<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ガラスの仮面 48巻

ガラスの仮面 48巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


帯には劇団ひとりの名場面再現写真!
泥団子のインパクトはすごかった。


47巻の続きから。
小野寺さんと赤目さんが
亜弓さんの秘密の稽古場に
やってきたところ。

暗闇の中での稽古を不審に思いつつ
神がかった(女神だし)亜弓さんの
演技に圧倒されるふたり。

一方、松葉づえをついたまま稽古する
桜小路くんは、怪我をした桜小路君を
フォローするためにマヤが支え
黒沼先生から、おかげでマヤが成長しそうだと
昔の舞台あらしの話題が・・。
舞台あらしでの欠点は人形の役をしたことで
改善されたと思っていたけど
まだ完璧ではなかったのですね。

そして亜弓さん再び。
目のことを小野寺さんたちに伝える歌子ママ。
絶対にやりとげるという亜弓さんの強い意志も強く
今さら主役を替えるわけにいかず
やりとおすしかないと思う小野寺さん。

稽古では一真と息がぴったりだけど
マヤが想うのは真澄さん。
真澄さんは式をキャンセルし
別荘へマヤを迎える日を心待ちにする日々。

亜弓さんは目のことを隠し通すつもりで
日常生活でも絶対にファンに気づかれないよう
ふるまい、稽古場でのちょっと危険な場面も
ぎりぎりごまかせる範囲内。

だけどハミルさんには気づかれてしまいました。

わざとひっかけて真相をききだし
亜弓さんに手術を受けるよう
説得しますが、亜弓さんの笑顔に
完全に恋におちてしまいました。
今までも好きなのかと思ってたけど。

亜弓さんの眼科通いをききつけた記者が
いることに気づいたハミルさんが
危ない所から救ってくれますが
切なげに「ジュテーム・・」と
つぶやくハミルさん・・もう恋の虜・・。

試演の記者会見の前日。
小切手の話から
マヤと真澄さんの間に
何かがあると気づいた黒沼先生。

そして前のコミックスにはなかった

紫織さん自殺未遂事件・・。

ええ、本当にこれだけはやってほしくなかったと
いうことをやってくださいました。

紫織さんのしたことをすべて知っている
真澄さんは、紫織さんとは結婚はできないといい
自分が紫のバラの人であることも認めました。
そして絶望した紫織さんは自殺をはかり
連絡をうけた真澄さんが鷹宮邸で
みせられたものは
紫のバラがいっぱいの部屋で

「わたくしは 紫のバラが大きらい・・」

と花びらをちぎりつづける

病んだ紫織さん・・・。

真澄様、ショック!!

試演会場となる廃墟へやってきたマヤたち。
この想像力をかきたてられる場所で
ますます生き生きとするマヤ。

『演れるわ!あたし

 ここなら演れる・・!』


なんとしても亜弓さんの眼のことを
気付かれてなるものかと思う小野寺さんと
マヤにだけは気付かれたくない

『演ってみせるわ・・!

 見える演技・・!』


紅天女候補ふたりの姿で続く。
そのまま今月号の内容につながってました。



恋愛のいざこざはスパッと片付けて
紅天女すすめてほしいー!

マヤと真澄さんは魂のかたわれなんだから
桜小路くんも紫織さんもあきらめるしかないよ。
今のところハミルさんの片想いだけど
その熱心さに亜弓さんもほだされて
亜弓さんも恋する気持ちを理解する日も
きたりするのでしょうか。
今のところ、眼の障害のおかげで
マヤに一歩近づいたようにみえますが。

でもここまできたらマヤにも亜弓さんにも
どっちにも紅天女になってほしい・・。









今回も雑誌に掲載された内容とは
ところどころ違っていました。
以下は雑誌掲載時のもの。
先バレになるシーンはカットしました。



別冊 花とゆめ 2011年 06月号 


てっきり桜小路くんの修行篇もしくは
亜弓さんのお稽古かと思ったら
まだ速水さんと紫織さんの会話の
続きでした。

マヤのファンであり、
紫のバラの人であることを
認めた速水さん。

でも人は誰でも誰かのファンになるとか
立場上表だってマヤを応援できないから
影で応援してきたと言いだしたので

あくまでもファンで
押し通してごまかすのかと思ったけど
速水さんの行為がマヤへの愛情から
なるものだと見抜いている紫織さんは
ひきさがらない。

実は防犯カメラの話は
紫織さんに告白させるための嘘で
仕事にはもっと汚い手をつかう・・
結婚を考えなおしてくれないかと
自分から嫌われようという作戦?

鷹宮グループとの提携もパーになるし
成功と出世を棒にふってまでなぜ?と
問われ

「バカなことをしたくなったんです」

という速水さん。
今まで自分が幸せになりたいとも思わず
幸せの意味もわかっていなかった・・
価値観の違う紫織さんとはやはり結婚できない
と別れを切り出す速水さんに
紫織さんはショック。
その場で泣きだし、落ちついたあとに
化粧直しに洗面所へ・・。

そしてやってくれましたよ・・・。

一番してほしくないことを。


コンパクトをたたきわりその破片で
手首を切って自殺・・(未遂)。

なんてことを・・!



ほんとになんてことを!!
孫かわいさの鷹宮会長が
報復するならまだしも
責任とって結婚しろとか言われないとも
限らない。
だいたい、紫織さんがそんなことをすると
速水さんはともかく
マヤは紫織さんをおしのけてまで
速水さんといっしょになりたいと
思わないんじゃないかと。

気を取り直して手続き。

亜弓さんが稽古をしている
スタジオ。
真っ暗な中、ライトが亜弓さんだけを
てらし、阿古夜の演技を続ける亜弓さん。
女神を感じさせるあたり
亜弓さんは健在。
そして小野寺先生も赤目さんも
亜弓さんの眼のことには
気付いていない・・。



別冊 花とゆめ 2011年 09月号


赤目さんと小野寺さんに
亜弓さんの演技をみてもらうことに。

ぼんやりとしかみえないけど
匂いや気配でつかみ
あたりを梅の谷と想像しながら
マヤのことを思い出す亜弓さん。

『きっと彼女は普段からこうやって

 自分の演じる世界を

 想像していたのね

 無理なく自然に・・

 かないっこないわ・・!

 わたしは今こうなって

 やっと北島マヤの想像力の一部を

 理解したにすぎない・・・!』


目を患うことでマヤに近づいたことを
皮肉に思う亜弓さん。
だけど亜弓さんにはマヤにはないものがあり
どちらが多くの観客の心をつかむことが
できるか・・。

今までと雰囲気が違い別人のような亜弓さんの
演技に驚く赤目さん。
神秘的なまなざしや謎めいた表情に
思わずひきつけられます。

大きな動きはないかわりに静かな立ち居振る舞いから
謎めいた神秘性が漂い、精霊の女神の存在を
感じさせ、迫力にのまれそうになるふたり。

一真のおとした彫刻刀をひろって渡す場面で
電源を落とし真っ暗にする歌子ママ。
ママにためされていると感じた亜弓さんは
神経を集中させ、見事に彫刻刀を拾い集めました。

その後、ふたりに目のことをうちあける亜弓さん。
手術を今受けるつもりはなく紅天女にかけるつもり。

小野寺さんも今さら亜弓さんをはずすことは
できないと、その申し出をうけることに。
ただマスコミや世間には隠し通すことに。

レストランに食事にいったときも
目がみえないことをまわりのだれにも
気づかせない亜弓さん。

『わたしは女優・・・!

 演ってみせるわ
 
 見える演技
 
 舞台でも 日常でも・・!

 「紅天女」をつかむまでは・・!』




亜弓さんには目のみえるふりなんか
お手のものでしょう。
女優ですもの!!

亜弓さんも何か危機におちいるたびに
身をもってマヤの気持ちを体感してますが
それらをすべて自然にやってしまえるマヤは
やはり天才なのか。

この二人のどっちかを
どうやって選べっていうの・・!


別冊 花とゆめ 2011年 10月号 ガラスの仮面の感想


47巻は楽しいラブラブ展開だったけど
コミックスに入っていなかった
紫織さんの自殺未遂はやっぱり
なかったことにはなっていませんでした・・。


桜小路君の一真の稽古の場面から。
怪我をして松葉づえを手にしたままですが
思うように動かないからだのぶん
気迫がすごいみたいで、黒沼先生からも
前の一真よりずっといいとほめられました。
マヤも桜小路くんの一真ならどんな一真でも
うけてみせるという強い思いでささえ
桜小路君の演技はまわりの役者たちにも
好評。

マヤの心の中は速水さんでいっぱいで
それに気づいている桜小路君は
暗い表情ですが・・。

大都芸能からあわててでていく水城さんの
行先は紫織さんのお屋敷。

紫織さんが自殺未遂をしたことで
お怒りの鷹宮氏。(祖父のほう。両親はおろおろ)
速水さんもよびつけられ紫織に何をしたときかれ
「ぼくでは紫織さんを幸せにできない・・」
といったとのことですが、
つれていかれた紫織さんの部屋は
紫のバラでいっぱいで・・・

紫織さんが病んでいました・・・。

バラの花びらをちぎりながら

「わたしは 紫のバラが大きらい・・
 真澄さまはわたくしをきらい・・
 わたくしは紫のばらが大きらい・・」

とうつろな目をしてつぶやきつづける
紫織さん・・。

(一部未収録のためカット)

そのころのマヤは速水さんへの思いで
いっぱいになりながら
阿古夜のセリフ。

「ただ そばにいるだけでよい・・

 ただ生きてさえすればよい・・」

『阿古夜の気持ちは あたしの気持ち・・!

 速水さん・・!』


そんなマヤを影からみつめる黒沼監督。




紫織さん、本当に邪魔!!

真澄さんもほんとに世間でいわれているような
冷血漢であったらバッサリ切り捨てて
鷹宮一族から報復をうけても
知らん顔できるのでしょうが
あんな紫織さんを見捨てて
マヤのところにはいけないですよねえ・・。
うううう(涙)
なんてうまくいかないんだ。

速水英介も昔の失敗がちっとも
生きてないというかなんというか。
マヤと出会っていいおじさん風にしてても
中味はかわらないままか。

マンガの次のページに
たまたまデーブの真澄さまの写真が
載っていたので、
鷹宮グループの財力で
なりすまし真澄さまを
つくって紫織さんにあてがえばいいのに
ということまで考えてしまいました。


別冊 花とゆめ 2011年 11月号

(未収録のためカット)

別冊 花とゆめ 2011年 12月号 ガラスの仮面の感想

マヤと桜小路くんの稽古の続き。

使命のために千年の梅の木をきらねば
ならない一真としての演技をする
桜小路君は片手に斧、片手に松葉づえ。

松葉杖を投げ捨て、痛みと戦いながら
上にいるマヤ=阿古夜のところへ
のぼっていく間、マヤと速水さんとの間に
何があったのかずっと気になっている桜小路くん。

『ずっと きみを 大事に思ってきた

 だから きみが 本当にぼくを

 ふりむいてくれるまで

 待とうと思ってた・・!

 きみだって 

 ぼくの気持ちはわかっていたはずだ・・!

 なのに なぜ・・!?』

桜小路君のそんな目を見るのは初めてだと
思うマヤ。
怒っているのとも憎んでいるのとも違う
つらくて淋しくてたまらなくてせつなくて
哀しい目。

マヤも阿古夜としての演技をはじめ
一真の台詞に自分のことが重なると
何か感じ取る黒沼先生とマヤ。

マヤの演技は紅姫そのものの迫力で
演技なのに風までまきおこすくらい
神がかってました。

役者としてマヤに負けたくない
舞台の上で一真として生きて見せる
と誓う桜小路君をみて

『闘え!桜小路・・!

 紅姫の北島マヤと・・!』

と期待をかける黒沼先生。

一方の亜弓さんは眼科の診察。
症状は進行していて
今、頭痛や吐き気がおさまっているのは
薬のおかげ。
一刻も早く手術しなければ失明することもあり
女優としての一生を棒にふるといっても
試演までは手術を受ける気はないと
考えはかわらず。
手遅れになるかもしれず重大で危険な賭けですよ
と医者にいわれ

「では・・奇跡に賭けますわ・・!」

と一歩もひきません。

その病院から帰るところを
一般の女性に目撃されてしまいました。

亜弓さんは目のことをかくして
みんなとの合同稽古にもどり
知っているのは小野寺さんと赤目さんだけ。

ハミルさんが待ち構えていて
さっそく写真を撮って、気づいたか。

亜弓さんもまわりの人を圧倒する
神秘的な阿古夜を演じますが
目がかすみ、目の前に斧がふりおろされる
直前まで気づかずあたりがザワザワと・・。

さっきの目撃した女性がマスコミに
もらしたらしく記者がさっそくくいついてきました。




亜弓さんの邪魔をするなああああああ!!!

雑誌記者か新聞記者か知らないけど
こんなに必死で頑張ってる人の
足をひっぱったら許さない。

にしても目の事が公になったら
試演は延期・・って流れにならないかな。
マヤたちのほうでそれに反対する人は
誰もいないと思うけど。
むしろ目がみえない亜弓さんと
戦うのはフェアじゃないと
みんな思いそう。本人たちをのぞいて。
(反対の立場でもマヤはやりそうだし
 亜弓さんもやって当然なんだけど)
だいたい世間様が許すまい。

問題があるとしたら
月影先生の寿命くらいか・・。

桜小路くんには悪いけど
マヤの魂の片割れは真澄様なので。
桜小路くんはずっと昔から
マヤにやさしかったけど
そんなこと(いつかふりむいてくれる)
思ってたなんてかわいそうすぎる。



別冊 花とゆめ 2012年 01月号 ガラスの仮面の感想


今回は亜弓さんとハミルさん。

ふりおろされた斧に
直前まで気づかず、
間一髪できられずにすんだものの
なんとか演技でごまかすのに成功。
みていた人たちは緊迫してたと
感心しますが
ホッと胸をなでおろす小野寺さんと
亜弓さんの様子に不信をを抱くハミルさん。

今までにとった亜弓さんの写真をみくらべ
翌日、再び亜弓さんをたずね
目がみえていないのではないかと
カマをかけました。
前に声をかけて写真を撮ったときに
目がレンズを見ていなかったことから
気づいたらしい。

歩さんを心配するハミルさんに
「あなたに関係ないことですわ!」というと
「あなたは大事なわたしの被写体だ」という
ハミルさん。
亜弓さんを世界に紹介したいと思っていて
手術をしないと失明するかもしれないのに
それをせず紅天女に執着する亜弓さんのことが
理解できないようです。

ハミルさんはプレイボーイだったのかw
亜弓さんにかまうハミルさんに
日本にはもっと美しい女優がいっぱいいる
と美女が声をかけても、亜弓さんに
他の女優にないものをもっていると
こたえるものの、なぜこんなに
惹きつけられるのかその理由が
わからない・・。

それは恋でしょ!

その後稽古場にいる亜弓さんをたずねると
まっくらな空間の中で、亜弓さんが
演技をみせる証拠を証明してくれることに。
ハミルさんを一真にみたて
阿古夜になって音と気配で
近づく亜弓さんが胸元をつかんだときに
ライターのマッチのあかりでみた
世にも美しい亜弓さんの笑顔に
胸を撃ち抜かれました。

亜弓さんの目指す紅天女を見届けたいと
帰国を延期し、ライターの火をつけて
亜弓さんの笑顔を思い出しながら
あの美しさを永遠のものにしたかった・・
と思うハミルさん。

『アユミ・・!

 わたしはあなたに会うために

 日本へ来た・・!!』


運命の恋、自覚。
亜弓さんは紅天女しかみえてませんけど。

そのころ、亜弓さんが病気?という
ネタをつかんだ記者が
まわりをかぎまわるように・・。





ハミルさんはずっと亜弓さんのこと
好きなのかと思っていたから
今さらようやくなのかと思いました。
それにけっこう亜弓さんのおっかけ
していたし、活動拠点は日本なのかと
勘違いしてました。

亜弓さんがハミルさんにみせた笑顔は
マヤがアルディスのときにみせた
笑顔みたいな美しさと可憐さと愛らしさ。
女優の笑顔に恋しても
亜弓さんがふりむいてくれる日が
くるかな。
亜弓さんはハミルさんよりは
マヤのほうが好きだよね。
(変な意味ではなくて。)
2012.02.25 Saturday 15:11 | comments(0) | - | 
<< 13歳のハローワーク 第7話 | main | 8月のまなざし >>