2012/01/29 11:10 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第20話「超・絶・磁・力」
磁石のような関係。 少々狙いすぎな気もするけれど、中々キレイな展開であった。
| 大海原の小さな光 | 2012/01/30 8:48 PM |
フォーゼ「超・絶・磁・力」
 明確に嫉妬だったのか。先週のレビューは見当違いだったな。  メテオの動き、左手を右腕に当ててるのはボタンを押してるんじゃなくて指紋認証を真似てたのか。土星のリングを飛ばすのはカッコイイと思ったが、木星はどうにも不恰好。  不恰好といえば、マグネット
| blog mr | 2012/01/31 7:26 AM |
仮面ライダーフォーゼ第20話
まさに弦×賢。と、一部の方が喜びそうなダイレクトな展開でしたが・・・めっちゃ泣かせてくれましたw仮面ライダー部最高ですッ!!!!いやホント良い作品です、フォーゼ!・・・...
| ほかのさなぎ。 | 2012/01/31 6:33 PM |
賢吾くんのデレスイッチ・オン!!
 …ハイ、先週から何のヒネリもないタイトルですよ。だが反省はしていないッ!!(キリッ)  きっとこれから、冒頭でケンカ→仲直り→ラストにまたケンカ、のコンボを散々繰り返した挙句、最終回前になって、 「いっぱいケンカしたから!」 「いっぱい仲良く
| 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜 | 2012/01/31 6:40 PM |
仮面ライダーフォーゼ第20話
マグフォン吹っ飛んだーッwww ってな訳で、すっかり怒ってしまい 絶交宣言まで飛び出した賢吾クン。 考えが外れ、困惑するメテオ。 あ〜あ、弦太朗ってば賢吾に愛想尽かされちゃったよ。 それを見て...
| あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪ | 2012/02/02 5:33 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第20話「超・絶・磁・力」
今回は、弦太郎に賢吾、そして流星の3人が互いを認め合うというお話でした。 マグフォンを吹っ飛ばしてしまい、ドラゴン・ゾディアーツ相手に大苦戦のフォーゼとメテオは同時攻撃を繰り出すことで何とかピンチ脱出。 が、自分の忠告を無視した弦太郎に怒り心頭の賢
| ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) | 2012/02/03 10:59 PM |
◎仮面ライダーフォーゼ第20話「超・絶・磁...
※コウタロウとケンゴが仲直りして、マグフォンを完成させてドラゴンゾディアーツを倒す話だった。 マグフォンによるフォームチェンジに失敗。それどころからマグフォンを失ってし...
| ぺろぺろキャンディー | 2012/08/19 4:33 PM |