<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編

[ マンガ ]
マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編


JUGEMテーマ:漫画/アニメ



●第1章 手塚治虫   「SFマンガについて語ろう」
●第2章 水野英子   「私たちって変わり者かしら」
●第3章 石ノ森章太郎 「SFの話は延々尽きない」
●第4章 美内すずえ  「親愛なるモー様へ」
●第5章 寺山修司   「月で修学旅行の案内係」
●第6章 小松左京   「絵の理想型とは?」
●第7章 手塚治虫+松本零士 「マンガ、SF、アニメーション」
●第8章 羽海野チカ  「全部、萩尾作品から学びました」



すごい人とすごい人の対談集。
もう故人の方もいらっしゃるし
それはもう貴重なお話ばかりです。
萩尾さんのあとがきとあわせて
もう一度読むとなるほどと思うことも。


70年代なので今とはまた
考えが違うこともあると思いますが
8章の羽海野チカさんだけは
この本のためにあらたに行われたもの。

えっと思うような内容がいっぱいでした。
あそこのシーンはそうだったのか・・とか
(ならべてあるとほんとにそっくり。 
 そして私もフロルは大好き。)
中でも一番驚いたのは
ハチクロはこの先ゴールデンライラックに
なるって・・ええええ!?
いや、ハーバートはいい人ですよ・・でも!

羽海野さんご自身が萩尾さんの大ファン
というのがよく伝わってくる内容でした。

美内さんとの対談で
萩尾さんはたぶん一生マンガ家と
おっしゃっているのに
美内さんは他にもいっぱいやりたいことが
あるから・・とのことで・・でもお願いですから
ガラスの仮面は完結して・・と切に願います。
それにしても本当に豪華すぎるアシスタント。

手塚さんとのSFの話も楽しかった。
「火星年代記」は名作ですよねえ。















2012.02.23 Thursday 18:03 | comments(0) | - | 
<< 砂漠の花の物語〜ペルシア神話より 2巻 | main | 最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜 第7話 >>