<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダーフォーゼ 第28話「星・嵐・再・起」

第28話「星・嵐・再・起」



これが 前回の仮面ライダーフォーゼ

「理由はわからないが 鬼島に呼び出された。」

「地獄大喜利。」

「人を超える力がほしいという連中は
 
 結構いるんだよね。」

「キャンサーが

 勝手に動いているようですが。」

「彼は異能の男だ。

 好きにさせたまえ。」

「なぜ メテオに変身できない!?」

「君が キャンサーに
 
 正体を知られてしまったからだ。」

「超 新 星。」



超新星になって巨大なカニになったキャンサーと
戦うフォーゼ。

「オラオラ!きかない きかない。」

「全然 効かねえ・・。」

タチバナさんに懇願する流星。

「頼む。

 メテオへの変身を承認してくれ!」

「君との接触はここまでだ。

 すぐに ドライバーも回収する。」

「待て・・待ってくれ!

 俺から メテオを奪わないでくれ・・。」

キャンサーとフォーゼ。

「悪いが これで オチをつけさせてもらう。」

ところが体が元の大きさに戻りました。

「おっ・・おおっ・・おお?」

「戻った?!」

そこへあらわれたヴァルゴ。

「一度 ひくぞ キャンサー。」

「なんで!?」

「そのまま力を使い続けると

 コズミックエナジーの暴走で

 内部崩壊してしまう。」

「ふーん。カニも脱皮したては

 殻が』やわやわだからな。

 だが・・その前に!」

と流星を狙うキャンサー。

「うっ!」

「ああっ!」

「よっと!

 午後3時 2年B組で待ってる。

 ハハハ・・。」

キャンサーとヴァルゴは姿を消しました。

「流星?」

「流星さん!どうしたの?」

「おい 流星!

 今のはなんだったんだ?」

「抜かれた・・魂を。」

と倒れる流星。

「流星さん!」

「おい!流星!」

理事長と鬼島。

「フン。私の導きなしに

 超新星の力を引き出すとは

 思わなかった。」

「当然でしょう!

 いい芸人とかけて

 パンチの当たらない

 八百長ボクシングと解く!

 その心は?」

「自分からのびるしかない。」

「あいや〜!

 理事長は シャレのわかる お方だ。」

「ふざけるな キャンサー。」

「ふざけますよ!

 あたしはね ふざけるのが自然体だから。

 校長にまじめに指導されて

 その 超新星とやらに

 たどりついた生徒が いましたか?」


「きさま!」

「あっ そうそうそう!

 今 ちょっと面白い魚が

 針に かかりました。」

「ほう。」

「あ〜 やっぱり・・。

 釣り上げてから あらためてご報告します。」

「調子にのるな!」

「ひゅー ひょい。」

と校長をさけてさっさとでていく鬼島。

「キャンサーの進化のスピードは 著しい。

 だが少し 早すぎるかもしれんな・・。」


「宇宙・・

 無限のコズミックエナジーを

 秘めた神秘の世界

 若者たちは アストロスイッチで

 その扉を開き 未来を創る

 Space on your hand!

 その手で 宇宙をつかめ!」



OP


流星を仮面ライダー部の
部室にはこびこみました。

「あっ 気がついた。」

「よかった〜!」」

時計をみる流星。

「2時50分・・。」

立ち上がろうとする流星。

「あ おい 待てよ。

 相手はキャンサーだ。俺も行く。

 君たちには関係ない。」

「いや・・その必要はない。」

「俺たちは 仮面ライダー部の仲間だ。

 なんで 心を開かない?」

「甘いんだよ・・。」

「えっ?」

「ご心配なく。

 自分のことは 自分で守れます。」

部室から出た流星に病院から電話。

「朔田です。」

「井石さんが 急に熱があがってしまって。」

「二郎が!?」

「うわごとで あなたの名前を呼んでいるんです。」

「わかりました すぐに・・!

 いや・・できるだけ早く。

 だから 死なせないで・・

 絶対に 死なせないでください!」

それをきいていた弦太朗。

「二郎ってのは?

 お前の友だちなのか?」

「だから なんです?」

「その友だちの 命が かかってんだな?」

「そうです。今すぐにでも行きたい。

 でも・・。僕は 鬼島に会わなきゃならない!

 ・・もう どうにもならないんですよ。」

「一緒にいこう!」

「え・・・?」

「一緒に行こう。」

2-Bの教室にやってくると
鬼島が待っていました。

「ははは 流ちゃん 結局助っ人だのみかい?

 はぁ〜。フォーゼであたしを倒す気なら

 それは 甘〜い考えだね。」

「誰も そんなこと言ってねえ。

 こいつは 今 とてつもなく大事な用がある。

 だから その間

 俺が身代わりになる。」

「そんなことは頼んでない!」

「はぁ・・如月。

 俺は お前みたいな

 表裏のない人間が大嫌いなんだ。」

「嫌いでもいい。 

 こいつのかわりに 俺の魂を抜け。」


「・・なんで!?」

「俺にもよくわかんねえ。

 でも こうすりゃ

 お前のホントの笑顔が

 見られる気がする。」


「僕の笑顔のために

 命を懸けるというのか?」


「弦太朗だけでたりないなら

 私たちのぶんもつかいなさい。」


美羽様以下仮面ライダー部のみんなも
やってきました。

「おまえら・・。」

「やめてくれ・・君たちまで!」

「流星くんも部員だからね。

 会長としては みのがせないの。」


「あ〜あ〜 美羽先輩

 また私のセリフとる!」

「魂を懸ける機会なんて そうそうないから。」

「レディーがやるのに

 俺が参加しないわけにはいかないな。」

「俺はやなんですけどね。

 ま・・1人で逃げるのも

 もっといやなんで。」

「ということだ。どうだ?
 
 これだけいろんな魂がそろうことも
 
 そうないはずだが。」

「なんだい!なんだい!?

 この 集団『走れメロス』は?

 わかった。いいよ。

 これだけバカがそろえば

 おもしろくなった。」


キャンサーに変化。

「さてと・・よっ。

 ハハハ そいつらの魂と

 流ちゃんの魂と 交換だ。ほれっ。

 1時間やるよ。

 ただし 1分でも過ぎたら
 
 そいつらは ず〜っと眠ったまんまだ。」

「君たちは ほんとにバカだ!」

「えへへ・・。」

「わかった。なら 4時だな。

 それまでに必ずもどってくる。

 そのときは 彼らを解放してくれ。」


「はいよ。」

「流星!」

とバイクの鍵を渡す弦太朗。

「来るかなぁ・・来ないね。」

バイクを走らせる流星。

「よっ。ただ待ってんじゃあ つまらないねえ。

 おし!地獄大喜利 始めようか。」

「Oops!」

「あたしを笑わせることができたら

 魂は返してやるよ。」

病院についた流星。

「二郎!二郎・・!」

「今 解熱剤をうちました。」

「語りかけしてください。

 きっと 力になると思います。」

「二郎 俺だ。

 頼む もう少し 頑張ってくれ。

 俺は 必ず アリエスを探し出し

 お前を救う!」

2-Bの教室。 

「笑わせればいいのね。

 じゃあ いくわ!

 ニューヨーク仕込みの

 セレブジョーク。」


「はい。」

やる前に魂きられた。

「美羽先輩!」

「前から こいつ 嫌いだったんだよ。」

「よくも 美羽を!」

「おっ!それ キレギャグ?」

「いいや!違う!」

「じゃあ ダメだ。」

「この・・・!」

隼もやられました。

「貴様!

「スリー ツー ワン」

「変身!

 しゃー!宇宙キ・・」

といったところを賢吾がとめました。

「落ち着け 如月。

 魂をきられるぞ!」

「上等だ!離せ 賢吾!」

「ほら 次は誰かな。」

病室。

「二郎・・もう一度 笑顔を見せてくれ。

 そのためなら 俺は 命をかける。

 だから・・」

そこへタチバナさんから電話。

「今回だけは

 特別にチャンスをあげよう。

 メテオへの変身を承認し

 パワーアップスイッチを与える。」

「本当か!?」

「ただし 4時までに

 さざなみ埠頭の灯台に来たまえ。」

「4時!?」

時計は3時37分。

「そんな・・それじゃ 

 ライダー部の約束に間に合わない!」


教室。
ユウキが惑星をくっつけていました。

「落第惑星 冥王太郎!

 コンコン!シューッ!

 わーっ!地球から

 血 きゅうに出てきた―。」

ユウキも切られた。

迷う流星。

次はJK。

「くだらない 笑い話を 一席。」

ウクレレを弾いて切られた。

「う・・う・・とうなる二郎にかけよる流星。

次は賢吾。

「変顔で勝負だ!」

「・・・やだ。」

賢吾も切られた。

病室を出る流星。

もうすぐ4時。

「鬼島。俺の話をきけば

 いくらお前でも 爆笑だ!」

「いいから 早くしろ。」

「俺の友だちに ユウというヤツと

 ジョーというヤツがいた。

 二人が友だちになれば
 
 これがホントのユウジョーって!

 ユウジョーだって。たまんね・・。」

弦太朗もアウト。

「弦太朗さん!」

『すまない。期待にはこたえられない。

 俺にはやらなければならないことが

 あるんだ。』


とバイクを走らせる流星。

「やっぱり 来ないねえ。

 まもなく・・3 2 1・・!」

そこへ流星到着。

「流星さん!」

「おや もどってきたのかい。

 あんたもけっこう バカだねえ。」

「バカで結構。

 やるべきことを やるだけだ。
 
 僕のリングと交換のはずだ。

 さあ みんなを元に戻せ。」

「あたしを笑わせたらね。」

「約束が違う!」

「こいつらが 地獄大喜利 はじめたからだよ。

 こうなると あたしが笑わされるか

 倒されるかしないと

 元には戻らない。

 いや〜 怖いねえ。

 自分の力でも

 自分で制御できないことがある。」

「きさまー!」

キャンサーになぐりかかっていく流星。

「うあっ!うっ ううう・・。」

「無茶よ!流星さん!」

「お前をつぶす・・!」

「あ〜もう 無理 無理。」

「まだだ・・。」

「そんなバカだとは 思わなかったよ。

 ただの人間がはむかって

 なんとかなると思ったのかい?

 笑わせるねえ まったく。

 ははははは!」

「今 笑ったな。」

「あっ?」

「確かに 君は 今笑った。」

「違う・・。」

「君は戦ってる時

 『笑わせるな』が 口癖なんだよ。

 今回も言うと思った。

 どんなことであれ

 僕が 君を笑わせたのは確かだ。」


「待て。あっ・・あう・・わあっ!」

魂が戻りました。

「ニューヨークで さっぱり入浴。」

美羽様wwww

「うおっ!」

「エブリバディ セイ!」

「土星と 同棲してる!」

「どうだ!」

賢吾まだ変顔ww

「ユウとジョーでユウジョーって!」

「僕の勝ちだ。」

「おっ!」

「よかったー!」

「流星。きっと

 やってくれるって思ってたよ。」

『気づかされたよ。

 お前たちも 俺も同じだったんだな。』


「流星。あとはまかせろ。」

「スリー ツー ワン」

「変身!」

「ロケット・オン」

「宇宙 キターーー!」

みんながフォーゼのあとを追うのに
流星だけは後ろの出口から出ようとしました。

「どこいくの?」

友子には答えずでていく流星。

「こっちは ピッカピカの超新星だ!」

灯台にいった流星。

「きこえるか?タチバナさん。

 返事をしてくれ!
 
 俺は あいつらの笑顔の重さを知った。

 俺は あいつらに

 この秘密だらけの男を信じた
 
 仮面ライダー部の連中に

 借りをかえしたいんだ!

 遅れてきたのはわかってる!

 無理を承知で頼むんだ。

 俺は もう これ以上 後悔したくない。

 二郎のような人間を 

 もう作りたくないんだ!」


フォーゼは苦戦中。

「弦ちゃん!」

「うわっ!」

「大丈夫か?みんな!」

「俺たちの心配よりも

 見ろ!あれを。」

「超 新 星!」

また巨大になりました。

「これが 真打ちの中の 真打ちってわけだ。」

「でも 負けねえ!

 負けるわけにはいかねえんだ!

 こいつでどうだ!」

「ランチャー ランチャー・オン

 ガトリング ガトリング・オン」


「きかないねえ。」

「あっ!」

「効いてない!?」

「よーし コラッ!

 フッ!

「クロー クロー・オン」

流星。

「これだけ頼んでも・・!」

泣きそうになったときに黒い箱を発見。
中をあけると新しいスイッチ。

「メテオストームスイッチ

 それが 君の選択の結果だ。」


「タチバナさん・・。」

「よく判断した。

 フォーゼたちを見捨ててきたら

 そのスイッチは 手に入らなかったろう。

 確実に キャンサーを倒してくれ。

 失敗すれば 今度こそ 完全没収だ。」


「なめてもらってはこまる。

 俺は もう負けない。」


「メテオ レディ?」

「変身!」

フォーゼとキャンサー。

「ライダーロケットドリルキック!」

「効かないんだよ!」

「うわーっ!」

頭をつかまれて殴られるフォーゼ。

「うわーっ!」

「弦太朗!」

「弦ちゃん!」

「まずい!」

そこへとんできたメテオ。

「メテオ・・。」

「へえ〜。メテオ復活ってわけか。」

「復活じゃない。進化だ。」

「メテオストーム!

 メテオ オン レディ?」


「メテオにも 新しいステイツ?」

「仮面ライダーメテオストーム。」


CM


「仮面ライダーメテオストーム。」

「俺のさだめは嵐を呼ぶぜ!」


「俺を見た目で はさみとよぶな!」

「ウー・・!ホワチャ!」

「前座じゃ相手にならない!」

「ホワチャ!」

「超新星!」

「ホワチャ!」

「このキャンサーの甲羅

 砕けるものは この世にいない。」

「どうかな?甲羅ごと

 お前の自慢の舌も砕いてやる!」

「リミットブレイク」

「待て!今のキャンサーには

 膨大なエネルギーが蓄積している。

 ここで倒すと 町ひとつ 崩壊しかねない!」

「心配は無用だ。

 くらえ!」

「OK!」

「メテオストームパニッシャー!」

「そんなもので

 このキャンサーノヴァが砕けるものか!

 わああー!

 俺がやられるとかけて

 黒い犬ととく・・・。

 その心は・・

 そりゃあ おもしろくない・・。

 おあとがよろしいようで・・・・。」


爆発。

「やったー!」

「すごいな。

 キャンサー内部の エネルギーまで吸収し

 破壊のエネルギーにかえたのか。」

「鬼島!」

フらふらの鬼島が落したスイッチを
拾う速水。

「我々 ホロスコープスに

 失敗は許されない。」

「待って・・。

 まだ き 切り札あがある。

 俺は メテオの正体をつきとめたんだ。

 それを 理事長に報告すれば・・。」

「ほう。だが その必要はない。」

「なぜ?」

「これ以上 君の手柄はいらない。」

そこへあらわれたヴァルゴ。

「そこで何をしている?リブラ。」

「刑事がまた 学園をかぎまわっていてね。」

刑事の姿にかえられた鬼島。

「えっ!?あっ!?あっ・・!」

「これ以上 我望様のお手をわずらわせるのも

 もうしわけない。

 ヴァルゴ。
 
 この刑事を ダークネビュラに。」

「よせっ・・・やめろ!」

「承知した。」

「うわーっ!」

「フン。」

と扇を蹴飛ばすリブラ。

病院。

「とりあえず 危機は脱しました。

 依然 予断を許しませんが。」

「よかったですね。」

「がんばったな 二郎。

 もう少しだけ待っててくれ。」

流星はタチバナに連絡。

「タチバナさん。

 キャンサーは撃退したが

 鬼島は見失った。」

「大丈夫だ。

 君の秘密は 守られている。」


ほっとして部室に戻った流星。

「おう 流星!

 なんとかなったのか?

 お前の友だち。」

「はい・・大丈夫でした。」

「よかったー!」

「やったー!」

喜んでくれるみんな。

『今回ばかりは この連中に

 感謝しなければならないな。』


バックの隼先輩のポーズすてきww

「よかったな 流星。」

と手を差し出す弦太朗。

だけどその手をとらず頭をさげるだけに
する流星。

『まだ その時ではない。』

「頑固なやつだな。

 お前のほんとの笑顔みるまでは

 あきらめないからな!」




流星が仮面ライダー部のみんなのことを
認めはしたけど仲間になるまでは至らず。
二郎を助けるまではメテオのことを
知られるわけにもいかないもんね。

すべてをみているタチバナさん。
仮面ライダー部のみんなを見捨てなかった
流星にメテオになる資格があると
考えているということは
フォーゼに敵対する立場ってわけでもないか。
正体はまだまだひっぱるんだろうなあ。

せっかくスーパーノヴァになった
キャンサーも退場。
速水は留飲がさがったことでしょう。
けどここは理事長がお見通しってことはないの?

ゾディアーツ、終わりまでにホロスコープスが
そろうのかどうかあやしい。

みんなの出し物。
賢吾の変顔を思い出すたびに笑える。
隼先輩は邪魔されなかったら
何をする気だったんだろう〜。



如月弦太朗 福士蒼汰
歌星賢吾 高橋龍輝
城島ユウキ 清水富美加
風城美羽  坂田梨香子
大文字隼  冨森ジャスティン
野座間友子 志保
JK(ジェイク)土屋シオン
朔田流星   吉沢 亮
大杉忠太   田中卓志(アンガールズ)
我望光明   鶴見辰吾

ヴァルゴ・ゾディアーツの声  田中理恵
タチバナの声 ナレーション 檜山修之

速水公平   天野浩成
鬼島夏児 タモト清嵐

井石二郎  横浜流星
刑事     小島康志
医師     中脇樹人
看護師    杜野まこ
















2012.03.25 Sunday 11:46 | comments(6) | trackbacks(20) | 
<< 特命戦隊ゴーバスターズ  〜Mission5 「キケンな熱暴走!」 | main | 機動戦士ガンダムAGE(エイジ) 第24話「Xラウンダー」 >>
ミチコ (2012/03/25 3:50 PM)
honeyさん こんにちは、次回は新学期だけど嵐の予感です・・・。
honey (2012/03/25 4:22 PM)
ミチコさん、こんにちは。

新入生楽しみですね。
ミチコ (2012/03/25 6:04 PM)
honeyさん こんばんは、さっき ニコニコニュースで映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」公開記念として仮面ライダーフォーゼとクレヨンしんちゃんがお互いの番組で共演し、全4話。クレヨンしんちゃんでは第1話と第3話(放送は4月13日と4月27日)、仮面ライダーフォーゼでは第2話と第4話(放送は4月15日と4月29日)です。電王以来ですね、もちろん私も見まーす。
honey (2012/03/25 9:33 PM)
ミチコさん、こんばんは。

またコラボするんですか。
しんちゃんにフォーゼが出るのは
わかるけど、フォーゼにしんちゃんって
どうやってでてくるんでしょうね?!
ミチコ (2012/03/25 9:49 PM)
honeyさん こんばんは、まあ・・・それは来月の放送を待つかしかないですね。
honey (2012/03/26 4:36 PM)
ミチコさん、こんにちは。

楽しみに待ちたいと思います。









仮面ライダーフォーゼ 第28話 「星・嵐・再・起」
第28話 「星・嵐・再・起」 相変わらず絶好調、舌好調?のキャンサー。 ちょっと調子こき過ぎですが、進化が早過ぎるという理事長の一言が超フラグ。 リブラ校長の小物臭がハンパないことになって来...
| いま、お茶いれますね | 2012/03/25 12:15 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第28話 感想
仮面ライダーフォーゼ 第28話 「星・嵐・再・起」 自力で超新星の力を得た鬼島(キャンサー)理事長に褒められるが速水校長はそれが面白くない。しかも鬼島に嫌味まで言われちゃったし 魂を抜かれた流...
| 絶対無敵?ラリアット日記!(分家) | 2012/03/25 12:23 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第28話
仮面ライダーフォーゼ 第28話 「星嵐再起」。えっと,今は亡き景山民夫氏の著作に「だから『走れメロス』は恥かしい」ってのがあってだな・・・(笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。 ...
| Kyan's BLOG IV | 2012/03/25 12:42 PM |
今日の仮面ライダーフォーゼ 第28話
「星・嵐・再・起」 キャンサーが超新星の力でキャンサーノヴァになり弦太朗は大ピンチ、しかし流星はメテオに変身できず、タチバナさんには接触すら拒否されてしまう事に。 絶体絶命かと思われましたが...
| 地下室で手記 | 2012/03/25 12:48 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第28話「星・嵐・再・起」
仮面ライダーフォーゼの第28話を見ました。 第28話 星・嵐・再・起 チャンスとばかりにマグネットステイツにチェンジした弦太朗はリミットブレイクでキャンサー・ゾディアーツを撃破しようとするが...
| MAGI☆の日記 | 2012/03/25 1:05 PM |
仮面ライダーフォーゼ第28話「星・嵐・再・起」
今回は第28話「星・嵐・再・起」。 ストーリーは仮面ライダーフォーゼ第28話「星・嵐・再・起」で! 出ました!メテオの新しいフォーム。 というか、仮面ライダーフォーゼでは「ステイツ」と呼ばれているようですね。 その新しいステイツが「メテオストーム」。
| OPUS MAGNUM | 2012/03/25 3:13 PM |
今日の仮面ライダーフォーゼ
http://www.toei.co.jp/tv/fourze/story/1198615_1923.html 今日の流星、やっと弦太朗たちのことがわかりかけてきたようですが 心を開くにはまだまだ時間がかかるようですね。 キャンサー強かったですが、パワーアップしたメテオの敵ではなかった ですね。 次
| JAOのアメーバ日誌 | 2012/03/25 3:14 PM |
星・嵐・再・起
仮面ライダーフォーゼ ゾディアーツコレクション 02 レオ・ゾディアーツ(2012/05/31)バンダイ商品詳細を見る  『仮面ライダーフォーゼ』第27話『星・嵐・再・起』のあらすじは公式サイトでご確認ください...
| ガヴァドンなボログ | 2012/03/25 4:02 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第28話 星・嵐・再・起
『星・嵐・再・起』 内容 流星(吉沢亮)の正体がメテオだと知った鬼島(タモト清嵐)は、 キャンサーとなり挑発を繰り返す。 が、、、変身しようとしても承認されず。 弦太朗(福士蒼汰)が、フォーゼで戦いはじめるが大苦戦。 そこにヴァルゴがあらわれ、キャンサー
| レベル999のgoo部屋 | 2012/03/25 4:48 PM |
今週の仮面ライダーフォーゼ「第28話 星・嵐・再・起」
鬼島終了のお知らせ。これは惜しい・・・。
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2012/03/25 7:54 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第28話「星・嵐・再・起」の感想
メテオストーーーーム!
| HIKO's memo | 2012/03/25 9:23 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第28話「星・嵐・再・起」
仮面ライダーフォーゼ 第28話「星・嵐・再・起」
| Hybrid-Hills | 2012/03/26 12:35 AM |
仮面ライダーフォーゼ第28話
キャンサーに正体を知られ、メテオに変身できなくなった流星。 うわ〜、タチバナとやら冷たい〜。 カニ!!はあっさり元に戻っちゃいましたね。 流星の魂を抜いて立ち去りました。 調子に乗る鬼島に、校...
| あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪ | 2012/03/26 5:29 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第28話「星・嵐・再・起」
キャンサーーッ。 あぁ、惜しい人を亡くしたものだ。長生きする必要は無いけれど、もう少し何かやって欲しかった。
| 大海原の小さな光 | 2012/03/26 5:59 PM |
平成ライダーでカニは不遇の法則
 「龍騎」ではマミられ、「響鬼」では辺見えみりの旦那様の弟子にまとめて浄化され、そして今度はベイブレード(違)でバラバラにされる。東映スタッフはカニに何か恨みでもあるのか?    つーかメテオストーム、まさかのパーツ流用…と思いきや、あっちはタカラト
| 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜 | 2012/03/26 7:40 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第28話 「星・嵐・再・起」
蟹よさらば・・・。 シザース以来、蟹=色もの(いや、まさに鬼島は色もの=落語家だったんだけどね)として見られがちでしたが、悪役として良い味出して、思いのほか人気者にな ...
| nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! | 2012/03/26 10:17 PM |
フォーゼ「星・嵐・再・起」
 あら、落語家くん終わり。  それはまぁ、さもありなんて感じの大言壮語だったけども、ホロスコープスって全員、揃う必要はないの? あるいは、ほかの人がキャンサーになることもある?  リブラの擬態能力を使って始末するのは上手いと思った。  タチバナさんは、そ
| blog mr | 2012/03/27 8:40 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第28話 「星・嵐・再・起」
「 俺はもうこれ以上後悔したくない。 二郎のような人間をもう作りたくないんだ! 」(朔田流星) 超新星の力で巨大カニに変身したキャンサー。 フォーゼは戦いを挑みますが、全く歯が立ちません。 ...
| はるえいのまじ?な生活 | 2012/03/28 3:17 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第28話「星・嵐・再・起」
今回は、メテオが新フォームに変身、鬼島をぶっ倒すというお話でした。 鬼島相手に大苦戦していた弦太朗ですが、ヴァルゴが力の忠告にやって来たことで鬼島は一時撤退。 しかし、鬼島、去り際に「午後3 時 2 年B組」との約束を無理やりして、流星の魂らしいリング
| ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) | 2012/03/30 11:18 PM |
◎仮面ライダーフォーゼ第28話「星・嵐・再...
※キャンサーが敗北、理事長に正体を知らせにいこうとするが、※リブラにダークネブラに送られて、メテオの正体バレズにすむ。 キャンサー・ゾディアーツが超新星の力でキャンサー...
| ぺろぺろキャンディー | 2012/11/09 8:57 PM |