<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

リーガル・ハイ 第2話

第2話



 古美門研介(堺雅人)は因縁のある古巣の法律事務所の
トップ、三木長一郎(生瀬勝久)を怒らせ、収入のほぼ全てを
依存していた大手クライアントを失う。
さらに古美門の事務所には三木のもとで働いていた
黛真知子(新垣結衣)が移籍して来た。
 黛が仕事を持ち帰る。著作権侵害という、勝てば
金になる訴訟に期待を寄せる古美門だが、
事務所にやって来たのはパンクロッカーの荒川ボニータ
(福田沙紀)とジャンゴジャンゴ東久留米(窪田正孝)。
2人はダブルミリオンに迫る勢いの大ヒット曲で、
柊しずか(友近)が歌う『あれは恋でした』が、自分たちが
作った曲の盗作だと言う。
 とりあえず、ボニータたちのライブで問題の曲を聴く
古美門と黛。激しいパンクに顔をしかめる古美門に対して、
ノリノリの黛は、確かに『あれは恋でした』がボニータたちの
曲の盗作だと言い出す。
 事務所に戻り、報酬を尋ねる古美門に自分たちが
出せるのは3万円ぐらいと答えるボニータ。
話にならないと言う古美門に、服部(里見浩太朗)が
裁判になれば柊しずかに会えるかもしれないと囁く。
すると、しずかファンの古美門は着手金はいらないと
手のひら返し。ただし、訴訟で勝った場合は賠償金の
半額を報酬にもらうと引き受けることにした。
 訴訟の対象となるのは『あれは恋でした』を書いた
葛西サトシ(鶴見辰吾)で、顧問弁護は三木法律事務所。
しかも、裁判には三木が自ら乗り出して来る。





荒川ボニータの福田沙紀と
ジャンゴジャンゴ東久留米の窪田正孝
見た目にびっくりw

パンクをきいてもうるささしか感じない古美門と
ノリノリでパクリだと断定する真知子w

三木のほうも
「発情期のサルの声にしかきこえない」と
古美門と同じスタンス。

払えるお金は3万円ときき
まったく相手にしない古美門ですが
ひきうけたら柊しずかにあえるかも
ときいて急にやる気に。

むこうは三木本人がでてきて
どっちも引く気なしで火花をバチバチ。
このかけあい、カエルの王女様の
澪と忠子なみにテンポいいし息もあってる!

法廷でもいきなり弾き語りしはじめたりして
ぶっとんでますが、なかなか盗作を
証明するのは難しい。

向こうの作曲家 葛西にはゴーストライターが
いると気づいた古美門。

荒川ボニータたちの昔のバンド仲間
シャルロット松戸・・今はピアノ教師をしている
小枝子が、妬みから曲を葛西に提供して
いたといいますが、法廷ではその証言をせず。
盗作した曲を葛西に売ったのなら罪に問われると
三木にいわれ、法廷では嘘の証言。

そのあと荒川ボニータが普通の格好で証言台に
たちました。
荒川ボニータと小枝子の会話をしっかり
録音してました!!

最後は人情路線。

「歌っていうのは

 人の心を癒やしたり

 元気づけたりするものです。

 本当は 誰のものでもない。

 でも 歌を作るのは

子供を産むようなものです。

 私が作った歌は 

 苦しんで産んだ わが子です。

 その子が いつの間にか

 知らない人に さらわれて

 服を着せ替えられて

 その人の子として世に出されたら…。

 やっぱりとても悲しいです。

 私は…子供を取り返したいです。」


そして葛西もただのわからずやじゃなかった。

「プライド?

俺が守りたいのはそんなものじゃない。

 葛西サトシのブランドが地に落ちれば

 路頭に迷うスタッフが何人出ると思う?

 俺だって 音楽ビジネスの一つの駒なんだよ。

 天才ヒットメーカーという役割のね。

 俺は モーツァルトでなきゃ

ならないんだよ。」
 

和解を選択し
そのお金を受け取らないという
荒川ボニータたち。
和解金を受け取らないと和解にならないというと
そのお金で
恵まれない子供たちに基金をつくって
ほしいという心優しきパンクロッカーたち。

報酬をうけとれなかった古美門も
結果が満足いかない三木も
ふたりとも不満そう。
でもこのふたりにはなんらかの
因縁があるらしく

「俺は お前を

この世界から葬ると決めたんだ。

 そのためなら

地位も名誉も喜んで捨てる。

 刺し違えてもお前を地獄に引きずり込む。

 必ずな。

 それが 俺の贖罪だ。」


と告げる三木。

荒川ボニータは裏切った小枝子にもやさしい。
仲直りする日も近いか。

めずらしく様子がおかしい古美門をみて
三木に言われた言葉で悩んでいるのかと思ったら

「結局 柊しずかにあえなかった!」

それかww



今回もテンポよくすすみました。
古美門、報酬なしだったけど
やはり腕はたしか。
そして心の美しいパンクロッカーたちに
ちょっと感動〜。

でもいちご茶漬けはちょっとなw



古美門研介    堺雅人 
黛真知子     新垣結衣 
三木長一郎    生瀬勝久 
沢地君江     小池栄子 
加賀蘭丸     田口淳之介 
井出孝雄     矢野聖人  
服部        里見浩太朗







http://sephiroth2012.blog.fc2.com/blog-entry-4858.html
2012.04.24 Tuesday 22:02 | comments(2) | trackbacks(7) | 
<< 新テニスの王子様 1 [Blu-ray] | main | 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜第3話 「医者である前に、人である前に」 >>
みのむし (2012/04/25 9:06 PM)
イチゴ茶漬けはしらないけど、
イチゴリゾット?みたいなものなら
よゐこの黄金伝説でやってたような気がする〜。
お米と牛乳とイチゴをいれて炊飯器で炊く。
みたいな・・・。
デザートみたいでおいしいって言ってたなぁ。
と脱線してしまいましたが
友近に会えなかった古美門さんがちょっと
かわいかったですね。
honey (2012/04/25 10:00 PM)
みのむしさん、こちらもこんばんはー。

いちごリゾット・・。
ご飯じゃなくてデザートですよねえ、それは。
おいしいのでしょうかw

結局ただ働きになっちゃいましたもんね。
無敗は守られたけど。









リーガル・ハイ #02
『著作権裁判はカネになる!?』
| ぐ〜たらにっき | 2012/04/24 11:20 PM |
『リーガル・ハイ』第二話
なんか古美門の過去というか、あんな風になっちゃった理由というか、そういうのが明かされる真面目な展開がありそうで嫌だなぁ。 最後まで嫌な奴のままでいて欲しいなぁ。 今回の ...
| 時間の無駄と言わないで | 2012/04/24 11:29 PM |
「リーガル・ハイ」第2話
海が嫌いなクセにクルーザーは大好き!そんな古美門が今度は曲の著作権裁判に乗り出した。三木との直接対決の勝負の行方は…?&nbsp;
| fool's aspirin | 2012/04/25 1:50 AM |
【リーガル・ハイ】第2話
本当に何も分かってないなお前は。 俺はお前をこの世界から葬ると決めたんだ。 そのためなら地位も名誉も喜んで捨てる。 刺し違えてもお前を地獄に引きずり込む。 必ずな。 それが俺の贖罪だ。 ...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012/04/25 2:30 AM |
リーガル・ハイ(第2話・4/24)
4/17からフジテレビで始まったドラマ『リーガル・ハイ』(公式)の第2話『著作権訴訟はカネになる!?』の感想。 少し落ち着いた脚本と演出で、メインの二人が立ってきた! 第1話が若干コメディ要素...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2012/04/25 9:35 AM |
リーガル・ハイ 第2話:著作権裁判はカネになる!?
やっぱ会いたかったんかぃ!(">▽<)っ))コノコノッ♪ 古美門ったら服部さんの「お引き受けなさると柊しずか@友近にお会い出来る機会があるかも」 の言葉にそそのかされてこの仕事を取ったんだ〜 今回はパンクバンド自爆魂の荒川ボニータ@福田沙紀と ジャンゴ
| あるがまま・・・ | 2012/04/25 10:33 AM |
「リーガル・ハイ」第2話〜ボニータ福田沙紀の唄が『八日目の蝉』にされた
「リーガル・ハイ」第2話 『楽曲著作権侵害事件』 盗作被害者の荒川ボニータ(福田沙紀)とジャンゴジャンゴ東久留米(窪田正孝)は、「謝礼金3万」程度しか払えない金欠クライアント。 金がないけど弁護士に相談したい場合は、榎本(大野智)と知り合いになって
| 世事熟視〜コソダチP | 2012/04/25 11:16 AM |