<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

映画 僕等がいた 前篇

僕等がいた 前篇の感想

JUGEMテーマ:映画


僕等がいた 前篇みてきました。


タイトルバックの空の光景から
ああ、僕等がいただぁ・・と思いました。

青春。
クラスの3分の2の女の子が好きになる、
自然にまわりに人が集まってくるような
魅力的、かつさわやか青少年 矢野と
おだんごヘアの委員長 七美の青春ラブストーリー。

矢野の元カノ 奈々さんが
矢野を裏切った形になったまま
事故でなくなったことと
奈々さんの妹の有里との関係もあって
ただ明るい恋物語なだけではないのですが
主に七美が矢野にひかれていくあたりや
矢野も七美を好きになっていく過程が自然でした。

二人が仲良しのときに
ラブラブカップルの放つオーラがもう・・
思わず顔がゆるむくらいの甘さ・・!

学校の屋上でふたりっきりで仲良くしゃべったり
学校帰りに映画をみにいって
いっしょに肉まん食べたり
手をつないだり・・。
二人でみる花火にキス。

ケンカしたあと、
高校生には高価すぎる指輪を
プレゼントしたり
「好きだバカ」っていってハグしたり
別れがたくてバスを一時間もやりすごしたり
バス亭で並んで座ってキスしたり・・・。

生田斗真くんがインタビューで
言ってましたが
みんなが

こんな高校時代をすごしたかった

と思うようなシーンがてんこもり!

これ、「耳をすませば」並みの破壊力・・!

ただ、普通のカップルと違ったのは
矢野の元カノが亡くなってたこと。
「死んだ人にはかなわない」というのが
あるうえに、奈々さんに裏切られたと思った矢野は
未婚のまま自分を生んだ母のことともあわせて

(お母さんに関しては後篇で
 言いたいことが山ほどあるよ!!
 「失敗ばかりの人生で
  ただひとつ成功だったのは
  元晴を生んだこと」って言ってくれたのに。)


傷はすごく深くて・・でもそれを含めて
七美は矢野を受け入れると決めたのに
有里の存在が邪魔ーー!!

矢野の言い分では裏切ってないと言ってたけど
大半の女子からみたら、

「なんで山本さんのとこ行くの?!」

だと思いました。

思い出の奈々さんはひたすら美しかった。

小松彩夏さん。

美しい、以外なかった。
冷静に考えてみたら、ダメ男を好きな
ダメな女なのに、そんなんじゃなく
「愛を求める純粋な人」というかんじに
描かれているような気がしました。
海辺でたわむれる姿とか
きれいなままの奈々さんの姿。

だからこそ矢野は恨みながらも
くすぶったままで
そんな奈々さんを最後になぜ
つきはなしてしまったのかという
後悔の念から有里の手をふりはらうことが
できなかったのか・・。
でもそのあとあそこまでしなくても
って思うけど、そんなこと言ってもしょうがない。

有里もあの華やかな姉の妹として
よけいな苦労もあっただろうと思いますが
全体的に不器用で素直になれず
誤解されるタイプ。
まっすぐぶつかっていく七美には
太刀打ちできないけど
共通の秘密を持っている強みで
ところどころ邪魔をする。
そんなことをしても矢野が
有里にふりむいてくれるわけじゃないのに。

前篇のメインの後夜祭。

いつも思うけどこんな楽しそうな
文化祭、マンガか映画でしか
みたことなくて
楽しそうでまざりたくなる。

別れてしまったふたりが
もう一度想いを伝えあい、寄り添うまで。

逃げまわってた七美に

竹内くんが原作同様

いい人でいい人で(´;ω;`)


自分も告白しようとしてたのに。

竹内くんにしとけばいいのにっ!て
いつも思うけど、矢野なんだよねえ・・。

そして再び手をつないだふたりに訪れる別れ。

母の病気をにおわせつつ
離婚した母といっしょに
矢野は東京へ行くことに。

駅のプラットホームでの別れのシーンは
泣けた・・。

こんなことを言うともうしわけないんだけど
生田斗真くんも吉高由里子さんも
好きなんですが、ところどころ
高校生にみえないときがあって
なんで17歳くらいの役者さんじゃ
ダメだったんだろう〜と思いながら
みていたりもしたんですが
最後のほうはそんなのどっかに
ふっとぶくらい、

ふたりとも矢野と七美。

次は6年後。
この先もつらいことが待ってるけど
最後はハッピーエンドになると・・信じてる!
(原作と違うストーリーだそうですが
 いまさら悲恋になんかしないよね?!)


あと、どうでもいいつっこみですが
矢野がいる東京の大学に私も行く!って
今からその大学・・無茶だ!(きっぱり)有里も!
実はそんな進学校なんだっけ?




ピュアな二人をみて
ピュアな気分に浸れる映画でした。

後篇ももちろんみます(^^)


キャスト
矢野      生田斗真
七美      吉高由里子
竹内くん    高岡蒼甫
山本有里   本仮屋ユイカ
山本奈々   小松彩夏






















2012.03.22 Thursday 22:58 | comments(0) | - | 
<< 銀魂’ 09(完全生産限定版) [DVD] | main | ペルソナ4 第24話「The World is Full of Shit」 >>