<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

非公認戦隊アキバレンジャー 第4話「禁じられた妄想は青い背徳の痛み」

第4話「禁じられた妄想は青い背徳の痛み」



「酒でリミッターが解除され

 妄想力が高まると知った俺たちは

 飲んだくれて 戦いに挑んだ。

 しかし飲みすぎで
 
 妄想が暴走して大ピンチ!

 だが 唯一 未成年でシラフだった

 美月のがんばりのおかげで

 なんとか勝ったのであった。

 ところが・・・」


「私 明日から変身しないんで。」

と言い出した美月。

「青柳さん どういうことなの?」

「明日から 格闘技の合宿に参加するんです。

 伊豆で 2泊3日。

 集中したいから その間は

 変身するつもりないってこと。」

「アキバレンジャー

 やめるわけじゃないんだね。」

「だからね 明日から三日間

 おじさんたちにも

 戦いを 自重していただきたいなって。」

「おーし!まかせとけ。えーっ?」

「それってボクたちに

 妄想するなってこと?」

「オタクの数少ない楽しみを

 禁止しておいて

 自分は 合宿で

 リア充生活を満喫するつもりか!

 鬼!悪魔!!」


「合宿ごときでリア充とか

 どんだけ

 さみしい高校生だったの。」


「青柳さん。

 合宿中に二人の妄想に

 まきこまれるのが

 心配なら 大丈夫よ。

 妄想増幅電波は 

 伊豆まで届かないし。」


「えっ!?」

「あ〜 言ってなかったっけ?

 システムの都合上
 
 妄想世界に入れるのは

 秋葉原近辺だけ。

 変身も このへんでしかできない。」


「俺たち そんな

 ローカルヒーローだったのか。
 
 公認への道のりは遠いな。」


「でもよかった。

 それなら僕たち

 心おきなく 妄想できるね。」


「ダメーっ!

 え いや だからほら

 心配じゃん?

 戦うのに 二人だけだよ。」


「たしかに。二人の妄想大暴走で

 ひどかったもんねえ。」


「いや あんたが

 酒飲ましたからだろ!」


「てへぺろ コツ〜ン」

「とにかく 明日から三日間

 妄想世界に入らないでくださいね。

 妄想しないで!!」


「たしかに 

 3人そろわない3人戦隊なんて

 大鷲がNASAにいったきり

 飛羽が入ってこない

 サンバルカンみたいなもんだからな。」


「僕も 妄想しないようにがんばるよ。」

ほっとした顔をする美月。


「妄想の海に浮かぶ街 秋葉原

 そこに 痛さは強さだと信じ

 脳内だけ戦う 3人の戦士がいた。

 彼らこそ」


「非公認戦隊 アキバレンジャー」


OP


翌日。

『つまり アキバレンジャーになる前の

 日常に戻ればいいんだろ。

 公認戦隊と違って

 そもそも 俺たちが妄想しなけりゃ

 敵もあらわれないし 変身して

 戦うこともない。楽勝!』


と仕事に出る赤木。

アニメイトでのサイン会に
はりきってでかけるゆめりあ。

女装した人たちがたくさん連れだって
古くてあやしげなビルに入って行くのを
目撃する赤木。

デカレンジャー Episode26 クールパッション

 違法な賭博格闘技を取り締まるため、
 地下の格闘場へ潜入捜査する
 デカレンジャー

 その際、テツは女装し潜入した。


妄想禁止!!

『いかん!何を思い出しかけたんだ

 俺は!落ち着いてよく見るんだ!

 あ・・』


女装カフェの看板を発見し
納得して仕事に戻ります。

サイン会にならびながら
マンガをみて、前回のかぶきちょうの
攻めを思い出したゆめりあも
美月の「妄想禁止!」の声を思い出して
我にかえりました。

『僕は何も考えてない!

 何も考えてない

 何も考えて・・』


だけど「ゆめいろ王子」のイラストに
まわりじゅうをかこまれ、こらえきれずに逃走。

配達を終えた赤木は
ウィンドウにあったマスクマンDXグレート超合金の
フィギュアが売れてしまったことでがっくり。

そのとき、さやかさんを目撃して
元気復活。

『道端でばったり

 恋愛フラグパート2 キター!』


さやかさんの会社にコソ泥がはいったときき

『事件だ!これはきっと大事件だ!

 ここで俺が一肌脱いだら・・

 いかん!』


と妄想しそうになったけど
妄想禁止を思い出してストップし
なんとかその場からはなれました。

『いかん いかん

 またもや

 妄想してしまうところだった。』

 
ひみつきちでは、今日は何もおこらないと
わかってるとつまらない・・と
気が抜けているハカセ。

『イベント会場は魔窟だな

 この3日間は 
 
 腐れも自重せねば。』


とがんばる美月の肩に手をかける
あやしい男。

少年に声をかけるあやしい男として手配書が
うかぶ!
だけど妄想禁止を思い出して
この現実をうけとめるべく
「変態だー!」と叫んでにげました。

クレープを仲良く食べさせてあげる
カップルをみた赤木は

カクレンジャー 第34話 花嫁砂地獄!!

 妖怪軍団の大ボス、大魔王の
 花嫁の座を狙うスナカケババァは
 食べ物を砂に変えた。


を思い出し、また我にかえりました。

「だから 砂になんて

 なるはずないっての。

 あ〜〜〜!」

『ダメだ!妄想してはいかんと

 思えば思うほど 

 よけいな妄想をしてしまう!

 くそー!美月のやつ!

 オタクに妄想禁止令なんてだしやがって

 リア充爆発しろ!!』


と走っていたら曲がり角で
ゆめりあとぶつかってしまいました。

ゆめりあは小学生コスから
着替えたかったけど
いろいろ妄想をしてしまうので
ひとりでいるのがこわかったそうで
コスプレ館に
赤木につきあってもらいました。
 
赤木も同じときいて
ふたりでしゃべってたほうが
妄想に入りにくいだろうから
ゆめりあの衣装を選んでもらうことに。

コスプレタイム!

シスター

「天に召されよ」

インディアン

「ゆめりあ 嘘つかない。

 あわわわわ」

赤ずきんちゃん

「おばあちゃんのお口は

 どうしてそんなに大きいの?」

「う〜ん いまいちぴんとこないな。」

と手にとったものは・・。

「おおー!これは!」

「理央様の愛のために生き

 理央様の愛のために戦う

 ラブウォリアー 

 臨獣拳カメレオン拳使い メレ!

 格下ーズの相手をしてるほど

 暇じゃないの。」


赤木も大喜びで他に女幹部シリーズで
何か・・と探すと
風のシズカの衣装を発見!!

『待てよ?これならブルーつながりで・・』

轟轟戦隊ボウケンジャー
影の衆ダークシャドウ 風のシズカ


美月が風のシズカになったのを妄想。

『いいじゃないか。

 美月も意外とコスプレいけるぞ!

 あいつならゆるいキャラより・・』

アバレンジャー 邪命体エヴォリアン
破壊の使徒ジャンヌ


『ジャンヌ!ははは これはなかなか。

 よし リジェも付けちゃえ!』

アバレンジャー 邪命体エヴォリアン
黎明の使徒リジェ


『ははは ついでにリジュエルも』

アバレンジャー 邪命体エヴォリアン
黎明の使徒リジュエル


『おお ハカセ。

 じゃあ ポジション的に スワンさんか?』

デカレンジャー 
宇宙警察地球署 白鳥スワン


『しかし キャラ的にしとやか系じゃないな。

 しとやか系といえば

 さやかさん!!』

ガオレンジャー
巫女 テトム


さらに名前つながりで

チェンジマン 地球守備隊
チェンジマーメイド 渚さやか


喜びながらも、もうちょっと露出を・・と
いうと

ギンガマン 宇宙海賊バルバン
操舵士 シェリンダ


「すいません あの調子にのりました。」

はずかしがるシェリンダをみて
あやまる赤木。

「こういうのは 

 マルシーナのほうが

 似合いますよね。」


マルシーナのシェリンダ。

「さすが女幹部!

 なんの違和感もない!」


と調子に乗って要求すると

ハリケンジャー 宇宙忍群ジャカンジャ
四の槍ウェンディーヌ


ゴーオンジャー 
蛮機族ガイアークガイアーク
害水大臣 ケガレシア


赤木大喜び・・。
だけど実際はメレのままでした。

「ノブ様 次の衣装はまだですか?」

『何考えてんだ 俺としたことが!

 明るく健全な公認戦隊をめざすものに

 エロ目線など 必要なーい!!』

「でていけ 俺の煩悩!
 
 消えてなくなれ!!」


と頬をたたいていると

「その望み 

 かなえてしんぜよう」


とステマ乙の怪人が!

怪人の攻撃から赤木をかばうメレ。
そこにいたオタクの人たちの
あらゆる煩悩が消え去りました。

「俺たち こんなところで何やってんだ?」

「家に帰って 座禅でも組もう。」

帰っていくおたくたち。

「うすぎたない煩悩を成仏させ

 清らかな存在にかえることが

 それがしのお役目。

 煩悩にまみれたこの秋葉原

 浄化しがいがありそうだ。」


「しまった〜!

 エロ妄想が 

 まさかこんな展開に

 つながるとは。」


「大丈夫ですわ。どうせこれは妄想。

 この場は戦わずにやりすごしましょう。」

しかし僧の格好をしたシャチークが。

「こうなったらしかたがない!」

「重妄想!」

「ズッキューン」

こちらも大喜びのハカセ。

「キター!

 やっぱそうこなくっちゃねえ。

 ふたりともしょうがないわねえ

 こうなったら二人だけでかたをつけるわよ」」

「了解!」

「3人そろわぬアキバレンジャーなど

 おそるるに足りん。」


「ノブ様をバカにするやつは

 この私が 容赦しないわ。」


イエローがメレ様路線をかぶったまま
戦いました。

「さ あとはお前だけ。

 カクシターズ」


「カクシターズではない!

 それがしの名は

 門前仲町ハシビロコウ!」


「ハシビロコウ?って鳥じゃん。

 係長は虫しばりじゃなかったの?」


「そんな決まりはどこにもない!」

「どっちでもいい。いくぞ!」

だけど門前仲町ハシビロコウは強い。
妄想を消し去る強さを持つ相手に
煩悩まみれのふたりは分が悪い。
ハカセに弱点をみつけるしかないといわれました。

「公認ではこういうとき

 なんだかんだと

 仲間がかけつけるのがお約束なんだが

 美月にそれを期待できるのか?」


心配するイエローの言葉に
バイオマンを思い出すレッド。

「そういえば 公認戦隊では

 理由はわからんが

 ときどき 変身後の姿で
 
 話をすすめることがある。

 美月じゃなくとも

 ブルーだけでも よべればいいのだが。」


「ふっふっふ

 その願い かなえてしんぜよう。」


アキバブルーがあらわれました。



CM


「まさか ほんとに変身後よんじゃった?」

「さすがノブ様。

 メタなネタまでとりいれちゃうなんて

 妄想力がケタちがいですわ。」

しかし二人を攻撃してくるアキバブルー。

「美月さま 何を?!」

「あんたたちの顔なんかみたくない。
 
 死んで?」


「ああー!もしやこれは 

 洗脳のパターン?」

「すまん。俺のリア充に対する憎しみが

 妄想に影響したのかもしれん。

 ともかく はやくといてやらないと。」


「そうはさせん。」

ハシビロコウがむかってくるのを
イエローがひきうけ
レッドはブルーのところへ。

「洗脳解除パターンはいくつも

 頭に入ってるんだ。

 さあ 倒してみろよ この俺を。」


といったらあっさり蹴られました。

「バカか おまえ。」

「だったら次だ。

 思い出せよ 美月!

 俺たちが 初めて出会った日のことを!

 葵たんファン同士 意気投合したじゃないか。

 そして 昨日!心をひとつにして

 戦おうと誓ったばかりじゃないか。」


「はっ!」

「思いだしたか?!」

「と見せかけ・・」

投げ飛ばしました。

今度はイエローがいきました。
泣き落し作戦。

「そうか!仲間の涙で
 
 心を取り戻すパターンだな。」


「もとに戻って・・美月・・」

素の顔からの涙・・。

「あれ?マスクが邪魔で

 涙が落ちない。」


「アホか。」

イエローもふっとばされた。

「くそう!かくなる上は!」

ブルーの後ろから抱きしめるレッド!

「おまえがかわいかったからだ!!」


「キャー!変態!」

と蹴り飛ばされました。

「ち 違う!

 今のは ボウケンジャーTask40で

 真墨が 洗脳された菜月に・・。」


いいわけするレッド。

「美月さま 
 
 ボウケンジャー見たんじゃないの?」


ハシビロコウの持つ杖で叩かれました。

「ありがたや ありがたや。」

「言い残すことはもうないか?」

「え?」

「ではアキバブルー 仲間にとどめを。」

ふたりに銃をむけたとき

「させるか!」

と本物のアキバブルーが!

「何?!」

「フン!」

「美月様がふたり?どういうこと?」

「そうか!

 これは洗脳パターンじゃない。

 偽物レンジャーのパターンなんだ!」


「偽物レンジャー?」

「そう!このあと

 『くっそう!どっちが本物だ?』

 『私よ。』

 『いいえ 私が本物よ』

 という おなじみのパターンが

 あってだな。」


ブルー同士の戦い。

仮面をとるとマルシーナでした。

「マルシーナ!

 え〜 もう正体バレ?」


不満そうww

「本物がきたなら

 これ以上小芝居続けても

 しょうがないじゃない。
 
 門前仲町ハシビロコウ

 あとはよろしくね。」


「な〜んだよ〜。

 せっかく・・

 『わかった!

 クマさんパンツが 本物のブルーだ!』

 とか 荒川っぽい脚本まで考えたのに。」


wwwww

「何よ。問題が早く解決してよかったじゃない。」


本物の美月でした。
ハカセが連絡してくれたらしい。

「ありがとう。
 
 よくぞ伊豆からかけつけてくれた。」

「そんなことより 倒すよ。」

「レー・ネフェルになら 踏まれたい!

 アキバレッド!!」


「アキバブルー!」

「二次創作っていうのは

 アニメとかみてて
 
 ぶわ〜って妄想があふれたときに・・」


最後まできかないレッド。

「痛さは 強さ!!」

「非公認戦隊 アキバレンジャー!」


火薬じゃなくてバックはロゴ!

「おうおう そっちのパターンか。

 こういうのも あるんだぜ。」


3人になったらいきなり強くなりました。

「だってもう 

 勝利フラグがたっちゃってるもの」


「こないはずの仲間がかけつける

 そうなれば もうあとは

 逆転しかないんだよ!!」


3人で攻撃。

「南無・・さん・・」

戻るとあのコスプレ館でした。

「あいつ ツンデレだけど

 熱くていいやつだな。」


「ありがとうございます。美月さま」

ひみつきち。

美月が合宿を抜けてきてくれた
お礼をしようとネットでさがすふたり。

イベントに参加した人しか持っていない
キーホルダーをオークションで探そうと
しているとそこへ美月が。

伊豆土産をだしますが
美月のかばんにはさっきのキーホルダーが!!

「お前〜〜 三日前 どこにいたって??」

「いや昨日とおとといは 
 
 本当に伊豆にいたんですよ。
 
 交流試合というか 合宿みたいなかんじで。

 え だってほら こんなイベントに

 抽選であたるなんて めったにないし。」


「妄想禁止だなんていって

 俺たちをだましたな〜〜!」


「ごめんなさい!!」


ED




大コスプレ会w
やってる人たちも楽しそうでした。
メレ様になりきって戦う
アキバイエローも新鮮。

洗脳とか偽物とか今日ものりのり。
菜月に抱きつく真墨wwww
あれはすごかった。

妄想禁止されたふたりが
ほんとに苦しそうだったのに
美月、ちゃっかりイベント行ってるとは。




 

赤木 信夫 アキバレッド 和田正人
青柳 美月 アキバブルー 日南響子
萌黄 ゆめりあ アキバイエロー 荻野可鈴

葉加瀬博世   内田真礼
三田こずこず  愛川こずえ
本位田 さやか  森田美位子
マルシーナ   穂花


門前仲町ハシビロコウの声  黒田崇矢


















非公認戦隊アキバレンジャー 非公式ヴィジュアルブック(仮) (グライドメディアムック77)




2012.04.28 Saturday 11:45 | comments(0) | trackbacks(9) | 
<< 月刊 flowers (フラワーズ) 2012年 06月号 | main | 特命戦隊ゴーバスターズ 〜Mission10 「戦う理由」 >>









アキバレンジャー 第4話
非公認戦隊アキバレンジャー 「禁じられた妄想は青い背徳の痛み」。タイトルが異様にエロい一本(笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。
| Kyan's BLOG V | 2012/04/28 11:52 AM |
アキバレンジャー#4
「妄想」ならではというネタ満載の物語でしたね。特に今回はコスプレという所をたっぷりと楽しませてくれる内容で、日曜朝の本家の枠では最近は死滅してしまった「敵・女幹部」のコスプレを色々と見せてくれたのがポイントでした。(物語の方は堂でも良いようなB級作品
| MEICHIKUえんため・ぶろぐ | 2012/04/28 12:03 PM |
非公認戦隊アキバレンジャー 第4話 「禁じられた妄想は青い背徳の痛み」
さぁ、今一番楽しみにしている番組「アキジャータイム」がやってまいりました!!(爆 いやぁ〜、今日も酷かったww もう、これは○○戦隊の・・・というメタネタがいつも以上 ...
| nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! | 2012/04/28 12:06 PM |
非公認戦隊アキバレンジャー 第4話「禁じられた妄想は青い背徳の痛み」
非公認戦隊アキバレンジャーの第4話を見ました。 第4話 禁じられた妄想は青い背徳の痛み 突然、美月が明日からは変身しないと言い出すのだが、2泊3日で伊豆へ格闘技のレッスン合宿に参加するのだと...
| MAGI☆の日記 | 2012/04/28 12:07 PM |
毒(妄想)をもって毒(妄想)を制す……のか? (非公認戦隊アキバレンジャー 第4話「禁じられた妄想は青い背徳の痛み」)
4話目にして、今回は普通にリアルタイムで見てしまったアキバレンジャー。 妄想での脳内戦闘はいまさらだけれど、もうそろそろ敵の正体を知りたいところ。 てか、この敵自体が脳内妄想の産物だったら、 あなたは何と戦っているんだ? と言いたいところ。 さて、
| 感想記 | 2012/04/28 12:49 PM |
昨日のアキバレンジャー 第4話
「禁じられた妄想は青い背徳の痛み」 美月は明日から変身しないと言う事で始まった今回。 ボウケンジャーを見てすっかりやる気になったのにと思ったらば、格闘技の合宿で伊豆に行く事になっていたんです...
| 地下室で手記 | 2012/04/28 1:08 PM |
非公認戦隊アキバレンジャー 第4話「禁じられた妄想は青き背徳の痛み」
非公認戦隊アキバレンジャー 第4話「禁じられた妄想は青き背徳の痛み」 明日から変身しないと発言した美月。というのも、明日から伊豆で2泊3日の合宿があるからであり、決してアキバレンジャーをやめるわけではなかった。合宿中は格闘技に打ち込みたいため、信夫たち
| ひびレビ | 2012/04/28 3:15 PM |
非公認戦隊アキバレンジャー 第4話 感想
非公認戦隊アキバレンジャー 第4話「禁じられた妄想は青い背徳の痛み」 美月の「明日から変身しない」発言伊豆での格闘技の合宿に参加するからという理由で合宿中の2泊3日の間は変身しないという意味だっ...
| 絶対無敵?ラリアット日記!(分家) | 2012/04/30 12:56 AM |
アキバレンジャー4話
・前回の 前回変身しないと宣言した美月。アキバレンジャー解散?じゃなく、格闘技の合宿に参加するためしばらく秋葉原にいないということだけだった。 ・妄想の及ぶ所は 博世から妄想ゾーンが及ぶのは秋...
| CAFE GREEN OASIS | 2012/05/07 10:31 PM |